剣盾 ダイマエース。 剣盾 S6 最終355位 2015 カバリザ|Kalluto|note

【剣盾:構築案】ダイマックスバトン

剣盾 ダイマエース

こんにちは、もけもけと申します。 この度は構築記事を開いていただきありがとうございます。 シーズン7ランクバトルお疲れ様でした。 最終2桁にはギリギリ届きませんでしたが、自身最高の結果を残せたので記事に残したいと思います。 【コンセプト】 ・ステロor状態異常を絡めてこちらのックスエースor鉢巻ゴリラ、スカーフを対面的に通していく。 ・選出時点では考慮しにくい型のエースを押しつける。 C振りではあるがミラーが起こった際に相手の襷を貫きたいので竜打点としてドラゴンアローを採用。 鬼火や電磁波で相手の初手ックスに抗えたり、打点のない相手にも状態異常技で最低限の仕事ができる点が偉かった。 環境が物理に寄っているため、ックス時の撃ち合い性能がかなり高かった。 このが悪巧みを積んだ状態になると、相手は強制的にックスを切らないと受けられない状況になることが多い。 かつ場持ち性能が非常に高いため、ックスが終わったあとにエアスラ怯みを押しつけられる展開になることが多かった。 炎技としてマジカイムを採用することで、本来不利をとってしまうような一部の特殊 例:、火 に対しても抗えるようになった。 後述するエースバーンが相手のエースバーンに対してどうあがいても同速勝負をしなければならないであるため、対エースバーンの処理ルートとしても重宝した。 はを出しにくい電気ックスエース パッチラゴンや飛 入りや耐久振りのに対して撃ち合えるように採用。 ダイナックルを撃てることで低速パーティによりこのを通しやすいと感じたため、最後の一枠に跳び膝蹴りを採用した。 結果、命中不安に泣きやすいになってしまったが外しはご愛嬌。 大体の相手は氷柱落としを考慮するとに対して引けないため、初手を無駄打ちさせることが多かった。 環境に増えていたゴリランダーに対しても突っ張る選択肢が可能であるため、雑に初手に投げて仕事をできることは多い。 今シーズンはを舐めている構築も散見されたためかなり強いだった。 初手出しは警戒されていた印象だったため、裏に置いて最後にコイツのグラススライダーを通すことが多かった。 ステロと組むことで草技の通しにくい飛行や炎タイプにもこのを通しやすくなると考えてステロ巻きと合わせて使用していた。 途中まで吹き飛ばしではなくなまけるを採用していたが、ラム持ちや浮いてる身代わり持ちが怖く、この技構成に落ち着いた。 ゴリランダーと一緒に選出した際にグラスメー下で地面技を打ちたい場面が少なからずあったので、10万馬力を採用。 と比べてラム持ちやゴリランダー等に対してもビビらず選出しやすいだった。 正直2桁に届かなくてめちゃくちゃ悔しいので次こそは頑張ります。 mokemokepoke.

次の

ポケモン剣盾世界一記念!!エースバーン軸対面構築

剣盾 ダイマエース

みなさんこんにちは、と申すものです。 シーズン7からエースバーンが解禁され、受け構築にとって環境がさらに厳しくなったと言われていますが、そんな環境下でも勝ち抜ける受けループの考察をしてきました。 ぱっとエースバーン対策として思いつくのがヌオーですが、ヌオーは珠とび膝が受からないなどの問題があります。 また自分は残飯ピクシーを構築に入れていたのでヌオーに残飯を持たせることができず、残飯でないヌオーを使う気が起こらなかったため他のエースバーン対策を考えました。 そこでたどり着いたのが、 万能傘です。 今回の構築はこの自慢のを組み込んだ純正受けループとなっています。 主な役割対象はエースバーン。 傘を持たせることでバ(陽気珠想定)のダイバーンに繰り出した後、晴れによる威力上昇を無効化できるので次のダイバーンを高乱数で受けることができる。 意地珠は分の悪い乱数になるが、ミラー意識の最速が多いだろうと判断して切った。 相手がビルド型でも火力アップアイテムを持っていなければ、ビルドに対し後投げからのろいを積んで受けることができる。 ダイナックルを考慮すれば上記の立ち回りは成り立たないが、その際にはこちらもックスし、スチルでBをあげつつウォールも絡めてしのぐことができる。 殴りながら要塞化できるダイスチルとダイアースが非常に強力だと感じた。 のろいとダイアース・スチルを絡めることで、やギャラがいない対面的な構築なら3タテしてくれることも結構あった。 アッキのみを持たせれば似たような立ち回りはできるが、受けループである以上2サイクル目からの受けを考慮できていないアッキは弱いと判断した。 回復実を持たせることも考えたが、繰り出し時に珠ダイバーンを打たれるとしなければ次の攻撃を耐えられず、またしてもエースバーンを倒しきれない。 いろいろ考慮すると、エースバーン受けのにおいてはこの技構成かつ万能傘が最強だと思う。 自分の裏に砂ダメの負担をかけたくなかったので特性は 砂の力にしている。 最終日は特に傘が活きる場面が多く、晴れのおかげで倒せると思い打ってくるダイバーンを耐えた際、相手が必ずフリーズするのが堪らなかった。 カバが砂を撒かなかった際も相手はちょっと固まるので面白い。 傘カバは技構成・持ち物共に完全オリジナルで、我ながら強くて面白い型だと思っているのでめちゃくちゃ気に入っている。 トーチカが欲しい場面も多かったが、本来重いがらみのサイクルに強く出れるので身代わりを採用してよかった。 今シーズンはあまりいなかったが、渦潮滅び対策にもなる。 リザが重いのでできるだけDに厚くした。 調整は、はぎもん君が考えたものを丸パクリした。 A方面はダイスチルで無振りキッス確1、HB方面は陽気珠ドリュのに繰り出し後、ダイロックできのみ確定発動から鉄壁羽で受かるラインとなっている。 のS12振り。 ピクシー単体で特殊を受けるというよりは、で毒を入れピクシーで凌ぐイメージで立ち回る。 回復ソースは月の光から願い事に変更したが、一長一短だと自分は感じた。 役割対象はギャラや増殖したゴリランダーなど。 Hが4nでステロ2回でオボン発動、SがS4振りカビ抜き調整。 実はパッチラゴンが受からないだが、パッチ受けとしてが選択肢に加わったのでパッチラゴンに対する勝率が上がった。 気合いで覚えろ。 役割対象はミトム、ラプ、アシレ、ストリンダーなど。 舐めた特殊を起点にしてモスノウで暴れる試合が一番楽しい。 モスノウ羽休め覚えろ。 以外少々雑ですが個体紹介は以上 <感想など> 万能傘は冗談抜きで強かった。 アマガ 、クレベ、モスノウ と炎の一貫が凄まじいのもあってかエースバーンはホイホイ選出されたので、ガンガン傘カバを選出できた。 しかしこの傘カバ、実は キョックスエースバーンが解禁されるシーズン8以降では、バ受けとして成立しないのである。 (キョダキュウが受からない上に、晴れ状態にならないので傘が無駄) 自慢の傘カバが輝けるのはs7だけなので、是が非でも良い結果を残したいといつも以上に意気込んでいた。 このデフレシーズンの中、レート2000に載せることができたのは最低限満足している。 一方で、この構築でもっと上に行きたかったのも事実なので悔しさも大きい。 万能傘よ永遠に・・・ 新環境でより良い結果を出せるよう、プレイング面、メンタル面でもっと精進したいです。 ここまで読んでくださりありがとうございました! ご質問等は までお願いします! QueenPoke.

次の

【剣盾S7使用構築】バトンタッチエースバーンwith運だけトゲキッス【最終165位/レート2011】

剣盾 ダイマエース

【はじめに】 モニカランドです。 シーズン6お疲れさまでした。 拙い文章ですが少しでも見てもらえると嬉しいです。 に動画も投稿しています! チャンネル覗いていただけると嬉しいです!!! 【コンセプト】 ・『 初手+ロンゲ+カビorピクシー』この基本選出で相手を詰ますこと一点を意識した。 ・初手枠として、珠、ジュエル、襷エースバーンを採用。 とに電気技を採用することで、欠伸に怯えることなく強気な初手ックスを可能にした。 ・場を荒らした後、相手がックスをきることを想定し、選出してきた駒に、後攻の尻尾を押しつけ、の呪い+リサイクルで相手を詰ます。 ガアやナットなどで詰ますことが困難だと判断した場合、天然アッキピクシーに詰めの役割を担ってもらった。 ・以下の選出が困難な場合、初手性能&ストッパーとして襷エースバーンを補完として採用。 また、初手エースバーンで1匹もっていき、相手のに合わせて身代わりを打つことで、相手のターンを枯らす+猛火圏内への調整など柔軟に立ち回ることを意識した。 受けにくる大量発生中のも珠を持たせることで受からない。 食べ残しカビの後出しが非常に多かった。 ダイサンダーの打つタイミングを間違えないように注意した。 Sの遅いは信用していなかったが、実際珠の初手性能の高さには驚かされた。 並び上、初手にWを呼ぶため、ジュエルダイアタックで何匹も破壊した。 ドヒドアマガピクシーなどの受けまわしに対しても初手から場を荒らし、余りをの零度で凍らせる。 ナット用に炎Pの採用も考えたが、欠伸の一貫を切れる雷Pに落ち着いた。 前述で示した運用に加え、流行りのミミエルフに対し、ロンゲでに挑発を入れて火炎ボールで焼却する役割もある。 構築単位で重い鉢巻ダルマ、ガア、ナット、ピクシーの選出抑制にも貢献した。 最後まで悩んだ枠であったが結果的に良かったのかもしれない。 初手にw、アシレを呼ぶため、弱点保険を持たせて、水技読みダイバーンを押すことで面白い立ち回りも可能であった。 ほぼ全ての試合で2体目に選出した。 初手し終えた駒を温存するか、死に出しでオーロンゲを展開するかは状況に応じて判断する。 トリックを打つタイミングさえ間違えなければ本当に強かった。 本構築のMVP。 上記3体の初手で場を荒らし、ロンゲで展開した後に出し、呪いリサイクルで相手を詰ます。 ピクシーがいるからか、必ずと言っていいほどが選出される。 ダイスチルで上がったBもで打ち消せるので非常に優秀な技だった。 ドリルは避ける。 と役割は同じ。 で詰ますのが厳しいアーマーガアやがいる時に選出する。 ここまで読んでくださった方ありがとうございました。 もし何かご質問があれば、まで気軽にご連絡ください。 最終日の対戦はにもあげようと思うので、よかったらチャンネルを覗いていただけると嬉しいです!! はこちら monicaland2525.

次の