鐘 が 鳴る なり 法隆寺。 柿食えば 鐘が鳴るなり 法隆寺

柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺

鐘 が 鳴る なり 法隆寺

これはかの有名な正岡子規の俳句であり、『海南新聞』1895年11月8日号に掲載された俳句であります。 正岡子規は明治25年に日本新聞社に入社し、日清戦争の記者として働いていましたが、明治28年に正岡子規は病を患い既に重病であったともいわれています。 しかしながらなんとか奈良を訪れ、その際ここ法隆寺を訪れ、その際に詠んだ俳句が『柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺』であるといわれています。 正岡子規は東大予備門において夏目漱石、南方熊楠、山田美妙など同窓生であり、漱石とはとても仲がよく、正岡子規が病に患ってからも療養生活の看病に必死にしていたといわれています。 奈良を訪れた正岡子規が詠んだ『柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺』への想い・・・ 最初に奈良の市内を散策をして、興福寺、大仏殿のある東大寺、春日大社を参拝しました。 実は正岡子規は東大寺についても俳句を詠んでおり、『長き夜や初夜の鐘撞く東大寺』『大仏の足もとに寝る夜寒哉』などがその代表とされています。 そして『柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺』は、療養生活の世話、奈良旅行を工面してくれた漱石に対して、漱石の作である「鐘つけば 銀杏ちるなり建長寺」の句へのお礼の句であるといわれています。 季語は柿でありこれは秋の象徴でもあります。 この句でいう柿は大和名産の御所柿と考えられています。 『法隆寺の茶店に憩ひて』と前書きがあり、法隆寺に立ち寄った後、喫茶店で一服して柿を食べていると法隆寺の鐘が鳴り、その鐘の音色に秋の訪れを感じた、というのがこの句に込められて正岡子規の想いでもあります。 尚、「くへば」一見逆説にも思われがちですが、単に「食べていたら」という事実を述べているにすぎず、「鐘が鳴るなり」と特別に因果関係があるわけではありません。 ちなみに正岡子規が法隆寺を訪れた10月26日とされ、この日はこの句にちなんで『柿の日』にも制定されています。 この句は実際に詠まれたのか しかし正岡子規が法隆寺を訪れた日は、雨であったとされこの句は実際に詠まれたかどうか疑問点も残されています。 また正岡子規は奈良を訪れた際には、かなりの病状も悪化をしていたと考えられており、実際に法隆寺を訪れることができたのかという点も疑問点に残されています。 もしかすると、病で床についていた正岡子規は、外で秋の訪れを感じたいという自分自身の願望をも句にしていたのかもしれません。 奈良の観光は、正岡子規にとって最後の旅行であり、明治35年に35歳の短い生涯を終えました。 しかしこうしてこの句をきけば誰もが法隆寺を思い出し、法隆寺は今世界遺産に登録をされ、人々から愛されるお寺となっていることは、正岡子規にとってもきっと喜ばしいことに違いありません。

次の

「なり」の意味

鐘 が 鳴る なり 法隆寺

成立 [ ] 5月、子規は連隊付き記者としてに従軍中に喀血、神戸に入院したのち故郷に戻り、松山中学の教員として赴任していたの下宿(愚陀仏庵)に50日ほど仮寓した。 漱石は2階、子規は1階に棲み、子規はら松風会のメンバーに漱石を加えて句会三昧の日々を過ごしていた。 その後病状がよくなったため10月下旬に帰京するが、その途中で奈良に数日滞在している。 子規の随筆「くだもの」(『ホトトギス』1901年4月号掲載)によれば、このとき子規は漢詩にも和歌にも奈良と柿とを配合した作品がないということに気付き、新しい配合を見つけたと喜んだという。 そして「柿落ちて犬吠ゆる奈良の横町かな」「渋柿やあら壁つゞく奈良の町」「渋柿や古寺多き奈良の町」などの句を続けて作った。 もともと子規は大の柿好きで、学生時代には樽柿(酒樽に詰めて渋抜きした柿)を一度に7、8個食べるのが常であった。 1897年には「我死にし後は」という前書きのある「柿喰ヒの俳句好みしと伝ふべし」という句を作っている。 さらに「くだもの」では、奈良の宿先で下女の持ってきたを食べているとき、折から初夜を告げるの釣鐘の音が響いたことを記している。 しかしこのときは「長き夜や初夜の鐘撞く東大寺」として柿の句にはせず、翌日訪ねた法隆寺に柿を配した。 ただし子規が法隆寺を参詣した当日は雨天であったため、この句は実際の出来事を詠んだものではなく、法隆寺に関するいわばフィクションの句であると考えられる。 なお当時の子規の病状などから考えて、実際に法隆寺を参詣したこと自体を疑問視する意見もある。 また『海南新聞』の同年9月6日号には、漱石による「鐘つけば銀杏散るなり」という、形のよく似た句が掲載されていた。 は、子規が「柿くへば」の句を作った際、漱石のこの句が頭のどこかにあったのではないかと推測している。 受容 [ ] 現在では非常に著名な句であるが、『海南新聞』に掲載した際にはとりたてて反響があったわけではなかった。 、によって編まれた俳句選集『春夏秋冬』(1902年)や『子規句集講義』(1916年)、虚子の『子規句解』(1946年)などにもこの句は入れられておらず、子規の俳句仲間の中で評価されていた形跡はない。 子規の自選句集『獺祭書屋俳句帖抄上巻』に収録された後、碧梧桐は『ホトトギス』誌上の書評において、この句はいつもの子規調であれば「柿喰ふて居れば鐘鳴る法隆寺」としたはずではないかと述べた。 これに対して子規は「病牀六尺」で、「これは尤(もっとも)の説である。 併(しか)しかうなると稍々(やや)句風が弱くなるかと思ふ」 と答えている。 9月、法隆寺境内に子規の筆跡によるこの句の句碑がらによって立てられた。 この場所は句の前書きにある茶店のあった跡地である。 前述の坪内は、このころから法隆寺の一種のとしてこの句が広まっていったのではないかとしている。 、全国果樹研究連合会はを子規がこの句を詠んだ日として「柿の日」と制定した。 この句のパロディがいろいろあるが、オマージュとして「柿食えば遥(はる)か遠くの子規思う」は小林凜(りん)の句で出版され、ベストセラーになった『ランドセル俳人の五・七・五 いじめられ行きたし行けぬ春の雨--11歳、不登校の少年。 生きる希望は俳句を詠むこと。 』()に載っている。 脚注 [ ]• 夏井いつき選 「子規二十四句」『正岡子規』 河出書房新社<KAWADE道の手帖>、2010年、21頁• ただし初出の『海南新聞』1895年11月8日号では前書きは「茶店に憩ひて」となっている。 「病余漫吟」では「法隆寺茶店にて」。 「病床六尺」では上五が「柿食へば」。 『寒山落木』『獺祭書屋俳句帖抄上巻』では前書き・表記とも掲出したものに同じ。 (宮坂、129頁)• 坪内、121-122頁• 正岡 1985 、167頁• 坪内、122-123頁• 宮坂、130頁• 和田悟朗 「子規と法隆寺」「岳」1987年7月号(宮坂、131頁より)• 坪内、122頁• 正岡 1958 、176頁 参考文献 [ ]• 正岡子規 『病牀六尺』 岩波文庫、1958年• 正岡子規 『飯待つ間』 岩波文庫、1985年• 坪内稔典 『正岡子規 言葉と生きる』 、2010年.

次の

柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺

鐘 が 鳴る なり 法隆寺

明治28年10月に奈良を旅した正岡子規の思い出の句 正岡子規は、明治28年5月に記者として日清戦争に従軍中に喀血。 神戸で入院治療した後に故郷松山に戻り、夏目漱石の下宿(「愚陀仏庵」)に50日ほど滞在。 病状がよくなったため10月下旬に帰京しますが、その途中で奈良に立ち寄っています。 実は、法隆寺を参詣した10月26日は雨で、大和名産の御所柿を食べたのは、前夜の宿「對山楼」(たいざんろう)での出来事で、鐘の音は東大寺だったのです。 つまりは、この有名な句はフィクションで、正岡子規は、その病状から考えて法隆寺に参詣していないとする説すらあるのです。 それでも没後(正岡子規明治35年9月19日没)の大正5年には、ホトトギス派の俳人・松瀬青々(まつせせいせい=正岡子規は「大阪に青々あり」と賞賛)らによって子規の筆跡に句碑が立てられています。 句碑の立つ場所は、茶店のあった跡地という凝りようです。 また、大の柿好きだった正岡子規は、明治30年に「我死にし後は」という前書きのある「柿喰ヒの俳句好みしと伝ふべし」という句を作っているので、「柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺」の句が有名になったのは、まさに遺徳といえるでしょう。 ちなみに正岡子規は、このほかに、 「柿落ちて犬吠ゆる奈良の横町かな」 「渋柿やあら壁つづく奈良の町」 「晩鐘や寺の熟柿の落つる音」 「柿赤く稲田みのれり塀の内」 という4句を奈良に残しています。 授業で習った「カルスト地形」。 地表に露出した石灰岩が雨水などで浸食されて誕生した地形のこと。 実は、日本各地にこの石灰岩地帯はあるのですが、日本三大カルストと呼ばれる大規模な奇観は、有名な秋吉台(山口県美祢市)、四国カルス... カテゴリ: ,• 商売繁盛、芸能上達の神様として知られ、繁華街などにも祀られているのが「お稲荷さん」と通称される稲荷神(いなりのかみ、いなりしん)。 日本三大稲荷とされるのが、伏見稲荷大社(京都市)、笠間稲荷神社(茨城県笠間市)、そして豊川... カテゴリ: , ,• 明治42年に豊後電気鉄道によって別大電車(別府〜大分間は明治33年開業/昭和47年廃止)の電力供給、さらには大分町などへの電力供給ために建設された発電所の跡が、豊後大野市の沈堕の滝(ちんだのたき)横にある沈堕発電所跡。 カテゴリ: ,• 山あり谷ありの日本列島にはたくさんの橋がかかっていますが、歴史的に日本三奇橋といわれるのは、甲州(現・山梨県大月市)の猿橋、防州・岩国(山口県岩国市)の錦帯橋、越中新川郡(富山県黒部市)の愛本橋ですが、愛本橋は現存しない... カテゴリ:• 日本三景は江戸時代前期の儒学者・林春斎(はやししゅんさい)が決めたもの。 これに対し、大正5年、現在のブルーガイドブックで知られる実業之日本社が『婦人世界』の読者投票で決めたのが「日本新三景」(新日本三景)。 大沼公園(北... カテゴリ:• 歴史的に有名な日本を代表する滝3つを選んだ日本三名瀑。 一般的には日光の華厳の滝、熊野の那智の滝、奥久慈の袋田の滝が日本三名瀑ですが、選者がいるわけではなく、あくまで一般的にということに。 というわけで、華厳の滝、那智の滝に... カテゴリ: , ,• 日本一高い山は、富士山ということは知られていますが、では2番というと・・・。 案外知られておらず、南アルプスの北岳で標高3193m。 山男ならベスト3はスラスラのはずですが、実は、近年、3番めは、奥穂高岳(北アルプスの最高... カテゴリ:• 日本三大砂丘は、静岡県の御前崎から浜松まで続く南遠大砂丘、有名な鳥取砂丘、そして鹿児島県の吹上浜の3ヶ所を数えるのが一般的。 ただし、この日本三大砂丘は、誰が決めたのか定かでない「詠み人知らず」のため、九十九里浜を入れたり... カテゴリ: ,• 2019年6月15日(土)12:00頃〜、香川県まんのう町で『満濃池ゆる抜き』が行なわれます。 香川県最大のため池、満濃池の池の水を抜き豊作祈願の儀式を行なう、江戸時代以前から行われている行事で、讃岐平野の本格的な田植え... カテゴリ: ,• 古代のヤマト王権の大王や、地方の豪族が築いた古墳。 とくに前方後円墳は、墳丘長486mという大仙陵古墳(仁徳天皇陵)を筆頭に巨大古墳の上位に君臨しています。 なんと巨大古墳は27位までが西日本に築かれていますが、ベスト10に... カテゴリ: , ,.

次の