おから カロリー。 おからの栄養や効果やカロリーとは?食べ過ぎには注意!

おからの煮物のカロリーと栄養。食物繊維がたっぷり摂れる?

おから カロリー

愛され続けるおから 卯の花 おから 卯の花 と聞けば健康や美容に良いというイメージが真っ先に出てくるでしょう。 それほどダイエット食品の中に取り入れられており健康志向の方に使用され続けていますから、おから 卯の花 の価値は現代の見方からすると凄まじいパワーを持っていると言えそうです。 そんなおから 卯の花 はヘルシーな大豆をすり潰した際に発生し、それに熱を加えて作られたものです。 「大豆のかす」という意味を含んでいるおからはそんな大豆から出たかすだからこそ嬉しい栄養がたっぷりと詰まっているのです。 おからは糖質が少ない おからに含まれている糖質は非常に低く、100g当たりなんと1. 5g程度しか含まれていません。 近年になって糖質摂取問題は重視されるようになり、健康を考える方が多くなってきたために、糖質の摂取量を厳しく制限しているといった方もいることでしょう。 そんな糖質が気になる方にも安心の数字をしていますから、ダイエットのサポート役として様々な面で活用されているのは優れた食品と言えます。 腹持ちが良いから普段の主食代わりに おからは非常に腹持ちが良い点もここまで愛されている理由です。 大豆のかすと呼ばれているおからは原料が大豆であるため、腹持ちが良いのも頷ける理由でしょう。 中にはおから=甘みがあって太ると思っている方もいますが、低カロリーなおからは腹持ちの良さとプラスする役割があるため、ダイエットをしている方にこそ主食をおからに代えてみる価値があります。 おからの栄養やカロリーは? 上記でもカロリーのことに少し触れましたが、おからは低カロリーだけが売りではありません。 なぜここまでおからがダイエットや健康に良いと言われているのかにはきちんと理由がありますのでおからの栄養など詳細について迫っていきます。 おからの栄養やカロリー まず低カロリーだと言われているおからのカロリーですが、その数字はなんと100g当たり111キロカロリーしかありません。 また、栄養に至ってはタンパク質から始まり、炭水化物、カリウム、カルシウム、食物繊維などが豊富に含まれています。 さらにおからに含まれている栄養成分はあの体に良いと言われている豆乳よりも上をいく数字を誇っており、大豆に含まれる成分であるイソフラボンやレシチン、サポニンといった栄養成分も含まれているため、まさに女性には特におすすめしたい食品なのです。 おからから得られる効果とは おからから得られる効果にはイソフラボンが含まれているため、女性が分泌するエストロゲンに似たような働きを行ってくれます。 そのため、女性の美を象徴した体のラインや美肌、さらには骨粗しょう症の予防に加え、更年期障害などの辛い症状の改善などにも役に立ちます。 また、血液内のコレステロールを溶かしてくれたり、動脈硬化予防や肝臓の保護、記憶力を高める働きに血流の改善効果があるため、脂肪の蓄積予防にはうってつけなのです。 さらにおからには大豆の炭水化物が含まれていたり、不溶性食物繊維なども含まれているため、便秘の解消に繋がったり腸で善玉菌のエサになってくれるため、腸内環境を元から整えてくれたりと女性にとっての嬉しい効果がたくさん得られます。 おからの保存はどうすれば良いの? おからが健康や美容に良いと言われる理由が分かったところで、次は意外と知らないおからの保存方法についてです。 おからは生の状態で購入し、すぐに使用する方も多いですから、正しい使い方をするためにも保存について見ていきましょう。 生のおからは傷みやすい おからには乾燥したものと生の状態のものがありますが、 生のおからは非常に傷みやすい性質をしているため、冷蔵庫などで保存すると持って2~3日程度です。 日持ちができないおからですが、冷凍保存にすれば約1ヶ月程度は持つとされています。 冷凍でおからを保存する時は2通りのやり方があり、一つ目は生のまま冷凍する方法と2つ目は炒った後に冷凍する方法です。 おからを生の状態で冷凍保存を始めていく場合は小分けにしてからジップロックなどに入れて冷凍するようにしましょう。 また、炒った後のおからは油などを使用させずに乾煎りした状態にしたものを同様にジップロックなどに入れ、小分けする方法があります。 2通りの保存方法がありますが、乾煎りしたおからで冷凍保存した方が生の状態で保存した時よりも味の変化を最小限に抑えることができ、冷凍保存自体も長期的に行えるようになるため、冷凍保存する場合は炒った後に保存するようにした方が良いでしょう。 冷凍したおからの解凍方法 冷凍したおからは使う時に解凍が必要となりますよね。 おからの解凍方法はレンジなどの解凍機能などを使用するのではなく、必ず自然解凍するようにしましょう。 おからは熱に当たると傷む心配があるため、手順としては冷凍庫から冷蔵庫へ半日程度、そして室内の常温の場所に自然に解凍して使える程度の姿になってから料理などに使うと良いでしょう。 おからは女性の強い味方 そのまま食べるおからは食感が少しパサパサしており、大豆のかす感を感じますが、料理やお菓子などアレンジの仕方によっては非常に食べやすくおいしいものに変化します。 今までおからは太ると思っていた方もそんなことはありませんので、おからが発揮する効果を最大限取り入れてみてくださいね。

次の

おからパウダーのカロリー・糖質は?ダイエット向きでも注意したい食べ方|CALORI [カロリ]

おから カロリー

この記事の目次• おからとは 「おから」は大豆から豆腐を作る時に、豆腐にベースとなる豆乳を搾った時にでる搾りかすです。 豆腐をつくる際には、一昼夜ほど水に浸して柔らかくなった大豆をすりつぶしてペースト状にし、さらに煮て布で濾しながら豆乳を搾っていきます。 その時に布で濾した残りかすが「おから」。 「うのはな.きらず」などという別名もあります。 端的に言うと、煮た大豆から豆乳を搾ったものなので、大豆のふすま(表皮)や子葉(しよう)など、多くの食物繊維分は「おから」の中にしっかりと残っています。 おからパウダーとは おからパウダーとは、おからを乾燥させてパウダー状にしたものです。 いずれも大豆から豆乳を搾られた残りですが、生おからとおからパウダーとの違いは乾燥による水分量だけの違いになるのでしょう。 両方とも一度、加熱処理はされています。 おからとおからパウダーのカロリー、栄養素比較 栄養価 (100g当たり) おから おからパウダー エネルギー 111 Kcal 350 Kcal 水分 - 5. 2g 炭水化物 13. 8g 食物繊維 11. 5g 45. 2g 糖質 2. 3g 5. 9g タンパク質 6. 1g 24. 6g 脂質 3. 6g 15. 8g コレステロール 0 ビ タ ミ ン ビタミンA — ビタミンC — ビタミンE 0. 11 mg ビタミンB2(リボフラビン) 0. 3 mg マグネシウム 40 mg リン 99 mg カリウム 350 mg マンガン ナトリウム 5 mg 12. 3 mg 亜鉛 0. 6 mg 銅 0. 14 mg セレン — <おからの基礎栄養素データは、日本食品標準成分表より引用、おからパウダーは市販製品の表示データから引用> カロリーは高いのか?低いのか? 生おからとパウダーのカロリー量の違いは、水分を飛ばしている分同じ100g中のパウダーでのカロリー量は増えます。 (唐揚げ粉カロリー100g当たり326kcal) ですが、その分、食物繊維は他の栄養素がつまっていますので、カロリーだけでとらえるのではなく、総合的に考えてみるのが良いのだろうと思います。 カロリーだけじゃない「おから」の栄養成分の特徴! おからには大豆におけるかなりの量のタンパク質や他の大切な栄養素が残っています。 (1) 食物繊維! まずはおからには、 セルロースベースの食物繊維が多く含まれています。 このセルロースベースの食物繊維は 不溶性の食物繊維です。 100gのおからに約11gの繊維質が含まれていて、これは ゴボウ根の2倍にも上ります。 不溶性食物繊維は、腸を通りながら、カラダの毒素を排出する手助けをしてくれます。 (2) 大豆たんぱく質とカルシウム 大豆に含まれる植物性たんぱく質は、 アミノ酸スコアが満点(100)の 「良質なたんぱく質」と言われます。 肉や卵に負けない良質なソイプロテインです。 おからには茹でた大豆のたんぱく質の約40%が残っていると言われています。 そして骨を守る 「カルシウム」。 大豆は乳製品とならんでカルシウムが豊富な食材の一つです。 おからにも100g中、81㎎のカルシウムが含まれています。 (3) 機能性成分 その他、オカラには 鉄分、 ナイアシン、 リボフラビン、 チアミンなどが含まれます。 そして骨粗しょう症予防や骨の健康に必要な 「大豆イソフラボン」。 コレステロールや血中脂肪を下げてくれると言われる 「大豆レシチン」や 「大豆サポニン」。 腸内の善玉菌を増やす 「オリゴ糖」。 といった多くの機能性成分の宝庫なのです。 おからの健康効果 【1】 豊富な食物繊維による整腸作用 セルロースベースの不溶性食物繊維が、腸管の働きを助け、便秘の改善、残留物の掃除やがんの予防の可能性までも報告されています。 【2】 コレステロール、中性脂肪の低下 大豆に含まれるタンパク質は、血中脂肪と結びついて、体外排出してくれる働きが研究されており、そのため血中のコレステロールや中性脂肪を下げる効果が見込まれます。 心臓病リスクを下げる食材として米国でも認められています。 【3】 美容・ダイエット効果 おからは不溶性の食物繊維が豊富で満足感を得られやすい食べ物です。 また、便通を良くしてくれたり、腸内環境も整えてくれるのでお肌の調子にも良い影響を与えてくれます。 また 糖質量が100g当たり2. 3gなので、100g当たり45gの食パンと比べて以下に低糖質かということが分かります。 そして GI値は「18」ととっても低いのも嬉しいですね。 低糖質ダイエットにはふさわしい食材となります! しかし、カロリー面においてはおからパウダーには過度な期待をしない方が良いかと思われます。 おからを使った代表&人気レシピ 良質なたんぱく質と食物繊維が豊富なおからを使ったレシピもいろいろ紹介されてきていますね。 シンプルにスープやシチューに加える• おからパウダーを使ったパン、マフィン、ドーナツ• そして、ヘルシーなおからクッキー• おからハンバーグ、おからコロッケ• おからスティック• おから入りポテトサラダ などなど、いろいろ使えてとっても人気&うれしい健康食材です! こちらにおからパウダーを使ったレシピ集がありますので参考にしてください。

次の

おからの栄養や効果やカロリーとは?食べ過ぎには注意!

おから カロリー

おからは豆腐を作る過程で得られる豆乳の絞りかすである。 食物繊維が豊富に含まれていることから、便秘の改善を目的として食事にとり入れている人もいるようだ。 おからは料理のカサ増しとしてもよく用いられる食品である。 例えば、おからクッキーやおから入りケーキなど、健康志向の人にはよくとり入れられている。 おからを使うことでほかの材料の使用量を抑えることができ、カロリーカットが可能になる。 おから自体のカロリーは、100gあたり111kcalとなっている。 いくら健康食品とはいっても、おからは豆乳由来のたんぱく質を含むためカロリーがゼロというわけではない。 意外とカロリーが高いと感じる人もいるかもしれないが、1食分の量として考えるとそれほど多くはない。 1食分の量を40gとすると44kcalなので、気になるほどの高さではないだろう。 おからの煮物には、そのほかににんじんや油揚げ、ひじき、干ししいたけなどが入るものもあり、調味料には醤油や砂糖を使う。 これらの材料を合わせたカロリーの平均は100〜150kcalだ。 おからは大豆製品でありたんぱく質を含むことからも、他の野菜のおかずに比べると高くなる。 それでもたっぷりの油を使用しているというわけではないので、健康的な料理であることには変わりはない。 おからは栄養がたっぷりといわれたり、体に良いといわれたりすることも多いが、実際にはどんな栄養成分が含まれているのだろうか。 おからに含まれる栄養成分のなかで最も注目したいのは食物繊維である。 食物繊維の1日の摂取目標量は、成人男性であれば20g以上だ。 おからの摂取量を1食40gとして考えると、摂取できる食物繊維の量は4. 食物繊維には腸内環境の改善や便通を整える効果が期待されている。 もしそのような症状で悩んでいる場合は、おからを上手に活用してみよう。 また、おからにはカルシウムも多く含まれている。 カルシウムというと乳製品のイメージが強いが、実は大豆製品にも多く含まれるということを知っておこう。 カルシウムの働きは、骨や歯を丈夫にする、筋肉の収縮や神経伝達に関わるなどさまざまなものがある。 日本人は慢性的にカルシウムが不足しがちなので、乳製品以外からもしっかり摂ることが大切である。

次の