脱税 の ススメ。 大村大次郎

【書評】バレると後ろに手が回る 脱税のススメ

脱税 の ススメ

この にはなが不足しています。 の提供に協力をお願いします。 存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的にあるいは有害となるものは すぐに除去する必要があります。 ( 2018年7月) 大村 大次郎(おおむら おおじろう、 - )は、、税務。 で本名は不詳。 大阪府出身。 元調査官。 10年間勤務後退職、執筆活動に入る。 を中心とした、法律、ビジネス関係を雑誌、単行本に執筆している。 書籍 [ ]• 『脱税調査マニュアル』()• 『会社の仕打ちに泣き寝入りしない100の方法』データハウス(2001年)• 『リストラ父さん定年父さん』データハウス()• 『の秘密』データハウス(2002年)• 『サラリーマン100の金儲け』データハウス( )• 『脱税調査ウラ話・ここまで暴露せばクビがとぶ 元国税調査官の極秘メモ』あっぷる出版社()• 『脱税のススメ バレると後ろに手が回る』(2004年)• 『脱税のススメ 税務署撃退編』彩図社(2004年)• 『よく分かるサラリーマンスーパー節税術』監修、(2004年)『図解給与所得者のための10万円得する超節税術』祥伝社黄金文庫• 『脱税調査官極秘メモ』あっぷる出版社(2004年)• 『節税ウラワザ集』データハウス()• 『税務署なんか怖くない 税務調査の手の内、教えます』あっぷる出版社(2005年 )• 『脱税 元国税調査官は見た』(2005年 )• 『脱税ハンドブック』データハウス( )• 『・謎と陰謀 元国税調査官が暴く国策捜査の内幕』あっぷる出版社(2006年)• 『新会社法でとことん税金を安くする! 頭のいい社長は税金を払わない』あっぷる出版社 元国税調査官の告白シリーズ 2006• 『その税金は払うな! 』 2006• 『国税調査官が教えるなぜ金持ちが増えたのか? 税が格差社会を作った』 2007 『悪税が日本を滅ぼす 元国税調査官が暴露する不公平税のからくり』• 『社長! 税務調査はこうして乗り切れ 最短日数で修正・追徴なし! 』 2007• 『図解脱税のススメ 驚くほど手口がよくわかる』彩図社 2007• 『税金は「裏ワザ」で9割安くなる 元国税調査官が明かす禁断の節税術』あっぷる出版社 2007• 『税務調査のチェックポイント 調査官必携』データハウス 2007• 『そば屋はなぜ領収書を出したがらないのか? 領収書からみえてくる企業会計・税金のしくみ』 2007• 『退職後、すぐやる税金還付術 お父さん、その税金払いすぎ! 』 2007• 『は税金を払っていたのか? 』双葉社 2007• 『なぜあのサラリーマンは税金を払っていないのか 家・クルマ身のまわりの税金を安くする驚きの方法満載!! 』リヨン社 2007• 『なぜ、あの社長の会社は儲かるのか 国税調査官は見た』グラフ社 2007• 『悪の会計学』双葉社 2008• 『確定申告は裏ワザで税金が9割安くなる 個人事業者・フリーランサー独立開業者のための超節税術』あっぷる出版社 2008• 『税金を9割安くする決算期直前の裏ワザ 元国税調査官が明かす決算期ギリギリの節税策』あっぷる出版社 2008• 『脱税メタボリック さらなる税金はサラリーマン以外から取ってくれ』道出版 2008• 『は「財テク」の天才だった! 天才たけしに学ぶ賢いお金の貯め方・使い方』あっぷる出版社 2008• 『悪の税金学』双葉社 2009• 『金持ち社長はなぜ、ムダなクルーザーを買うのか? お金持ちだけが知っている税金の裏ワザ』日本文芸社 2009• 『給料、役員報酬は払い方を変えるだけで5割アップできる! 社長も社員も会社も大幅節税! 』あっぷる出版社 2009• 『無税生活』 2009• 『面倒くさがり屋でも税金を8割安くする確定申告の裏ワザ 元国税調査官が明かす超カンタン節税術』あっぷる出版社 2009• 『悪の経営学』双葉社 2010• 『税務署の言うことを何でも聞いていたら会社、大変なことになりますよ 税務調査で泣き寝入りしない裏ワザ、教えます』あっぷる出版社 2010• 『悪の会計学 キレイごと一切なしの裏会計入門』 2011• 『悪の経済学』双葉社 2011• 『あらゆる領収書は経費で落とせる』 2011• 『脱税のススメ バレると後ろに手が回る』彩図社 2011• 『元国税調査官が明かす税務署の秘密 納税者必読! 』 2011• 『悪の起業学』双葉社 2012• 『お坊さんはなぜ領収書を出さないのか』 2012• 『決算書の9割は嘘である』 2012• 『税務署員だけのヒミツの節税術 あらゆる領収書は経費で落とせる 確定申告編』中公新書ラクレ 2012• 『税務署が嫌がる「税金0円」の裏ワザ サラリーマンにもできる「合法的脱税術」』双葉新書 2012• 『有名人がやった脱税マニュアル 元国税調査官が暴露! 』晋遊舎 2012• 『悪の社長学』双葉社 2013• 『会社の税金を極限まで安くする方法 ほんの"ちょっと"の知識と手間で劇的に変わる』 2013• 『給料が増えて会社もうるおうボロ儲け経営術』双葉新書 2013• 『サラリーマンお金の裏技 お役所が本当は教えたくない』アース・スターエンターテイメント 2013• 『サラリーマンの9割は税金を取り戻せる あらゆる領収書は経費で落とせる 増税対策編』中公新書ラクレ 2013• 『役人に学ぶ「闇給与」のススメ』 2013• 『悪の決算書入門』双葉社 2014• 『一瞬で決算書を読む方法 税務署員だけのヒミツの速解術』 2014• 『「金持ち社長」に学ぶ禁断の蓄財術 あらゆる領収書を経費で落とす! 』中公新書ラクレ 2014• 『消費税・相続税で損しない本 「大増税」緊急対策! 』INTELLIGENCE 2014• 『税金を払う奴はバカ! 搾取され続けている日本人に告ぐ』 2014• 『税金の抜け穴 国民のほとんどが知らない納税で「得する話」「損する話」』 2014• 『税務署の正体』光文社新書 2014• 『税務署VS脱税者 どんな善人でも税金はごまかす』角川SSC新書 2014• 元国税調査官のウラ技』技術評論社 2014• 『無税国家のつくり方 税金を払う奴はバカ! 2』ビジネス社 2014• 『やってはいけない相続対策』 2014• 『お金に好かれる極意』祥伝社新書 2015• 『お金の流れでわかる世界の歴史 富、経済、権力……はこう「動いた」 こんな見方があった! 』 2015• 『会社に使い捨てされない法律とお金の心得』双葉新書 2015• 『起業のためのお金の教科書』双葉社 2015• 『税金を払わない奴ら なぜトヨタは税金を払っていなかったのか? 』ビジネス社 2015• 『税務署員がこっそり教えるお金の裏ワザ サラリーマン最強の蓄財術』中公新書ラクレ 2015• 『マイナンバーで損する人、得する人 元国税調査官がズバリ教える』ビジネス社 2015• 『元国税調査官が明かす金を取る技術』光文社新書 2015• 『お金の流れで探る現代権力史 「世界の今」が驚くほどよくわかる』KADOKAWA 2016• 『お金の流れで見る戦国時代 歴戦の武将も、そろばんには勝てない』KADOKAWA 2016• 『お金の流れで読む日本の歴史 元国税調査官が「古代~現代史」にガサ入れ』KADOKAWA 2016• 『最強の国家権力・国税庁 あなたは監視されている』中公新書ラクレ 2016• 『知らないと損する給与明細』小学館新書 2016• 『得する確定拠出年金 元国税庁調査官が明かす〈最強の財テク術〉』ビジネス社 2016• 『なぜは税金を払っていなかったのか? を超える日本経済最大のタブー』ビジネス社 2016• 『元国税調査官が暴くパナマ文書の正体』ビジネス社 2016• 『の家計簿 元国税調査官が龍馬の金銭資料を徹底監査』 2016• 『老後破産は必ず防げる 年金と老後資金を増やす裏ワザ! 』ビジネス社 2016• 『金持ちのヤバい資産形成術』中公新書ラクレ 2017• 『ブッダはダメ人間だった : 最古仏典から読み解く禁断の真実』 ビジネス社、2017年、 監修 [ ]• マンガ「死ぬまで愉快なの裏ワザ」(2004年 )• マンガ「とたんに元気になるの裏ワザ」(2004年 ) 外部リンク [ ]•

次の

脱税

脱税 の ススメ

ZOZO創業者で実業家の前澤友作氏がツイッター投稿で、持っているお金が10億円くらいまでは所得隠しなどが起りがちだが、100億円くらいになると様相が変わってくるとの考え方を記した。 「みんな、お金、お金、ってお金が好きねー。 え…?俺のこと?(国民の総意)」とノリツッコミで切り出し、「10億円くらいまでは『よっしゃ自分で稼いだぜ!』が、100億円くらいになると『わーみんなのおかげでこんなにも』ってなって、1000億円とかになると『もはやこれは自分のお金なのかどうかも分からん。 とにかく人や社会のために役立たせんと』ってなる。 持ったら持ったで責任重大やでー!」と、持っている金額によって考え方が変わると主張した。 「10億円くらいまでは人に隠したがるのは分かる。 自分で稼いだ自分だけのお金だと思いがちだから」と理解する一方で、「けど100億とか超えてくると、さすがにそれはみんなのおかげ。 だから、こんなの買ったから今度見てね触ってねって共有したくなるし、堂々と公開する」と解説。 「隠したり脱税したり海外に逃がすとか論外」になるのだという。 「バスキア買ってみんなが観れるように展示するのも、車買ってサーキットでみんなの前走らせるのも、宇宙行って〇〇するのも(まだ秘密)、お金持たせてもらった人間の責務」と主張。 「誰かがやらないと、社会に刺激なくなるし、夢なくなるし、文化継承されないし、経済回らないし」と自身の考えを示し、「これって下品ですか?笑」としている。

次の

前澤社長 100億円持つと「脱税したりは論外」 社会のため堂々公開「下品ですか?」/芸能/デイリースポーツ online

脱税 の ススメ

この にはなが不足しています。 の提供に協力をお願いします。 存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的にあるいは有害となるものは すぐに除去する必要があります。 ( 2018年7月) 大村 大次郎(おおむら おおじろう、 - )は、、税務。 で本名は不詳。 大阪府出身。 元調査官。 10年間勤務後退職、執筆活動に入る。 を中心とした、法律、ビジネス関係を雑誌、単行本に執筆している。 書籍 [ ]• 『脱税調査マニュアル』()• 『会社の仕打ちに泣き寝入りしない100の方法』データハウス(2001年)• 『リストラ父さん定年父さん』データハウス()• 『の秘密』データハウス(2002年)• 『サラリーマン100の金儲け』データハウス( )• 『脱税調査ウラ話・ここまで暴露せばクビがとぶ 元国税調査官の極秘メモ』あっぷる出版社()• 『脱税のススメ バレると後ろに手が回る』(2004年)• 『脱税のススメ 税務署撃退編』彩図社(2004年)• 『よく分かるサラリーマンスーパー節税術』監修、(2004年)『図解給与所得者のための10万円得する超節税術』祥伝社黄金文庫• 『脱税調査官極秘メモ』あっぷる出版社(2004年)• 『節税ウラワザ集』データハウス()• 『税務署なんか怖くない 税務調査の手の内、教えます』あっぷる出版社(2005年 )• 『脱税 元国税調査官は見た』(2005年 )• 『脱税ハンドブック』データハウス( )• 『・謎と陰謀 元国税調査官が暴く国策捜査の内幕』あっぷる出版社(2006年)• 『新会社法でとことん税金を安くする! 頭のいい社長は税金を払わない』あっぷる出版社 元国税調査官の告白シリーズ 2006• 『その税金は払うな! 』 2006• 『国税調査官が教えるなぜ金持ちが増えたのか? 税が格差社会を作った』 2007 『悪税が日本を滅ぼす 元国税調査官が暴露する不公平税のからくり』• 『社長! 税務調査はこうして乗り切れ 最短日数で修正・追徴なし! 』 2007• 『図解脱税のススメ 驚くほど手口がよくわかる』彩図社 2007• 『税金は「裏ワザ」で9割安くなる 元国税調査官が明かす禁断の節税術』あっぷる出版社 2007• 『税務調査のチェックポイント 調査官必携』データハウス 2007• 『そば屋はなぜ領収書を出したがらないのか? 領収書からみえてくる企業会計・税金のしくみ』 2007• 『退職後、すぐやる税金還付術 お父さん、その税金払いすぎ! 』 2007• 『は税金を払っていたのか? 』双葉社 2007• 『なぜあのサラリーマンは税金を払っていないのか 家・クルマ身のまわりの税金を安くする驚きの方法満載!! 』リヨン社 2007• 『なぜ、あの社長の会社は儲かるのか 国税調査官は見た』グラフ社 2007• 『悪の会計学』双葉社 2008• 『確定申告は裏ワザで税金が9割安くなる 個人事業者・フリーランサー独立開業者のための超節税術』あっぷる出版社 2008• 『税金を9割安くする決算期直前の裏ワザ 元国税調査官が明かす決算期ギリギリの節税策』あっぷる出版社 2008• 『脱税メタボリック さらなる税金はサラリーマン以外から取ってくれ』道出版 2008• 『は「財テク」の天才だった! 天才たけしに学ぶ賢いお金の貯め方・使い方』あっぷる出版社 2008• 『悪の税金学』双葉社 2009• 『金持ち社長はなぜ、ムダなクルーザーを買うのか? お金持ちだけが知っている税金の裏ワザ』日本文芸社 2009• 『給料、役員報酬は払い方を変えるだけで5割アップできる! 社長も社員も会社も大幅節税! 』あっぷる出版社 2009• 『無税生活』 2009• 『面倒くさがり屋でも税金を8割安くする確定申告の裏ワザ 元国税調査官が明かす超カンタン節税術』あっぷる出版社 2009• 『悪の経営学』双葉社 2010• 『税務署の言うことを何でも聞いていたら会社、大変なことになりますよ 税務調査で泣き寝入りしない裏ワザ、教えます』あっぷる出版社 2010• 『悪の会計学 キレイごと一切なしの裏会計入門』 2011• 『悪の経済学』双葉社 2011• 『あらゆる領収書は経費で落とせる』 2011• 『脱税のススメ バレると後ろに手が回る』彩図社 2011• 『元国税調査官が明かす税務署の秘密 納税者必読! 』 2011• 『悪の起業学』双葉社 2012• 『お坊さんはなぜ領収書を出さないのか』 2012• 『決算書の9割は嘘である』 2012• 『税務署員だけのヒミツの節税術 あらゆる領収書は経費で落とせる 確定申告編』中公新書ラクレ 2012• 『税務署が嫌がる「税金0円」の裏ワザ サラリーマンにもできる「合法的脱税術」』双葉新書 2012• 『有名人がやった脱税マニュアル 元国税調査官が暴露! 』晋遊舎 2012• 『悪の社長学』双葉社 2013• 『会社の税金を極限まで安くする方法 ほんの"ちょっと"の知識と手間で劇的に変わる』 2013• 『給料が増えて会社もうるおうボロ儲け経営術』双葉新書 2013• 『サラリーマンお金の裏技 お役所が本当は教えたくない』アース・スターエンターテイメント 2013• 『サラリーマンの9割は税金を取り戻せる あらゆる領収書は経費で落とせる 増税対策編』中公新書ラクレ 2013• 『役人に学ぶ「闇給与」のススメ』 2013• 『悪の決算書入門』双葉社 2014• 『一瞬で決算書を読む方法 税務署員だけのヒミツの速解術』 2014• 『「金持ち社長」に学ぶ禁断の蓄財術 あらゆる領収書を経費で落とす! 』中公新書ラクレ 2014• 『消費税・相続税で損しない本 「大増税」緊急対策! 』INTELLIGENCE 2014• 『税金を払う奴はバカ! 搾取され続けている日本人に告ぐ』 2014• 『税金の抜け穴 国民のほとんどが知らない納税で「得する話」「損する話」』 2014• 『税務署の正体』光文社新書 2014• 『税務署VS脱税者 どんな善人でも税金はごまかす』角川SSC新書 2014• 元国税調査官のウラ技』技術評論社 2014• 『無税国家のつくり方 税金を払う奴はバカ! 2』ビジネス社 2014• 『やってはいけない相続対策』 2014• 『お金に好かれる極意』祥伝社新書 2015• 『お金の流れでわかる世界の歴史 富、経済、権力……はこう「動いた」 こんな見方があった! 』 2015• 『会社に使い捨てされない法律とお金の心得』双葉新書 2015• 『起業のためのお金の教科書』双葉社 2015• 『税金を払わない奴ら なぜトヨタは税金を払っていなかったのか? 』ビジネス社 2015• 『税務署員がこっそり教えるお金の裏ワザ サラリーマン最強の蓄財術』中公新書ラクレ 2015• 『マイナンバーで損する人、得する人 元国税調査官がズバリ教える』ビジネス社 2015• 『元国税調査官が明かす金を取る技術』光文社新書 2015• 『お金の流れで探る現代権力史 「世界の今」が驚くほどよくわかる』KADOKAWA 2016• 『お金の流れで見る戦国時代 歴戦の武将も、そろばんには勝てない』KADOKAWA 2016• 『お金の流れで読む日本の歴史 元国税調査官が「古代~現代史」にガサ入れ』KADOKAWA 2016• 『最強の国家権力・国税庁 あなたは監視されている』中公新書ラクレ 2016• 『知らないと損する給与明細』小学館新書 2016• 『得する確定拠出年金 元国税庁調査官が明かす〈最強の財テク術〉』ビジネス社 2016• 『なぜは税金を払っていなかったのか? を超える日本経済最大のタブー』ビジネス社 2016• 『元国税調査官が暴くパナマ文書の正体』ビジネス社 2016• 『の家計簿 元国税調査官が龍馬の金銭資料を徹底監査』 2016• 『老後破産は必ず防げる 年金と老後資金を増やす裏ワザ! 』ビジネス社 2016• 『金持ちのヤバい資産形成術』中公新書ラクレ 2017• 『ブッダはダメ人間だった : 最古仏典から読み解く禁断の真実』 ビジネス社、2017年、 監修 [ ]• マンガ「死ぬまで愉快なの裏ワザ」(2004年 )• マンガ「とたんに元気になるの裏ワザ」(2004年 ) 外部リンク [ ]•

次の