ダイ マックス ラプラス。 6メートルのダイマックスラプラス、仙台に出現!ピカチュウサンタのパフォーマンスもあった!

キョダイマックスラプラスをワンパン出来る対策ポケモン3選

ダイ マックス ラプラス

ラプラス(キョダイマックス)の育成論 ラプラス(キョダイマックス)の育成論はこのようになります。 性格:ひかえめ or おくびょう• 特性:ちょすい(推奨)or シェルアーマー or うるおいボディ• 持ち物:とつげきチョッキ、じゃくてんほけん、ひかりのねんどなど• 努力値:B4 C252 S252• 実数値:• 205-94-101-150-115-112(控えめ)• 205-94-101-137-115-123(臆病)• また、ダイマックス技の火力を底上げするための控えめもおすすめとなります。 どちらにするかは好みですが、迷ったら準速のペリッパーや70属を抜ける臆病を選ぶのが無難かと思います。 特性は3つの中から好きなものを選ぼう! ラプラスの特性には「これ!」といった決定打になりうる特性はありません。 消去法で、ウオノラゴンに強く出れ熱湯の火傷に悩まされることのない貯水を推奨としていますが、強運キッスなどに強く出れるシェルアーマーや、ダイストリームで状態異常対策のできるうるおいボディにするのも良いでしょう。 持ち物は自由! ラプラスは弱点も多いので弱点保険と相性もよく、また、攻撃技で技スペが埋まりやすい点からもとつげきチョッキとの相性も抜群です。 ひかりのねんどを持たせて壁を後続につなげたりするもよし、割とどんな持ち物でも使いこなしていけそうなポテンシャルがありますね。 努力値はCS特化がおすすめ! 耐久に振るくらいなら、先制でキョダイセンリツを使える範囲を広げたほうが良いでしょう。 ダイマックス前提のポケモンなので、高威力のダイマックス技を使うラプラスは特攻にも努力値を振るのがおすすめです。 ラプラスは無振りでもHPが200超えで、防御や特防も100を超えているため、耐久には努力値を割かずとも高い耐久力を誇っています。 おすすめの技 ラプラス(キョダイマックス)のおすすめの技を紹介します。 フリーズドライ フリーズドライとは、氷タイプでありながら水タイプに抜群を取れる特殊な技で、威力70でありながら多くのポケモンに4倍弱点をつけるため非常に有用な技です。 トリトドンやルンパッパ、ギャラドスにウオノラゴンといったポケモンに刺さり、ラプラスをダイマックスさせないで戦う選択肢を持てるようになります。 フリーズドライはダイマックスしても威力120の技と微妙なので、キョダイマックス前提で運用したいケースでは他にも氷技をもたせるのが良いでしょう。 ハイドロポンプ ラプラスはねっとうを覚えないため、水技は、ハイドロポンプ、なみのり、うたかたのアリアからの選択となります。 シングルであれば、なみのりやうたかたのアリアでも良いですが、ダブルでは味方を巻き込んでしまうため、基本的にハイドロポンプ一択となります。 シングルでも命中不安技ではありますが、元々キョダイマックスで運用したいポケモンであり、威力140ダイストリームになる点からも水技はハイドロポンプで良いと思われます。 ふぶき 威力140のキョダイセンリツを撃つためだけの技です。 フリドラを採用している場合、キョダイマックス時専用技として吹雪を採用するのはありだと思います。 ぜったいれいど 一撃必殺で要塞化の対策ができるほか、ダイマックス時に威力130の氷技となれます。 れいとうビーム 命中安定の氷技ですが、キョダイマックス時には吹雪、通常時にはフリドラに軍配があがりますので優先度は低いです。 10万ボルト 10万ボルトの攻撃範囲はフリドラと被っていますが、ダイマックス時の電気技として使えるため、必要に応じて採用すると良いでしょう。 ダイサンダーでエレキフィールドを貼れれば眠り状態を無効にできるのも嬉しいですね。 こおりのつぶて ラプラスの先制技です。 非常に有用な技ではありますが、ダイマックス時には腐ってしまうので技スペースとの相談になるでしょう。 まもる ダブルではあると非常に便利な技です。 ほろびのうた キョダイセンリツでビートダウンを制し、頭数を減らして滅びの歌でフィニッシュみたいな運用を考えているなら採用するのもありかもしれません。 ラプラス(キョダイマックス)の対策 ラプラス(キョダイマックス)は、壁を貼れるキョダイセンリツがあるため、殴り合いに持ち込むのは得策ではありません。 バタフリーなどでねむらせる キョダイマックスしたラプラスを止める手段として「ねむらせる」のは非常に有効です。 キョダイマックスしたラプラスは並大抵の攻撃では倒せませんし、挑発で壁の発動を無効化することもできませんが、状態異常であれば動きを止めることが可能であるからですね。 また、先に壁を貼られてしまったケースでも眠りによる時間稼ぎができるので、そういった点からも良い対策と言えるでしょう。 かわらわりやサイコファング、コートチェンジなど壁を対策した技を覚えたポケモンを採用する 少々ピンポイント気味になってしまうのですが、かわらわりやコートチェンジなど壁を壊したり奪ったりする技があります。 キョダイセンリツはその追加効果であるオーロラベールが強力なので、それを壊してしまうというのも対策になるでしょう。 アーマーガアのキョダイフウゲキなんかもいいかもしれませんね。 まとめ 3月シーズンから解禁されるラプラス(キョダイマックス)は、オーロラベールを貼りながら攻撃ができるキョダイセンリツが非常に強力なポケモンです。 対策もかなり限られているので、とても優秀なポケモンですね!•

次の

6メートルのダイマックスラプラス、仙台に出現!ピカチュウサンタのパフォーマンスもあった!

ダイ マックス ラプラス

シェルアーマー 相手の攻撃が 急所に当たらない。 隠 うるおいボディ 雨の時、ターン終了時に 自分の状態異常を回復する。 HPの高さが目立ちます。 キョダイセンリツによってオーロラベールを展開されると、一撃で倒すことは困難と言えます。 攻撃・特攻はそれほど高くありませんが、ハイドロポンプ、ふぶき、かみなりといった高威力の技を覚えるため、油断していると致命傷を受けることになります。 特性はどれも優秀であり、どの特性かを見抜くのは難しいでしょう。 ランクバトル、シーズン5の使用率ランキングでは、 12位に入っています。 特性について• ちょすいは、 相手からの水技 を無効化 し、回復することができる優秀な特性です。 ラプラスはフリーズドライを覚えるため、雨パやウオノラゴンの対策として採用されます。 シーズン5での採用率は 55. シェルアーマーは、相手からの攻撃が急所に当たらない特性です。 耐久力の高いラプラスに対して、急所が期待できなくなるため、突破しにくくなります。 シーズン5での採用率は 17. うるおいボディは、雨時に状態異常を回復する特性です。 発動はターン終了時で、雨が残り1ターンの場合は先に雨が上がるので、特性は発動しません。 ダイストリームで雨を降らせて、ダイマックスが切れた後、ねむるで全回復が可能です。 シーズン5での採用率は 26. ここから、特に キョダイマックスラプラスについての対策を紹介します。 効果が切れるのを待つ 無難な対策としては、キョダイマックス・オーロラベールが 切れるのを待つことです。 キョダイマックスは3ターン、オーロラベールは5ターンで効果が切れるため、それまで相手の攻撃を耐えられれば、勝機を見出せます。 まもる、 みがわりといった防御技や、 めいそうや ちょうのまいなどの積み技があれば、被ダメージを抑えられます。 また、 ねむる、 じこさいせいなどの回復技、あるいは あなをほるや ゴーストダイブといった時間差の攻撃技があれば、ターンを消費させることが可能です。 ただ、ラプラスが ひかりのねんどを持っている場合は、オーロラベールが8ターン継続するため、長期間耐える必要があります。 特性でオーロラベールを無視する すりぬけ この特性なら、オーロラベールを無視して攻撃できます。 破壊するわけではないので注意。 リフレクター、ひかりのかべ、みがわりも無視して攻撃ができるので、対ラプラス以外にも役に立つ場面はあると思います。 この特性を持つポケモン: ドラパルト、 シャンデラ、 オンバーン、 エルフーンなど バリアフリー この特性のポケモンが場に出た時、ひかりのかべ、リフレクター、オーロラベールの効果が解除されます。 ただし自分の場の効果も無くなるため、相手にも有利に働く場合があります。 また、 場に出た後に壁を張られた場合は、無効にすることはできません。 この特性を持つポケモン: バリヤード、 バリコオル 技でオーロラベールを解除する ポケモンの技によって、オーロラベールを解除する方法もあります。 かわらわり・サイコファング これらの技は、攻撃しながら相手のリフレクター、ひかりのかべ、オーロラベールを破壊する効果があります。 ただ、注意点が2つあります。 1つ目は、ラプラスがキョダイマックス中だと、オーロラベールを再展開できること。 2つ目は、かわらわりで抜群ダメージを与えると、じゃくてんほけんが発動する危険があることです。 かわらわりは格闘タイプ、サイコファングはエスパータイプ コートチェンジ お互いの場の状態を入れ替える技です。 ステルスロックや おいかぜなど、複数の状態も同時に入れ替えられるので、一気に形成逆転も狙えます。 この技を覚えるポケモン: エースバーン きりばらい 相手の回避率を1段階下げ、相手の場のリフレクター、ひかりのかべや、お互いの場の設置技、フィールドの状態を打ち消します。 この技を覚えるポケモン: マタドガス、 アーマーガア、 フワライド、 ネギガナイト、 バルジーナなど キョダイフウゲキ アーマーガアのキョダイマックス技です。 相手にダメージを与えたあと、相手の場のリフレクター、ひかりのかべや、お互いの場の設置技、フィールドの状態を打ち消します。 この技を覚えるポケモン: アーマーガアの飛行技(キョダイマックス) データから持ち物を予測する シーズン5では、ラプラス持ち物は、多い順に、 じゃくてんほけん 43. 一番厄介なのは弱点保険でしょうか。 ラプラスは元々の攻撃力はそれほど高くないですが、弱点保険が発動してしまうとラプラスの攻撃を耐えるのが困難になります。 ラプラスの4割は弱点保険持ちということを覚えておき、抜群をつくときは、一撃で倒せる自信がある時にしましょう。 おまけ 炎統一における対策 私は普段、炎統一でランクバトルに潜っています。 キョダイマックスじゃなくてもラプラスはきついです。 そこで、上に書いたすりぬけシャンデラや、コートチェンジエースバーン以外の対策を紹介します。 チョッキマルヤクデ D振りマルヤクデに とつげきチョッキを持たせれば、ひかえめラプラスのハイドロポンプでも確定2発 51. 4~61. きゅうけつでHPを回復しつつ、 パワーウィップでとどめを刺すことが可能です。 弱点保険ウインディ ウインディでみず技を受け、 じゃくてんほけんを発動させて インファイトでラプラスを倒します。 性格ようきでも、攻撃2段階上昇インファイトで、H振りラプラスを確定1発です。 ひたすら晴れにする 特性 ひでりや ダイバーン、 にほんばれで晴れにすれば、みず技を半減できるため、耐久力のあるポケモンなら、ラプラスの攻撃を耐えることができます。 相手のダイマックスやオーロラベールが切れるまで耐え、反撃するという方法です。 眼鏡サンパワーリザードン 晴れ状態であれば、特性 サンパワーのリザードンに こだわりメガネを持たせて、オーバーヒートで倒します。 この条件であれば、H振りでとつげきチョッキ持ちのラプラスでも、乱数1発 97. 8~115. おわりに 苦手なポケモンを、どう対策するか。 方法はいろいろ考えられますが、一度自分でそのポケモンを育てて、対戦で使ってみてはいかがでしょうか。 自分が何をされたら嫌か、何が辛いかが見えてくると思います。 今後も、新たな対策が見つかれば、追加していきます。

次の

6メートルのダイマックスラプラス、仙台に出現!ピカチュウサンタのパフォーマンスもあった!

ダイ マックス ラプラス

~ もくじ ~• 何といっても、キョダイセンリツによるオーロラベールの効果と、弱点保険との相性がバッチリ! キョダイセンリツを打てば、弱点を突かれないと削れないが、弱点を突かれたら火力が上がる、という状況に簡単に持ちこむことが出来ます。 また、弱点保険が発動すれば、攻撃・防御・特攻・特防が実質2段階アップという、高火力で高耐久の化け物が誕生します。 性格 ラプラスは特攻種族値が85と低めの数値となっています。 そのため、火力を補うため「ひかえめ」としています。 こおりのつぶてを採用する際に、攻撃の下方補正が気になれば「れいせい」も検討してみてください! 特性 ウオノラゴンなどの水タイプへの受け出し性能を上げるため、「ちょすい」がおススメです。 ダイストリームで雨を降らして状態異常を回復できる「うるおいボディ」も、カバルドンやカビゴンなどのあくびループを断ち切れるため、こちらもおススメです。 努力値 ラプラスの特攻種族値は高くなく、火力を最大まで上げる必要があるため、特攻特化としています。 また、物理環境であることから、耐久は防御252振りとしています。 総合的な耐久力を上げたい場合は、HP252とするのもアリです。 ただし、努力値は種族値が高いところに振っても効果が薄いため、ラプラスのようなHPの高いポケモンは、仮想敵に合わせて防御と特防に振ることをおススメします。 持ち物 コンセプトの通り、弱点保険です。 ラプラスは特攻を上げる積み技がないため、弱点保険はそれを補完してくれるので、相性がいいです。 技構成 基本的に、以下の5つの技の中から選択することになります。 うたかたのアリア タイプ一致で打てて、身代わりを貫通できる、うたかたのアリアは確定技です。 フリーズドライ 「みず」タイプにも効果抜群となる変わった技です。 れいとうビームより威力が20落ちますが、水タイプへの打点になったり、ギャラドスやトリトドンに4倍弱点を突けたりするフリーズドライが確定技になります。 ぜったいれいど 耐久ポケモンに対する回答です。 ラプラスは耐久があるため、耐久ポケモン相手だったら試行回数が稼げるため、相性のいい技です。 かみなり ダイマックスすると、フリーズドライが水タイプに抜群を取れなくなってしまいます。 かみなりは、その時の水タイプの打点となる技です。 ダイストリームで雨を降らせていれば、ダイマックス後も必中で打てるところもポイントです。 こおりのつぶて ラプラスの散り際に、ドラパルトやサザンドラの削りに使ったり、ミミッキュの化けの皮をはがしに使ったりします。 ただし、抜きエースということを考えると、ダイマックス中の技範囲を広げられるかみなりの方が優先順位は高いです。

次の