香典郵送。 香典を郵送する時のマナーは?|方法・手順・書き方・タイミング|終活ねっと

香典を郵送【手紙を添える時の例文】友人や親戚に送る場合は?

香典郵送

Sponsored Link 急なお悔やみごとで、 通夜やお葬式に行けない時、どうしたらいいのでしょう。 遠方の親戚や友人の家族など、 香典を送りたいけれど。 香典や手紙を送るのに、決まりごとはあるのでしょうか。 手紙の文章は、どのようにして書けば 良いのでしょうか。 そこで、今回は 香典を郵送するときの手紙の書き方や、マナーについて下記の順番で調べてみました。 手紙の文例も参考にしてくださいね。 ・香典の郵送方法は? ・香典を郵送する手紙や封筒のデザインは? ・香典を郵送するときの手紙の書き方例文。 ・香典の手紙を書くとき注意することって? ・香典を郵送するタイミングは? Sponsored Link 香典の郵送方法は? お悔やみ事の場合、 シンプルで落ち着いたデザインの便せんや封筒を使いましょう。 基本的には便せんは、白無地のものでが良いのでしょう。 色のついた封筒を使うなら、 明るい色は避け、グレー・すみれ色・深緑色などにしてくださいね。 文房具の専門店に行くと、不祝儀用の送り状や、手紙セットの種類が豊富にあるので、香典袋を用意するときに一緒に購入しておくのもいいですね。 ペンで書いてもいい? 普段慣れていないと、墨で書くのは難しいですよね。 筆でなくても、 万年筆や黒のボールペンでも大丈夫です。 親しい間柄でも、カラーペンや色鉛筆を使うのはやめておきましょう。 手書きがいいの? 字を書くのが苦手な人もいるかと思います。 下手だと思っていても、やっぱり 手書きの方が相手の家族への伝わり方が違いますよね。 縦書きの便せんに、お悔やみの言葉を手書きで書きましょう。 不幸が重ならないよう、 手紙は一枚で収まるようにしてくださいね。 ハガキは? 基本的に、ハガキは 親しい間柄で他の人に見られてもいい内容の時に使います。 会社や目上の人に送るときは、きちんと封筒に入れてくださいね。 正式な手紙や、相手が非公開にしたい内容などは、封をするのがマナーです。 気をつけましょう。 Sponsored Link 香典を郵送するときの手紙の書き方例文。 郵送する手紙を書くときに共通するのは、 葬儀に出席できないことへのお詫びと、 遺族への励ましの言葉です。 長々と思い出を書くと、遺族の悲しみがよみがえるかもしれません。 お悔やみの言葉は、 簡潔にまとめるのがいいのでしょう。 ご遺族の皆さまをはじめ、社員の皆さまのご心痛お察しいたします。 本来であれば、すぐに弔問にお伺いするべきですが、遠路ままならず、略式ながら書中にてのお悔やみを申し上げるしだいでございます。 心ばかりのお香典ですが、同封しております。 御霊前にお供えしていただければ幸いです。 ご冥福を心よりお祈り申し上げます。 香典の手紙を書くとき注意することって? 手紙の文中に、 忌み言葉を使わないように気をつけましょう。 例えば、 「死んで」 「滅ぶ」「生存」「生きていた」などの、 直接、死を連想してしまうような言葉です。 「お元気な頃」「ご生前は」など、言葉を間接的な柔らかい言い回しにしましょうね。 ほかには、 「またまた・次々・重ね重ね・追って」なども使わないよう注意してください。 不幸が重ならないよう、文中でも配慮しましょう。 お返し不要を伝えたい場合は? お香典のお返し不要を相手に気を使わせずに、伝えるにはどう書けばいいのでしょうか。 書く場所は手紙に直接ではなく、 香典の裏側や 封筒の住所の横に記載します。 文例 「誠に勝手ながら、お返しなどの配慮は遠慮させていただきたくお願い申し上げます」 「誠に勝手ながら、返礼は辞退申し上げます」 と、書いてくださいね。 会社によってはお返しは受け取らない決まりの所もありますが、辞退の旨を伝えるための文は書いておきましょう。 香典を郵送するタイミングは? 訃報のお知らせを受けたら、なるべく早めに送りましょう。 初七日までに着くようにしてくださいね。 連絡を受けるのが遅くなり過ぎてしまったときは、速達を使うといいと思います。 文面にも決まった書き方がありましたね。 故人との思い出が深いと、ついつい手紙にも感情がこもって長くなってしまいそうですが、シンプルにお悔やみの言葉を伝えてくださいね。 四十九日が終わり、片付けなど家族が落ち着いた頃に、電話や訪問をすると良いと思います。 訃報を受けたら、 できるだけ早めに香典と手紙の用意をするよう心がけましょうね。 よくあることではありませんが、正しいマナーを覚えておいて、突然のお悔やみ事にも大人の対応をするようにしましょう。

次の

家族葬と聞いたらお香典はどうする? : お葬式なるほどチャンネル

香典郵送

ご葬儀に参列する際は、香典を持参するのが一般的です。 しかし、急な訃報を受け、どうしてもご葬儀に参列できないことがあると思います。 こういう時に、香典を郵送しても失礼にあたらないのでしょうか。 また、香典を郵送する際の決まりやマナーがあるのでしょうか。 そこで今回は、香典を郵送する際の決まり事やマナー、香典を郵送する際に同封するお悔やみの手紙の書き方のポイントなどについてご紹介します。 香典を郵送してもいいの? そもそも香典は、郵送してもよいものなのでしょうか。 香典とは、お花やお香、お米などの代わりとして故人様にお供えするのであり、お通夜式やご葬儀・告別式に参列し、受付を通してご遺族に渡します。 しかし、遠方であったり仕事の都合などでやむを得ず参列できないもあります。 その際は、香典を郵送しご遺族に弔意を示すことに問題ありません。 郵送方法の決まり事と郵送するタイミング 香典は郵送することはできますが、必ず「現金書留」で郵送します。 普通郵便や宅配便などで送ることは郵便法第17条で禁止されているため、香典を贈る際は郵便局の現金書留専用封筒で郵送しましょう。 お通夜式やご葬儀・告別式まで時間がある場合は、ご葬儀会場「気付」で郵送するとよいでしょう。 ただし、会場によっては郵送された香典の受取に対応していないこともありますので、事前の確認が必要です。 なお、お通夜式やご葬儀・告別式までにあまり時間がない場合は、喪主のご自宅に郵送するようにしましょう。 ご葬儀後の2~3日後を目安に送るとよいでしょう。 不祝儀袋は同封するの? 香典を郵送する際は、現金をそのまま現金書留封筒に入れるのではなく、「不祝儀袋に入れて」から郵送します。 現金書留専用封筒は、のし袋が入るサイズになっています。 香典に入れる現金は、切れていたり折れていたりなど痛みがひどいお札を入れないようにしましょう。 新札を使用する場合は、故人様がお亡くなりになることを予想して準備していたと思われないよう、真ん中で二つ折りしてから入れるのが無難です。 使用する不祝儀袋は? 使用する不祝儀袋は、故人様の宗教に合わせたものを選ぶのがマナーとなります。 蓮の花が印刷された不祝儀袋は仏式、無地の熨斗袋(のしぶくろ)に双銀や白黒の水引が掛かってい不祝儀袋は神式、十字架やユリの花が描かれた不祝儀袋はキリスト教式になりますので注意しましょう。 故人様の宗教が分からない場合は、水引は双銀もしくは白黒の結びきりで白無地の物を選びましょう。 表書きも、故人様の宗旨に合わせて「御霊前」「御仏前」「玉串料」「御花料」などとします。 宗教宗旨によって使用すべき不祝儀袋や香典袋の表書きについては以下の記事で詳しく紹介しておりますので、関心のある方はぜひご参照ください。 お悔やみの手紙の書く際のポイント 香典を郵送する際には、お悔やみの手紙を入れたほうがより丁寧な印象になるので、できれば入れたほうがよいでしょう。 お悔やみの手紙を書く際のポイントを以下にまとめましたので、ご参照ください。 時候の挨拶などの手紙の前文は必要ない 一般的に手紙を書く際は、拝啓のような「頭語」や季節に即した「時候の挨拶」などを書きますが、お悔やみの手紙の場合はそうした前書きは必要ありません。 すぐに本題から入るようにしましょう。 故人様を悼む気持ちやご遺族を慰める言葉を書く お悔やみの手紙は故人様が亡くなったことに対する弔意を示すものです。 そのため、こと改めて悲しみを強調するのではなく、ご遺族を気遣う言葉を多く書くようにしましょう。 ご葬儀に参列できない旨を詫びる言葉を書く お悔やみはご遺族に直接お伝えするのが正しい方法であり、あくまで手紙は略式になります。 そのため、ご葬儀に参列できない理由と共にお詫びを述べましょう。 薄墨を使って書く お悔やみの手紙は、「涙が零れ落ちて墨が薄くなってしまった」という意味があるため、原則薄い墨で書きます。 ただし、現在は弔事用の薄墨の筆ペンも市販されていますので、薄墨がない場合は弔事用の薄墨の筆ペンを使用しても問題ありません。 しかし、ボールペンや鉛筆書きは失礼に当たるため、使わないようにしましょう。 「再び」「たびたび」「迷う」などの「忌み言葉」は使用しない 忌み言葉は、「重ね言葉」や「死に対する直接的な言葉」を指し、不幸を繰り返す、重なるといったことを連想させてしまうため使用しないようにします。 【重ねことば】 重ね重ね(かさねがさね)/益々(ますます)/度々(たびたび)/重々(じゅうじゅう)/次々(つぎつぎ)/再三(さいさん)/いよいよ/くれぐれも/かえすがえす など 【繰り返しが連想されることば】 続く/引き続き/再び/再々/次に/なお/また/追って/追いかける など 【直接的な表現】 死亡/逝去/死ぬ/生きる/存命中/自殺 など 【不吉な表現】 浮かばれない/大変なことになる/消える など 【宗教・宗派で使っていけない言葉は避ける】 ・神式やキリスト教式の場合……成仏/供養/往生などの仏式の表現 ・浄土真宗の場合……霊前/冥福など その他にも、「手紙を入れる封筒は白無地で、二重になっていないものを選ぶ」「便せんは白い縦書き用を使用するのが望ましい」など、手紙の仕様にも注意すべき点があります。 香典を郵送する際のお悔やみの手紙の例文 ご葬儀に参列できなかった場合.

次の

香典を郵送する時のマナーや、一緒に添える手紙の例文|葬儀・葬式なら【よりそうのお葬式】

香典郵送

そもそも香典は郵送しても良い? 香典は葬儀において、故人のために供える金品のことであり、遺族への支援や気遣いの意味も含んだものです。 仏教だけでなく、キリスト教でも同様の風習があります。 葬儀に参列できない場合、が、同様に 香典についても郵送することはマナー違反ではありません。 むしろ、お悔やみの気持ちを伝えるためには送った方が良いでしょう。 そして、故人に対するお悔やみと参列できなかったお詫びの手紙を添えて、現金書留封筒に入れ、郵便局から送りましょう。 現金は一般の封筒や宅配便では送れないので、注意が必要です。 現金書留封筒は大きめにできているので、通常の不祝儀袋であれば問題なく入ります。 ただし大きいサイズの不祝儀袋は入らないこともありますので、一般的なものを選ぶようにしましょう。 現金書留封筒には自分の名前や住所を書きますが、 不祝儀袋にも自分の名前や住所を記入します。 封筒の宛名は葬儀の喪主の名前を書きます。 香典を郵送する宛先とタイミング 通夜まで日があり、 当日までに郵送が間に合う場合は、斎場に直接香典の入った現金書留封筒を送ることも可能です。 一般的には投函してから1,2日で到着しますが、できるだけ余裕を見て、日付指定で送ると確実です。 通夜がすぐに行われる場合は、斎場に送っても間に合わないため、後から喪主の住所宛に送ります。 葬儀の直後は何かと忙しい時期となるので、避けるのが賢明です。 かと言って遅すぎてもタイミングを逸してしまいますので、 葬儀から数日程度たった頃に着くように手配すると良いでしょう。 喪主は香典を頂いた方に対して、まとめて香典返しを行います。 到着が遅れると二度手間をかけてしまうので、あまり時間を空けすぎても負担を与えてしまいます。 香典の金額と、お金の入れ方 香典に使う紙幣は、1万円札や1,000円札など、同じ種類のもので統一します。 そして、合計額の頭が1,3,5,10になるようにします。 また、4や9は避けるべき数字といわれています。 具体的な金額としては、知り合い程度であれば3,000円~5,000円、仲の良い友人や職場関係であれば5,000円〜10,000円、親戚の場合は10,000円~30,000円が相場となります。 不祝儀袋にお金を入れる際には、すでに使われていて折り目のある紙幣を用意します。 新札を使っても問題ありませんが、その場合は一回折ってから使うようにしましょう。 あまり汚くシワのついたお札も失礼になります。 そして必要な金額の紙幣を、向きを揃えて入れるようにします。 手紙の添え方 香典を送る際には、絶対ということではありませんが、手紙を添えるとより丁寧です。 実際に手渡しする場合は、「この度はご愁傷様でした」などの言葉を添えるのが一般的ですから、それに当たるものと思えば良いでしょう。 ですから、決して長々と文章を書く必要はありません。 ポイントをおさえて簡潔に書いてください。 使う便箋は、白色の縦書き無地のタイプを使います。 また、便箋よりも小さい一筆箋でも問題ありません。 一般的な便箋であれば三つ折りで、一筆箋の場合はそのまま封筒に入ります。 香典に添える手紙の文例 香典に添えるお悔やみの手紙では、時候の挨拶や「拝啓」などの書き出しは不要です。 書く内容の要素は、故人に対するお悔やみ、葬儀に行けなかったお詫び、香典を同封しますという主旨、そして遺族への心遣いと故人の冥福を祈り、纏めます。 喪主との面識がない場合は、自分と故人との関係性も書いておきましょう。 実際の例文は、以下のようになります。 本来であればご葬儀に参列すべきところですが、遠方にてかなわず、誠に申し訳ございません。 心ばかりではありますが、ご香典を同封いたしますので、ご霊前にお供えくださいますようお願い申し上げます。 家族の皆様にはお力をお落としのことと存じますが、くれぐれもご自愛くださいませ。 略儀ながら書中にて、心よりご冥福をお祈り申し上げます。 まとめ 突然の訃報で葬儀に参列できないことはあるものです。 そうした時は手紙を添えた香典を遺族の方に送れば、あなたの気持ちも伝わります。 葬儀に関しては一定のマナーや決まりごともあるため、それらを踏まえることも必要です。 もし葬儀に関して分からないことがあれば、いつでも経験豊富な当社までご連絡ください。 いい葬儀で葬儀場・斎場を探す エリアを選択してください 北海道・東北地方 探す• 関東地方 探す• 中部地方 探す• 関西地方 探す• 中国・四国地方 探す• 九州地方・沖縄 探す• いい葬儀の鎌倉新書が運営するサービス•

次の