自閉症 確率 高齢出産。 自閉症や発達障害が兄弟・姉妹・双子に発生する確率

高齢出産のリスク。なぜ発達障害の確率が上がるのか。

自閉症 確率 高齢出産

この記事の目次• 自閉症とは 自閉症とはどのような病気なのでしょうか。 先天性の発達障害 原因はまだ明らかにされていませんが、冒頭で述べた通り、自閉症は親の育て方や環境などで後天的に発症する病気ではありません。 現在はっきりと分かっていることは、何らかの原因によって脳の機能にがうまく働かず、 生涯に渡って続く 先天性の発達障害ということです。 発症率 ひと昔前までは自閉症は非常に珍しい病気だと考えられ、1万人に4~5人の発症率と言われていました。 しかし研究が進み、自閉症の概念も拡大されたことから、 現在では1000人に2~6人、軽度の自閉症を合わせると100人に1人の確率で罹患していると考えられており、珍しい病気ではなくなりました。 また、 男女比は4~5:1で男性に多いことが分かっています。 女性の場合は自閉症であってもほとんどが軽度であると言われています。 発覚のきっかけ 自閉症はまだ原因が明らかになっていない為、生まれてすぐの赤ちゃんが自閉症かどうか判断することはできません。 例えば• あまり泣かない• 目線を合わせない• 言葉の発達が遅い といったことです。 こういった症状が続いた後、3歳頃までに医師から告知されるのが主な流れとなります。 自閉症と遺伝 原因はまだ分かりませんが、遺伝も原因の一つとして考えられています。 また、 身内に自閉症がいない場合は0. 父親が高齢の場合 以前は母親が高齢出産も原因ではないかと考えられていましたが、現在では父親が高齢であった場合の自閉症との関連性が謳われています。 父親が30歳未満であった場合と40歳以上であった場合の自閉症発生率は1. 5倍以上という研究結果があり、 特に50歳を超えている場合にそのリスクは更に高くなるようです。 こちらも原因は明らかとなっていませんが、 男性の遺伝子特性または加齢による精子への影響があるのではないか、と言われています。 母親の年齢 父親の影響の方が強いのではないか、と言われていますが、 母親の場合は40代以上の高齢出産の場合にリスクが上がると言われています。 ただし、母親の場合は高齢の場合だけでなく、 18歳以下の若い年齢での出産の場合も同様に、それ以外の年齢の時よりもリスクが上がるとの研究結果もあります。 両親の年齢差が大きい場合 父親や母親の片方の年齢だけでなく、両親の年齢差が大きい場合にも自閉症のリスクがあるという研究結果も出ています。 最もリスクが高いと言われているのは、父親が35歳以上で母親が10歳以上若い場合です。 ただし、これら遺伝(遺伝子)の要因については例えば父親が自閉症である場合、必ず生まれてくる子供も自閉症とは限らない為、まだまだその可能性が僅かながらに見られるといったレベルです。 現在も研究段階であり、 100%遺伝が関係しているとは決していい難いのが現状です。 自閉症の特徴 成長するにつれて、自閉症の様々な特徴が現れてきます。 大きく分けて3つに分類されます。 社会性の障害 社会性の障害として、以下のような症状が見られます。 目線を合わせない• 他人に対して無関心である• 怒られた時等笑う状況ではない場面で笑ってしまう• 人間関係をうまく構築できない• 協調性が見られない 赤ちゃんの頃にはあまり分かりませんが、成長につれて社会生活を送らなければいけなくなってくると、こういった症状により孤立してしまう等といった問題が生まれます。 コミュニケーションの障害 コミュニケーション上の障害では以下のような症状が見られます。 言語の発達に遅れがあり、うまく話すことができない• オウム返しをする• 独特な言葉の使い方(言葉の抑揚が少しかわっている等)• 話すことができても、その意味が正確に理解できておらず、その場面において適切な言葉が出ない• 会話のキャッチボールが苦手で、会話を長く続けることができない 学校にあがると周囲の人とコミュニケーションをとる必要が出てきますが、独特な表現方法があり一般的なコミュニケーション方法をとることが難しく、人間関係を構築することが難しくなってきます。 物事への異常な執着 自閉症の大きな特徴として物事への執着が強い傾向あります。 単純作業が好きで、没頭して取り組む• 特定の食べ物しか食べない。 同じ食品でも銘柄にこだわる。 数字、アルファベット等に強い興味があり、日付(カレンダー)や電車の時刻表などを覚える• まわっているタイヤや扇風機など、反復動作するものをじーっと見続ける• 本や物の並び順にこだわり、自分のルールで揃えていないと落ち着かない こういった強いこだわりは決してマイナスにだけなる訳ではなく、このこだわりによって大きな才能を生み出すことがあります。 特に数字を扱った分野では高い能力を発揮する自閉症患者が多いのです。 しかし中には、知的障害のない場合もあるのです。 高機能自閉症 高機能自閉症とは、自閉症の症状を持ちながらも 知能の低下がなくIQ70以上の自閉症のことを言います。 その為学校の勉強や試験などは問題なく出来るのですが、言語の発達には遅れがある為、その意味を理解していないことも多いのです。 アスペルガー症候群 近年、よく聞かれるアスペルガー症候群も自閉症の一つです。 その原因として、 知能は正常もしくは高く、言語の発達に低下も見られません。 しかしながら人とのコミュニケーションにおける障害は自閉症と同様の症状を持ち、暗黙のルールを理解したり空気を読むといったことが出来なかったり、相手の立場になって想像するといったことが出来ません。 その為、そういった性格の人というレッテルを貼られやすくなってしまう傾向があります。 アスペルガー症候群については、の記事を読んでおきましょう。 サヴァン症候群 1988年にヒットした映画『レインマン』で関心が広がったサヴァン症候群。 サヴァン症候群は特定の分野に対して特殊な能力を発揮する人達です。 例えば、 ・一度聞いただけの音楽を間違うことなく弾くことができる ・カレンダーを記憶し、年月日の曜日を正確に答えることができる ・一度見た風景を完全に記憶し、絵で再現することができる などです。 これらのように、特に優れた記憶力を発揮します。 しかしながら自閉症は抱えている為、人とのコミュニケーションは上手くとれなかったり、記憶をしているものの内容について理解している訳ではないようです。

次の

自閉症や発達障害が兄弟・姉妹・双子に発生する確率

自閉症 確率 高齢出産

お好きな場所から読めます• 父親の年齢と出産適齢期とは?精子も老化するって本当? 卵子の卵である『卵胞細胞』は胎児の時から存在する原子細胞であるため老化するのは何となく分かります。 しかし、男性の精子に関してはその都度作られているの一見老化は無縁のような気がしませんか? 実は、毎日生成される精子も年齢と共に老化していく体と無関係ではありません。 不妊治療をされている方ならご存知の方もいるかもしれませんが、男性の精子に求められるのは精子がちゃんと存在するかどうかということだけではありません。 実はその量や運動量も重要な要素とされています。 射精された精子が無事に卵子までたどり着くまではそれはそれは長い旅になります。 その過程で力尽きる精子がほとんどです。 そして数億とも言われる精子の中で卵子までたどり着いたたった1つの精子だけが受精卵として赤ちゃんの卵となるわけです。 それが老化による生殖機能の低下によって精子の生成量の減少や運動量の低下を招くのです。 結果としてより妊娠しづらくなり、不妊の症状は悪化していくと考えられています。 父親の年齢と子供の障害の発症率は比例する? 父親の年齢によって精子の生成量や運動量が低下していくばかりではありません。 仮にしっかり受精して着床までいったとしても、その子供に自閉症や統合失調症などの障害が発生る可能性が高まるというのをご存知でしょうか? 精子は毎日作られていますが、その過程で遺伝子コードに一定程度のエラーが起こります。 この確率が年齢とともに上がるというのです。 精子を作る精巣自体も老化していくので当然と言えば当然です。 自閉症や発達障害の発症リスクが年齢とともに高まる アメリカのマウントサイナイ医科大学の研究によれば、40歳以上の男性は、30代以下の男性と比較して、自閉症の子が生まれる確率が6倍高いという報告があります。 出典: 男性の高齢化がもたらす妊娠への悪影響は最近になって研究が進んできて知られるようになってきました。 特にある程度成長しないと分からないような 自閉症や発達障害に関しても年齢とともにその発症率が上がることが知られています。 まだまだ研究が進んでるとは言えず、分からないことも多いのが現状です。 父親の年齢が高くなると流産や子供のうつ病、がんの確率も高くなる?! 流産のリスクも高くなる やはり、男性の年齢が高くなるほど、相手の方の流産のリスクも高まります。 20歳の男性の流産リスクを「1」とすると、40歳で1.5倍、50歳では約2倍になります。 出典: 通常の流産が100人中10人~15人に起きると言われていますが、男性の年齢の上昇によって発生の確率も高くなると言えます。 特筆すべきは50歳を超えると20歳の流産リスクの2倍以上になるという点です。 女性側が仮に20代でも男性側が50歳を超えてくると見方によっては高齢出産とも考えられるのではないでしょうか? 小児がんの発症リスクも 父親の年齢が高いと小児がんの発症リスクが高まるとの報告も。 また、子供が女の子の場合、成長した時の乳がんや子宮頸がんの発症リスクも高まるとの報告があります。 特に乳がんに関しては逆に父親が20歳未満での出産の場合にリスクが高まるとも言われています。 つまり、父親の年齢が高すぎても若すぎてもリスクは高まると言えます。 うつ病の発症リスクも 研究を行ったのは、スウェーデンのカロリンスカ研究所の研究員。 研究員によると、躁うつ病と診断された患者13,000人以上について調査した結果、妊娠時に父親が55歳以上だった子は、父親が20歳代だった場合と比べて、躁うつ病になるリスクが37%高いことが判明したといいます。 出典: この37%という数字を高いとみるか低いとみるか?少なからず影響があるのは間違いなさそうです。 子供の出生時の父親の年齢がうつ病の発症率にも関係してくるのです。 男性の出産適齢期と老化の分岐点は何歳? 男性の出産適齢期はやはり20歳前後と言えます。 本能である性欲のピークも20歳と言われていてそれ以降徐々に減少していきます。 そのことから考えても20歳が一番出産に適していて、それ以後どんどん遠ざかっていくと考えるのが自然です。 とは言え、妊娠のしやすさだけを見たときに、20代であればそこまで大差がなく出産適齢期と言えます。 ただ、20代を過ぎ30代も後半に入ると一気に状況は変わります。 男性の精子の受精能力が35歳を境に低下する傾向が、独協医科大越谷病院(埼玉県)の岡田弘教授らのグループの研究で明らかになった。 出典: 男性も35歳を超えると一気に精子の力が落ちていきます。 35歳が老化の分岐点と言えそうです。 まとめ いかがでしたか? 女性同様に男性にも妊娠適齢期というものがあるというのがお分かり頂けたかと思います。 特に、精子の老化については意外に知られていないことも多いです。 いずれにしても男性、女性どちらも年齢を重ねてからの妊娠・出産と言うのはリスクが大きいという事実は知っておく必要があります。 もし、旦那さんの年齢が比較的高くて、妊娠しづらくなっている男性不妊の可能性もあります。

次の

障害児とわかった今~高齢出産で障害児が生まれるリスクと後悔

自閉症 確率 高齢出産

自閉症の家族がいる場合、子どもや兄弟が自閉症になる確率はどのくらいなのでしょうか。 スポンサーリンク 自閉症になる原因って何? そもそも自閉症の原因はなんなのかという議論がずっと行われてきました。 それこそ一昔まえまでは、親の育て方など後天的な原因と考えられてきましたがが、 実際に研究が進められるにつれて、後天的なものではなく、先天的なものが原因という事がわかってきています。 兄弟姉妹が自閉症になる確率は? 授かった子どもが自閉症だった場合、兄弟姉妹が自閉症になる確率は、5パーセントから10パーセントと言われています。 特に最初の子どもが自閉症の場合、次の子どもが自閉症になるのは通常よりも2倍以上高い確率で自閉症になるため、 2人目の妊娠をする場合は、かなりのリスクがあると言えます。 自閉症の発症原因が遺伝子に関係があるため、一卵性双生児が両方とも自閉症という確率は、40パーセントから98パーセントとかなり高くなります。 二卵性の双子の場合は、遺伝子がまったく同じというわけではないので、一卵性に比べると低くなります。 実際に、リスクがあっても、自閉症のこどもを持つ親にとって、兄弟姉妹を作ってあげたいと思うのは親心でもあります。 親からすると、こどもよりも先にいなくなってしまう確率が高い自分達意外に近い存在の親族をのこしておきたいと思うのはやはり親心といえます。 スポンサーリンク 高齢出産での自閉症発症の確率 では、一般的によく聞く、高齢出産での自閉症のリスクはどの程度あるのでしょうか。 最近では、5人に一人が35歳以上の出産でいわゆる高齢出産と言われています。 高齢出産の場合、こどもが障害を持って産まれてくる確率が上がるので、自閉症の発症リスクも同じように上がると考えられています。 高齢出産での子どもへリスクは染色体異常によるダウン症などのこどもの障害を耳にしますが、 自閉症の発症リスクも、親の年齢が5歳上がるにつれて、18パーセントずつ 上昇すると言われているので、やはり高齢出産での自閉症発症リスクは高いと言えます。 自閉症は早めに発見してしっかり関わる事が重要 自閉症の場合は、発症するのが3歳までと言われているので、ダウン症のように羊水検査などで障害の有無を確認する事はできません。 また、発達段階で見極めていく必要があるため、血液検査などでわかるものではないので、軽い自閉症などの場合は見落とされる事もあるようです。 心配な場合は、やはり親が日ごろから良く観察してあげる事が早めに発見してあげるためにも重要です。 自閉症の子どもを持つ親や兄弟にとって、発症する原因がなんなのか解明される事は大きな光となります。 これからもっと研究が進んで原因解明につながることで将来への不安が減り、本人へのかかわり方にも光がさしてくる事を望んでいます。 スポンサーリンク - , , , , , , , ,.

次の