エンブレム テイク 2。 代紋<エンブレム>TAKE2(2)孤狼の章

TAKE TWO/相棒は名探偵

エンブレム テイク 2

しかし、死んだかと思った丈二は十年前に戻ります。 普通のタイムスリップと違うのが、意識だけが戻り、 ベテランヤクザの頭脳を持った、十年前の若い状態での再スタートです。 コナン君パターンですね、 最初の頃の丈二の武器は、このタイムスリップした事による 未来のことを知っていることと、若いのに経験が豊富なことの二点しかありませんでした。 しかし、抗争をくぐり抜けてきた成長によるものか、物語の主人公としての魅力を付けるためか、 能力の高さ、そして、何よりも器の大きさ(寛容な心 が丈二の力になり 様々な敵や大物が、丈二に惚れ込み、組員になっていきます。 この漫画は読めば読むだけ面白くなっていきますが 如何せん、1990年代の漫画のため、絵が古臭いです。 序盤は作画の人が新人だったためか、結構、下手です。 今ではヤンマガでを描いてますが、この時とは段違いの上手さです ただ、その反面で、62巻という長編にもかかわらず、時代を現代にしなかったのは、良いと思います。 そもそもとして、丈二がタイムスリップしてきた未来よりも未来にするわけには行かないので当然ですが ちゃんと、1990年代の世界観のままです。 などは完全に現代に。。。 新宿、刑務所、千葉、再び新宿と舞台が変わっていきますが、個人的には千葉の頃が一番面白かったですね。 丈二が一番幸せだった頃ではないでしょうか? 人間の幸せは地位や名誉や金ではなく、別のものと感じてしまいます。 組長になった瞬間に終了ではなくても良いのですが、その後は1、2巻で終わりに向ければよかったと思います。 最終回は叩かれていますが、まだ良いと思います。 丈二はゲームのプレイヤーに操られるキャラクターで、タイムスリップと思っていたものも実は単なるバグで 最初から始めたのにデータが残っていただけであった。 それで再度はじめからやって、TAKE3が始まるというものですが 夢オチに近いため、終わり方としてはダメかもしれませんが、原作者が、以前から終わりは考えていたと言うように 伏線が回収はできてるので、良いとは思います。 しかし、その寸前のテロリスト編はつまらなかったです。 その前までやっていた短編的な事件もあまり楽しくなかったですが、まだ、ヤクザの話でしたが このテロリスト編はタイトルのとおりに、対テロリストです。 別に私はヤクザの話が好きなわけではないですが、この原作者の方はヤクザの話こそが旨味であり 代紋のキャラクター達は、その世界でだから輝ける存在だったのではないでしょうか? 別に代紋に戦車やロケットランチャーは出てきてドンパチしなくていいのです。 鉄砲を撃つふりをして、後は駆け引きで、その場を収める。 それが面白かったように感じます。 ただ、あくまで、代紋という名作の中での、面白くない箇所で 普通の漫画としては後半も楽しめますし、中盤までは62巻も続いた理由が分かる出来かと思います。

次の

TAKE TWO/相棒は名探偵

エンブレム テイク 2

二代目海江田組組員。 丈二の兄貴筋に当たる。 大阪府出身で関西弁を使う。 経済派のヤクザで、二代目海江田組では組内の若手きっての実力者だが、金儲けに精を出し仁義を弁えない面があるため、山崎らから目をつけられている。 「前の人生」ではただそれだけの存在だったが、「後の人生」では丈二の台頭によって野心と凶暴性が増し、様々な陰謀を巡らせて山崎亡き後の海江田組三代目にまで上り詰めた。 しかし、千葉から新宿に戻ってきた丈二の活躍により山崎殺害が自らの指示であることを暴かれ、海江田組を破門され、三代目だった事実も抹消された。 その後、志村の暗殺から生き延び、大阪でホームレスとして生活していたところを明石組の大森に拾われ、若衆として力を蓄える。 そして大森と渕上の跡目争いが勃発した後、大森の手助けという名目で東京に傭兵を送り込み、自らも潮と共に東京へ乗りこんだ。 カオリのかつての恋人であり、海江田組三代目時代からカオリに対する未練を捨てきれないでいた。 一方で自分の前に立ちはだかり続けた丈二に対する憎しみも極めて強く、その影響で旧三代目海江田組は構成員に対して圧政が敷かれ、ノミ屋などよりも覚醒剤取引を主な収入源にするようになっていた。 そして東京に再び舞い戻った時に、丈二との結婚式当日にウェディングドレス姿のカオリをその手で射殺する。 1979年、新宿で応援団との喧嘩に負けた若き海江田組組員・阿久津丈二はそれ以来不幸の坂を転げ落ちるようにして、10年後の1989年に誰からも馬鹿にされる惨めなチンピラに堕ちてしまう。 最終的に自らの舎弟によって当時抗争中の黒川組の鉄砲玉にされドブ川の中で惨めな最期を迎えることになってしまう。 今わの際にこれまでの人生を悔いる丈二であったが、その瞬間神の悪戯か彼に第二の人生が始まることになる…。 神の悪戯により人生の転機となった10年前、1979年にタイムスリップした阿久津丈二。 前世での記憶と経験を活かして着々と組内で頭角を現していく丈二であったが彼のタイムスリップは非応なく周囲の人々の運命も変えていくことになる…。 そして、その変化は 阿久津丈二と江原信吾と言う二人の男の10年に及ぶ死闘 の幕開けともなるのであった…。

次の

#代紋TAKE2 の 魅力

エンブレム テイク 2

メンバー [ ]• 深沢 邦之( ふかさわ くにゆき -)- ツッコミ担当。 出身、。 妻は女優の。 一児の父。 東 貴博( あずま たかひろ 本名:飛田 貴博(ひだ たかひろ)-) - ボケ担当。 出身、。 妻はの。 父はコメディアンの。 来歴 [ ] 主宰のコメディアン養成塾「欽塾」を経て「」に移り、そこで下積み中のにコンビ結成。 深沢はのとに結婚。 東はの次男坊。 そのため「魅惑のサラブレッド」の異名を持つ。 コンビ名は、「 Takahiro And Kuniyuki Entertainers 2(2は二人組の意)」であるとされているが、コンビ名を決める際、たまたま「Take2(2回目撮り直しの意)」とかかれた台本が置いてあったからとも言われている。 また命名の際、売れる人はタ行(とんねるず、ダウンタウン、ビートたけし... )や数字(萩本欽一、坂上二郎、三木のり平、... )が入っているというのを考慮したとも言われている(ちなみに他候補は、「二世と生地屋」「黒ひょうととびうお」)。 役者としての活動も多く、それぞれサスペンスドラマにおいて犯人役と被害者役の両方を経験している。 ~の間、Take2としての公式サイトが開かれていたが殆ど更新されなかった(現在は東、深沢別々に公式サイトが開かれている)。 芸人仲間からはコンビ仲の悪さをネタにされており(「滑って、舞台降りたら殴り合いだろ? 」と突っ込まれる等)、()は2008年9月28日放送の『 大復活祭スペシャル』で共演した際には「コンビで出るの?! 」と驚き、長年コンビを組んでいるとは思えないほどお互いやり辛そうにしているところでは「よそよそしいんだよ!」とツッコミを入れていた。 当番組では番組限定で再結成した元コンビも何組かいたが、Take2は「解散してもいないのにコンビ復活」といわれてしまっていたという。 収録日当日の16日深夜に生放送された『』では、が「冷や冷やした、2人並んで大丈夫なのか」と発言している。 また同時間帯に東主催で行われた打ち上げには、深沢は出席しなかったとのこと。 現在は個々の活動が中心になっており、コンビでのレギュラー出演はゼロとなっている。 2012年9月29日の『』では久々に2人並んで回答者席に座って共演した。 2013年2月にはの宣材写真を新たに撮り直している。 2014年よりに深沢も出演(東と)するようになった。 そちらの記者会見でも不仲をネタにしている が、深沢の前説(東出演の回は東が担当)台本も東が書いている。 出演番組 [ ] 過去 [ ] テレビ番組 [ ]• 不定期出演• (NTV)• ・()• (TBS)• (TBS)• (CX)• (CX)• (CX)• (CX)• (EX)• 、恋のおやジルシ2()• (NHK)• 健康DNA!! (NTV) - 第2回(2009年9月)• (NTV)• (NTV)• (NTV) - 「ハラハラトーク スタア秘宝館」ゲスト(2009年11月26日)• (TBS)総合司会のが入院で番組を休養していた時は東が徳光の代わりに総合司会を務めた テレビドラマ [ ]• 第16話(CX)• (NTV)• ふたり(NTV)• (TX) ラジオ番組 [ ]• 、 Take2のバットルナイト()• () 単独での出演は深沢、東それぞれの項目を参照。 本・ビデオ [ ]• Take2の スウィッチョン! (メディアファクトリー/エッセイ本)• Take2LIVE!!! フッてボケてツッコんで... (マーキュリー)• Take2LIVE ~えっ!? 予定外!! ~(マーキュリー) 「ものまねバトル」で披露したものまね [ ] かぶりものや特殊メイクを駆使したものまねが多かった。 湯婆婆()• (当時:)、(当時:)• 、(新札ものまね)• の青島刑事福沢諭吉(防犯ものまね)• (ものまね)• と船長(スペースシャトルものまね)• と(ものまね)• (東貴博のみ) 関連項目 [ ]• 脚注 [ ].

次の