自動車保険 保険料 相場。 自動車保険料(任意保険料)の相場がすぐわかる!年代別・車種別・等級別

軽自動車の保険料相場はいくら?車両保険を安くする方法

自動車保険 保険料 相場

自動車保険料の平均相場ってどのくらいなの? 自動車保険の年間保険料は、契約内容の違い 年齢・等級・補償内容・特約の有無・補償範囲 、各保険会社が保険料を算出する際に基準としている項目の違いなど、あらゆるケースが想定されるため、平均相場を算出することは難しいというのが正直なところです。 とはいえ、予測をすることは可能となっています。 たとえば、損害保険料率算出機構が公開している統計データを用いて、自動車保険の平均保険料を算出する方法等があります。 損害保険料率算出機構とは、参考純率の算出などを行っている料率団体のことです。 多くの保険会社では、参考純率を基準に保険料を算出しています。 損害保険料率算出機構が発表した統計データ(平成26年度)を基に、自動車1台あたりの保険料を計算した結果、 ・普通自動車(3ナンバー)は約8万円 ・小型(5ナンバー)は約6万円 ・軽自動車は約5万円 程度でした。 また、保険会社が平均保険料を公開しているケースもあるため、そのようなデータを参考にするのも1つの方法です。 たとえばSBI損保の場合、公式WEBサイト上で保険料の相場を以下の表の通り案内しています。 (2016年3月31日時点) 全ての保険会社で、上記のように案内しているわけではありませんが、WEBサイトを覗いて自動車保険の平均相場を案内していないか、確認してみることをお勧めします。 年齢別『20代、30代、40代、50代』の保険料平均相場を調べてみた! ここでは、年齢別『20代、30代、40代、50代』ごとの保険料平均相場をみていくことにします。 アクサダイレクトの見積もりツールを利用して、保険料を算出しました。 順番に見ていくことにしましょう。 20代の自動車保険料の相場 見積もり前提条件 114,940円 基本的に、排気量が多くなるほど保険料は高くなりますが、2001cc~2500ccのみ車両保険の有無に関係なく保険料が安くなっています。 このあと、他の年代の保険料も見ていきますが、20代の保険料は全体的に見て、免許も取ったばかりの初心者が多く、事故率が最も高い年代のため、非常に高く設定されています。 他の年代の場合、車両保険をつけないと2万円台に収まるケースが目立ちますが、20代は最も安くても39,090円です。 30代の自動車保険料の相場 見積もり前提条件 39,050円 50代の保険料ですが、上記の表のとおり最も安い年代であることが分かります。 また、車両保険なしと車両保険ありの保険料の差があまりないため、比較的気軽に車両保険をつけることができそうです。 ちなみに、30代・40代の保険料と比較した場合ですが、極端な差は見られません。 大きく異なるのは、20代の保険料と比較した場合です。 排気量によっては、最大3倍近く保険料が異なる結果となりました。 以上のことから、保険料を算出する際に、年齢は大きな影響を与えているといえそうです。 車の保険料と年齢の関係について ここでは、車の保険料と年齢の関係について、詳しく解説していくことにします。 抑えておきたい要点を以下にまとめました。 参考にしてください。 保険料が安くなりやすい年代は? 前項で保険料を算出した際、最も安かったのは50代でした。 世間一般的にはどうかというと、40代・50代が最も安くなるといわれています。 なぜなら、事故率が低い年代だからです。 参考までに以下の図をご覧ください。 警察庁交通局『平成26年中の交通事故の発生状況』より引用 上図は、警察庁交通局が発表した、平成26年度の交通事故発生状況をまとめたものです。 50~59歳の交通事故件数が最も少ないことが分かります。 次に事故件数が少ないのは60~64歳ですが、60代以降に関しては必ずしも保険料が安くなるとは限りません。 なぜなら、運転中の判断ミスによって事故を起こすケースが散見されるからです。 60代の次に事故件数が少ないのは40~49歳ですが、このあたりの年代は、結婚をして家族を持っているケースが多く、慎重に運転をする傾向にあるといわれています。 以上のことから、40代・50代の自動車保険料は、安くなりやすいといえるのです。 保険料が高くなりやすい年代とは? 次に保険料が高くなりやすい年代ですが、先ほどの事故件数の結果と、「年齢別『20代、30代、40代、50代』の保険料平均相場とは?」の項で算出した20代の保険料の結果から、10代・20代の保険料が高くなりやすいといえそうです。 免許証を取得してからあまり年月が経過していないため、運転操作に慣れていないことが事故件数の多さに繋がっています。 ただし、先ほどご紹介した事故件数の結果には、原付事故も反映されているため、16~24歳の事故件数はもう少し減少しそうです。 とはいえ、他の年代と比較すると、事故を起こしやすい年代であることに変わりはありません。 保険料が安くなる年齢条件区分について 『自動車保険料の平均相場ってどのくらいなの?』の項で、年齢条件区分について少し触れましたが、この項では更に詳しくみていくことにします。 損害保険料率算出機構の区分を、そのまま利用しているケースが目立ちますが、保険会社ごとで若干異なるのが現状です。 主に、以下の3パターンとなります。 ケース1 ケース2 ケース3 年齢条件 35歳以上補償 全年齢補償、もしくは年齢を問わず補償の保険料が最も高く、年齢が高くなるにつれて保険料は安くなります。 また、保険会社によって、記名被保険者の年齢ごとに更に細かく保険料を区分していることがあります。 たとえば、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動の場合は以下のとおりです。 損保ジャパン日本興亜の場合 運転者年齢条件 「全年齢補償」または 「21歳以上補償」 「26歳以上補償」または 「35歳以上補償」 記名被保険者 年齢別料率区分 23歳以下 24歳~29歳 30歳以上 29歳以下 30歳~39歳 40歳~49歳 50歳~59歳 60歳~69歳 70歳以上 運転者の年齢条件が同一でも、記名被保険者の年齢で保険料率の区分を細かく分けていることが分かります。 なお、保険料率は公開されていませんでした。 損保ジャパン日本興亜とは異なり、年齢を問わず補償(損保ジャパン日本興亜の場合は『全年齢補償』)と21歳以上補償は細分化されていません。 しかし、26歳以上補償と35歳以上補償は細かく区分されています。 このように、保険会社ごとで区分は異なるため、保険料を抑えたい場合は年齢条件区分が細かく設定されている保険会社を選択することが重要です。 ただし、保険会社によって区分を詳しく案内していないことがあります。 詳細は、各保険会社に問い合わせるようにしてください。 車の保険料と地域の関係について 自動車の保険料は、住んでいる都道府県によっても差が表れます。 なぜなら、地域ごとで事故率は異なるため、おのずと事故リスクが変動するからです。 参考までに、以下の図をご覧ください。 自賠責保険(共済)都道府県別損害調査受付件数 都道府県 2015年度 東京 43,653件 2016年度『自動車保険の概況』より引用 上記は、損害保険料率算出機構が発表した2016年度『自動車保険の概況』の一部です。 自賠責保険(共済含む)の、都道府県別『損害調査受付件数(2015年度)』をまとめたものとなります。 自賠責保険は、自動車保険(任意保険)よりも優先的に支払われる保険です。 自動車事故を起こした際、必ず保険請求をするとは限りませんが、交通事故が多い都道府県ほど自賠責保険を利用するケースは増えます。 ちなみに、損害調査受付件数とは、自動車事故で自賠責保険の請求を行った際、保険金支払いに該当するか等を調査した件数のことです。 上図の結果から、東京の件数が最も多いことが分かります。 続いて、大阪、愛知、福岡の件数が多くなっています。 ちなみに、件数が少ない地域は、鳥取、島根、秋田でした。 参考までに、実際の保険料はどのくらい異なるのか、東京と秋田の保険料をシミュレーションしてみることにしましょう。 私は年間で 57,230円の保険料を支払っていましたが、 という一括見積もりサイトを利用して、 保険料を20,630円まで安くすることに成功しました。 保険スクエアbang!は、 見積もり結果がブラウザ上に表示されるので、すぐに保険料を知りたい方にはかなり便利なサービスだと思います。 ちなみに、難しいことは一切していません。 5分くらいで出来てしまいました。 見積もりサービスと聞くと、資料が大量に送られてくるんじゃないの?電話などの勧誘やセールスがくるんじゃないの?と思われるかもしれませんが、そんなことは 一切ありませんでした。

次の

【自動車保険料の平均&相場】年齢別に料金を比較してみました

自動車保険 保険料 相場

契約者の年齢によって自動車保険料は大きく変わる! (事故率が高い年齢ほど高くなるよ) 自動車保険の保険料は、その人の様々な条件を元に算出されます。 そのとき保険料が変わる大きな条件のひとつに、「年齢」があります。 年齢によってなんで自動車保険料が変わるの?と一瞬不思議に思いますが、10代、20代、30代…と 年代によって「事故率」が違うことが保険料の差を作っています。 それぞれの年代によって事故を起こす回数は(統計上)変わり、それが「事故率」として保険料の算出に加えらます。 基本的には 若い人ほど事故を起こしやすいので保険料が高くなります。 その後30代、40代と保険料金は安くなりますが、一般的に60代以降はまた事故率があがるので保険料が高くなる、という仕組みになっています。 20代の自動車保険料の相場 20代は全体的に見て、免許も取ったばかりの初心者が多く、最も事故率の高い年代です。 20代新規加入での自動車保険料は、車両保険なしで年間平均90,011円。 月々換算では約7,500円の自動車保険料が相場です。 等級がある程度あったとしても、年代の事故率も影響して20代の保険料の相場は高いです。 利用用途は日常・レジャーにして、家族で週末には出かけたり…ということも想定してみました。 30代新規加入の場合の自動車保険料は、車両保険なしで年間平均60,065円。 月々換算では約5,000円が相場で、20代より安くなります。 40代で新車購入して保険に新規加入という人は少ないと思ったのですが、「新規加入」と40代の平均等級である10等級で保険料を算出しました。 40代新規加入での自動車保険料は車両保険なしで年間平均61,676円。 月々換算では約5,200円が相場。 【40代】無事故を続け、20等級を目指せば保険料は大幅に安くなります 40代になると等級が20等級になっている人も多いです。 20等級の場合で、走行距離5,000km超10,000km以下、トヨタのアクアで保険料を算出してみました。 保険料は下記まで下がります。 この年代になると、子どもが成人していること・この年代で新規加入はなかなか無いだろうということを考えました。 車種 車両保険あり 車両保険なし ホンダ フィット 58,120円 97,570円 ダイハツ タント 58,250円 104,400円 スズキ アルトラパン 58,520円 101,270円 スズキ ワゴンR 58,520円 103,500円 ダイハツ ムーブ 58,520円 104,440円 トヨタ プリウス 58,120円 126,040円 日産 セレナ 58,120円 110,090円 ホンダ オデッセイ 63,540円 122,340円 トヨタ ヴォクシー 58,120円 113,840円 等級ごとの自動車保険料の相場 6等級 10等級 15等級 20等級 車両保険 年代 20代 127,120 円 227,030 円 86,580 円 112,000 円 76,550 円 98,370 円 63,370 円 80,470 円 30代 145,480 円 261,870 円 98,260 円 127,880 円 86,580 円 112,000 円 71,230 円 91,140 円 40代 145,740 円 271,050 円 100,140 円 132,020 円 88,190 円 115,560 円 72,490 円 93,930 円 50代 145,980 円 274,540 円 101,930 円 135,040 円 89,740 円 118,170 円 73,700 円 95,970 円 (年額) 20代で契約者本人が20等級までとっている人は少ないと思うのですが、「親の等級を引き継ぐ」など色々と条件があるときにこの等級だと、このくらいの金額なんだな…という感じで参考にしてください。 ただし、上記の記載金額は見積もり条件に「補償される運転者:限定しない」という項目で、「クルマに乗る人」を契約者や家族などに限定せず、なおかつ年齢も制限を設けない設定で見積もりをしていますので、 補償される範囲や年齢制限を限定すれば、条件によって保険料はもっと抑えられます。 免許の色と年齢別の保険料相場 上記の基本条件を元に車は新車で購入すると仮定し、それぞれの年齢層と免許の色別に見積もりを算出してみました。 こうして調べて分かったのは、免許の色ではそこまで保険料自体には差はそこまで開きがないということでした。 ただし、保険会社によって「ゴールド免許割引」というものが用意されているところも多く、その割引を付帯した時は上記の金額から5,000円~10,000円ほど割引が適応されたり、その他の条件と合わせて割引額が上がることもあります。 年齢別や等級別、地域別や免許の色別などいろいろな条件で自動車保険の保険料の相場を見てきましたが、どの要素一つとっても組み合わせ次第で同じ保険会社でも差が出てきます。 特に、年代ごとの「事故率」は保険料を決める大きな要因の一つとなるので、 30代・40代になると「事故を起こす確率も低い年代」という考え方があり、保険料も安くなります。 年代ごとや地域、等級、免許の色など決まる要因はたくさんありますが、やはり少しでも自動車保険の保険料を抑えていきたいと考えるなら、 日頃から「安全運転」を心がけて、それが保険の等級に関わっていくと意識しておくことが大切です。

次の

車両保険の保険料相場・平均金額はいくら?

自動車保険 保険料 相場

自動車保険料の平均相場ってどのくらいなの? 自動車保険の年間保険料は、契約内容の違い 年齢・等級・補償内容・特約の有無・補償範囲 、各保険会社が保険料を算出する際に基準としている項目の違いなど、あらゆるケースが想定されるため、平均相場を算出することは難しいというのが正直なところです。 とはいえ、予測をすることは可能となっています。 たとえば、損害保険料率算出機構が公開している統計データを用いて、自動車保険の平均保険料を算出する方法等があります。 損害保険料率算出機構とは、参考純率の算出などを行っている料率団体のことです。 多くの保険会社では、参考純率を基準に保険料を算出しています。 損害保険料率算出機構が発表した統計データ(平成26年度)を基に、自動車1台あたりの保険料を計算した結果、 ・普通自動車(3ナンバー)は約8万円 ・小型(5ナンバー)は約6万円 ・軽自動車は約5万円 程度でした。 また、保険会社が平均保険料を公開しているケースもあるため、そのようなデータを参考にするのも1つの方法です。 たとえばSBI損保の場合、公式WEBサイト上で保険料の相場を以下の表の通り案内しています。 (2016年3月31日時点) 全ての保険会社で、上記のように案内しているわけではありませんが、WEBサイトを覗いて自動車保険の平均相場を案内していないか、確認してみることをお勧めします。 年齢別『20代、30代、40代、50代』の保険料平均相場を調べてみた! ここでは、年齢別『20代、30代、40代、50代』ごとの保険料平均相場をみていくことにします。 アクサダイレクトの見積もりツールを利用して、保険料を算出しました。 順番に見ていくことにしましょう。 20代の自動車保険料の相場 見積もり前提条件 114,940円 基本的に、排気量が多くなるほど保険料は高くなりますが、2001cc~2500ccのみ車両保険の有無に関係なく保険料が安くなっています。 このあと、他の年代の保険料も見ていきますが、20代の保険料は全体的に見て、免許も取ったばかりの初心者が多く、事故率が最も高い年代のため、非常に高く設定されています。 他の年代の場合、車両保険をつけないと2万円台に収まるケースが目立ちますが、20代は最も安くても39,090円です。 30代の自動車保険料の相場 見積もり前提条件 39,050円 50代の保険料ですが、上記の表のとおり最も安い年代であることが分かります。 また、車両保険なしと車両保険ありの保険料の差があまりないため、比較的気軽に車両保険をつけることができそうです。 ちなみに、30代・40代の保険料と比較した場合ですが、極端な差は見られません。 大きく異なるのは、20代の保険料と比較した場合です。 排気量によっては、最大3倍近く保険料が異なる結果となりました。 以上のことから、保険料を算出する際に、年齢は大きな影響を与えているといえそうです。 車の保険料と年齢の関係について ここでは、車の保険料と年齢の関係について、詳しく解説していくことにします。 抑えておきたい要点を以下にまとめました。 参考にしてください。 保険料が安くなりやすい年代は? 前項で保険料を算出した際、最も安かったのは50代でした。 世間一般的にはどうかというと、40代・50代が最も安くなるといわれています。 なぜなら、事故率が低い年代だからです。 参考までに以下の図をご覧ください。 警察庁交通局『平成26年中の交通事故の発生状況』より引用 上図は、警察庁交通局が発表した、平成26年度の交通事故発生状況をまとめたものです。 50~59歳の交通事故件数が最も少ないことが分かります。 次に事故件数が少ないのは60~64歳ですが、60代以降に関しては必ずしも保険料が安くなるとは限りません。 なぜなら、運転中の判断ミスによって事故を起こすケースが散見されるからです。 60代の次に事故件数が少ないのは40~49歳ですが、このあたりの年代は、結婚をして家族を持っているケースが多く、慎重に運転をする傾向にあるといわれています。 以上のことから、40代・50代の自動車保険料は、安くなりやすいといえるのです。 保険料が高くなりやすい年代とは? 次に保険料が高くなりやすい年代ですが、先ほどの事故件数の結果と、「年齢別『20代、30代、40代、50代』の保険料平均相場とは?」の項で算出した20代の保険料の結果から、10代・20代の保険料が高くなりやすいといえそうです。 免許証を取得してからあまり年月が経過していないため、運転操作に慣れていないことが事故件数の多さに繋がっています。 ただし、先ほどご紹介した事故件数の結果には、原付事故も反映されているため、16~24歳の事故件数はもう少し減少しそうです。 とはいえ、他の年代と比較すると、事故を起こしやすい年代であることに変わりはありません。 保険料が安くなる年齢条件区分について 『自動車保険料の平均相場ってどのくらいなの?』の項で、年齢条件区分について少し触れましたが、この項では更に詳しくみていくことにします。 損害保険料率算出機構の区分を、そのまま利用しているケースが目立ちますが、保険会社ごとで若干異なるのが現状です。 主に、以下の3パターンとなります。 ケース1 ケース2 ケース3 年齢条件 35歳以上補償 全年齢補償、もしくは年齢を問わず補償の保険料が最も高く、年齢が高くなるにつれて保険料は安くなります。 また、保険会社によって、記名被保険者の年齢ごとに更に細かく保険料を区分していることがあります。 たとえば、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動の場合は以下のとおりです。 損保ジャパン日本興亜の場合 運転者年齢条件 「全年齢補償」または 「21歳以上補償」 「26歳以上補償」または 「35歳以上補償」 記名被保険者 年齢別料率区分 23歳以下 24歳~29歳 30歳以上 29歳以下 30歳~39歳 40歳~49歳 50歳~59歳 60歳~69歳 70歳以上 運転者の年齢条件が同一でも、記名被保険者の年齢で保険料率の区分を細かく分けていることが分かります。 なお、保険料率は公開されていませんでした。 損保ジャパン日本興亜とは異なり、年齢を問わず補償(損保ジャパン日本興亜の場合は『全年齢補償』)と21歳以上補償は細分化されていません。 しかし、26歳以上補償と35歳以上補償は細かく区分されています。 このように、保険会社ごとで区分は異なるため、保険料を抑えたい場合は年齢条件区分が細かく設定されている保険会社を選択することが重要です。 ただし、保険会社によって区分を詳しく案内していないことがあります。 詳細は、各保険会社に問い合わせるようにしてください。 車の保険料と地域の関係について 自動車の保険料は、住んでいる都道府県によっても差が表れます。 なぜなら、地域ごとで事故率は異なるため、おのずと事故リスクが変動するからです。 参考までに、以下の図をご覧ください。 自賠責保険(共済)都道府県別損害調査受付件数 都道府県 2015年度 東京 43,653件 2016年度『自動車保険の概況』より引用 上記は、損害保険料率算出機構が発表した2016年度『自動車保険の概況』の一部です。 自賠責保険(共済含む)の、都道府県別『損害調査受付件数(2015年度)』をまとめたものとなります。 自賠責保険は、自動車保険(任意保険)よりも優先的に支払われる保険です。 自動車事故を起こした際、必ず保険請求をするとは限りませんが、交通事故が多い都道府県ほど自賠責保険を利用するケースは増えます。 ちなみに、損害調査受付件数とは、自動車事故で自賠責保険の請求を行った際、保険金支払いに該当するか等を調査した件数のことです。 上図の結果から、東京の件数が最も多いことが分かります。 続いて、大阪、愛知、福岡の件数が多くなっています。 ちなみに、件数が少ない地域は、鳥取、島根、秋田でした。 参考までに、実際の保険料はどのくらい異なるのか、東京と秋田の保険料をシミュレーションしてみることにしましょう。 私は年間で 57,230円の保険料を支払っていましたが、 という一括見積もりサイトを利用して、 保険料を20,630円まで安くすることに成功しました。 保険スクエアbang!は、 見積もり結果がブラウザ上に表示されるので、すぐに保険料を知りたい方にはかなり便利なサービスだと思います。 ちなみに、難しいことは一切していません。 5分くらいで出来てしまいました。 見積もりサービスと聞くと、資料が大量に送られてくるんじゃないの?電話などの勧誘やセールスがくるんじゃないの?と思われるかもしれませんが、そんなことは 一切ありませんでした。

次の