年賀状 挨拶文。 年賀状をやめる方法!やめ方と文例とは?最適なタイミングはいつ?

高齢のため年賀状を辞退したいが挨拶は必要?断わる方法と文例を紹介

年賀状 挨拶文

以前に職場で同じ仕事をしていて、もう退職されたまま日ごろの付き合いも全くない人から毎年年賀状をもらっていました。 毎年なぜくれるのかなあと思っていたのですが、今年の年賀状に「来年からの年賀状は失礼させていただきます。 」と書いてありました。 普段付き合いのない人からとはいえ、正月早々からこんなこと言わなくてよいだろう、と不快に思いました。 受け取るほうからしたら、やっぱり年賀状を出さないことで疎遠になったことを知らしめるのが一番ではないでしょうか。 気にならない人だったら、それでも気にしないでしょうし、疎遠さが気になる人にだったら、なにかしら便りをすればよいのではないでしょうか。 いずれにせよ、「やめる」ということを書くのであれば、直接的な表現ではなく婉曲に、うまく書かないと返って失礼にあたると思います。 お互いに退職後、卒業後、結婚だの、出産だの、子育てだの、親の介護だの、仕事だの、離婚だの・・・・ とにかく!私生活の方が忙しく、全く音信不通になってしまった友達です。 年賀状だけの付き合いも良いもの!と思いますが、もう接点もないし、何年も音信不通だから・・・ 実は、2002年が喪中だったのです。 それがきっかけで、2003年の1月に届かなくなった友人もいます。 また、遅れて(私の年賀状が届いたことで、出すのを忘れたことに気がついた人)届いた友人もいます。 前年、喪中だと、次年、出すのを忘れ易いとは思いますが、年賀状だけの付き合いをやめる良い? きっかけ!にもなり易いとも思います。 ) *元日に届くようには出さず、届いたら出して・・・を毎年繰り返す。 (私、個人はこの行動によって、さりげなく感じていただき、やめていく方向にもっていきたいのです。 ) ちなみに元旦・3日・4日?あたりは、昨年投函した物で、5日以降が新年になってから投函したもの だと思います。 お互いに退職後、卒業後、結婚だの、出産だの、子育てだの、親の介護だの、仕事だの、離婚だの・・・・ とにかく!私生活の方が忙しく、全く音信不通になってしまった友達です。 年賀状だけの付き合いも良いもの!と思いますが、もう接点もないし、何年も音信不通だから・・・ 実は、2002年が喪中だったのです。 それがきっかけで、2003年の1月に届かなくなった友人もいます。 また、遅れて(私の年賀状が届いたことで、出すのを忘れたこと... Q 私の父は80歳、母は75歳になります。 昨年あたりから、体調の悪い日が多く、昨年から、大好きな旅行もスッパリとやめてしまいました。 (大きな持病は持っていませんが体が重く、疲れやすいのだそうです。 ) そろそろ、年賀状を止めたいと思っているようです。 しかし、なかには父母よりも年長の方もいらして、毎年きちんとくださるそうで、年賀状を止めることを言い出しにくいのだそうです。 去年から母は自身の体調の悪さを気にしだして、終活をはじめまして、父母(私にとっては祖父母)の33回忌も済ませてしまいました。 (少々早めでした。 )人の手を煩わさないで、母が一人でも暮らせるように、仕事を減らしてゆきたいのだそうです。 私も弟も、父母の家からそれぞれ、別別に3時間ほど離れたところに住んでいまして、私たちの助力を期待できないというのが理由のようです。 申しわけないことですが、私の主人も舅も、私が私の実家に手を貸すことを快く思っていないし、弟は多忙な上に、義妹にも助力を期待できそうもないと思っているようです。 年賀状を出すのは、2か月も先のことですが、先日相談されたので、どなたかのお知恵を拝借できればと思い、書き込みました。 よろしくお願いいたします。 私の父は80歳、母は75歳になります。 昨年あたりから、体調の悪い日が多く、昨年から、大好きな旅行もスッパリとやめてしまいました。 (大きな持病は持っていませんが体が重く、疲れやすいのだそうです。 ) そろそろ、年賀状を止めたいと思っているようです。 しかし、なかには父母よりも年長の方もいらして、毎年きちんとくださるそうで、年賀状を止めることを言い出しにくいのだそうです。 去年から母は自身の体調の悪さを気にしだして、終活をはじめまして、父母(私にとっては祖父母)の33回忌も済ませ... Q 虚礼廃止ということで、年賀状を廃止している企業があるみたいですが、 社内での年賀状のやり取りが廃止なのは分かりますが、 取引先に対しても、年賀状廃止してるんでしょうかね? お中元お歳暮だったら、取引先に対して丁寧にお断りする文例を、 文例の本やネット上でみかけますが、 年賀状も、次年度から送らないでもらえるよう、丁寧な断り文で お知らせしたり、 年賀状をこちらからは送らなかったりするのでしょうか? そのような企業は少数派なのか、ちらほらあるのか、 もし分かれば教えてください。 私は、今回初めて年賀状の時期を迎える小さな会社のスタッフですが、 社内に会社からの年賀状を送るべきかどうか判断できる人がいないため (慣習・商習慣が分からない)、その判断材料のひとつにさせて いただきたいので、質問しております。 Q 季節外れの質問ですがご容赦ください。 ある人と年賀状をやりとりしているのですが、もう5年以上会っておらず、今後も会う予定もないのでやめたいと思っています。 しかし12月になると決まって「今年も年賀状を送りたいので住所を教えてほしい。 あなたからも年賀状を送ってほしい」旨のメールが来ます。 (他の季節にメールをやりとりしているわけでもありません) それで仕方なしに賀状を出しています。 こちらとしては乗り気でないので、メールの返事も遅めに、投函も遅めに、文面も素っ気なくしているつもりです。 普通、年賀状をやめたいときは、「来たら返事を出すけどこちらからは出さない、文面も素っ気なく」というスタンスでいれば、そのうち相手も何となく察してくれて、うまくやめられると思いますが、 上記のような人と年賀状のやりとりをやめるにはどうすればよいでしょう。 「もうあなたとの付き合いもないし、今年でやめにしましょう」ときっぱり言ってしまえば簡単ですが、角が立たないような方法があればお教え下さい。 なければ仕方がないので、角が立ってもはっきり伝えたいと思います。 (もう会わないだろう相手ですし・・・) 季節外れの質問ですがご容赦ください。 ある人と年賀状をやりとりしているのですが、もう5年以上会っておらず、今後も会う予定もないのでやめたいと思っています。 しかし12月になると決まって「今年も年賀状を送りたいので住所を教えてほしい。 あなたからも年賀状を送ってほしい」旨のメールが来ます。 (他の季節にメールをやりとりしているわけでもありません) それで仕方なしに賀状を出しています。 こちらとしては乗り気でないので、メールの返事も遅めに、投函も遅めに、文面も素っ気なくしているつもり... A ベストアンサー 出さなきゃいいですよ。 3年くらいはかかるかも知れません。 自分はこれで年賀状を辞めました。 すでに書かなくなって5年以上経ちますが徐々に少なくなって、それでも今でも3通くらいは来るかな? もちろん会えば挨拶はしますし、メールアドレス知ってればそっちで連絡はしますが… 会うことも無く、そういう関係でもないなら放っておけば良いでしょう。 すぐに縁は切れますよ。 基本自分は年賀状を書かない人間だと周りが周知してくれれば後は楽なのですけどね。 きっぱりと「年賀状は今は書いてないので…」とでも言えば良いんじゃないでしょうか? 元から縁を切りたいのであれば嫌われても良い訳ですから。 それでも出し続けて来る人はいますけど、そりゃ放っておけば良いです。 相手も返事は期待してないでしょうし…。 Q 妻の両親が厚生年金を受給しています。 (本人達の年金等の知識・認識が浅く、要領を得ない質問になることをお許しください) 父親は69歳で厚生年金を11. 5万円/月、母親は63歳で厚生 おそらく 年金を3. 0万円/月受給しています。 両親は田舎に住んでいますが、現在でも生活費に事欠く状況です。 今後、仮に父親が先に他界した場合、母親の受給額はいくらになるのでしょう。 生活費の援助が必要になると思いますので、今から考えておきたいと思います。 遠隔地に住んでいるため、厚生年金の種類などは確認できていません。 本来は社会保険庁に問い合わせるべきでしょうが、もし詳しい方でおよその事が簡単に分かる方がいらっしゃれば、 ご回答願います。 A ベストアンサー 年金は簡単に言うと、老齢基礎年金と老齢厚生年金の2本建てになります。 (会社員の経験がある場合) なお、公務員の場合は厚生年金の代わりに共済年金となりますが、どちらでも大きな違いはありません。 まず、現状の認識で考えますと、夫は最低15年(おそらく25年)以上は公的年金に加入していたと思われます。 妻も最低15年以上加入していたと思われます。 a 夫:69歳、老齢基礎年金及び老齢厚生年金を受給 金額がかなり少ないことから、厚生年金受給期間が少ない、国民年金未加入期間があるなどの事情があると思われます。 b 妻:63歳、厚生年金3万円受給 これは特別支給の老齢厚生年金と呼ばれる物で、厚生年金独自の給付です。 金額からすると長期ではないが一時会社員として働いたことがあると思います。 まず将来について考えますので妻が65歳以降の場合について考えます。 A 夫、妻共に健在の場合 夫の年金額は変化はありません。 妻の年金は自分自身の「老齢基礎年金」及び「老齢厚生年金」を受給するようになります。 金額はご質問内容からはわかりません。 というのも妻の年金加入期間が満額の40年あれば基礎年金だけで月6.5万円ほどもらえますが、加入期間は現在の特別支給の厚生年金の金額からは推測できないのです。 妻はこの老齢基礎年金に加えて老齢厚生年金をもらいます。 ただ金額は現在の受給額よりも少なくなるでしょう。 B 夫が死亡したとき 妻は3つの選択肢があります。 1 自分自身の老齢年金をそのまま受給する。 しかし今回の例では金額的に損になると思われます。 2 自分自身の老齢基礎年金+夫の遺族厚生年金(夫の老齢厚生年金金額の3/4) 3 1,2の中間です。 夫の遺族厚生年金の2/3と自分の老齢厚生年金の1/2を受ける 上記のうち一番金額の大きい物を選択します。 なお、夫が妻65歳以前に死亡した場合は中高年寡婦加算がもらえ、その後65歳からは経過的寡婦加算がもらえるのですが、妻が65歳以降に夫が亡くなった前提ですから今回は算定に含めませんでした。 どちらにしても夫・妻が健在(且つ妻は65歳以上)の場合よりも少なくはなります。 ただどの程度減額になるのかは夫と妻の加入歴次第で変わります。 これ以上のご回答を知りたい場合は、まず夫、妻の加入歴をきちんと調べるしかありません。 年金制度は複雑ですから、夫、妻の生年月日と加入歴がわからないと金額的にも相当異なる答えが出てきてしまいます。 なお本人以外が社会保険庁に問い合わせても教えてはくれません。 (当人がいけない場合は代理人となりますが、詳細は社会保険庁に問い合わせて下さい) では。 年金は簡単に言うと、老齢基礎年金と老齢厚生年金の2本建てになります。 (会社員の経験がある場合) なお、公務員の場合は厚生年金の代わりに共済年金となりますが、どちらでも大きな違いはありません。 まず、現状の認識で考えますと、夫は最低15年(おそらく25年)以上は公的年金に加入していたと思われます。 妻も最低15年以上加入していたと思われます。 a 夫:69歳、老齢基礎年金及び老齢厚生年金を受給 金額がかなり少ないことから、厚生年金受給期間が少ない、国民年金未加入期間がある... A ベストアンサー 抜粋です.「普通自動車免許」ですね. 「第一種運転免許」はありますが,「普通自動車第一種免許」や「第一種普通運転免許」とは言わないようです.第二種の場合は名称に入り,「普通自動車第二種免許」のように言うようです. -------------------- 道路交通法 第六章 自動車及び原動機付自転車の運転免許 第八十四条 自動車及び原動機付自転車(以下「自動車等」という。 )を運転しようとする者は、公安委員会の運転免許(以下「免許」という。 )を受けなければならない。 2 免許は、第一種運転免許(以下「第一種免許」という。 )、第二種運転免許(以下「第二種免許」という。 )及び仮運転免許(以下「仮免許」という。 )に区分する。 3 第一種免許を分けて、大型自動車免許(以下「大型免許」という。 )、普通自動車免許(以下「普通免許」という。 )、大型特殊自動車免許(以下「大型特殊免許」という。 )、大型自動二輪車免許(以下「大型二輪免許」という。 )、普通自動二輪車免許(以下「普通二輪免許」という。 )、小型特殊自動車免許(以下「小型特殊免許」という。 )、原動機付自転車免許(以下「原付免許」という。 )及び牽引免許の八種類とする。 4 第二種免許を分けて、大型自動車第二種免許(以下「大型第二種免許」という。 )、普通自動車第二種免許(以下「普通第二種免許」という。 )、大型特殊自動車第二種免許(以下「大型特殊第二種免許」という。 e-gov. cgi? )を運転しようとする者は、公安委員会の運転免許(以下「免許」という。 )を受けなければならない。 2 免許は、第一種運... A ベストアンサー めどはやまと言葉ではないでしょうか。 もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。 広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく 不親切です。 朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。 解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、 ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。 目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です).

次の

今年で最後?失礼にならない年賀状じまいの例文5選!!

年賀状 挨拶文

入籍や結婚式を挙げて今年の年賀状はいざ結婚報告用のものにしようという風に思っても、 案外挨拶文をどうしたらいいか、という部分で手が止まってしまう方は多いのではないでしょうか。 一般的にネットで探せば挨拶文の文例(例文)は出てくるものですので、そういったものを参考に自分たちならではのオリジナリティーを加えれば、自ずといい挨拶文ができるはずです。 ですが年賀状を送る人皆さんに 一律的に同じ挨拶文を使っていてはちょっと微妙な感じになってしまいます。 まずは どういった人に送るかと言うカテゴリ分けをした上で文例(例文)を元に最終的な挨拶文を作っていくと良いでしょう。 例文、文例探しは年賀状印刷サービス内にもたくさんある! 先ほどは文例はネットから探してもいい、 という話をしましたが、実は もっと効率よく見つけられるのが年賀状印刷サービス内に収録されているサンプルです。 結婚報告を目的とした挨拶文の例文が多くの所で見受けられますのでそういったものを利用してもいいでしょう。 あとはこれを柔らかく崩したり、相手との関係性を見ながら文章の追加や削除をしていけばOKですね! その辺のさじ加減が分からない場合はそのまま例文を使っても全く問題ありません。 結婚報告年賀状を送る方のカテゴリ分けで文例をアレンジする このページの冒頭でもお伝えしましたが、年賀状を送る方がどういうタイプの人なのか、性格というよりかはどういう属性に入る人なのかをいくつかのパターンに分けておくと便利です。 一人一人に対してオリジナリティのある挨拶文を書くのは理想的ではありますが、労力の問題にからそれは現実的ではありません。 そのためあくまで例ですが、 以下のようなカテゴリー分けをして、それに適した挨拶文を作っておき後は流れ作業的にそれを当てはめておけばかなり効率的に良い挨拶文作りができると思います。 披露宴への参加に関係なく、距離が近い目上の方 このタイプの形には披露宴に参加していなくても結婚の報告や挨拶は既に済ませているはずです。 となれば、結婚式をした前提での挨拶文をちょっとへりくだったような形で、それでいて固くなりすぎない程度の文章に崩した挨拶文をまとめておくといいですね。 この辺のさじ加減は難しいですが、関係性として近い形で文章でちょっと違和感があったとしてもその辺は大目に見てくれるはずです。 職場の直属の上司などもこのカテゴリに分類していいですね。 披露宴への参加に関係なく、仲が良い友達、同世代の人 こういったタイプの方には変にかしこまりすぎずに、かなり崩してフレンドリー感を出した挨拶文を作ってあげるといいでしょう。 実際のところこういった関係性のかたへの挨拶文は作るのが全く苦にならないと思います。 もう素直に思ったことをシンプルに伝えたり、友達に話しかけるくらいの感覚で挨拶文をアレンジしてあげましょう。 披露宴には呼んでいないくらいの距離感の知り合い、旧友 この辺になると、普段から会うということはなく毎年年賀状のやり取りをしているぐらいの関係性だと思います。 もしくはたまに会うと言っても誰か間に入って、 直接的なやり取りはそこまでしないようなかたかもしれません。 こういった方々の場合、向こうもそこまで熱心な挨拶文というのは欲しいとも思っていませんし、ごくごく一般的な丁寧な結婚報告の挨拶文としておきましょう。 当然ながらこの年賀状で結婚、入籍を知る方も多いと思いますので、「ご報告が遅れました」というような言葉も入れておく必要があります。 そしてもし写真を使うにしてもこの属性の方々へはあまりはっちゃけた写真を使わないようにしておきましょう。 もしくは写真なしの年賀状でもちょうどいいくらいかもしれません。

次の

年賀状をやめる時の文面は?友人や親戚の場合・高齢が理由の場合別まとめ|くうねるわらうまま

年賀状 挨拶文

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。 年賀状や暑中見舞い、残暑見舞い、気をつけなければいけないことは? プライベートでは年賀状や暑中見舞いなどの挨拶状を送ることも少なくなりましたが、ビジネスシーンにおいては、挨拶状を送ることもまだまだあります。 以前、移転案内状の例文をご紹介しましたが、今回は年賀状や暑中見舞いなど、一般的な挨拶の例文をお届けします。 参考: このような挨拶状は決まったタイミングやルールもありますので、うっかり失礼なことをしてしまう場合もあります。 そこで今回は、年賀状や暑中見舞い…ビジネスに使える挨拶例文と注意点についてご紹介したいと思います。 年賀状 取引先に出す場合の年賀状の例文です。 ちなみに「賀正」「迎春」「賀春」「頌春」などは、簡略化した表現なので取引先や上司など目上の方には避けたほうが良いでしょう。 参考: 寒中見舞い例文1 寒中お見舞い申し上げます ご丁寧な年賀状を頂き、ありがとうございました。 ちなみに、暑中見舞いや残暑見舞いなどによく使われる「ご自愛ください」は、「お体を大切にしてください」や「お体に気を付けてください」という意味です。 たまに「お体ご自愛ください」と書かれている書面を見ることがありますが、意味が重複してしまいますので、注意してください。 ぜひ参考にしてみてください。 ちなみに「残暑厳しき折〜」など時候の挨拶は、他にもいろいろなパターンがあります。 時候の挨拶、また季節の挨拶とは、手紙やはがきなどを書く際において、「頭語」の後に続く、文章の冒頭に使用する礼儀文のことです。 (中略) ビジネス文書、とくに案内状や暑中見舞いなどの書面においても多く用いられるため、ビジネスマナーとして簡単なものは覚えておくとよいでしょう。 参考: 「平素は〜」よりも少し気の利いた挨拶になるので、簡単なものは覚えておくと良いでしょう。 タグ一覧.

次の