敬老の日 プレゼント 手作り 施設。 敬老の日 プレゼントを手作り!孫でも簡単に作れるおすすめアイデア8選!

施設におられる方に、敬老の日のプレゼントを手作りで贈りたい!

敬老の日 プレゼント 手作り 施設

9月のイベントといえば運動会や遠足など盛りだくさんですが、中でも敬老の日はいつもお世話になっているおじいちゃんやおばあちゃんに、感謝の気持ちを伝える大切な日です。 とくに一生懸命作った孫からのプレゼントは、金には代えられない大切なプレゼントです。 でも、どんなものを贈ったら喜ぶのか、どんなものを作ったらいいのか迷っていしまいますよね。 ということで、今回は0歳児や幼児、幼稚園児でも簡単に作れる手作りプレゼントをご紹介します。 幼稚園や保育園児が、老人ホームなどの施設訪問などでも作ることができるので参考にしてくださいね。 また実際にじいじ、ばあばにプレゼントしてとっても喜ばれたものもご紹介しますよ。 敬老の日手作りプレゼント 子供でも簡単に作れるものは? 敬老の日手作りプレゼントおすすめ1 手形メッセージカード 敬老の日に、0歳児の孫からプレゼントできるものとして人気なのが、赤ちゃんの手形のメッセージカードです。 子どもがいる家庭なら、自分の子供の成長の記録として赤ちゃんの手形や足形をとったことありますよね。 もみじのように小さな手や足を、カラフルなインク画用紙などにペタッと押しつけて作る手形(足形)。 特に0歳児や1歳児の乳幼児は、まだ絵も描けないので、こういった孫の成長の記録を贈ると喜ばれますよ。 また、ただ手形(足形)をペタッと付けるだけでなく、その手形でイラストを描いて、一味違う手形を贈るのがおすすめです。 敬老の日手作りプレゼントおすすめ2 似顔絵 敬老の日の手作りプレゼントで定番になっている似顔絵。 幼稚園や保育園で、おじいちゃんやおばあちゃんの似顔絵を書いて、持って帰るところも多いですよね。 未就学児なら、児童館などの施設で「敬老の日」のプレゼントとして書くところもあります。 そういった施設や学校などで書かなくても、似顔絵ならクレヨンや色鉛筆、画用紙があれば簡単に書くことができますし、材料はダイソーなどの100均で簡単にそろえることができますよ。 画用紙に書いた似顔絵をそのまま渡してもいいですが、そのままだと保管場所にも困りますし、大事な似顔絵がぐちゃぐちゃになると困りますよね。 そういう時は、額縁に入れて渡してみましょう! 額縁といっても100均で売っているもので十分です。 我が家も遠方にじいじばあばがいるので、定期的にアルバムを作って送っています。 ただ、送るタイミングがまちまちだと、何歳までの写真を送ったのか分からなくなるので、我が家は年に一度「この時期に写真を送る」という時期を決めています。 毎年送るのであれば、「敬老の日の時期」と決めて、アルバムを作って送るのもいいですね。 また「今年だけ写真・アルバムを贈る」というのであれば、100均や300均などでも十分ステキなアルバム入れがあるので、こちらを購入するのがおすすすめですよ。 特に県外に住んでいるジジババには、孫からの直筆のはがきはとても喜ばれます。 はがきだと字が書けない幼児でも、はがき前面に「子どもにしか書けない絵」を書いてプレゼントすれば、りっぱな敬老の日のプレゼントになります。 さすがに表書きはできないので、そこはお母さんが書いてあげてくださいね。 最近は幼稚園ではがきを書いて、そのままジジババに贈ってくれるところもあるようですよ。 これだと忘れずに送ることができるので、助かりますね。 敬老の日手作りプレゼントおすすめ5 絵本・画集 敬老の日のプレゼントとして、孫が描いた絵を絵本や画集風にして、まとめて本にしてプレゼントするのもおすすめです。 子供って、絵を書くのが好きですよね。 「おじいちゃんおばあちゃんの似顔絵」をプレゼントするのもいいですが、普段、子どもが描きためているいろんな絵を本のように綴じて贈るのもいいですよ。 もし子どもの絵がバラバラの大きさなら、ちょっと固めの冊子に張り付けて、画集のようにするのがおすすめです。 ちなみに、我が家は無印の「ダブルリング記録帳」に子どもの落書きした絵や作品を張り付けて、作品集にしています。 子どもの小さな手で肩をトントンしてくれるのは、なんともいえず幸せな気分になりますよね。 さらに体(手)が触れることで、リラックス効果や幸せを感じるホルモンも出るそうですよ。 ホントに肩こりがある人は肩こり解消とはなりませんが、おじいちゃんおばあちゃんにとっては、孫との貴重なふれあいの時間を持つことができるので、ぜひやってみてくださいね。 敬老の日手作りプレゼントおすすめ7 スカイプ・電話 こちらは手作りではありませんが、遠くに住んでいるジジババがいる人にはおすすめのプレゼントです。 特に中学生や高校生になると、近くに住んでいてもなかなか合う機会も少なくなってきますよね。 まして車で数時間や飛行機で行かないと会えない距離に住んでいると、数年会っていないという人も。 こういう人は数分でもいいので、電話をかけてあげましょう。 スカイプなどのテレビ電話が使えるジジババなら、テレビ電話で顔を見せてあげると喜びますよ。 「しばらく話してないので、話すことがない」とか、「思春期で、電話するのが恥ずかしい」というお孫さんなら、スマホやLINEなどができる祖母や祖父に、メッセージを動画に撮って送ってあげるのもおすすめです。 敬老の日手作りプレゼントおすすめ 実際に喜ばれたもの 敬老の日の手作りプレゼントで、我が家で実際に贈ってとても喜ばれたものを紹介しますね。 一番喜ばれたものは、ずばり 「手紙」。 子供はまだ未就学児なので「ひらがな」しか書けず、しかも長い文章は書けませんし、手紙の内容も「いつも遊んでくれてありがとう。 これからもずっと長生きしてね」みたいな文章なのですが、一番大事なのは、 子供が、手紙を声に出して読むこと です。 もちろん手紙を出すだけでも喜ばれますが、手渡しができる距離におじいちゃんおばあちゃんがいるのなら、郵便で送るのではなく、 ジジババの目の前で手紙の内容を子どもが読むことをおすすめします。 この「子供が声に出して読む」ことで、ただ手紙をもらうよりも、さらにプレゼントとしての効果が高まりますよ。 うちのジジババは、孫が手紙を読んでいる姿や声を聞いて、涙を流して感動してくれました。 横で聞いていた私も、つたない子どもの話し方や一生懸命話す姿にウルっときてしまいました。 「手紙を声に出して読む」プレゼントは、小学生や中学生、大学生の孫も簡単にできて、しかもとっても喜ばれるので、かなりおすすめです。 0歳児から幼稚園児、小学生やさらには大学生も作ることができる手作りプレゼント。 おじいちゃんおばあちゃんは、どんなものでも心のこもったものであれば、嬉しいと思いますよ。 上手い下手など関係なく、日頃の感謝と長生きしてねという気持ちを込めて、敬老の日のプレゼントを作ってみてくださいね。

次の

【愛知県】敬老の日に手作りプレゼントを贈ろう!体験施設11選〜前編

敬老の日 プレゼント 手作り 施設

スポンサードリンク 敬老会をデイサービスで行う場合のプレゼントは? デイサービスで敬老会を行う際に、いろいろな催しをすると思いますが、その中でも特に喜んでもらえるものが「プレゼント」だと思います。 私も小さなころは子供を集めたイベントでなにかプレゼントを貰えることを心待ちにしていました。 それは年をとっても同じ。 何かを貰うって本当にうれしいですよね。 その期待が大きければ大きいほど、何をあげたらいいのかなぁ?って悩んじゃうと思います。 では、そんなプレゼントですが、どんなものがあるのでしょうか。 デイサービスで敬老会を行う際に、いろいろな催しをすると思いますが、その中でも特に喜んでもらえるものが「プレゼント」だと思います。 私も小さなころは子供を集めたイベントでなにかプレゼントを貰えることを心待ちにしていました。 それは年をとっても同じ。 何かを貰うって本当にうれしいですよね。 その期待が大きければ大きいほど、何をあげたらいいのかなぁ?って悩んじゃうと思います。 では、そんなプレゼントですが、どんなものがあるのでしょうか。 縁起を担いだもの 高齢の方の中にはやっぱり縁起を担いだものを好む人も多いですね。 幸せあげ鯛 この名前を見て、ダジャレかよ!と思わず突っ込んでしまったこの商品。 しかし敬老会には見た目も値段もぴったりです。 鯛は縁起ものですし、おめでたい気持ちにもなりますね。 日本製の開運がまぐちです。 小銭を入れるだけではなく補聴器や印鑑などを入れておくのにも便利です。 和風のイラストが入っているのも落ち着いていて良いですね。 高齢者便利グッズ 利用者さんの中には握力などが弱くなってしまう人もいると思います。 そういう人のためのグッズがこちらです。 キャップやプルトップなどを開けるのに便利なグッズです。 飲み物を飲みたくてもあけるのが難しい。 そういう方にぴったりです。 紙パックなどは握力がなくなってきたりして滑って持てないことがあります。 これならば重くても握力が弱くても持てるので便利です。 みんなが大好きなおやつ みなさんスイーツなどが好きだと思います。 ここに好きなものを選んでみてください。 紅白饅頭 おめでたい席にはぴったりのお饅頭だと思います。 ケーキなどの洋風のスイーツも良いですが、やっぱりお饅頭は落ち着きますね。 敬老会をデイサービスで行う場合のプレゼントで手作りは? 上で紹介した、購入できるプレゼントのほかに贈れるものと言えば「手作り」のプレゼントだと思います。 スポンサードリンク 私が小さい頃は、なんせ手作りのプレゼントが嫌いでした。 手作りなんか何がいいんだ?と思っていましたし、母などに手作りのプレゼントをあげる際にもこんなもので喜んでくれるのか?と不安になったほどです。 しかし今私も当時の母くらいの年齢になって、手作りのプレゼントって本当にいいなぁとしみじみ思うのです。 歳を取ったものですね(笑) そんな手作りのプレゼントですが、もちろん敬老の日に贈るのは圧倒的「あり」です。 でも、どんなものがあるの?と思いますよね。 そこでこんなものはいかがでしょう? 写真立て 写真立ては思い出だけでなく、近しい人がそばに居てくれる気持ちになれる素敵なものです。 それが手作りならばなおさらですよね。 写真立てのフレームさえあれば後は装飾するだけ。 ボンドを付けてビーズを散らしたり、きれいなタイルを貼り付けたりしてみましょう。 カラフルで素敵な写真立てになるでしょう。 ネックウォーマー・アームウォーマー お年寄りは冷えが大敵です。 秋めいてくると手足に冷えを感じてきますね。 風邪をひかないためにもネックウォーマーやアームウォーマーをプレゼントするのもありです。 作り方は簡単。 もこもこの保温性のある靴下を切って裾をきれいにしてあげるだけ。 もちろんネックウォーマーは大きく作らなければなりませんが、かわいい柄の靴下を使ったりすることで華やかなものが出来上がります。 お菓子 お年寄りは意外と甘いものが好き。 という事で手作りお菓子はいかがでしょうか? クッキーやマフィンなどでも良いですが、あんころ餅やきな粉もちなどもおすすめです。 渡す際には可愛くラッピングしてくださいね。 メッセージカードを添えるとなおよいです。 手紙 これは確実に喜んでくれるものでしょう。 普段のふるまいや武勇伝など、利用者さん一人一人の良いところを挙げて「その人に向けて書いてますよ」という事をアピールした手紙が良いですね。 自分だけに贈られた手紙というのは何歳になっても嬉しいものですから。 手作りと言っても、手間がかかるものからそうでもないものまでたくさんあります。 元気で過ごしてくれた利用者さんに「いつも場を和ませてくれてありがとう。 これからも元気でいてほしい」の気持ちを伝えるのです。 もちろん、上で書いたように「その人に向けた」感謝状のほうが嬉しいですね。 個々に向けるのは大変だと思いますが、例文を載せておきますので上手に当てはめてみてください。 来年も、再来年も私たちと敬老会に参加できるように微力ながらお手伝いをさせてくださいね。 何かあったら遠慮なく私たちに行ってください。 これからも健康で長生きできますように私たちにお手伝いをさせてくださいね。 職員一同より 最後に相手に気持ちを伝えることを重視したパターンのものです。 これからも健康で元気に過ごせるように、私たちは全力でお手伝いしたいと思います。 どうか来年も、再来年もずっと一緒に敬老会を送りましょう。 職員一同より 元気の良い人、静かな人。 そういう人に合わせて良いところを書いて感謝している旨を伝えられたら良いですね。 プレゼントに添えて渡すとさらに心がこもっていると感じられると思います。 まとめ この中で参考になったものはあったでしょうか? 少しまとめてみます。 利用者さんに喜んでもらえるグッズとしては、お菓子なども良いですが、高齢者用の便利グッズなども良いと思います。 安価で購入できることができるのでおすすめです。 もちろん、普通のプレゼントでも良いですが手作りのプレゼントも喜んでもらえます。 思い出を残して置ける写真立てや冷えを防いでくれるアームウォーマー。 また、手作りのお菓子などに手紙を添えてあげるとお祝いの気持ちが伝わりますね。 そんなおめでとうの気持ちやいつもありがとうの気持ちなどを伝える際には、その人個人の良いところをほめて感謝の気持ちを伝えましょう。 その人個人に伝える感謝状は何よりの贈り物になるでしょう。 と、こんな感じですがもちろん出来るもので大丈夫です。 無理をすることはありません。 何より敬老の日を迎えられておめでとうの気持ちが大切になります。 介護士さんが楽しみながらの敬老会にしましょうね。 レク関連記事 最近の投稿• 人気記事• 最近のコメント• に 管理人 より• に 管理人 より• に Shin N より• に ささき より• に 管理人 より アーカイブ• カテゴリー•

次の

敬老の日のプレゼントを手作りで!喜ばれるおすすめアイデア集

敬老の日 プレゼント 手作り 施設

敬老の日の プレゼントは 手作りのものを 施設にいるひいおばあちゃんにプレゼントしたいのですが、ひ孫にあたる私の子供から初めて手作りのものをプレゼントしようと思います。 小学校1年生の女の子と年中さんの男の子でも簡単に作れて喜んでもらえる物って何があるでしょうか? 私も毎年おばあちゃんへは既製品を購入してプレゼントしていたけれど、ネタも尽きてきたことだし手作り感あふれるオリジナルのプレゼントを贈れたらと思います。 義祖父がなくなって一人暮らしをさせるのも不安なのでひいおばあちゃんに施設に入ってもらいました。 初めての施設で敬老の日を迎えるおばあちゃんに手作りのプレゼントで元気になってもらいたいのです。 スポンサーリンク 敬老の日のプレゼントを手作りで施設のひいばあちゃんに私と子供で喜ばせよう! おじいちゃんが亡くなり独居老人にしてしまうのは心配という事もあり施設にお世話になることを決めましたが、一人で施設に入りおばあちゃんは寂しい思いをしていないだろうか、仲の良いお友達は出来たのだろうかと心配になります。 そこで、 離れて過ごしていても家族を感じられるような寂しくないようなものを敬老の日に手作りでプレゼントしてあげたいと思います。 敬老の日のプレゼントで嬉しいものは何? おばあちゃんは何をプレゼントしてもらえば嬉しいと感じるのでしょうか? 敬老の日に貰って嬉しいものと贈りたいものを調べてみました。 「一緒に外食」や「花」や「旅行」が上位に来ていますが、施設に入っているひいおばあちゃんには外食や旅行はムリ!花ではありきたりです。 今まではカーディガンや靴下など身に着ける物や一緒に食事に行ったり、花やお菓子といったものをプレゼントしていました。 しかしこのようなありふれたものではなく、今回はおばあちゃんが一人でも普段から家族を感じられるような「見て元気になる」心のこもったプレゼントを手作りで贈りたいと思います。 敬老の日にはひ孫からばあちゃんへファグリックパネルを手作りプレゼント 貰って嬉しい物の3位には電話や手紙といったものがランクインしています。 購入したものよりも、孫の声を聞いたり一生懸命書いたお手紙をもらうのは嬉しいものなんですね。 これにお絵かきなどをプラスしてあげると更に喜ぶかもしれません。 私も小さいころはおばあちゃんやおじいちゃんに似顔絵を描いて敬老の日にプレゼントした記憶があります。 私の子供にも、ひいばあちゃんの似顔絵を描いてプレゼントするということをさせてみようと思います。 でもチョット変わった手作り感満載のファブリックパネルで贈ります! ひ孫の画伯たちが贈った手作りファブリックパネルで、ひいばあちゃんを喜ばそう 施設に入っているおばあちゃんにひ孫である二人の子供にできる事って意外にあるのです。 お絵かきで自分たちで描いた絵をプレゼントして贈ることを考えましたが、ただ贈るだけではありきたりです。 永く飾ってもらいたいし、ひ孫の成長を見守ってもらいなながらおばあちゃん自身も元気づけたいと考えました。 カンタン!手作りファブリックパネルの作り方 子供たちがカンタンにファブリックパネルを手作りするには、事前の準備と作成環境が必要です。 3つの方法を提案していますので、出来る方法からお選びください。 お気に入りの布(ファブリック)に直接描く方法 お気に入りの布にできれば布専用の布描き絵の具か布描きくれよんを用意すれば子供でも描くことはカンタンです。 アクリル絵の具でも描けますが定着しやすくするなら専用の絵の具かクレヨンが良いでしょう。 絵をスキャナで取り込みプリントする方法 子供たちが画用紙や紙に描いた作品を、スキャナで取り込か、思いっきってスマホで撮影して保存します。 画像編集をPCで行い必要な大きさに仕上げたり、お母さんが加筆してもよいでしょう。 そして市販されている「アイロンプリント用紙」にプリンターで印刷して布にアイロンでプリントしましょう。 絵をスキャナで取り込み布に直接プリントする方法 子供たちが描いた作品をスキャナで取り込むまでは同じですが、市販されている「プリンターでプリントできる布」を手に入れてお使いください。 参考サイト一覧• 布描きくれよん:• 布描き絵の具:• アイロンプリント: 一番簡単なのは、直接子供たちが布に描くことで手早く楽しめて手作りで敬老の日までにおばあちゃんのプレゼントが出来上がります。 では、 木枠や木製ボードはどうするか? 出来上がった作品を貼る木製ボードのことですが、これも市販されていてサイズによりますが1000円前後から購入できてしまいます。 さらに布を木製ボードに貼るためのホッチキスですがホビー用のホッチキスを使って簡単に止めることができます。 子供が描くお絵かきでの作品は、ちゃんとボードに仕上げればアート作品にもなるんです。 親バカでしょうか?大人では描けない個性的で見方によっては「才能があるかも?」って想うのは、やはり親バカですね! おばあちゃんのお部屋に飾ってもらうため、子供たちがキレイにラッピングしている姿は親として微笑ましく思いました。 なお、布に描くには他にも「アクリル絵の具」や「ポスターカラー」や「布描きマジック」などもありますので参考にしてください。 敬老の日のギフトは写真をアルバムにして孫やひ孫と一緒の写真をプレゼント 孫と言ってもさすがに私からはお手紙やお絵かきというわけにはいかないので、ただ購入しただけのものではなくちょっと趣向を凝らしたギフトをプレゼントしようと思います。 今まで撮りためた家族写真や、普段の私たち家族の様子やひ孫の成長を記録した写真などをアルバムにしてプレゼントしてあげると離れていても家族とのつながりを感じられると思います。 また、おじいちゃんが元気だったころの写真を使って何か記念になるようなプレゼントをしてあげれば、おばあちゃんも寂しくなくなり思い出話に花を咲かせることも出来ると思います。 スポンサーリンク 敬老の日のプレゼントランキング ひ孫から手作りで世界に一つのギフトをあげよう! 施設にいるおばあちゃんから見たらひ孫に当たる私の子供達からは何をプレゼントしようか悩んでしまいますよね。 親が子供に「ひいばあちゃんにはこれをあげなさい!」と既製品を渡すより、子供自身が一生懸命作った物の方が温かく喜ばれるプレゼントになると思います。 敬老の日のプレゼントランキング 私の子供がひいばあちゃんへあげるならこれ! ひ孫がひいばあちゃんにあげる画用紙を使ったオリジナルの手作りプレゼントをランキング形式にしてまとめました。 「敬老の日にひいばあちゃんに会いに行こうね!」と子供たちに伝えながら一緒に作ってあげましょう。 敬老の日には手作りのプレゼントにカードでメッセージを! 小学生の女の子なら、手先が器用なので色画用紙を使ってかわいいメッセージカードを作ってみましょう。 お花をデザインしたオリジナルのカードです。 手作りのしおりを画用紙で作る 幼稚園児の子供には、画用紙とクレヨンを渡してお絵かきをさせます。 まだ絵になっていなくても大丈夫!お絵かきが終わったら親がしおりの大きさにカットします。 子供にお気に入りのシールをペタペタ張ってもらい、仕上げに周りをマスキングテープで補強して穴あけパンチで穴をあけリボンやテープで紐部分を作れば出来上がりです。 肩たたき券を手作り 画用紙で肩たたき券を手作りしましょう。 兄弟合作で作ることが出来ますね。 ひらがなはお姉ちゃんが書き、飾りのお絵かきは弟が描くという風にすれば兄弟仲良く工作がてらひいばあちゃんへのプレゼントが出来上がります。 これから先、子供たちと施設に訪れる際にひいばあちゃんに使ってもらいましょう。 スポンサーリンク 敬老の日のプレゼントのおすすめ おじいちゃんとおばあちゃんの思い出を形に残してみる! 私からは今までとは違ったプレゼントを敬老の日に渡したいと思います。 おじいちゃんが亡くなって寂しい思いをしていると思うので、そのあたりをカバーできるオリジナルのプレゼントがいいでしょう。 敬老の日には思い出をプレゼント 家族を身近に感じたり、おじいちゃんとの思い出を形にしたオリジナルのものをプレゼントしたいと思います。 どのような物にしようかな? 敬老の日のプレゼントはアルバムで家族を身近に感じてもらおう 今まで撮りためた家族写真やおじいちゃんが元気だったころの写真を現像して、アルバムにして渡そうかと思います。 写真屋さんに行けば素敵なアルバムがあるので、持ち運びが出来るサイズの物に入れようと思います。 施設の共有スペースに持っていき、お友達に旦那や子供、孫、ひ孫自慢をするおばあちゃんが目に浮かびますね。 敬老の日のプレゼントで子供が描いた絵をピカソ風にアート作品に仕上げる おじいちゃんとおばあちゃんの写真から、子供に似顔絵を描いてもらってオリジナルの「アート作品」を作ってもらうサービスです。 毎日見る孫達やひ孫達の作品が宝物となり、身近に感じてもらうことで施設に入ったおじいちゃんやおばあちゃんを喜ばせて自慢にもなるでしょう 手作りでファブリックパネルを作ることも贈り物としてよいでしょうが、忙しくて時間が取れないのなら一度お考えになってもよいでしょう。 参考サイト: また、名前を使って詩を作る「似顔絵名前詩」はいかがでしょうか? おじいちゃんとおばあちゃんの名前を使って、感謝の気持ちを伝えるオリジナルの詩を作ることが出来ます。 大切な気持ちを形にしてプレゼントする事ができ、言葉と似顔絵できっとおばあちゃんは感動してくれると思いますよ。 参考サイト: 敬老の日のプレゼントはお菓子を持っていきお友達と仲良く食べてもらおう オリジナルの手作りプレゼントにプラスして、小分けできるお菓子を持っていくといいと思います。 なぜ小分けのものがいいのかと言うと、施設内でお友達に分けてみんなで仲良く食べられるからです。 新しいお友達とこれからも仲良くしてもらいたいですから、周りへの配慮も必要ですね。 まとめ いかがでしたか? 施設にいるひいおばあちゃんへの手作りのオリジナルプレゼントについてまとめました。 今までとは違った既成の購入しただけのプレゼントではなく、ひと手間加えたプレゼントを贈ることで家族の温かみを感じられるプレゼントとなったと思います。

次の