佐野 市 ハザード マップ。 詳細情報

栃木市防災ハザードマップ

佐野 市 ハザード マップ

防災ガイドブック(ハザードマップ)を活用して、ご家庭・地域で、ハザード(洪水による浸水深、土砂災害危険箇所など)を確認しておきましょう。 また、避難所の位置や避難所までの避難経路などを確認し、災害時に冷静かつ迅速に行動できるよう備えておきましょう。 災害に備えましょう 災害の発生を抑えることは難しいことですが、日頃の備えを進めることにより、被害を減らすことは可能です。 市民の皆さん一人ひとりが身近にある危険を知っていただくと共に、個人、家庭、地域で備えに取り組むことが大切です。 近年多発している地震や豪雨災害に備えて、茅野市は、令和元年版「防災ガイドブック」を作成いたしました。 ぜひ、この防災ガイドブックをご活用ください。 区・自治会を通じて受け取れない方は、防災課または各地区コミュニティセンターでお渡しします。 また、「信州くらしのマップ」からも情報が見られますので、あわせてご活用ください(「信州くらしのマップ」内の「防災」をクリックしてください)。 <外部リンク> 目次• 以下の各ファイルをクリックしてご覧ください。 pdfファイルが開きます。 なお、ガイドブックの見開き2ページが一つのファイルになっています。 はじめに P1 風水害に備えて P2 土砂災害に備えて P3 雪害に備えて P4 地震に備えて P5~P14 避難時のこころえ P15 各地域での備え P16 茅野市防災マップ P17~P84 防災情報の利用 P85 避難所・避難場所一覧 P86.

次の

太宰府市ハザードマップ/太宰府市

佐野 市 ハザード マップ

洪水ハザードマップとは、大雨により河川が氾濫した場合の浸水状況に、避難に必要な情報を皆様にお伝えするもので、実際の氾濫時の被害を最小限に留めることを目的としています。 洪水ハザードマップ(想定最大規模) このハザードマップは、狩野川、大場川、来光川が想定し得る最大規模の降雨(千年に一度の確率で降ると想定される大雨)により、堤防が破堤した場合の破堤点別の浸水想定区域を重ね合わせ、想定される浸水の状況(最大浸水想定区域及び最大浸水深)を表示したものです。 なお、雨の降り方などによっては、マップに示した浸水想定区域以外において浸水が発生する場合や、想定される浸水深が実際と異なる場合がありますので、ご注意ください。 想定し得る最大規模の降雨(48時間総雨量) 【狩野川流域】黒瀬地点より上流721mm、徳倉地点より上流746mm、大仁地点より上流828mm 【大場川】844mm 【来光川】847mm 狩野川が氾濫した場合を想定した洪水ハザードマップ(昭和33年狩野川台風規模) この地図は、狩野川が大雨によって増水し、堤防が破堤した場合の浸水予想結果に基づいて浸水する範囲とその程度ならびに各地区の避難場所を示した地図です。 大雨の規模は、伊豆半島中部(湯ヶ島)で総雨量753mm(昭和33年狩野川台風時)を想定しています。 大場川が氾濫した場合を想定した洪水ハザードマップ この洪水ハザードマップは、一級河川大場川流域で2時間に57mmの大雨が発生したとき、大場川が増水して破堤した場合を想定して策定しています。 来光川が氾濫した場合を想定したハザードマップ この地図は、一級河川来光川流域で3時間に129mmの大雨が発生したときに、来光川が増水して破堤した場合を想定して策定しています。 このシミュレーションの実施にあたっては、支川の(決壊による)氾濫、シミュレーションの前提となる降雨を超える規模の降雨による氾濫、高潮及び内水による氾濫等を考慮しておりませんので、実際の浸水深や区域と異なる場合があります。 関連リンク• この情報に関するお問い合わせ先 【土砂災害警戒区域、浸水想定区域に関すること】 担当課名:都市基盤部土木課 電話番号:055-983-2636 【避難に関すること】 担当課名:企画戦略部危機管理課 電話番号:055-983-2650.

次の

日野市洪水ハザードマップ(平成29年度版)(PDF)|日野市公式ホームページ

佐野 市 ハザード マップ

洪水ハザードマップとは、大雨により河川が氾濫した場合の浸水状況に、避難に必要な情報を皆様にお伝えするもので、実際の氾濫時の被害を最小限に留めることを目的としています。 洪水ハザードマップ(想定最大規模) このハザードマップは、狩野川、大場川、来光川が想定し得る最大規模の降雨(千年に一度の確率で降ると想定される大雨)により、堤防が破堤した場合の破堤点別の浸水想定区域を重ね合わせ、想定される浸水の状況(最大浸水想定区域及び最大浸水深)を表示したものです。 なお、雨の降り方などによっては、マップに示した浸水想定区域以外において浸水が発生する場合や、想定される浸水深が実際と異なる場合がありますので、ご注意ください。 想定し得る最大規模の降雨(48時間総雨量) 【狩野川流域】黒瀬地点より上流721mm、徳倉地点より上流746mm、大仁地点より上流828mm 【大場川】844mm 【来光川】847mm 狩野川が氾濫した場合を想定した洪水ハザードマップ(昭和33年狩野川台風規模) この地図は、狩野川が大雨によって増水し、堤防が破堤した場合の浸水予想結果に基づいて浸水する範囲とその程度ならびに各地区の避難場所を示した地図です。 大雨の規模は、伊豆半島中部(湯ヶ島)で総雨量753mm(昭和33年狩野川台風時)を想定しています。 大場川が氾濫した場合を想定した洪水ハザードマップ この洪水ハザードマップは、一級河川大場川流域で2時間に57mmの大雨が発生したとき、大場川が増水して破堤した場合を想定して策定しています。 来光川が氾濫した場合を想定したハザードマップ この地図は、一級河川来光川流域で3時間に129mmの大雨が発生したときに、来光川が増水して破堤した場合を想定して策定しています。 このシミュレーションの実施にあたっては、支川の(決壊による)氾濫、シミュレーションの前提となる降雨を超える規模の降雨による氾濫、高潮及び内水による氾濫等を考慮しておりませんので、実際の浸水深や区域と異なる場合があります。 関連リンク• この情報に関するお問い合わせ先 【土砂災害警戒区域、浸水想定区域に関すること】 担当課名:都市基盤部土木課 電話番号:055-983-2636 【避難に関すること】 担当課名:企画戦略部危機管理課 電話番号:055-983-2650.

次の