マツダ 3 マシーン グレー。 新型MAZDA3の人気色ランキング!おすすめカラーはこれだ!

マシーングレープレミアムメタリック

マツダ 3 マシーン グレー

下取りに出すなら 「クルマの買い取りサイト」を使うこと! 大切に乗ってきた愛車ですから少しでも高く 買取りしてもらいたいと思いませんか? 例えばディーラーでは 40万円の下取りが、 買い取り業者では 116万円になることも 多々あるのです。 クルマの買い取りサイトを使うことで、 一番高く買ってくれる業者が見つかるのです。 あなたの大切な愛車の買取価格を 全国の業者(最大5,000社)が入札! 本当の最高額がわかります。 車の価値はこの瞬間も 下がり 続けているのです。 車の査定を後回しにするのは損ですよ!! 新世代MAZDAのキーポイントにもなっている、車体デザインと色。 ここでは、そんなMAZDA3のデザインと色に対する考え方を紹介したいと思います。 」とMAZDAが謳うように、今のMAZDAはデザインが命です。 魂動デザインの美しさを際立たせる、 「匠塗 TAKUMINURI」と言われる色がMAZDA3のイメージカラーになっています。 瑞々しい生命感と艶やかな透明感を表現した、 ソウルレッドクリスタルメタリック。 mazda. mazda. mazda. ちなみに、マツダ3の開発主査を務めた別府耕太氏さんが言うには、 「ファストバック」 モデルのユーザーイメージは 「感じるままに生きる自由人」、 「セダン」は「品格と個性を兼ね備えた紳士・淑女」で正反対の性格を持つと語っています。 どちらも感情が豊かになり日常が輝くクルマで、「恋に落ちてほしい!」と、とある講演でお話してたそうです。 つまりMAZDA3はクルマ自体はいたって真面目で、見た目重視なクルマということです。 いたって真面目というと、語弊があるかもしれませんが、その証拠に見えない部分のドライビングポジションやエンジンなどへの拘りもすごいです。 走る部分にも拘っているけれど、直感の見た目で選んでほしい、ということでしょうか。 MAZDAは人間研究までクルマ作りに役立てているので、さすがにあまり深い所までは理解できません。 それでも、MAZDA3の塗装がすごい拘りを持っているのは、これらを見ても十分に伝わってきます。 webcg. mazda. 他には、光の加減でメタリックにもソリッドにも見えるという不思議な色のポリメタルグレーメタリックなどが人気になっています。 英ジャーナリストのジェレミー・クラークソンも前期型のMAZDA6で、このソウルレッドクリスタルメタリックをえらく気に入っている様子をコラムで読みました。 クルマ自体は相変わらずの辛口で、「特に代わり映えもないクルマだが、この色なら買いたい」というものでした。 ジェレミー・クラークソンが気に入っているクラシックカーのアルファロメオGTV6(アマゾンプライムで視聴できる『グランドツアー・シーズン3』で登場)もこのMAZDAのソウルレッドクリスタルメタリックに全塗装したいと言うほど気に入っているようでした。 wordpress. この赤はMAZDA車の造形を一番よく見せてくれる色だと個人的には思います。 mazda. 光が当たると金属感が際立ち、リフレクションを強調。 陰になるとソリッド感が際立ち、独自の艶で塊感を表現します。 ファストバック専用色です。 」 このような説明がMAZDAの公式に載っていました。 筆者は個人的にMAZDA3の中では、この色が気に入っていて陰になった時のソリッド感はまるで、ポリバケツのような艶のグレーが強い印象を受けました(あまり上手い表現ができず申し訳ないです)。 ツイッターなどのSNSでも、この色を購入したオーナーをたくさん見ました。 ハッチバック専用色でもあるので、比較的若い年代の人に選ばれているようです。 webcg. MAZDAが言う通り、みごとな金属の塊感を再現した色がマシーングレーメタリックです。 筆者は初めてマシーングレーメタリックのロードスターRFを見て、なんてカッコいいんだと衝撃を受けました。 それは、ただの消費材としての車ではなく、大切に所有したいと思えるクルマでした。 MAZDAのこれらのプレミアムカラーには、ユーザーを満足(所有欲を満たす)させる力があるのだと思いました。 mazda. mazda. 成分ではフッ素、シリコン、チタンが選ばれています。 クルマ業界もワックスからコーティングへと愛車を守るスタイルが変わってきました。 今ではワックスがけは大変な上に、効果も少ないような気もします。 話は逸れますが、欧州車などでは拘りの専用ワックスが用意されていて、オーナーはそれを使って洗車を楽しむというような場面も見られます。 特に新車のきれいな状態での塗装へのコーティングは効果が続く傾向にあるそうです。 メーカーによっては1年~3年の保証を付ける車種もあり、販売競争のアイテムになっているようです。 新車時にコーディングを施しておけば、普段の洗車も楽になるので一石二鳥ですね。 駐車場と洗車 駐車場などの保管場所は日光、風、雨などからクルマの塗装を守るために大切です。 ガレージなどが理想ですが、なかなかそういう訳にもいかないので、必要ならボディカバーをかけてもいいと思います。 また、夏場の直射日光はコーティングの大敵なので、できるだけ乗るのを避けるなどの対策もあります。 洗車はできるだけ手洗いが望ましく、シャンプーなどは特に必要ないようです。 あとは、最後にしっかりと水滴を拭き取ってあげることが必要で、その時はルーフから順に拭き取っていきます。 mazda. 家族や友達に相談しても結局お金を 出すのは自分ですからね。 そんな方に超おススメの裏ワザを ご紹介します! それは、下取りは必ず 「クルマの買い取りサイト」 を使うことなのです。 下取りに出すなら 「クルマの買い取りサイト」を使うこと! 大切に乗ってきた愛車ですから少しでも高く 買取りしてもらいたいと思いませんか? 例えばディーラーでは 40万円の下取りが、 買い取り業者では 116万円になることも 多々あるのです。 クルマの買い取りサイトを使うことで、 一番高く買ってくれる業者が見つかるのです。 あなたの大切な愛車の買取価格を 全国の業者(最大5,000社)が入札! 本当の最高額がわかります。 車の価値はこの瞬間も 下がり 続けているのです。 車の査定を後回しにするのは損ですよ!! スポンサードリンク.

次の

マツダ|「匠の技」カラーデザイナー岡本 圭一 × 塗料開発エンジニア 山根 貴和 vol.1|デザイン

マツダ 3 マシーン グレー

マツダ3ファストバック SKYACTIV-D1. 8 ポリメタルグレーメタリック SKYACTIV-Xエンジン搭載車の発売は12月に延期になったが、マツダ3、いよいよ納車が始まっている。 4-7月の販売データから、マツダ3の実像を見てみよう。 まずはボディタイプから 左がセダン、右がファストバック ファストバックもセダンも非常に美しい。 通常、欧州では圧倒的にファストバックが人気。 北米や中国はセダンの人気が高い。 日本はどうか? 7月の販売比率は、 ファストバック:80. セダン カラーはソウルレッドクリスタルメタリック エンジンの一番人気は2. 0 SKYACTIV-G1. 4-7月の累計データによれば 2. 7月単月では 2. ということは、受注の最初期はディーゼルが人気だったということだろう。 とはいえ、販売のメインは2. ポリメタルグレーメタリックは、ファストバック専用カラーだから、ファストバックに限っていえば、ソウルレッドとポリメタルグレーが人気を二分している、と言えそうだ。 さて、肝心の受注状況は? マツダ3のライフを通じての月間販売台数目標は2000台/月。 4-7月の受注台数が約1万6000台というから、目標の2. 7倍というところだ。 SKYACTIV-Xエンジン搭載グレードの詳細が未発表(価格はわかっているが)なことと、次に控えているCX-30を待っている人もいるだろう。 第7世代商品群のトップバッター、マツダ3の販売動向にはこれからも注目が集まるだろう。

次の

マツダ第3のカラーになれる?新型「アクセラ/マツダ3(Mazda3)」ハッチバック専用の”ポリメタルグレーメタリック”の魅力について考えてみる

マツダ 3 マシーン グレー

新世代の魂動デザインをまとって登場したマツダ3。 マツダの主力モデルとして厳しい欧州の道路で鍛えられた先進安全装備や高い走破性は非常に優れており、多くのユーザーを惹きつけます。 他社にはないクリーンディーゼルやマニュアルミッションは、ドライバーをその気にさせてくれるものばかりで、非常に楽しみです。 そして国産車とは思えないほどまでに洗練されたデザイン性と海外名に統一したことで、さらにプレミアム感が増しています。 もはやプレミアムカーのような装いのマツダ3は、カラーバリエーションもスタイルを引き立てるものばかりです。 色によって魅力も大きく変わってくるので、色の選択は非常に重要となってきます。 ここではそんなマツダ3のボディカラーのバリエーションから人気ランキング、そしておすすめカラーまでご紹介していきます。 ここではマツダ3のカラーラインナップを色番号からオプションの有無、そして価格まですべてを見ていきます。 周りとかぶらないようにその他の色を選ぶのもありですが、間違いのない選択をしたいですね。 ここではランキング形式で紹介し、それぞれのカラーの口コミや特徴、そして評価を解説していきます。 ボディのプレスラインが少なく、曲面などスタイルそのものの魅力で勝負するマツダ3。 メッキパーツも少ないボディは白と黒のコントラストがはっきりしており、とても刺激的な外観です。 と言いつつもパールホワイトで落ち着きがありますから、万人におすすめできる無難なカラーと言えます。 もちろん人気の高さもありますが、ホワイトパールはリセールバリューも安定しています。 オプション料金はかかりますがメンテナンスは楽でボディも映えるという非常に便利なカラーです。 スノーフレイクホワイトパールマイカ — MAZDA 3 MAZDA313224723 写真に撮るだけでも十分に絵になります。 パールホワイトはマツダ3の躍動的なボディを落ち着かせ、上質な雰囲気を表現してくれるのでとてもきれいです。 マツダ3の スノーフレイクホワイトパールマイカも、良いなぁ〜🐥 — Yossima よっしーま Yossimaofficial スノーフレイクホワイトパールマイカは乗る人を必ず満足させる、不思議な魅力のあるカラーです。 どうしてもカラーが決まらないときは、この色にしてしまっても良いでしょう。 2位 ソウルレッドクリスタルメタリック 参考: ソウルレッドクリスタルメタリックはその深みのあるカラーでマツダ3のスタイルをしっかり表現します。 平面的な美しさやリア周りの曲面、そして光の加減などいろいろな表情を見せてくれます。 暗がりに少しの明かりで妖艶に輝くさまは非常に美しく魅惑的です。 おしゃれな車が好きな人は誰もが虜になってしまうでしょう。 ソウルレッドクリスタルメタリックはマツダの主力カラーですからリセールも抜群です。 オプション料金はかかりますが、安心して選べるカラーです。 俺の兄のマツダ3ファストバック。 マツダカラーのソウルレッドクリスタルメタリックは美しい。 — k. s19870529 lFU8EvuoRimJF07 ソウルレッドクリスタルメタリックのマツダ3は、とにかく美しいという評判が多いです。 コレほど見る人を魅了するボディカラーもそうないでしょう。 あなたもこのカラーに魅了されたのであれば、迷わず選んでみてはいかがでしょうか。 3位 ジェットブラックマイカ 参考: ジェットブラックマイカは漆黒の煌きで、スタイリッシュなボディを美しく輝かせます。 メッキパーツや塗り分けなどもほとんどなく、全身が真っ黒なので樹脂パーツのコントラストやマイカの輝きなどでボディをかっこよく移します。 迫力のあるスタイルで見るものを魅了するこのカラーは、かっこよく車に乗りたいという人にぴったりです。 扱いには丁寧さが必要なカラーですがリセールバリューは抜群で、オプション料金もなく次々乗り換えを考えている人にとってはとても良いカラーです。 マツダ3のファストバックとセダン2台を一気乗り!ソウルレッドクリスタルメタリックが1500のガソリン。 ジェットブラックマイカが1800のディーゼル。 新車ホヤホヤで緊張しました。 おしゃれな赤も良いですが、こちらもかっこいいですね。 新型 マツダ3 ジェットブラックマイカ! すっげえカッコいい! 😮👉 — Car Daily CarDaily79 重厚感が非常にかっこいいブラック。 躍動的なスタイリングにも非常にマッチしており、かっこいい意外の言葉が出てきませんね。 4位 マシーングレープレミアムメタリック 参考: 普通のシルバーとは、ひと味違う美しさのあるマシーングレープレミアムメタリック。 躍動的な魂動デザインにこのカラーを乗せることで、まるで鉄製の生き物のようになります。 美しさとかっこよさを兼ねた塗装は華やかさはあまりないですが、その分飽きも感じにくくので長く乗るにもぴったりです。 ボディカラーとしては非常に定評があるのでリセールバリューは悪くありません。 乗り換え前提にしても良い状態と言えるでしょう。 本日、ついに! 記念すべき納車となりました。 あいにくの台風接近ですが、慣らしのドライブに行ってきます。 — mazda 2-3-8 leadbelcher3 上質な輝きで人気のあるマシーングレープレミアムメタリック。 マツダ3の躍動的なデザインと相まって高級感が感じられます。 光が弱く、さまざまな角度から照らされる立体駐車場は、最高のフォトスポットですね。 5位 ポリメタルグレーメタリック 参考: レアメタルのチタンを感じさせる金属的なボディカラーは、躍動的なデザインと相まってまるで生き物のようです。 非常に美しいカラーなので、シルバーやグレーなど他のカラーに比べると人気が低いというだけで、そこまで不人気という印象はありません。 ただ不人気カラーということはリセールバリューは悪いです。 周りとは一味違う、自分らしさを表現するボディカラーとして選ぶと良いでしょう。 洗車がなかなかできず、今日も時間ないのでとりあえず水洗車だけ。 どの塗装であっても、曲面デザインの多いマツダ3はボディの輝きが一味違います。 ディーラーに見に行きました ボディカラーはチタニウムフラッシュマイカです かっこよかった!😆 — ずんだあめ CX-30予約済 mazda3pon ディーラーで見る展示車も一味違います。 不人気カラーとは思えない美しさです。 ソニックシルバーメタリック 参考: スポーティなかっこよさを感じさせるシルバーメタリックはマツダ3のボディも、とてもかっこよく見せてくれます。 グリルやホイールなどブラックパーツとの相性も良くスタイリッシュですが、やはり他のカラーに人気が集中しすぎていて存在感が薄れているというのが、不人気につながっているようです。 人気がないカラーだといってもシルバーは基準色ですからリセールバリューには問題ありません。 無難に乗りたいという人にはぴったりでしょう。 複雑な輝きで高級感のあるカラーも良いですが、シンプルな美しさを感じさせます。 マツダ3セダン ソニックシルバーが超絶カッコよすぎる。 — こだま 湘南のGJ乗り kodama414a スタイルの良いマツダ3ですから、ソニックシルバーメタリックのシンプルなボディカラーでも非常にかっこよく見えます。 良いと思ったのであれば迷う必要もないでしょう。 幅広い需要に応えるために多くのラインナップをしていますが、中でも特におすすめのボディカラーをご紹介します。 ソウルレッドクリスタルメタリック 参考: マツダ3のおすすめカラーといえばやはりソウルレッドクリスタルメタリックです。 わざとらしいプレスラインや無難な平面的なデザインではなく、面をしっかり感じさせるこのボディにはソウルレッドクリスタルメタリックが非常にかっこよく映ります。 深みのあるワインレッドに暗がりでも日光の下でもいろいろな輝きを見せてくれるので、いつまでも飽きずにいられるカラーです。 キャンディカラーは汚れは目立ちやすいですし赤は退色にも気を使わないといけません。 それを補って有り余るくらいの魅力があるカラーです。 マシーングレープレミアムメタリック 参考: 次におすすめなのがマシーングレープレミアムメタリックです。 人の目をひく鮮やかのボディカラーも印象的で良いですが、飽きのきにくいストイックなボディカラーは、長く付き合っていくことの多い車との時間をかけがえのないものにしてくれます。 もちろん傷や汚れは目立ちにくく、比較的メンテナンスも楽です。 リセールバリューは文句なしのプラスカラーですから、3年から5年ほどで替えるという人にもぴったりです。 スノーフレイクホワイトパールマイカ 参考: おすすめカラーの2つ目はスノーフレイクホワイトパールマイカです。 上品な印象を与えるこのカラーはマツダ3に高級感を与えてくれます。 膨張色であるホワイトはコンパクトなボディを一回り大きく感じさせ、樹脂部分との色の対比をはっきり見せてくるのでとても印象の強いカラーです。 上品さと高級感の両方を兼ね備えています。 それでいて傷が目立ちにくく退色にも強いこのカラーは、メンテナンスも容易です。 さらにリセールバリューも高く取られますので安心です。 自分の好みを通すのかリセールバリューを狙うのかという二者択一のような選択肢ですね。 では過去モデルではどのようなカラーが有り、人気だったのでしょうか。 ここでは過去のマツダ3のボディカラーについて解説していきます。 初代BK型 マツダ3は以前はアクセラというネームで売られていました。 その初代モデルに当たるBK型は8色のボディカラーがあります。 すでに欧州での人気が高かったマツダらしく、スタイリッシュなボディに似合うカラーラインナップが特徴的です。 グレーはスポーティでかっこよかったですが、こちらは大人の魅力が感じられるブルーですね。 3代目BM型 3代目アクセラは初代の魂動デザインが実装された、非常にスタイリッシュなモデルです。 ボディカラーは8色ですがもちろんあのカラーも実装されており、無駄のない厳選されたボディカラーとなっています。 マツダのブランディングが功を奏し、勢いが感じられます。

次の