セリーヌ カゴ バック。 人気ブランドの「かごバッグ」特集2020

セリーヌのバッグおすすめ21選。種類に分けてご紹介

セリーヌ カゴ バック

バッグ「クラシック」(セリーヌ ジャパン) 仕事シーンではアクティブに、オフシーンではぐっとエレガントに。 ショルダーにもクラッチにもなる、セリーヌの「クラシック」は、多忙な毎日を楽しみ、いきいきと輝く現代女性の本命バッグです。 「クオーツ」と名づけられた澄んだグレージュと、ヴィンテージ風の仕上げ加工を施した金具が、気品と繊細な華やぎを演出。 透明感のあるスモーキーカラーをまとったクロコダイルで、ワードローブの色を選ばずに、「洗練」という個性を手に入れることができます。 さらに、フラップと本体の斑がそろった、「柄合わせ」のつくりも秀逸のひと言! 本物を知り尽くした大人の女性の美意識を満たしてくれる「クロコ・バッグ」は、やはりセリーヌにありました。 カットアウトレザーバッグ「ラゲージ ファントム」 バッグ「クラスプ」(セリーヌ ジャパン) 撮影/戸田嘉昭・宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious11月号』小学館、2017年 まるでヴィンテージバッグのようなレトロな雰囲気をもつ「クラスプ」は、今年の春に登場したセリーヌの新星。 クラシカルなワンハンドルのデザインでありながら、光沢のあるカーフレザー素材や小さな真鍮の留め具が、フォルムの美しさを際立たせ、モード感のあるおしゃれを演出。 同時に、潔いほどに研ぎ澄まされたシンプルさが、トレンドに左右されない美意識を教えてくれます。 外側にはダークネイビーのカーフスキンを、内側のライニングには朱赤のラムスキンを。 一見シンプルなバッグなのに、贅沢な素材の使い分けが印象的です。 ハンドルの美しい曲線が、女性の手に心地よくフィットします。 「ビッグバッグ ソフトベアカーフスキン ラージ」.

次の

セリーヌのバッグおすすめ21選。種類に分けてご紹介

セリーヌ カゴ バック

バッグ「クラシック」(セリーヌ ジャパン) 仕事シーンではアクティブに、オフシーンではぐっとエレガントに。 ショルダーにもクラッチにもなる、セリーヌの「クラシック」は、多忙な毎日を楽しみ、いきいきと輝く現代女性の本命バッグです。 「クオーツ」と名づけられた澄んだグレージュと、ヴィンテージ風の仕上げ加工を施した金具が、気品と繊細な華やぎを演出。 透明感のあるスモーキーカラーをまとったクロコダイルで、ワードローブの色を選ばずに、「洗練」という個性を手に入れることができます。 さらに、フラップと本体の斑がそろった、「柄合わせ」のつくりも秀逸のひと言! 本物を知り尽くした大人の女性の美意識を満たしてくれる「クロコ・バッグ」は、やはりセリーヌにありました。 カットアウトレザーバッグ「ラゲージ ファントム」 バッグ「クラスプ」(セリーヌ ジャパン) 撮影/戸田嘉昭・宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious11月号』小学館、2017年 まるでヴィンテージバッグのようなレトロな雰囲気をもつ「クラスプ」は、今年の春に登場したセリーヌの新星。 クラシカルなワンハンドルのデザインでありながら、光沢のあるカーフレザー素材や小さな真鍮の留め具が、フォルムの美しさを際立たせ、モード感のあるおしゃれを演出。 同時に、潔いほどに研ぎ澄まされたシンプルさが、トレンドに左右されない美意識を教えてくれます。 外側にはダークネイビーのカーフスキンを、内側のライニングには朱赤のラムスキンを。 一見シンプルなバッグなのに、贅沢な素材の使い分けが印象的です。 ハンドルの美しい曲線が、女性の手に心地よくフィットします。 「ビッグバッグ ソフトベアカーフスキン ラージ」.

次の

人気ブランドの「かごバッグ」特集2020

セリーヌ カゴ バック

バッグ「クラシック」(セリーヌ ジャパン) 仕事シーンではアクティブに、オフシーンではぐっとエレガントに。 ショルダーにもクラッチにもなる、セリーヌの「クラシック」は、多忙な毎日を楽しみ、いきいきと輝く現代女性の本命バッグです。 「クオーツ」と名づけられた澄んだグレージュと、ヴィンテージ風の仕上げ加工を施した金具が、気品と繊細な華やぎを演出。 透明感のあるスモーキーカラーをまとったクロコダイルで、ワードローブの色を選ばずに、「洗練」という個性を手に入れることができます。 さらに、フラップと本体の斑がそろった、「柄合わせ」のつくりも秀逸のひと言! 本物を知り尽くした大人の女性の美意識を満たしてくれる「クロコ・バッグ」は、やはりセリーヌにありました。 カットアウトレザーバッグ「ラゲージ ファントム」 バッグ「クラスプ」(セリーヌ ジャパン) 撮影/戸田嘉昭・宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious11月号』小学館、2017年 まるでヴィンテージバッグのようなレトロな雰囲気をもつ「クラスプ」は、今年の春に登場したセリーヌの新星。 クラシカルなワンハンドルのデザインでありながら、光沢のあるカーフレザー素材や小さな真鍮の留め具が、フォルムの美しさを際立たせ、モード感のあるおしゃれを演出。 同時に、潔いほどに研ぎ澄まされたシンプルさが、トレンドに左右されない美意識を教えてくれます。 外側にはダークネイビーのカーフスキンを、内側のライニングには朱赤のラムスキンを。 一見シンプルなバッグなのに、贅沢な素材の使い分けが印象的です。 ハンドルの美しい曲線が、女性の手に心地よくフィットします。 「ビッグバッグ ソフトベアカーフスキン ラージ」.

次の