釧路 市 ゴミ 分別。 じゅんかんコンビニ24にリサイクル資源持ち込みでポイントが貯まる

家庭ごみの分別早見表「は行(「は」から「ほ」)」|松戸市

釧路 市 ゴミ 分別

梱包用として使用された発泡スチロールは、何ごみですか。 商品の容器や梱包用として使用された発泡スチロールは、プラ製容器ですので、週1回の「容器包装プラの日」に透明または半透明の袋に入れて集積場所へお出しください。 大きいものは袋に入る大きさに割って(切って)、必ず袋に入れて出してください。 注意事項• プラ製容器包装とは• 容器包装とは、商品を入れたもの(容器)や包んだもの(包装)で、商品が消費されたり分離されたりした場合に不要となるものです。 プラマークがついているものを目印にしてください。 プラマークがなく、資源かごみか判断できない場合は、一般ごみで出してください。 プラ製容器包装として出せないもの(おもちゃ、衣装ケース、バケツ、洗面器、ハンガー、カミソリ、ビデオテープ、カセットテープなど)は、一般ごみへ。 50センチメートル以上のものは粗大ごみで出してください。 「このごみは何ごみ?」、「何曜日に出せばいいの?」などの疑問につきましては、下記「相模原市家庭ごみ分別サイト」でご確認ください。 関連FAQ 関連ページ•

次の

じゅんかんコンビニ24にリサイクル資源持ち込みでポイントが貯まる

釧路 市 ゴミ 分別

事業系ごみトップページ 事業系ごみ 事業系ごみとは、事業所から出る廃棄物のうち、法令で定められている産業廃棄物以外を言い、法で事業者自らの責任で処理することが定められています。 産業廃棄物は、産業廃棄物の許可業者に適正処理を委託してください。 事業所から出るごみ 事業所からでるごみは、市では収集しません。 家庭ごみ用ステーションには出せませんのでご注意ください。 各処理施設へ直接持ち込むか、に委託するなど適正に処理してください。 事業系ごみも必ず分別に取り組みましょう。 (分別区分は、をご参照ください。 ) 事業系ごみの分別と処理(各ページへのリンク) 事業系ごみの処理について• 事業系ごみの分別方法・受入先• 事業系ごみの減量とリサイクル• その他•

次の

【平成29年3月】釧路市で粗大ゴミを格安で処分する方法

釧路 市 ゴミ 分別

リサイクル貢献度が500ポイントに到達して貯まると商品券に交換できます。 リサイクル貢献度一覧 リサイクル貢献度が500点に到達すると、イオンギフトカード500円またはクオカード500円が必ずもらえます。 500ポイント貯まり、数日経過すると封筒が届きます。 中には、商品券 イオンギフトカード が同梱。 主な回収品目と持込禁止品目・注意点• ダンボール・包装箱類• 金属類• 紙パック• アルミ缶・スチール缶• ペットボトル• 携帯電話・スマートフォン• パソコン本体• 小型家電• 古布・繊維類• 金属類・スチール缶• アルミ缶• 古布・繊維類 回収品目一覧と持込禁止品目禁止品目 びん類の持ち込みは不可など、他にも受け入れできない品目もあるので注意しましょう。 じゅんかんコンビニ24の会員カード。 会員カードの再発行はできないので注意しましょう。 持ち込む際の注意点• 会員カードは1人1枚まで• ダンボールはたたんで持ち込む• アルミ缶・スチール缶・ペットボトルはつぶす 問い合わせ先 じゅんかんコンビニ24の利用の流れと端末の操作方法 受付操作はタッチパネルなので簡単です。 資源物の持ち込み• 受付機のタッチパネルで受付• 回収ボックスに資源物の投入• リサイクル貢献度の付与• 受付終了 古紙・金属類・小型家電・古布・アルミ缶・ペットボトルなどのリサイクル操作方法 じゅんかんコンビニ24の操作端末です。 端末はタッチパネルなので簡単です。 初期画面はこんな感じ。 初めて利用する場合には、下の黄色の画面をタッチして会員カードを発行 登録費や入会金などは一切不要 します。 会員カードを端末にかざします。 電子マネーをかざす感覚で、端末にある「会員カードをかざして下さい」部分にかざします。 青色ボタンの「古紙・金属・小型家電・古布・繊維類・アルミ缶・ペットボトル」とオレンジ色ボタンの「携帯電話・パソコン」があるので、リサイクルしたい資源物の方をタッチします。 ちなみに、この画面から前回までの「貢献履歴」の閲覧ができます。 もう一度会員カードをかざします。 テレビやエアコン、冷蔵庫、冷凍庫、洗濯機、衣類乾燥機など、家電リサイクル法対象商品は持込禁止です。 確認しましょう。 同意すると画面が切り替わります。 計量器側の準備が始まります。 この時点で、投入・計量するとポイントがもらえません。 2~3秒すると「投入完了ボタン」の色がグレーから黒へ変わります。 投入する前に、「投入完了ボタン」を押さないように注意しましょう。 600秒 10分 の間に持ち込んだリサイクル品を投入します。 こちらは、ペットボトル回収BOXとアルミ缶回収BOX、パソコン・ノートパソコン・携帯電話回収BOX。 こちらは、金属製品・スチール缶回収BOX・ダンボール回収BOX、新聞回収BOX、雑誌回収BOX、古布・繊維類回収BOXです。 リサイクル品の投入が終わり、「投入完了ボタン」を押すと画面が切り替わります。 それ以上投入する物がなければ、「はい」をタッチします。 拡大するとこんな感じ。 来店ポイントは、金属製品・スチール缶・アルミ缶・古布・繊維類は法令・条例によって重量に応じての貢献度ポイントに加算できないので、「来店ポイント」として加算されているようです。 携帯電話・パソコンのリサイクル操作方法 じゅんかんコンビニ24では、携帯電話やパソコンのリサイクル持ち込みが可能です。 オレンジ色の「携帯電話・パソコンの受付開始ボタン」を選択。 青色の「携帯電話受付シール発行ボタン」とオレンジ色の「パソコン受付用シール発行ボタン」があり、いずれかのボタンを選択すると機械の開口部からシールが発行されます。 また、1台につき1枚貼り付ける必要があります。 シールをはがし携帯電話またはパソコンに貼り付けて専用BOXに投入します。 リサイクル貢献度は、回収・検品された後に反映されます。 シールには、会員カードを認証して登録された受付番号、受付日、受付時間、管理番号、品目が記載されてあります。 商品券引換券の発行• アンケート封筒にあるアンケート回答• 商品券引換券をアンケート封筒に入れて受付機にある投函口に投函• 後日商品券 クオカードまたはイオンギフトカード が届きます 500ポイントに到達すると「商品券引換券」と「お客様控え」が発行されます。 500ポイントに達すると「商品券引換券発行ボタン」から発行できます。 18歳以上の確認ボタンを選択。 「引換券の注意事項に同意して発行する」にチェックをつけ「商品券引換券発行ボタン」を選択。 これで「商品券引換券」が発行されます。 端末の横には、商品券申込書の封筒があります。 リサイクルに関する簡単なアンケートを回答し、住所や氏名、会員番号 会員カードの裏面にあります などを記入します。 封筒には商品券引換券のみ同封します。 アンケート回答し終わったアンケート封筒に商品券引換券を入れ、端末下にある「投入口」へ投函します。 以前は「リサイクル貢献度カード」という金色のカードでした。 リサイクル貢献度の履歴確認方法 会員カードをかざして認証した後、画面に緑色の「貢献履歴閲覧」ボタンがあるので選択すると過去のリサイクル持ち込みによるリサイクル貢献度の履歴が確認できます。 リサイクル貢献度付与方法の変更 リサイクル貢献度対象拡大 2017年6月9日~ 2017年6月9日より「金属類・スチール缶」「アルミ缶」「古布・繊維類」にもリサイクル貢献度が付与されるようになりました。 じゅんかんコンビニ24の店舗一覧 じゅんかんコンビニ24は、この看板が目印です。 札幌市• 桑園店 北海道札幌市中央区北9条西21丁目1• 伏見店 北海道札幌市中央区南15条西19丁目2• 太平店 北海道札幌市北区太平5条5丁目93-95• 新川駅前店 北海道札幌市北区北27条西16丁目3• 発寒店 北海道札幌市西区発寒12条13丁目2-52• 元町店 北海道札幌市東区北20条東20丁目1• 森林公園店 北海道札幌市厚別区厚別東4条8丁目15-1• 西岡店 北海道札幌市豊平区西岡4条1丁目5-9• 月寒店 北海道札幌市豊平区月寒東3条3丁目2-1• マテックプラザ店 北海道札幌市白石区本通20丁目北1-10• 美しが丘店 北海道札幌市清田区美しが丘1条4丁目1-15• 富丘店 北海道札幌市手稲区富丘3条5丁目10番地1• 明日風店 北海道札幌市手稲区明日風1丁目1-1 江別市• 江別店 北海道江別市向ヶ丘3-1• 大麻元町店 北海道江別市大麻元町161-52 千歳市• 千歳北陽店 北海道千歳市北陽5丁目1-1• 千歳みどり店 北海道千歳市みどり台北4丁目2 恵庭市• 恵庭店 北海道恵庭市黄金南5丁目9-15 石狩市• 花川店 北海道石狩市花川南1条6丁目174 苫小牧市• 苫小牧桜木町店 北海道苫小牧市桜木町4丁目13-4• 苫小牧拓勇店 北海道苫小牧市拓勇東町5丁目1-21 釧路市• 釧路中園店 北海道釧路市中園町8-2• 釧路昭和店 釧路市昭和中央3丁目21-2 店舗の外観 じゅんかんコンビニ24太平店 じゅんかんコンビニ24発寒店 発寒店には真冬に行きましたが、駐車場スペースもきちんと除雪されていました。 じゅんかんコンビニ24の回収車 じゅんかんコンビニ24を運営するマテックの産廃運搬車です。 公式ページ じゅんかんコンビニ24|株式会社マテック.

次の