恋愛規則。 教師と生徒が好き同士になる!?交際は絶対ダメな理由とは?

社内恋愛がバレて「降給」「解雇」に…就業規則だとしても法的に問題はないの?

恋愛規則

そして、そもそも、恋愛は本来個人が自由に行えるものです。 ですので、同じ会社の人間同士が単に恋愛関係になっただけで、会社の業務との関係で何ら問題を起こしていない場合にまで処分をすることは、違法となります。 当然、降格や解雇処分は無効となります。 降格や配置転換などの処分が可能となりえます。 実際に、社内恋愛を理由とする解雇が認められた例もあります。 とあるバス会社で、妻子ある運転手とバスガイドの間の不倫交際、妊娠中絶が発覚し、バスガイドが退職。 求人に悪影響をもたらしたうえ、会社の評判も落ちてしまったという件で、裁判所は運転手の解雇を有効と判断しました(東京高等裁判所昭和41年7月30日判決)。 この件で会社側が行ったのは普通解雇でしたが、裁判所は懲戒解雇事由に該当すると認定しました。 最新の投稿• Topics• 弁護士一覧• 弁護士となってから、数々の不倫・離婚問題に携わってまいりましたので、不倫問題・離婚問題はお任せください。 迅速に対応いたします!LINEでの相談も承っております。 【無料法律相談の質にこだわる】【24時間・365日受付・土日祝日・早朝や深夜も対応可能】【弁護士7名・司法書士1名所属】【全国対応可能】 迅速な対応、わかりやすい説明、徹底した報告を軸に、アイデアと馬力を駆使して、皆さまのために戦います。 今まで取り扱ってきた案件は多岐にわたりますが、男女トラブル、不当要求への対応及び刑事事件に特に力を入れております。 他の事務所では話も聞いてくれなかった、という声を耳にいたしますが、皆様のお話をきちんとお伺いしなければ問題解決の糸口が見つかるはずもありません。 まずはお気軽にご相談いただきたく思います。 facebookページ.

次の

まんが王国 『恋愛×規則

恋愛規則

この記事の目次• 警察学校での女性の恋愛事情は? 実際に警察学校に入学する人の年齢は、18歳~30歳前半くらいの人が多いです。 都道府県によっては若干異なるかもしれませんが、平均するとこのくらいの年齢になります。 入学するのはやはり男性の方が多く、女性の人数は2割~3割程度になります。 学校内の恋愛は、その学校によって禁止しているところとそうでないところがあるようですが、禁止にしている学校の方が多いようですね。 女性が少ないからか、通常よりも女性の魅力がアップして見えるのは確かなことで、警察学校の中にいる女性はモテる人が多いです。 3分の1くらいの割合で、生徒同士でお付き合いをしていることもあるようです。 ですが、学校の中での恋愛を禁止しているところがほとんどですので、こっそりお付き合いをしている人が多いですね。 警察学校には「校訓」というものがあり、これに触れるような行為はしてはいけないという決まりがあり、恋愛禁止なのにお付き合いがばれると、説教、もしくは別れさせられるということになるようです。 中には学校をやめる人もいるのだとか・・・。 女性の恋愛に大らかな警察学校もある 警察学校は恋愛禁止なイメージってありませんか?すべての警察学校がそうではありませんが、実際に警察学校の中には、恋愛に対してそれほど厳しくはないところもあるようです。 そのような警察学校に通っていた人のお話を聞くと、警察学校にいた男性は60人ほどで、女性は15名ほどの在籍だったようです。 全寮制で、部屋割りは男女別々、6人ずつの部屋だったようです。 一日の授業が終わった後は、比較的規則が緩いようで、男女の部屋の行き来は禁止ですが、みんなで集まって話が出来るロビーに集合して、みんなで楽しく会話を楽しむ事もあるようですよ! 男女共用のフロアでは厳しい決まりはなく、お互いにコミュニケーションを取り合っていたようです。 そんな風にしていると、寮の中でお付き合いを始める男女もいるようです。 男性の方が多いですから、数の少ない女性はキラキラして見えることもあるようです。 羨ましいと思う女性もいるのではないでしょうか。 でも、婦警さんになろうとしている女性はまじめな子が多く、可愛らしさが感じられなくてあまり男性からモテないとのこと。 女性が少ないから持てそうなイメージもありますが、実際のところは堅苦しい性格の女性に限ってはそんなことは無いようですね! 警察学校での女性の恋愛…。 業務中にドキリ 警察官は職場恋愛に発展することが多いようです。 「つり橋効果」というものをご存知の人も多いかもしれませんが、警察官という業務の特殊さで、このつり橋効果が発動することが多いようです。 脳科学者の先生がデートで化け屋敷に行くと一緒に行った相手に恋愛感情を抱きやすいとおっしゃっていました。 恐怖心からドキドキ感を感じ、それが脳の反応に「恋愛のドキドキ」と勘違いさせてしまうからのようです。 恋愛のドキドキと恐怖心のドキドキが似ていて、脳の中から分泌されるものが似ている為に起きる現象のようですね。 警察官の仕事は、深夜に暗い建物の中を巡回したり、凶悪な犯人に立ち向かうこともあります。 この時に感じるドキドキで、脳が恋愛と勘違いして、職場での恋愛を多くするのでしょう。 警察官とはいっても、やはり女性ですから、怖いと思うこともありますよね。 警察学校にいる時に連絡は自由に取れるの? 警察学校に通っている時、恋愛はしても良いのか気になるところでもあります。 今から10年ほど前、警察学校に通っていた友人がいました。 婦人警官試験に合格して警察学校に通っていましたが、携帯電話はもてなかったようです。 家族からの緊急連絡の連絡は受けることができるようでしたよ。 家族以外の人からかかってきた電話は本人も出る事が出来なかったようです。 外出出来る時間も電話を出来る時間も決まっていたため、当時は恋愛が難しかったと聞きました。 外出することも難しいようだったので、当然外泊も出来なかったみたいですね。 女性としてキラキラしている時間を警察学校に費やしていましたが、その後は幸せな結婚をしました。 今の時代の警察学校はどうなっているのか気になりますね。 警察官との出会いや結婚について 警察官の結婚相手はどのような女性が多いのでしょうか。 色々な結婚相手がいますが、看護師さんの割合が高いようです。 警察官同士の結婚を除いては、結婚を機に女性が退職をすることが多いようですね。 警察官の仕事はとてもハードで不規則なことが多いので、奥さんは家にいて欲しいと思うようです。 このため、結婚相手に選ぶのはキャリアウーマンタイプの女性よりは家庭的な女性の方が多いです。 また、警察官は職場結婚の割合も高いです。 圧倒的に男性が多い警察官の職場ですが、少ない女性警察官の結婚相手は同僚の警察官であることが多く、これは仕事の忙しさから外での出会いが少ないためでもあります。 女性が結婚した後にも警察官の仕事を続けるには、一般の男性では理解を得られないかもしれませんが、同業者であれば理解を得ることも出来るようです。

次の

社内恋愛。就業規則で禁止できる?(人事労務Q&A)|人事、採用、労務の情報ならエン人事のミカタ

恋愛規則

以前、当社の従業員の男女が交際を始め、それが仕事中においても態度がもろにわかることから社内の雰囲気が悪くなったことがありました。 しかも男性側には妻子があり、不倫です。 さらに数カ月で別れてしまい、その後女性社員から元彼からストーカー行為の被害にあっている等と相談があるなど、散々でした。 この女性社員、もともと仕事は優秀だったのですが、結局元彼と同じ職場で働くのはイヤだと言って退職してしまいました。 全く踏んだり蹴ったりでした。 そのような経験から、それ以来「社内恋愛禁止」をルールに掲げてきました。 ところが、最近採用した社員から、 「社内恋愛禁止は人権侵害です」と申し出がありました。 この社員は、特に社内恋愛をしているわけではないのですが、このようなルールがあることがイヤだというのです。 確かに個人の恋愛は自由で、会社が口を出すことではないかもしれません。 それでも、過去の経験から、社内恋愛には強い抵抗があります。 そもそも当社のような小規模な事業所の場合、1 人 1 人の全体に対する影響力が大きいのです。 それに、当社の就業規則には、きちんと社内恋愛を禁止する旨明示し、この就業規則は労働基準監督署に届出し、何ら問題なく受理されています。 人権侵害に当たるとは考えていませんが、このような理解で大丈夫でしょうか。 回 答 【恋愛の自由】 法律に「恋愛の自由」が明確に定められているわけではありません。 しかし、憲法第 13 条が個人の自由と幸福追求権を保障し、同第 24 条が婚姻について両性の合意のみに基づくと規定するなど、恋愛が自由であることは大原則といえるでしょう。 ここで問題となるのが、不倫まで自由であるかという点です。 一夫一婦制の原則の下、不倫は不法行為にあたります。 当事者同士にとっては自由かもしれませんが、不倫行為によって夫婦の一方は権利の侵害を受けるわけですから、自由が保障されることにはなりません。 【就業規則】 貴社就業規則は、 「社内恋愛禁止」を明示しているとのことです。 「不倫禁止」ではなく、広く「社内恋愛禁止」という内容であれば、結論を先にいうと無効な規定となります。 労働基準監督署に受理された就業規則であるとしても、労働基準監督署による受理は就業規則の内容にお墨付きを与えたという意味ではなく、届出義務を履行したかどうか確認したという意味程度のものでしかありません。 即ち、貴社が最近採用された社員の申出は、法律上は合理性があるということになります。 ところで、広く社内恋愛を禁止するものではなく、不倫についてのみ禁止する規定だったらどうでしょうか。 既述の通り不倫は不法行為ですから、不法行為を禁止する規定が無効にはなりません。 【懲戒】 では、不倫をした社員に対し、懲戒処分が可能かという問題があります。 裁判所の考え方は、基本的に個人の私生活上の非行に対する懲戒処分については、事業所に対して厳しい姿勢です。 要は、私生活上の非行の結果として、事業所にどれだけの被害等があったのかという視点から検討されます。 少し古い裁判例ですが、不倫を理由に解雇した事案で、 「地位、職務内容、交際の態様、会社の規模、業態等に照らしても、債権者(不倫した社員)と乙との交際が債務者(会社)の職場の風紀・秩序を乱し、その企業運営に具体的な影響を与えたと一応認めるに足りる疎明はない」として、解雇を無効と判断しています(繁機工設備事件、旭川地裁平成元年 12 月 27 日判決)。 懲戒処分とするとしても重い処分は認められにくく、さらに軽い処分でも当事者の不倫関係が継続すれば実効性がありません。 非常に難しい対応となりそうです。 【特殊な業種】 女性アイドルが所属事務所から「恋愛禁止」等の誓約書を求められるケースはよく聞く話です。 最近も、男性ファンとラブホテルに入る等した女性アイドルに対し、芸能事務所等に損害賠償を命ずる判決が出ています(S 社他事件、東京地裁平成 27 年 9月 18 日判決)。 女性アイドルの場合、イメージが重要ですから、恋愛禁止の取り決めに合理性が認められる可能性があるわけです。 このような特殊事情がない限り、通常の社内恋愛禁止規定が認められるケースはほとんどないと考えられます。

次の