アッコ に おまかせ アナウンサー。 アッコ「おまかせ」生放送で大激怒の裏側 「ふざけんな!」と言わせた一部始終

「アッコにおまかせ」結婚噂 芸人K 再婚SアイドルK不倫アナウンサーX

アッコ に おまかせ アナウンサー

「アッコにおまかせ!」はTBSテレビで1985年から放送開始された日曜昼のバラエティ番組。 1週間のニュースを取り上げ和田アキ子が毒を吐く、ワイドショー的な要素が強い。 メイン司会は初回から出演している和田アキ子。 そしてパートナーとなる男性司会者は峰竜太で4代目だが初出演は1993年、以降、交代はされていない。 番組進行は初代を除いてTBSの男性アナウンサーが務めている。 なお初代は古舘伊知郎が担当していた。 その他、お笑い芸人や若手女性タレント、弁護士、その他ベテランのご意見番タレントなど多数の出演者によって番組は構成されている。 毒舌のイメージが強い和田アキ子が芸能ニュースにコメントする際は、その内容がニュースサイトで記事にされやすく、同日にフジテレビで放送される「ワイドナショー」と並んで方々から注目されている番組と言える。 この記事では「アッコにおまかせ!」の出演者情報を中心にまとめた。 」やニッポン放送「ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回」のような長寿番組に恵まれており、現在は「芸能界のご意見番」としても扱われる そのため、彼女の同番組における発言はネットニュースとして記事化されやすい 「アッコにおまかせ! 」には番組開始の1985年10月6日から番組の司会者として出演 前身番組「アッコ・古舘のゆうYOUサンデー! 」「アッコ・古舘のアッ! 」「大都会 シリーズ」「西部警察 シリーズ」といった石原プロの手掛ける作品に出演 2000年の石原プロ退所後もTBS「新参者」「ルーズヴェルト・ゲーム」を始め定期的にドラマ作品に登場している 一方、タレント・司会業での知名度は高くTBS「アッコにおまかせ! 」やテレビ東京「出没! アド街ック天国」などは代表的な出演番組として挙げられる 「アッコにおまかせ」には1993年10月3日から出演 松尾貴史、生島ヒロシ、田中義剛に続く4代目の男性司会者を務める 歴代男性司会者で最も長期間司会者として出演を続けている TBS男性アナウンサー 2018年入社 1993年10月24日生まれ、千葉県千葉市出身の26歳 血液型はB型 慶應義塾大学文学部 卒 大学時代は「第24回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」で活躍したイケメン男性アナ TBS入社後は「ビビット」のレギュラーやニュースを担当 TBS「アッコにおまかせ! 」の見習いアナウンサーを経て後に正式な進行役として出演、さらに平日夕方のニュース番組「Nスタ」でキャスターを務めるなど人気番組に次々と出演している 2019年8月4日放送より「アッコにおまかせ! 」に引継ぎを兼ねた見習いアナウンサーとして出演 2019年9月29日に前任・国山ハセン アナの卒業に伴い翌2019年10月6日より正式な進行アナウンサーを務めている 融合事務所に所属するお笑いタレント アイドルグループ「CHA-CHA」の元リーダー 1965年3月12日生まれ、静岡県御殿場市出身の55歳 身長171cm、血液型はO型 日本大学文理学部国文学科 中退 「劇男一世風靡」での活動を経て日本テレビ「欽きらリン530!! 」のオーディションにより欽ちゃんファミリーに加入 アイドルグループ「CHA-CHA」やお笑いコンビ「K2」として活動 「笑っていいとも! 」や「ウッチャンナンチャンのウリナリ!! 」など人気バラエティ番組に多数出演 現在もABC「朝だ生です旅サラダ」を始め多数の番組にレギュラー、またはゲストとして登場する 「アッコにおまかせ」には1990年代の中盤頃から出演頻度の高い準レギュラーとして出演している マセキ芸能社所属のお笑い芸人 「劇団SHA・LA・LA(シャララ)」の座長でもある 1964年2月13日生まれ、神奈川県横浜市神奈川区出身の56歳 身長159cm、血液型はB型 妻は元レースクイーンの阿部瑠理子 由緒正しい家柄に生まれており、実家は横浜の老舗海苔問屋「つた金海苔店」 大伯父に八幡製鐵初代社長の三鬼隆、曾祖父に岩手軽便鉄道の元社長・政治家の三鬼鑑太郎がいる 出川自身はウッチャンナンチャンらと「劇団SHA・LA・LA」を立ち上げ座長を務め、当初は演劇を中心に活動 後にテレビに進出、バラエティ番組でリアクション芸人としての地位を確立していった かつては嫌われ芸人No. 1だったが、現在は老若男女問わずの国民的な人気タレントとなっている タレント、お笑いトリオ「B21スペシャル」のリーダー 本名は「小園浩己(こぞのひろみ)」 1965年2月13日生まれ、東京都八王子市出身の55歳 身長175cm、血液型はA型 昭和第一工業高等学校 卒 元々人気タレントとして芸能活動をしていたが親友の死をキッカケに表舞台から姿を消し、トレーニングジムの経営などに従事していた 2014年頃からテレビに復帰 現在は日本テレビ「ウチのガヤがすみません! 」「火曜サプライズ」やTBS「東大王」、フジテレビ「バイキング」など多数のレギュラー番組を抱えている またバラエティ特番のゲスト、通販バラエティでのMCなど出演するジャンルは多岐にわたる 自身が通販商品のプロデュースを行うこともある為なのか、日本テレビやTBSなど通販特番に出演する機会も多い 2017年4月頃から「アッコにおまかせ! 」に準レギュラーとして登場している 太田プロダクション所属のお笑いタレント 1967年8月11日生まれ、山口県熊毛郡田布施町出身の52歳 身長164cm 大学を中退して上京、芸能界デビュー モノマネ芸人として「ビートたけし」や「掛布雅之」などのネタで人気を獲得 レパートリーは多岐に渡り、タレントやスポーツ選手だけでなく政治家、俳優なども得意とするが本人が肥満体型にあったことから「全体的に声が太っている」と評されている 「進め! 電波少年」では松本明子と共に無茶なアポなし企画に挑戦、番組MCとして高い視聴率を誇っていた 現在もタレントとしてテレビ「アッコにおまかせ! 」やラジオ「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」などにレギュラー出演する 「アッコにおまかせ」への出演歴は長く、過去には高い頻度で準レギュラーとして出演していた 現在は2か月に1度程度のペースになっている 吉本興業所属のお笑いコンビ 2000年結成 メンバーは• 【ボケ】石田明(1980年2月20日生まれ、大阪府大阪市出身の40歳、身長173cm、血液型B型、大阪府立東淀川高校卒)• 【ツッコミ】井上裕介(1980年3月1日生まれ、大阪府出身の40歳、身長163~165cm、血液型A型、神戸学院大学経済学部 卒) 高校時代の同級生同士で、高校卒業後は井上が大学、石田が板前として就職 後に井上が誘う形で2000年5月にコンビを結成した 「爆笑オンエアバトル」「M-1グランプリ」「S-1バトル年間チャンピオン」など多数の大型賞レースで優勝を勝ち取っている 2016年には井上が自動車事故による違反で12月末~翌2017年4月まで謹慎、石田が単独で活動を行った 吉本興業所属のお笑いコンビ 1993年4月結成 メンバーは• 【ツッコミ】八木真澄(1974年8月4日生まれ、京都府出身の45歳、身長176cm、血液型はO型、立命館大学産業社会学部 卒)• 【ボケ】高橋茂雄(1976年1月28日生まれ、京都府出身の44歳、身長176cm、血液型はA型、立命館大学産業社会学部情報メディアコース 卒) 主にコントを中心とした芸風だが、漫才も行う コント内のキャラクターだった「犬井ヒロシ(高橋茂雄)」が「エンタの神様」のエンディングテーマを担当しており、これが知名度を上げるキッカケとなった 八木が天然ボケで滑りキャラのイメージがあるため誤解されるが、コンビとしては八木がツッコミで高橋がボケである 「ヒルナンデス」には2011年3月28日からレギュラー出演している 第二東京弁護士会所属の弁護士 1957年6月28日生まれ、東京都出身の62歳 中央大学法学部 卒 「行列のできる法律相談所」に出演する弁護士でワイドショーのコメンテーターとしても出演が多い また、犯罪や法律を取り扱うバラエティ特番にも法律の専門家として起用されるケースが目立つ 現在の主なレギュラー番組は、日本テレビ「行列のできる法律相談所」「スッキリ!! 」、CBC「ゴゴスマ」、カンテレ「報道ランナー」、テレビ朝日「週刊ニュースリーダー」、中京テレビ「キャッチ! 」など さらにTBS「アッコにおまかせ! 」、読売テレビ「ウェークアップ! ぷらす」、CBC「チャント! 」、ABC「キャスト」などにコメンテーターとして出演 また稀に「ネプリーグ」や「全力! 観覧は公式サイトで募集されている。 対象は中学生以上。 応募者1名と同伴者5名の最大6名で観覧できるようだ。 しかし、現在は決して視聴率は好調とは言えない。 実際に視聴率がどの程度のものかを見てみよう。 関東地区における2016年4月3日の視聴率は8. 日テレには水をあけられている形で、2位をテレビ朝日「TVタックル」と争っているのが「アッコにおまかせ」の現状である。 つまり、低視聴率で打ち切り、とまでは落ち込んでいないものの同番組は毎年打ち切りの話題が噴出する。 直近では2017年3月で打ち切りと様々なネットメディアが報じたものの、結果的にガセネタとなった。 この背景には、ネットを中心とする和田アキ子への反感を煽ってアクセス数を稼ぐメディアの狙いがあるようだ。 もっとも長寿番組だけに「のびしろ」も無いに等しいため、新たな視聴者層を獲得するという意図があるなら打ち切りも考えられなくはないはずだ。 MBS毎日放送が制作し、全国のTBS系列局で放送されている生放送の生活情報番組が「サタデープラス」。 2003年4月~2015年3月まで放送された「知っとこ! 」の後継番組にあたる。 2020年3月までは「いきるために、必要な情報をプラス」をキャッチコピーに、命・お金・心という生活に密着したテーマを中心に放送。 2020年4月4日より番組は大幅にリニューアルを敢行。 これまでの生活情報番組から「スポーツ」をテーマに「人・食事・健康・青春・物語」を掘り下げていく番組へと大きな変化を遂げている。 また、このリニューアルで小堺一機は番組を降板。 関西ジャニーズJr. 「なにわ男子」の藤原丈一郎、Lil かんさいの西村拓哉、嶋崎斗亜が新規メンバーとして加入する。 またMBSアナウンサーも福島暢啓アナが降板し、若手の三ツ廣政輝アナ&清水麻椰アナが新規加入した。 この記事では「サタデープラス」のMCやレギュラー、不定期のゲストなど出演者情報を中心にまとめた。 「イチオシ!! 」はHTB北海道テレビが平日の夕方に放送する生放送の情報番組。 2003年4月7日に放送開始。 既に15年以上続いている長寿番組である。 全国的なニュースは、同番組に内包する形でキー局・テレビ朝日が放送する「スーパーJチャンネル」をネット放送。 「イチオシ!」出演者は、それ以外のローカル情報パートを中心に担っている。 早朝には「イチオシ!」の姉妹番組である「イチモニ!(旧・イチオシ!モーニング)」が放送され、出演者の一部は重複している。 2019年3月いっぱいで番組の顔として出演していたタレント・ヒロ福地が卒業。 同年4月より出演者を新たにするとともに、番組名を「イチオシ!! 」と「! 」が1つ増える改題が行われる。 この記事では「イチオシ!! 」に出演するMC・キャスター・アナウンサー・リポーター・気象予報士の情報についてまとめた。 1993年4月3日からABC朝日放送が制作し、全国のテレビ朝日系列局で放送されている旅情報番組が「朝だ!生です旅サラダ(よみ:あさだ!なまですたびさらだ)」。 即時性の不要な旅情報番組であるものの、基本的に生放送。 全国各地からの中継リポートなども折り込まれ、ラッシャー板前とANN系列各局の女子アナが担当している。 番組開始当初は、草野仁・向井亜紀・田中義剛・竹内都子というメンバーだったが現在は殆どが入れ替わっており、開始当初のメンバーは向井亜紀のみである。 スタジオを担当するABCアナウンサーは、1~3年ほどで担当が入れ替わっている。 また、リポーターである「旅サラダガールズ」ば1年後とに大きく入れ替えが行われており、残留するのは1人~2人程度となっている。 この記事では「朝だ!生です旅サラダ」の出演者情報を中心にまとめた。 「あさイチ」は2010年4月度から放送されているNHK朝の情報番組。 番組名の「イチ」は「市場のように様々なモノを扱う活気のある番組」という意味合いが込められていることから生活情報を中心に政治や経済、社会問題、エンターテイメントまで様々なジャンルを広く扱っている。 番組は月曜~木曜と金曜で内容が大きく異なる。 番組は2018年4月に出演キャストの大幅リニューアルが行われたが、上記の基本的な構成は継承されたままである。 その出演キャストだが、番組開始の2010年4月~2018年3月まではV6・井ノ原快彦&有働由美子(当時NHKアナ)コンビがMCを務め高い人気を誇っていた。 2018年4月のリニューアル以降は出演者を刷新。 MCには漫才コンビの博多華丸・大吉&NHKの近江友里恵アナが就任している。 この記事は現在の「あさイチ」における司会者・女子アナ・その他レギュラーなど出演者に関する情報をまとめたものである。 「にじいろジーン」は2008年4月から関西テレビ制作、フジテレビ系で放送開始された土曜日朝の情報番組。 開始当初から生放送で行われている。 グルメやスポット情報など生活トレンドを主に取り扱っているエンタメ番組である。 2007年4月~2008年3月まで放送された「うふふのぷ」の後任番組。 司会を務める山口智充とレギュラーのガレッジセールが前番組のコーナー担当からの継続起用である。 同番組は、山口智充と女性タレントがメイン司会を務めるが、歴代の女性司会者であるッキー・清水富美加が立て続けにトラブル発生。 出演見合わせや降板という半ば呪いのような状態が続いており、一時期はガレッジセールが司会として参加していた。 2017年7月1日より新レギュラーとして女優・飯豊まりえが加入。 ベッキー、清水富美加に次ぐ3代目(ベッキーは厳密には休演中)ということで番組に不運な流れを変えてくれる新勢力として期待されているが、2度あることは3度ある、と彼女の実を案じる声も一部では聞こえている。 飯豊まりえの加入以降は平和な放送が続いていていたが、番組自体は2020年3月で放送終了。 12年の歴史に幕を閉じることとなった。 なお、後番組は山里亮太と宇賀なつみがMCを務める新番組が編成される。 この記事では「にじいろジーン」の出演者情報を中心にまとめた。 「せやねん!」はMBS毎日放送が制作する土曜の午前中~昼に放送される生放送の情報番組。 2001年4月から放送開始。 出演者の多くは吉本興業所属タレントとMBSアナウンサーで構成。 MBSアナは基本的に各コーナーの進行役 or ナレーションによる出演だが、パネリストとして出演することもある。 TBS系列局は同時間帯にTBS制作「王様のブランチ」を放送する局が多いが、関西圏では「せやねん!」を放送。 グルメやエンタメが情報の中心で20代前後の若年層がメインターゲットの「王様のブランチ」に比べると「せやねん!」は中高年を意識した時事問題なども取り入れている。 この記事では「せやねん!」に出演する吉本興業のお笑い芸人やMBSのアナウンサーに関する情報を中心にまとめた。 「爆報!THEフライデー」は2011年10月から放送開始された爆笑問題がMCを務めるバラエティ。 主にかつて活躍していた芸能人や著名人の現在に焦点を当てた番組である。 爆笑問題の冠番組「爆! 爆笑問題」で不定期に放送された「芸能人ザ・密告SP」がレギュラー化したものであり、「爆! 爆笑問題」の後継番組にあたる。 「あの人は今」のような姿を見かけなくなった現在を追った内容や誰も知らなかった芸能人の人生経験などを特集した企画と過去の芸能界事件簿特集が番組の2軸となっている。 MCの爆笑問題と進行アシスタントのTBS山本里菜アナは「サンデージャポン」と同じ組み合わせ。 レギュラーパネラーにはテリー伊藤が出演。 さらに中堅のお笑いコンビが多数起用されているのも特徴。 この記事では「爆報! THEフライデー」のMC・アシスタント・レギュラー&準レギュラーパネラーなど出演者の情報をまとめている。 「キャスト - CAST -」は2011年10月からABC朝日放送で開始された夕方の生放送の報道情報番組。 キャッチコピーは「忙しい夕方にやさしいニュース」。 一部、テレビ朝日「スーパーJチャンネル」を内包しており、全国ネット枠にて放送される。 番組の規模は在京キー局と同レベルで、コメンテーターも全国放送で見かける顔ぶれが大半を占めている。 2015年9月1日で放送1000回を達成、安定した人気を獲得している。 過去何度かメインキャスターが入れ替わっており、2015年3月までは初代・伊藤史隆アナ、2015年4月~2017年12月までは2代目・浦川泰幸アナ、そして2018年1月~3月までを3代目・古川昌希アナ&塚本麻里衣アナがそれぞれ担当。 現在は、3代目の古川&塚本アナがサブキャスターとなり、2018年4月より4代目・上田剛彦アナがメインキャスターを務める。 この記事では「キャスト」に出演するキャスター・アナウンサー・リポーター・気象予報士・コメンテーターの情報をまとめた。

次の

「アッコにおまかせ」結婚噂 芸人K 再婚SアイドルK不倫アナウンサーX

アッコ に おまかせ アナウンサー

タレントのさんが新型コロナウイルスの解説者に対し「コロナバブルでしょ?」などといった発言をし、ネット上で「不謹慎すぎる…」「この人本当に危機感ないんだな」といった批判の声が殺到しています。 問題の発言があったのは、12日に放送されたTBS『アッコにおまかせ!』での一幕でした。 この日、番組はゲストとして長野保健医療大学の北村義浩さんを招き、新型コロナウイルスの話題について取り上げます。 そんな中、解説者として招かれた北村さんに『もうはっきりいって先生、ものすごく忙しいでしょ、今?』と訊ねた和田さん。 これに北村さんが『そうですね。 新しい情報がいっぱい上がってきてますので、勉強するのに忙しいですね』と返答すると、和田さんは『素敵なことをおっしゃる。 色んな方をテレビで拝見しますけど、あの失礼な言い方ですけど、先生方の間で今バブルじゃないですか?』などと笑いながら発言したのです。 この言葉に北村さんも返す言葉が見つからず、他の出演者たちも顔を強張らせていました。 しかし、問題視されたのは和田さんの発言だけではありませんでした。 スタジオで新型コロナウイルスの話題が続く中、外出自粛や3密を避けるよう呼びかけられているため飲み会ができないと嘆く和田さん。 和田さんとの飲み会がなくなったことに、出演者のさんやさんが喜ぶ素振りを見せると、今度は解説者の北村さんが『コロナにありがとうと言ったほうがいいですね』などと発言してしまったのです。 時間がない中 来てもらっておいて 「先生方の間でバブルじゃないですか?」って… 耳疑ったわ 不謹慎極まりない 本人も「私はバカだ」って言ってるけど そんな人に生放送させてるテレビ局 どうなの? アッコにおまかせ 和田アキ子 pic. twitter. ネット上では「不謹慎すぎる…」といった声をはじめ、 「医療関係者が十分もお休みも取れない中で頑張ってくださっている中で、コロナバブルとコロナにありがとうは、ブラックジョークであっても質が悪すぎるぞ!」 「これだけの被害が出てしかもさんも亡くなったのにコロナバブルとかコロナにありがとうとか言えるこの人たちの感覚がおかしすぎる」 「この人本当に危機感ないんだなって思った。 非常時だという認識があればそんなこと聞かないし言えない」 「コロナバブルって…。 新型コロナウイルスが原因で亡くなった方がいる中で、こんな不適切なコメントをするタレントを野放しにするのはいかがなものかと思う」 「番組打ち切りにしたほうがいいんじゃない? コロナバブルとかよく言えるよな? この状況全然わかってないだろ!」 「頭腐ってるの? 今の医療現場の状況わかってるの? 現場にいって、そういってごらんよ! みなさーーーーん、コロナバブルですねーーーーーって」 といった怒りの声が寄せられていました。 つい先日には、新型コロナウイルスの感染による肺炎で志村けんさんが亡くなり、悲しみの言葉とともに『コロナの恐ろしさをを身近に感じることができた』とコメントしていた和田さん。 しかし「コロナバブル」などと発言できるあたり、この非常事態も所詮は他人事という認識なのかもしれません。

次の

「コロナにありがとう」!? TBS『アッコにおまかせ』が最低最悪なTVショーを放映 不謹慎かつ危機感のない残念な番組内容(2020年4月13日)|BIGLOBEニュース

アッコ に おまかせ アナウンサー

「アッコにおまかせ!」はTBSテレビで1985年から放送開始された日曜昼のバラエティ番組。 1週間のニュースを取り上げ和田アキ子が毒を吐く、ワイドショー的な要素が強い。 メイン司会は初回から出演している和田アキ子。 そしてパートナーとなる男性司会者は峰竜太で4代目だが初出演は1993年、以降、交代はされていない。 番組進行は初代を除いてTBSの男性アナウンサーが務めている。 なお初代は古舘伊知郎が担当していた。 その他、お笑い芸人や若手女性タレント、弁護士、その他ベテランのご意見番タレントなど多数の出演者によって番組は構成されている。 毒舌のイメージが強い和田アキ子が芸能ニュースにコメントする際は、その内容がニュースサイトで記事にされやすく、同日にフジテレビで放送される「ワイドナショー」と並んで方々から注目されている番組と言える。 この記事では「アッコにおまかせ!」の出演者情報を中心にまとめた。 」やニッポン放送「ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回」のような長寿番組に恵まれており、現在は「芸能界のご意見番」としても扱われる そのため、彼女の同番組における発言はネットニュースとして記事化されやすい 「アッコにおまかせ! 」には番組開始の1985年10月6日から番組の司会者として出演 前身番組「アッコ・古舘のゆうYOUサンデー! 」「アッコ・古舘のアッ! 」「大都会 シリーズ」「西部警察 シリーズ」といった石原プロの手掛ける作品に出演 2000年の石原プロ退所後もTBS「新参者」「ルーズヴェルト・ゲーム」を始め定期的にドラマ作品に登場している 一方、タレント・司会業での知名度は高くTBS「アッコにおまかせ! 」やテレビ東京「出没! アド街ック天国」などは代表的な出演番組として挙げられる 「アッコにおまかせ」には1993年10月3日から出演 松尾貴史、生島ヒロシ、田中義剛に続く4代目の男性司会者を務める 歴代男性司会者で最も長期間司会者として出演を続けている TBS男性アナウンサー 2018年入社 1993年10月24日生まれ、千葉県千葉市出身の26歳 血液型はB型 慶應義塾大学文学部 卒 大学時代は「第24回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」で活躍したイケメン男性アナ TBS入社後は「ビビット」のレギュラーやニュースを担当 TBS「アッコにおまかせ! 」の見習いアナウンサーを経て後に正式な進行役として出演、さらに平日夕方のニュース番組「Nスタ」でキャスターを務めるなど人気番組に次々と出演している 2019年8月4日放送より「アッコにおまかせ! 」に引継ぎを兼ねた見習いアナウンサーとして出演 2019年9月29日に前任・国山ハセン アナの卒業に伴い翌2019年10月6日より正式な進行アナウンサーを務めている 融合事務所に所属するお笑いタレント アイドルグループ「CHA-CHA」の元リーダー 1965年3月12日生まれ、静岡県御殿場市出身の55歳 身長171cm、血液型はO型 日本大学文理学部国文学科 中退 「劇男一世風靡」での活動を経て日本テレビ「欽きらリン530!! 」のオーディションにより欽ちゃんファミリーに加入 アイドルグループ「CHA-CHA」やお笑いコンビ「K2」として活動 「笑っていいとも! 」や「ウッチャンナンチャンのウリナリ!! 」など人気バラエティ番組に多数出演 現在もABC「朝だ生です旅サラダ」を始め多数の番組にレギュラー、またはゲストとして登場する 「アッコにおまかせ」には1990年代の中盤頃から出演頻度の高い準レギュラーとして出演している マセキ芸能社所属のお笑い芸人 「劇団SHA・LA・LA(シャララ)」の座長でもある 1964年2月13日生まれ、神奈川県横浜市神奈川区出身の56歳 身長159cm、血液型はB型 妻は元レースクイーンの阿部瑠理子 由緒正しい家柄に生まれており、実家は横浜の老舗海苔問屋「つた金海苔店」 大伯父に八幡製鐵初代社長の三鬼隆、曾祖父に岩手軽便鉄道の元社長・政治家の三鬼鑑太郎がいる 出川自身はウッチャンナンチャンらと「劇団SHA・LA・LA」を立ち上げ座長を務め、当初は演劇を中心に活動 後にテレビに進出、バラエティ番組でリアクション芸人としての地位を確立していった かつては嫌われ芸人No. 1だったが、現在は老若男女問わずの国民的な人気タレントとなっている タレント、お笑いトリオ「B21スペシャル」のリーダー 本名は「小園浩己(こぞのひろみ)」 1965年2月13日生まれ、東京都八王子市出身の55歳 身長175cm、血液型はA型 昭和第一工業高等学校 卒 元々人気タレントとして芸能活動をしていたが親友の死をキッカケに表舞台から姿を消し、トレーニングジムの経営などに従事していた 2014年頃からテレビに復帰 現在は日本テレビ「ウチのガヤがすみません! 」「火曜サプライズ」やTBS「東大王」、フジテレビ「バイキング」など多数のレギュラー番組を抱えている またバラエティ特番のゲスト、通販バラエティでのMCなど出演するジャンルは多岐にわたる 自身が通販商品のプロデュースを行うこともある為なのか、日本テレビやTBSなど通販特番に出演する機会も多い 2017年4月頃から「アッコにおまかせ! 」に準レギュラーとして登場している 太田プロダクション所属のお笑いタレント 1967年8月11日生まれ、山口県熊毛郡田布施町出身の52歳 身長164cm 大学を中退して上京、芸能界デビュー モノマネ芸人として「ビートたけし」や「掛布雅之」などのネタで人気を獲得 レパートリーは多岐に渡り、タレントやスポーツ選手だけでなく政治家、俳優なども得意とするが本人が肥満体型にあったことから「全体的に声が太っている」と評されている 「進め! 電波少年」では松本明子と共に無茶なアポなし企画に挑戦、番組MCとして高い視聴率を誇っていた 現在もタレントとしてテレビ「アッコにおまかせ! 」やラジオ「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」などにレギュラー出演する 「アッコにおまかせ」への出演歴は長く、過去には高い頻度で準レギュラーとして出演していた 現在は2か月に1度程度のペースになっている 吉本興業所属のお笑いコンビ 2000年結成 メンバーは• 【ボケ】石田明(1980年2月20日生まれ、大阪府大阪市出身の40歳、身長173cm、血液型B型、大阪府立東淀川高校卒)• 【ツッコミ】井上裕介(1980年3月1日生まれ、大阪府出身の40歳、身長163~165cm、血液型A型、神戸学院大学経済学部 卒) 高校時代の同級生同士で、高校卒業後は井上が大学、石田が板前として就職 後に井上が誘う形で2000年5月にコンビを結成した 「爆笑オンエアバトル」「M-1グランプリ」「S-1バトル年間チャンピオン」など多数の大型賞レースで優勝を勝ち取っている 2016年には井上が自動車事故による違反で12月末~翌2017年4月まで謹慎、石田が単独で活動を行った 吉本興業所属のお笑いコンビ 1993年4月結成 メンバーは• 【ツッコミ】八木真澄(1974年8月4日生まれ、京都府出身の45歳、身長176cm、血液型はO型、立命館大学産業社会学部 卒)• 【ボケ】高橋茂雄(1976年1月28日生まれ、京都府出身の44歳、身長176cm、血液型はA型、立命館大学産業社会学部情報メディアコース 卒) 主にコントを中心とした芸風だが、漫才も行う コント内のキャラクターだった「犬井ヒロシ(高橋茂雄)」が「エンタの神様」のエンディングテーマを担当しており、これが知名度を上げるキッカケとなった 八木が天然ボケで滑りキャラのイメージがあるため誤解されるが、コンビとしては八木がツッコミで高橋がボケである 「ヒルナンデス」には2011年3月28日からレギュラー出演している 第二東京弁護士会所属の弁護士 1957年6月28日生まれ、東京都出身の62歳 中央大学法学部 卒 「行列のできる法律相談所」に出演する弁護士でワイドショーのコメンテーターとしても出演が多い また、犯罪や法律を取り扱うバラエティ特番にも法律の専門家として起用されるケースが目立つ 現在の主なレギュラー番組は、日本テレビ「行列のできる法律相談所」「スッキリ!! 」、CBC「ゴゴスマ」、カンテレ「報道ランナー」、テレビ朝日「週刊ニュースリーダー」、中京テレビ「キャッチ! 」など さらにTBS「アッコにおまかせ! 」、読売テレビ「ウェークアップ! ぷらす」、CBC「チャント! 」、ABC「キャスト」などにコメンテーターとして出演 また稀に「ネプリーグ」や「全力! 観覧は公式サイトで募集されている。 対象は中学生以上。 応募者1名と同伴者5名の最大6名で観覧できるようだ。 しかし、現在は決して視聴率は好調とは言えない。 実際に視聴率がどの程度のものかを見てみよう。 関東地区における2016年4月3日の視聴率は8. 日テレには水をあけられている形で、2位をテレビ朝日「TVタックル」と争っているのが「アッコにおまかせ」の現状である。 つまり、低視聴率で打ち切り、とまでは落ち込んでいないものの同番組は毎年打ち切りの話題が噴出する。 直近では2017年3月で打ち切りと様々なネットメディアが報じたものの、結果的にガセネタとなった。 この背景には、ネットを中心とする和田アキ子への反感を煽ってアクセス数を稼ぐメディアの狙いがあるようだ。 もっとも長寿番組だけに「のびしろ」も無いに等しいため、新たな視聴者層を獲得するという意図があるなら打ち切りも考えられなくはないはずだ。 MBS毎日放送が制作し、全国のTBS系列局で放送されている生放送の生活情報番組が「サタデープラス」。 2003年4月~2015年3月まで放送された「知っとこ! 」の後継番組にあたる。 2020年3月までは「いきるために、必要な情報をプラス」をキャッチコピーに、命・お金・心という生活に密着したテーマを中心に放送。 2020年4月4日より番組は大幅にリニューアルを敢行。 これまでの生活情報番組から「スポーツ」をテーマに「人・食事・健康・青春・物語」を掘り下げていく番組へと大きな変化を遂げている。 また、このリニューアルで小堺一機は番組を降板。 関西ジャニーズJr. 「なにわ男子」の藤原丈一郎、Lil かんさいの西村拓哉、嶋崎斗亜が新規メンバーとして加入する。 またMBSアナウンサーも福島暢啓アナが降板し、若手の三ツ廣政輝アナ&清水麻椰アナが新規加入した。 この記事では「サタデープラス」のMCやレギュラー、不定期のゲストなど出演者情報を中心にまとめた。 「イチオシ!! 」はHTB北海道テレビが平日の夕方に放送する生放送の情報番組。 2003年4月7日に放送開始。 既に15年以上続いている長寿番組である。 全国的なニュースは、同番組に内包する形でキー局・テレビ朝日が放送する「スーパーJチャンネル」をネット放送。 「イチオシ!」出演者は、それ以外のローカル情報パートを中心に担っている。 早朝には「イチオシ!」の姉妹番組である「イチモニ!(旧・イチオシ!モーニング)」が放送され、出演者の一部は重複している。 2019年3月いっぱいで番組の顔として出演していたタレント・ヒロ福地が卒業。 同年4月より出演者を新たにするとともに、番組名を「イチオシ!! 」と「! 」が1つ増える改題が行われる。 この記事では「イチオシ!! 」に出演するMC・キャスター・アナウンサー・リポーター・気象予報士の情報についてまとめた。 1993年4月3日からABC朝日放送が制作し、全国のテレビ朝日系列局で放送されている旅情報番組が「朝だ!生です旅サラダ(よみ:あさだ!なまですたびさらだ)」。 即時性の不要な旅情報番組であるものの、基本的に生放送。 全国各地からの中継リポートなども折り込まれ、ラッシャー板前とANN系列各局の女子アナが担当している。 番組開始当初は、草野仁・向井亜紀・田中義剛・竹内都子というメンバーだったが現在は殆どが入れ替わっており、開始当初のメンバーは向井亜紀のみである。 スタジオを担当するABCアナウンサーは、1~3年ほどで担当が入れ替わっている。 また、リポーターである「旅サラダガールズ」ば1年後とに大きく入れ替えが行われており、残留するのは1人~2人程度となっている。 この記事では「朝だ!生です旅サラダ」の出演者情報を中心にまとめた。 「あさイチ」は2010年4月度から放送されているNHK朝の情報番組。 番組名の「イチ」は「市場のように様々なモノを扱う活気のある番組」という意味合いが込められていることから生活情報を中心に政治や経済、社会問題、エンターテイメントまで様々なジャンルを広く扱っている。 番組は月曜~木曜と金曜で内容が大きく異なる。 番組は2018年4月に出演キャストの大幅リニューアルが行われたが、上記の基本的な構成は継承されたままである。 その出演キャストだが、番組開始の2010年4月~2018年3月まではV6・井ノ原快彦&有働由美子(当時NHKアナ)コンビがMCを務め高い人気を誇っていた。 2018年4月のリニューアル以降は出演者を刷新。 MCには漫才コンビの博多華丸・大吉&NHKの近江友里恵アナが就任している。 この記事は現在の「あさイチ」における司会者・女子アナ・その他レギュラーなど出演者に関する情報をまとめたものである。 「にじいろジーン」は2008年4月から関西テレビ制作、フジテレビ系で放送開始された土曜日朝の情報番組。 開始当初から生放送で行われている。 グルメやスポット情報など生活トレンドを主に取り扱っているエンタメ番組である。 2007年4月~2008年3月まで放送された「うふふのぷ」の後任番組。 司会を務める山口智充とレギュラーのガレッジセールが前番組のコーナー担当からの継続起用である。 同番組は、山口智充と女性タレントがメイン司会を務めるが、歴代の女性司会者であるッキー・清水富美加が立て続けにトラブル発生。 出演見合わせや降板という半ば呪いのような状態が続いており、一時期はガレッジセールが司会として参加していた。 2017年7月1日より新レギュラーとして女優・飯豊まりえが加入。 ベッキー、清水富美加に次ぐ3代目(ベッキーは厳密には休演中)ということで番組に不運な流れを変えてくれる新勢力として期待されているが、2度あることは3度ある、と彼女の実を案じる声も一部では聞こえている。 飯豊まりえの加入以降は平和な放送が続いていていたが、番組自体は2020年3月で放送終了。 12年の歴史に幕を閉じることとなった。 なお、後番組は山里亮太と宇賀なつみがMCを務める新番組が編成される。 この記事では「にじいろジーン」の出演者情報を中心にまとめた。 「せやねん!」はMBS毎日放送が制作する土曜の午前中~昼に放送される生放送の情報番組。 2001年4月から放送開始。 出演者の多くは吉本興業所属タレントとMBSアナウンサーで構成。 MBSアナは基本的に各コーナーの進行役 or ナレーションによる出演だが、パネリストとして出演することもある。 TBS系列局は同時間帯にTBS制作「王様のブランチ」を放送する局が多いが、関西圏では「せやねん!」を放送。 グルメやエンタメが情報の中心で20代前後の若年層がメインターゲットの「王様のブランチ」に比べると「せやねん!」は中高年を意識した時事問題なども取り入れている。 この記事では「せやねん!」に出演する吉本興業のお笑い芸人やMBSのアナウンサーに関する情報を中心にまとめた。 「爆報!THEフライデー」は2011年10月から放送開始された爆笑問題がMCを務めるバラエティ。 主にかつて活躍していた芸能人や著名人の現在に焦点を当てた番組である。 爆笑問題の冠番組「爆! 爆笑問題」で不定期に放送された「芸能人ザ・密告SP」がレギュラー化したものであり、「爆! 爆笑問題」の後継番組にあたる。 「あの人は今」のような姿を見かけなくなった現在を追った内容や誰も知らなかった芸能人の人生経験などを特集した企画と過去の芸能界事件簿特集が番組の2軸となっている。 MCの爆笑問題と進行アシスタントのTBS山本里菜アナは「サンデージャポン」と同じ組み合わせ。 レギュラーパネラーにはテリー伊藤が出演。 さらに中堅のお笑いコンビが多数起用されているのも特徴。 この記事では「爆報! THEフライデー」のMC・アシスタント・レギュラー&準レギュラーパネラーなど出演者の情報をまとめている。 「キャスト - CAST -」は2011年10月からABC朝日放送で開始された夕方の生放送の報道情報番組。 キャッチコピーは「忙しい夕方にやさしいニュース」。 一部、テレビ朝日「スーパーJチャンネル」を内包しており、全国ネット枠にて放送される。 番組の規模は在京キー局と同レベルで、コメンテーターも全国放送で見かける顔ぶれが大半を占めている。 2015年9月1日で放送1000回を達成、安定した人気を獲得している。 過去何度かメインキャスターが入れ替わっており、2015年3月までは初代・伊藤史隆アナ、2015年4月~2017年12月までは2代目・浦川泰幸アナ、そして2018年1月~3月までを3代目・古川昌希アナ&塚本麻里衣アナがそれぞれ担当。 現在は、3代目の古川&塚本アナがサブキャスターとなり、2018年4月より4代目・上田剛彦アナがメインキャスターを務める。 この記事では「キャスト」に出演するキャスター・アナウンサー・リポーター・気象予報士・コメンテーターの情報をまとめた。

次の