第 五 人格 アントニオ。 【第五人格】ヴァイオリニストの性能紹介!衣装やおすすめ内在人格【IdentityV】

【第五人格】アントニオのあえて救助させる戦法がマジで強いwwww【唯】【IdentityV】【アイデンティティV】

第 五 人格 アントニオ

第五人格に新ハンターが登場 第五人格の新ハンターのビジュアルが判明し、独特なフォルムが話題になっています。 怖いと言う方もいれば、カッコいいと期待する人もいるようです。 また、特徴的な見た目の中に、キャラの背景や能力を読み解くヒントが無いか探す方も多いようです。 バイオリンを持った音楽家の様な姿 新ハンターのビジュアルで最も目につくのが、バイオリンを持ったいで立ちです。 着ている服も昔のヨーロッパの音楽家を彷彿とさせるものです。 その為、 背景や能力が「音楽に関係あるのではないか?」と予想が立てられています。 髪を触手のように使っている・腕が千切れかけている 新ハンターは腕を使わずに、髪を用いてバイオリンを弾いています。 その為、髪を触手のように動かす能力があるとの予想が出ています。 一方で腕はだらりと下がって、何もしていないよう様子。 実はよく見ると、腕は千切れかけたような部分があったり、縫い目で繋いであったりしている様です。 特に左腕がボロボロに見えます。 あくまでもビジュアルではそう見えると言うだけですが、「腕が使えない為、髪を腕の様に使うキャラなのではないか?」との予想になっている様です。 紫の花を付いている 新ハンターの胸には、紫の花が見えます。 同じく、 墓守の胸にも花が付いている為、何かしらの意味があるのではないかと言われています。 色は同じですがデザインが違うため、偶然の一致の可能性もあります。 中国版より新ハンターは「パガニーニ」がモデルの可能性が高い 新ハンターについては、当初からモデルや名前が「パガニーニ」ではないかと言われていました。 パガニーニは、演奏技術が高過ぎたため「悪魔に魂を売った」と言われた、実在の音楽家です。 エピソード的にも第五人格に合っていそうですし、ビジュアルの立ち姿もパガニーニの有名な絵に似ています。 新ハンターの持つバイオリンに弦が1本しかないのも注目されていました。 これは、パガニーニの演奏会中にヴァイオリンの弦が次々に切れ、最後にはG線のみで演奏したと言う逸話からきていると見られています。 その後、 中国版のユーザーから新ハンターの名前が「パガニーニ」だとの情報が出ました。 新ハンターの背景ストーリーがパガニーニのエピソードと類似している為、モデルがパガニーニである可能性は高そうです。 墓守の関係者との噂 上述の通り、新ハンターは墓守と同じ色の花を付けています。 また、彼がパガニーニであった場合は「亡くなった人が動いている」と見れるかもしれません。 そうすると、墓守は「新ハンターを追っている・追われている」などの背景があるのかも知れません。 上述の通り、新ハンターは腕がボロボロで、髪でヴァイオリンを弾いています。 これは「無くなって時間が経っているので腕が動かなくなっている」のかもしれません。 また、パガニーニには死後に埋葬を断られ、中々埋葬場所が見付からなかったというエピソードも存在します。 新ハンター能力の予想 以下では、皆の新ハンターの能力に関する予想をまとめて見ました。 「髪で攻撃?ヴァイオリンで攻撃?」と、通常攻撃手段が何になるのか気になっている方も多い様でした。 悪魔を召喚してバフやデバフを使う・解読負荷を掛ける 新ハンターはヴァイオリンを持ち、音楽関係の能力があると思われています。 第五人格で音楽と言えば踊り子ですが、彼女と同じようにバフやデバフを使い分けるのかも知れません。 中国版での 新ハンターの情報には、「悪魔が現れた」「誰が自分の体を操ろうが構わない」「彼こそが音楽のマリオネット」というモノが有ります。 もしかすると、悪魔を召喚して悪魔に操作される形で、バフが掛かるのかも知れません。 音楽家で耳が良い新ハンターであれば、リッスンに近い能力が使える可能性はあります。 既に、ハンターの中には神出鬼没や瞬間移動に似た能力を持つ者がいます。 新ハンターがリッスンに似た能力を持っていても不思議ではありません。 髪や弦で遠隔攻撃・リズムや音で遠距離攻撃 髪が触手の様に動いている為、ハスターの触手に似た遠隔攻撃をするのではないかと考える人もいるようです。 新ハンターの説明に「彼には世界のリズムが見え、またどこにでもある弦によって束縛を受けている」とあるようです。 もしかすると、新ハンター側から見えるリズムや弦と言った新要素を使って、遠隔攻撃をするのかも知れません。 新ハンター側から見えるリズムや弦は、イドーラやジョゼフ、バルクの様な特殊な演出と考えられています。 攻撃範囲が広い(音で攻撃・腕が伸びる) 通常や溜め攻撃が音波攻撃で、攻撃範囲が広いのではないかとの予想も見られます。 また、 周囲一帯に音波攻撃をする能力があるのではないかとの声もあるようです。 新ハンターの腕が長いことに着目して、腕が伸びるのではないかと考える方も少なくないようです。 パガニーニは左手が柔らかく、これが悪魔的な演奏をもたらしていたと言われています。 一説にはマルファン症候群とも言われていますが、確かな事は分からないそうです。 このエピソードを元にして、新ハンターの腕が伸びる可能性もあるかと思われます。 髪や弦を使って移動する 新ハンターのヴァイオリンを演奏する長い髪を見て、ラプンツェルを思い浮かべて人も多いようです。 髪を使って高い所に上る、早く動くのではないかという予想が見られます。 ルキノや美智子、マリーとはまた違う、移動能力が実装されるかもしれません。 パガニーニは悪魔に魂を売ったと疑われ、演奏会で彼の足が地面にちゃんと着いているか確認する人も多かったらしいです。 このエピソードを元にして、髪や弦を使って足が浮くような移動を行う可能性も否定できません。 埋葬を断られて墓地が決まらなかったエピソードから、墓を作ってそこに移動するのではないかと考える人もいるようです。 名前が「パガニーニ」から「アントニオ」に変更になった模様 元々、パガニーニと言う名前が出ていた新ハンターですが、「アントニオ」に変更になるという情報が出始めました。 これは、パガニーニが実在の人物である為、修正が入ったのではないかと言われています。 また、「音楽家」と予想されていましたが「ヴァイオリニスト」である可能性が高いそうです。 今の所、 外見やストーリーに変更は内容で、名前のみを変える形ではないかと思われます。 変更後の名前の元ネタは、以下の3つの説が出ています。 アントニオ=サリエリ説 アントニオの名前の元ネタとされている1つが、「アントニオ=サリエリ」。 モーツアルトを育てたとされる、18世紀の音楽家です。 「モーツアルトと対立して毒殺や盗作を図った」「最後は精神病院で生涯を終えた」とされていますが、事実と異なるとしている人も多いようです。 アントニオ=パガニーニ説 悪魔に魂を売ったとも言われる有名なパガニーニは「ニコロ=パガニーニ」。 そして、 「アントニオ=パガニーニ」は彼の父の名前です。 父親は商人でしたが、音楽好きだったと言われています。 アントニオ=ストラディバリ説 「アントニオ=ストラディバリ」は、17世紀の弦楽器製作者。 ストラディバリ父子3人は、ヴァイオリンの備える様式の完成に貢献したとされています。 有名な最高級楽器ストラティバリウスの作者で、彼が制作したものは600挺が現存しているとの事。 現存している楽器の多くが、ヴァイオリンだそうです。 他にオススメの人気ゲームは? 他にも楽しめるオススメのゲームも紹介していますので、 今の内にダウンロードしてみて下さい。 分類に分けて徹底解説しています。 放置少女• 女の子たちが圧倒的にかわいい• 三国志の世界観を擬人化美少女が贈る• 「放置」するだけでキャラクター育成可能• 隙間時間にプレイしたいと思っている人にぴったり• 主人公は名立たる英雄ではなく、ありふれた日常を送る主人公。 乱世を彩る美人や勇猛果敢な武将たちと戦い、協力しながら、歴史を変える成り上がりストーリーを楽しむことができます。 メインとなるのは国の運営で、家臣の育成や資産経営をしていきます。 歴史上の姫達との結婚や子育ても可能。 ガチャが存在しない為、殆どのキャラを無課金で手に入れることが出来ます。 ゲームは奥深いですが、ボタンタップで簡単操作。 放置系なので遊んでいる他のゲームと同時に遊べます。 戦闘も自動で行ってくれるので、戦闘操作が不安な方でも楽しめます。 何をしたらいいのか迷った時は、次にやるべき課題を表示できるので安心です。 海外の運営ですが、日本語訳も自然。 ストーリーも本格的なものになっています。 同盟(ギルド)機能も充実しており、対戦やプレイヤー同士での跡取り縁談、宴会の開催まで行えてしまいます。

次の

Identity V

第 五 人格 アントニオ

第五人格に新ハンターが登場 第五人格の新ハンターのビジュアルが判明し、独特なフォルムが話題になっています。 怖いと言う方もいれば、カッコいいと期待する人もいるようです。 また、特徴的な見た目の中に、キャラの背景や能力を読み解くヒントが無いか探す方も多いようです。 バイオリンを持った音楽家の様な姿 新ハンターのビジュアルで最も目につくのが、バイオリンを持ったいで立ちです。 着ている服も昔のヨーロッパの音楽家を彷彿とさせるものです。 その為、 背景や能力が「音楽に関係あるのではないか?」と予想が立てられています。 髪を触手のように使っている・腕が千切れかけている 新ハンターは腕を使わずに、髪を用いてバイオリンを弾いています。 その為、髪を触手のように動かす能力があるとの予想が出ています。 一方で腕はだらりと下がって、何もしていないよう様子。 実はよく見ると、腕は千切れかけたような部分があったり、縫い目で繋いであったりしている様です。 特に左腕がボロボロに見えます。 あくまでもビジュアルではそう見えると言うだけですが、「腕が使えない為、髪を腕の様に使うキャラなのではないか?」との予想になっている様です。 紫の花を付いている 新ハンターの胸には、紫の花が見えます。 同じく、 墓守の胸にも花が付いている為、何かしらの意味があるのではないかと言われています。 色は同じですがデザインが違うため、偶然の一致の可能性もあります。 中国版より新ハンターは「パガニーニ」がモデルの可能性が高い 新ハンターについては、当初からモデルや名前が「パガニーニ」ではないかと言われていました。 パガニーニは、演奏技術が高過ぎたため「悪魔に魂を売った」と言われた、実在の音楽家です。 エピソード的にも第五人格に合っていそうですし、ビジュアルの立ち姿もパガニーニの有名な絵に似ています。 新ハンターの持つバイオリンに弦が1本しかないのも注目されていました。 これは、パガニーニの演奏会中にヴァイオリンの弦が次々に切れ、最後にはG線のみで演奏したと言う逸話からきていると見られています。 その後、 中国版のユーザーから新ハンターの名前が「パガニーニ」だとの情報が出ました。 新ハンターの背景ストーリーがパガニーニのエピソードと類似している為、モデルがパガニーニである可能性は高そうです。 墓守の関係者との噂 上述の通り、新ハンターは墓守と同じ色の花を付けています。 また、彼がパガニーニであった場合は「亡くなった人が動いている」と見れるかもしれません。 そうすると、墓守は「新ハンターを追っている・追われている」などの背景があるのかも知れません。 上述の通り、新ハンターは腕がボロボロで、髪でヴァイオリンを弾いています。 これは「無くなって時間が経っているので腕が動かなくなっている」のかもしれません。 また、パガニーニには死後に埋葬を断られ、中々埋葬場所が見付からなかったというエピソードも存在します。 新ハンター能力の予想 以下では、皆の新ハンターの能力に関する予想をまとめて見ました。 「髪で攻撃?ヴァイオリンで攻撃?」と、通常攻撃手段が何になるのか気になっている方も多い様でした。 悪魔を召喚してバフやデバフを使う・解読負荷を掛ける 新ハンターはヴァイオリンを持ち、音楽関係の能力があると思われています。 第五人格で音楽と言えば踊り子ですが、彼女と同じようにバフやデバフを使い分けるのかも知れません。 中国版での 新ハンターの情報には、「悪魔が現れた」「誰が自分の体を操ろうが構わない」「彼こそが音楽のマリオネット」というモノが有ります。 もしかすると、悪魔を召喚して悪魔に操作される形で、バフが掛かるのかも知れません。 音楽家で耳が良い新ハンターであれば、リッスンに近い能力が使える可能性はあります。 既に、ハンターの中には神出鬼没や瞬間移動に似た能力を持つ者がいます。 新ハンターがリッスンに似た能力を持っていても不思議ではありません。 髪や弦で遠隔攻撃・リズムや音で遠距離攻撃 髪が触手の様に動いている為、ハスターの触手に似た遠隔攻撃をするのではないかと考える人もいるようです。 新ハンターの説明に「彼には世界のリズムが見え、またどこにでもある弦によって束縛を受けている」とあるようです。 もしかすると、新ハンター側から見えるリズムや弦と言った新要素を使って、遠隔攻撃をするのかも知れません。 新ハンター側から見えるリズムや弦は、イドーラやジョゼフ、バルクの様な特殊な演出と考えられています。 攻撃範囲が広い(音で攻撃・腕が伸びる) 通常や溜め攻撃が音波攻撃で、攻撃範囲が広いのではないかとの予想も見られます。 また、 周囲一帯に音波攻撃をする能力があるのではないかとの声もあるようです。 新ハンターの腕が長いことに着目して、腕が伸びるのではないかと考える方も少なくないようです。 パガニーニは左手が柔らかく、これが悪魔的な演奏をもたらしていたと言われています。 一説にはマルファン症候群とも言われていますが、確かな事は分からないそうです。 このエピソードを元にして、新ハンターの腕が伸びる可能性もあるかと思われます。 髪や弦を使って移動する 新ハンターのヴァイオリンを演奏する長い髪を見て、ラプンツェルを思い浮かべて人も多いようです。 髪を使って高い所に上る、早く動くのではないかという予想が見られます。 ルキノや美智子、マリーとはまた違う、移動能力が実装されるかもしれません。 パガニーニは悪魔に魂を売ったと疑われ、演奏会で彼の足が地面にちゃんと着いているか確認する人も多かったらしいです。 このエピソードを元にして、髪や弦を使って足が浮くような移動を行う可能性も否定できません。 埋葬を断られて墓地が決まらなかったエピソードから、墓を作ってそこに移動するのではないかと考える人もいるようです。 名前が「パガニーニ」から「アントニオ」に変更になった模様 元々、パガニーニと言う名前が出ていた新ハンターですが、「アントニオ」に変更になるという情報が出始めました。 これは、パガニーニが実在の人物である為、修正が入ったのではないかと言われています。 また、「音楽家」と予想されていましたが「ヴァイオリニスト」である可能性が高いそうです。 今の所、 外見やストーリーに変更は内容で、名前のみを変える形ではないかと思われます。 変更後の名前の元ネタは、以下の3つの説が出ています。 アントニオ=サリエリ説 アントニオの名前の元ネタとされている1つが、「アントニオ=サリエリ」。 モーツアルトを育てたとされる、18世紀の音楽家です。 「モーツアルトと対立して毒殺や盗作を図った」「最後は精神病院で生涯を終えた」とされていますが、事実と異なるとしている人も多いようです。 アントニオ=パガニーニ説 悪魔に魂を売ったとも言われる有名なパガニーニは「ニコロ=パガニーニ」。 そして、 「アントニオ=パガニーニ」は彼の父の名前です。 父親は商人でしたが、音楽好きだったと言われています。 アントニオ=ストラディバリ説 「アントニオ=ストラディバリ」は、17世紀の弦楽器製作者。 ストラディバリ父子3人は、ヴァイオリンの備える様式の完成に貢献したとされています。 有名な最高級楽器ストラティバリウスの作者で、彼が制作したものは600挺が現存しているとの事。 現存している楽器の多くが、ヴァイオリンだそうです。 他にオススメの人気ゲームは? 他にも楽しめるオススメのゲームも紹介していますので、 今の内にダウンロードしてみて下さい。 分類に分けて徹底解説しています。 放置少女• 女の子たちが圧倒的にかわいい• 三国志の世界観を擬人化美少女が贈る• 「放置」するだけでキャラクター育成可能• 隙間時間にプレイしたいと思っている人にぴったり• 主人公は名立たる英雄ではなく、ありふれた日常を送る主人公。 乱世を彩る美人や勇猛果敢な武将たちと戦い、協力しながら、歴史を変える成り上がりストーリーを楽しむことができます。 メインとなるのは国の運営で、家臣の育成や資産経営をしていきます。 歴史上の姫達との結婚や子育ても可能。 ガチャが存在しない為、殆どのキャラを無課金で手に入れることが出来ます。 ゲームは奥深いですが、ボタンタップで簡単操作。 放置系なので遊んでいる他のゲームと同時に遊べます。 戦闘も自動で行ってくれるので、戦闘操作が不安な方でも楽しめます。 何をしたらいいのか迷った時は、次にやるべき課題を表示できるので安心です。 海外の運営ですが、日本語訳も自然。 ストーリーも本格的なものになっています。 同盟(ギルド)機能も充実しており、対戦やプレイヤー同士での跡取り縁談、宴会の開催まで行えてしまいます。

次の

第五人格 アントニオ現環境どうですか?自分が当たるとほぼ負け...

第 五 人格 アントニオ

第五人格に新ハンターが登場 第五人格の新ハンターのビジュアルが判明し、独特なフォルムが話題になっています。 怖いと言う方もいれば、カッコいいと期待する人もいるようです。 また、特徴的な見た目の中に、キャラの背景や能力を読み解くヒントが無いか探す方も多いようです。 バイオリンを持った音楽家の様な姿 新ハンターのビジュアルで最も目につくのが、バイオリンを持ったいで立ちです。 着ている服も昔のヨーロッパの音楽家を彷彿とさせるものです。 その為、 背景や能力が「音楽に関係あるのではないか?」と予想が立てられています。 髪を触手のように使っている・腕が千切れかけている 新ハンターは腕を使わずに、髪を用いてバイオリンを弾いています。 その為、髪を触手のように動かす能力があるとの予想が出ています。 一方で腕はだらりと下がって、何もしていないよう様子。 実はよく見ると、腕は千切れかけたような部分があったり、縫い目で繋いであったりしている様です。 特に左腕がボロボロに見えます。 あくまでもビジュアルではそう見えると言うだけですが、「腕が使えない為、髪を腕の様に使うキャラなのではないか?」との予想になっている様です。 紫の花を付いている 新ハンターの胸には、紫の花が見えます。 同じく、 墓守の胸にも花が付いている為、何かしらの意味があるのではないかと言われています。 色は同じですがデザインが違うため、偶然の一致の可能性もあります。 中国版より新ハンターは「パガニーニ」がモデルの可能性が高い 新ハンターについては、当初からモデルや名前が「パガニーニ」ではないかと言われていました。 パガニーニは、演奏技術が高過ぎたため「悪魔に魂を売った」と言われた、実在の音楽家です。 エピソード的にも第五人格に合っていそうですし、ビジュアルの立ち姿もパガニーニの有名な絵に似ています。 新ハンターの持つバイオリンに弦が1本しかないのも注目されていました。 これは、パガニーニの演奏会中にヴァイオリンの弦が次々に切れ、最後にはG線のみで演奏したと言う逸話からきていると見られています。 その後、 中国版のユーザーから新ハンターの名前が「パガニーニ」だとの情報が出ました。 新ハンターの背景ストーリーがパガニーニのエピソードと類似している為、モデルがパガニーニである可能性は高そうです。 墓守の関係者との噂 上述の通り、新ハンターは墓守と同じ色の花を付けています。 また、彼がパガニーニであった場合は「亡くなった人が動いている」と見れるかもしれません。 そうすると、墓守は「新ハンターを追っている・追われている」などの背景があるのかも知れません。 上述の通り、新ハンターは腕がボロボロで、髪でヴァイオリンを弾いています。 これは「無くなって時間が経っているので腕が動かなくなっている」のかもしれません。 また、パガニーニには死後に埋葬を断られ、中々埋葬場所が見付からなかったというエピソードも存在します。 新ハンター能力の予想 以下では、皆の新ハンターの能力に関する予想をまとめて見ました。 「髪で攻撃?ヴァイオリンで攻撃?」と、通常攻撃手段が何になるのか気になっている方も多い様でした。 悪魔を召喚してバフやデバフを使う・解読負荷を掛ける 新ハンターはヴァイオリンを持ち、音楽関係の能力があると思われています。 第五人格で音楽と言えば踊り子ですが、彼女と同じようにバフやデバフを使い分けるのかも知れません。 中国版での 新ハンターの情報には、「悪魔が現れた」「誰が自分の体を操ろうが構わない」「彼こそが音楽のマリオネット」というモノが有ります。 もしかすると、悪魔を召喚して悪魔に操作される形で、バフが掛かるのかも知れません。 音楽家で耳が良い新ハンターであれば、リッスンに近い能力が使える可能性はあります。 既に、ハンターの中には神出鬼没や瞬間移動に似た能力を持つ者がいます。 新ハンターがリッスンに似た能力を持っていても不思議ではありません。 髪や弦で遠隔攻撃・リズムや音で遠距離攻撃 髪が触手の様に動いている為、ハスターの触手に似た遠隔攻撃をするのではないかと考える人もいるようです。 新ハンターの説明に「彼には世界のリズムが見え、またどこにでもある弦によって束縛を受けている」とあるようです。 もしかすると、新ハンター側から見えるリズムや弦と言った新要素を使って、遠隔攻撃をするのかも知れません。 新ハンター側から見えるリズムや弦は、イドーラやジョゼフ、バルクの様な特殊な演出と考えられています。 攻撃範囲が広い(音で攻撃・腕が伸びる) 通常や溜め攻撃が音波攻撃で、攻撃範囲が広いのではないかとの予想も見られます。 また、 周囲一帯に音波攻撃をする能力があるのではないかとの声もあるようです。 新ハンターの腕が長いことに着目して、腕が伸びるのではないかと考える方も少なくないようです。 パガニーニは左手が柔らかく、これが悪魔的な演奏をもたらしていたと言われています。 一説にはマルファン症候群とも言われていますが、確かな事は分からないそうです。 このエピソードを元にして、新ハンターの腕が伸びる可能性もあるかと思われます。 髪や弦を使って移動する 新ハンターのヴァイオリンを演奏する長い髪を見て、ラプンツェルを思い浮かべて人も多いようです。 髪を使って高い所に上る、早く動くのではないかという予想が見られます。 ルキノや美智子、マリーとはまた違う、移動能力が実装されるかもしれません。 パガニーニは悪魔に魂を売ったと疑われ、演奏会で彼の足が地面にちゃんと着いているか確認する人も多かったらしいです。 このエピソードを元にして、髪や弦を使って足が浮くような移動を行う可能性も否定できません。 埋葬を断られて墓地が決まらなかったエピソードから、墓を作ってそこに移動するのではないかと考える人もいるようです。 名前が「パガニーニ」から「アントニオ」に変更になった模様 元々、パガニーニと言う名前が出ていた新ハンターですが、「アントニオ」に変更になるという情報が出始めました。 これは、パガニーニが実在の人物である為、修正が入ったのではないかと言われています。 また、「音楽家」と予想されていましたが「ヴァイオリニスト」である可能性が高いそうです。 今の所、 外見やストーリーに変更は内容で、名前のみを変える形ではないかと思われます。 変更後の名前の元ネタは、以下の3つの説が出ています。 アントニオ=サリエリ説 アントニオの名前の元ネタとされている1つが、「アントニオ=サリエリ」。 モーツアルトを育てたとされる、18世紀の音楽家です。 「モーツアルトと対立して毒殺や盗作を図った」「最後は精神病院で生涯を終えた」とされていますが、事実と異なるとしている人も多いようです。 アントニオ=パガニーニ説 悪魔に魂を売ったとも言われる有名なパガニーニは「ニコロ=パガニーニ」。 そして、 「アントニオ=パガニーニ」は彼の父の名前です。 父親は商人でしたが、音楽好きだったと言われています。 アントニオ=ストラディバリ説 「アントニオ=ストラディバリ」は、17世紀の弦楽器製作者。 ストラディバリ父子3人は、ヴァイオリンの備える様式の完成に貢献したとされています。 有名な最高級楽器ストラティバリウスの作者で、彼が制作したものは600挺が現存しているとの事。 現存している楽器の多くが、ヴァイオリンだそうです。 他にオススメの人気ゲームは? 他にも楽しめるオススメのゲームも紹介していますので、 今の内にダウンロードしてみて下さい。 分類に分けて徹底解説しています。 放置少女• 女の子たちが圧倒的にかわいい• 三国志の世界観を擬人化美少女が贈る• 「放置」するだけでキャラクター育成可能• 隙間時間にプレイしたいと思っている人にぴったり• 主人公は名立たる英雄ではなく、ありふれた日常を送る主人公。 乱世を彩る美人や勇猛果敢な武将たちと戦い、協力しながら、歴史を変える成り上がりストーリーを楽しむことができます。 メインとなるのは国の運営で、家臣の育成や資産経営をしていきます。 歴史上の姫達との結婚や子育ても可能。 ガチャが存在しない為、殆どのキャラを無課金で手に入れることが出来ます。 ゲームは奥深いですが、ボタンタップで簡単操作。 放置系なので遊んでいる他のゲームと同時に遊べます。 戦闘も自動で行ってくれるので、戦闘操作が不安な方でも楽しめます。 何をしたらいいのか迷った時は、次にやるべき課題を表示できるので安心です。 海外の運営ですが、日本語訳も自然。 ストーリーも本格的なものになっています。 同盟(ギルド)機能も充実しており、対戦やプレイヤー同士での跡取り縁談、宴会の開催まで行えてしまいます。

次の