ブレマートン。 ブレマートン

ブレマートン(アズールレーン)とは (ブレマートンとは) [単語記事]

ブレマートン

未検証• ボルチモア型はウィチタをデザインモデルとし、船体を拡大しました。 標準排水量は4000トン増加しました。 主砲部はウィチタの新しい砲塔を継承し、MK12mod. 1海軍砲またはMK15mod. 0海軍砲を装備して重量をわずかに削減しました。 AP、ボルチモア、オレゴンシティーは、APマーク21シリーズのオーバーウェイト装甲貫通発射体を発射できますが、ウィチタと以前のタレットは、従来のAPマーク19シリーズしか使用できません。 セカンダリガンに関しては、ウィチタが採用したシングルマウントセカンダリガンのレイアウトに従いますが、すべてデュアルマウントの127mmMK12セカンダリガンに置き換えられ、クローズドタレットであり、VTフューズ船体を使用できます。 中距離および短距離の防空は、多数の40mmボ部隊砲と20mmエリコン砲で構成されています。 出力に関しては、ボイラーとエンジンは、出力を120,000シャフト馬力、最大速度を33ノットにして、生存率を向上させるために互い違いのレイアウトを採用しています。 保護の面では、サイドと甲板が強化されています。 第二次世界大戦中、この型の防空兵器と電子機器は改造され、補充されました。 竣工・運用ダイナミクス 1940年7月1日、ボルチモア型の4隻建造の最初の一群が始まり、その後さらに4隻が追加され、1942年に16隻の重巡洋艦が計画されました。 米軍は太平洋戦争の最初の14か月で多数の巡洋艦を失いましたが、これらの重巡洋艦の竣工は遅れました。 米国海軍の軽巡洋艦の需要がより緊急であったため、軽巡洋艦を空母に迅速に配備できるからです。 最初の船であるボルチモアは1943年4月まで就航しませんでした。 竣工がゆっくりと進んでいる間、改良版は、オレゴンシティレベルであるボルチモアレベルの復旧問題を解決するために設計されました。 ボルチモア型の運用の後、主な任務は、戦闘集団の高速空母を保護するための艦隊の防空であり、その後、水陸両用着陸作戦を支援するための反対側の陸上大砲任務が続きます。 1945年9月2日の無条件降伏以前は、12隻のボルチモア型艦が就役していましたが、太平洋とヨーロッパでの戦争に関与したのは7隻だけでした。 1950年代には、以前撤退して封印され、現在も使用されているものを含め、ボルチモアの型のほとんどが朝鮮戦争に参加しました。 朝鮮戦争後、高い維持費のため、ボルチモアの型は徐々に現役を辞任しました。 ミサイル時代 USSブレマートン重巡洋艦は、第二次世界大戦中に米海軍によって建造されたボルチモア型の重巡洋艦の1つで、船舶番号は9番です。 船の名前はワシントン州の重要な港から取られました。 アメリカ海軍の歴史に詳しい司令官はこの地名を聞いたことがあるに違いありません。 ブレマートン、西海岸のアメリカ海軍の唯一の指定された保管と整備ドック、ピュージェットサウンド海軍造船所の場所、および第二次世界大戦後のモスボール艦隊の場所の1つです。 太平洋艦隊の多数の名誉ある船がここに保管されているか、改造されたか、再配備されたか、最終的に解体されて起工されました。 これは、船が第二次世界大戦にまったく関与していないと言うことができるため、第二次世界大戦中のバトルスターが存在しないためです。 船は1943年2月でした。 これは1日、ニューヨーク造船公社によって竣工され、1944年7月2日に完成し、水に入って、1945年4月29日に正式に供用されました。 追加のボルチモア型として、ブレマートンの厳しい防空レイアウトは4隻の船の最初の一群とは異なります。 クレーンは1つに変更され、中央に配置され、両側に2つのダブルマウントされた40mm部隊砲、初期穴の数がわずかに増えました。 1945年5月29日、ブレマートンはノーフォーク海軍基地を出航し、キューバのグアンタナモ湾に到着し、海上試験の巡航を行いました。 試験が終了すると、すぐに米海軍大西洋艦隊のジョーの司令官になりました。 現在、ヨーロッパでの戦争は決定されており、ドイツは降伏し、今年の10月まで、ブレマートンは大西洋で船員の訓練と巡航を行ったとされます。 1945年12月15日、ブレマートンはついに真珠湾に来て、戦闘が終了した太平洋艦隊に到着したと考えられていた第7艦隊に加わったとされます。 1946年に韓国の仁川に行った後、ブレマートンは極東でほとんど活動的でした。 最後に、1948年、ブレマートンは借用と封印を除いて西海岸に戻り、訓練任務を実行しました。 ブレマートンの戦艦としての最初の戦いは1951年11月23日で、第7艦隊が朝鮮戦争に参加し、複数の沿岸大砲と抑圧作戦を実施しました。 1952~1955年から、ブレマートンと他のボルチモア型は同様の修正を受けました。 ボ部隊とエリコンの対空砲は、MK-56射撃指揮官を装備した10基の76mm速射対空砲10門に置き換えられ、水は取り除かれました。 航空機のカタパルト、艦橋の拡張、レーダーがSPS-6B航空機搭載レーダーとSPS-8A高度測定レーダーに変更されました。 戦後もブレマートンは極東で活躍し、韓国、日本、台湾、香港、フィリピン、オーストラリアなどを社会の花として訪れました。 ブレマートンは1960年7月29日に借りられて再び封印され、1973年10月1日に海軍艦隊の名簿から削除され、1974年7月11日に解体されて起工されました。 艦船の歴史 1956年11月6日、ブレマートンは本拠地のロングビーチを再び東洋に向けて出発しましたが、今回はメルボルン、オーストラリア、XVIオリンピアードを経由しました。 オーストラリアの他に、ブレマートンはレドンドビーチ、モントレー、ビクトリア、ブリティッシュコロンビア、シアトル、パールハーバー、グアム、クェゼリン環礁、日本の横須賀港、神戸、別府、沖縄、基隆、フォルモサを訪れました。 、台湾、フィリピンのマニラとオロンガポ、香港、ディンガロン湾にも訪れました。 ブレマートンは1957年5月にロングビーチに戻りました。 この頃、と姉妹船のロチェスターがアルバニー型誘導ミサイル巡洋艦への切り替えに選ばれましたが、資金は海軍の予算から削除されました。 改宗が中止された後、さらに数年間勤務し続けました。

次の

タコマ旅行記3 ブレマートンからシアトルへのフェリー

ブレマートン

ブレマートンのターミナル ターミナル外観 カーフェリーですが、もちろん車無しで乗ることも可能。 ブレマートンから乗る場合、料金は不要で、シアトル側から乗船のみ、料金がかかります。 (執筆時点で、大人8. 20ドル、子供 6〜18歳・シニア 65歳以上は半額) ブレマートンのターミナルには窓口はありますが、料金不要なので、チケットの販売は行っていません。 ブレマートンのターミナル内は待合室といって趣で、特に大きなものではありません。 車で乗る場合、一般的な乗用車で料金は14. 30ドル。 これはブレマートン、シアトル双方ともに、かかる料金です。 フェリー待ちをするパーキング フェリー船内 フェリーに乗り込みます。 フェリーへの通路 通路は客室階にそのままつながります。 所要時間は1時間ですので、船内は一般客室とカフェテリアのみのシンプルな設備です。 テーブル付きのボックス席 一般座席 カフェテリア カフェテリアで販売されているのは、サンドイッチやピザ、スープなどの軽食。 ビールなどアルコールを含む飲み物です。 乗船した日は雨模様でしたが、デッキに出てみると、遠目に海軍工廠が見えました。 シアトルのターミナル ダウンタウンのウォーターフロントエリアの南側に位置しており、同じくウォーターフロントエリアにある水族館や観覧車などは徒歩圏内。 パイクプレイスマーケットは水族館の先にエレベーターがあるので、それに乗れば、ダウンタウンの高台との標高差も気になりません。 シアトルのフェリーターミナルはシアトル〜ブレマートンの他に、別の航路もあるため、賑わいを見せています。 シアトルのフェリーターミナル内 このフェリーはあまり旅行社にとって一般的なものではないかもしれませんが、何かのお役に立てれば、幸いです。 タコマ旅行記はこれで終わります。

次の

【アズールレーン】あのおっぱいカーテンをくぐりたい―ブレマートンイラストまとめ|ほやほやの今をあそぼう

ブレマートン

未検証• ボルチモア型はウィチタをデザインモデルとし、船体を拡大しました。 標準排水量は4000トン増加しました。 主砲部はウィチタの新しい砲塔を継承し、MK12mod. 1海軍砲またはMK15mod. 0海軍砲を装備して重量をわずかに削減しました。 AP、ボルチモア、オレゴンシティーは、APマーク21シリーズのオーバーウェイト装甲貫通発射体を発射できますが、ウィチタと以前のタレットは、従来のAPマーク19シリーズしか使用できません。 セカンダリガンに関しては、ウィチタが採用したシングルマウントセカンダリガンのレイアウトに従いますが、すべてデュアルマウントの127mmMK12セカンダリガンに置き換えられ、クローズドタレットであり、VTフューズ船体を使用できます。 中距離および短距離の防空は、多数の40mmボ部隊砲と20mmエリコン砲で構成されています。 出力に関しては、ボイラーとエンジンは、出力を120,000シャフト馬力、最大速度を33ノットにして、生存率を向上させるために互い違いのレイアウトを採用しています。 保護の面では、サイドと甲板が強化されています。 第二次世界大戦中、この型の防空兵器と電子機器は改造され、補充されました。 竣工・運用ダイナミクス 1940年7月1日、ボルチモア型の4隻建造の最初の一群が始まり、その後さらに4隻が追加され、1942年に16隻の重巡洋艦が計画されました。 米軍は太平洋戦争の最初の14か月で多数の巡洋艦を失いましたが、これらの重巡洋艦の竣工は遅れました。 米国海軍の軽巡洋艦の需要がより緊急であったため、軽巡洋艦を空母に迅速に配備できるからです。 最初の船であるボルチモアは1943年4月まで就航しませんでした。 竣工がゆっくりと進んでいる間、改良版は、オレゴンシティレベルであるボルチモアレベルの復旧問題を解決するために設計されました。 ボルチモア型の運用の後、主な任務は、戦闘集団の高速空母を保護するための艦隊の防空であり、その後、水陸両用着陸作戦を支援するための反対側の陸上大砲任務が続きます。 1945年9月2日の無条件降伏以前は、12隻のボルチモア型艦が就役していましたが、太平洋とヨーロッパでの戦争に関与したのは7隻だけでした。 1950年代には、以前撤退して封印され、現在も使用されているものを含め、ボルチモアの型のほとんどが朝鮮戦争に参加しました。 朝鮮戦争後、高い維持費のため、ボルチモアの型は徐々に現役を辞任しました。 ミサイル時代 USSブレマートン重巡洋艦は、第二次世界大戦中に米海軍によって建造されたボルチモア型の重巡洋艦の1つで、船舶番号は9番です。 船の名前はワシントン州の重要な港から取られました。 アメリカ海軍の歴史に詳しい司令官はこの地名を聞いたことがあるに違いありません。 ブレマートン、西海岸のアメリカ海軍の唯一の指定された保管と整備ドック、ピュージェットサウンド海軍造船所の場所、および第二次世界大戦後のモスボール艦隊の場所の1つです。 太平洋艦隊の多数の名誉ある船がここに保管されているか、改造されたか、再配備されたか、最終的に解体されて起工されました。 これは、船が第二次世界大戦にまったく関与していないと言うことができるため、第二次世界大戦中のバトルスターが存在しないためです。 船は1943年2月でした。 これは1日、ニューヨーク造船公社によって竣工され、1944年7月2日に完成し、水に入って、1945年4月29日に正式に供用されました。 追加のボルチモア型として、ブレマートンの厳しい防空レイアウトは4隻の船の最初の一群とは異なります。 クレーンは1つに変更され、中央に配置され、両側に2つのダブルマウントされた40mm部隊砲、初期穴の数がわずかに増えました。 1945年5月29日、ブレマートンはノーフォーク海軍基地を出航し、キューバのグアンタナモ湾に到着し、海上試験の巡航を行いました。 試験が終了すると、すぐに米海軍大西洋艦隊のジョーの司令官になりました。 現在、ヨーロッパでの戦争は決定されており、ドイツは降伏し、今年の10月まで、ブレマートンは大西洋で船員の訓練と巡航を行ったとされます。 1945年12月15日、ブレマートンはついに真珠湾に来て、戦闘が終了した太平洋艦隊に到着したと考えられていた第7艦隊に加わったとされます。 1946年に韓国の仁川に行った後、ブレマートンは極東でほとんど活動的でした。 最後に、1948年、ブレマートンは借用と封印を除いて西海岸に戻り、訓練任務を実行しました。 ブレマートンの戦艦としての最初の戦いは1951年11月23日で、第7艦隊が朝鮮戦争に参加し、複数の沿岸大砲と抑圧作戦を実施しました。 1952~1955年から、ブレマートンと他のボルチモア型は同様の修正を受けました。 ボ部隊とエリコンの対空砲は、MK-56射撃指揮官を装備した10基の76mm速射対空砲10門に置き換えられ、水は取り除かれました。 航空機のカタパルト、艦橋の拡張、レーダーがSPS-6B航空機搭載レーダーとSPS-8A高度測定レーダーに変更されました。 戦後もブレマートンは極東で活躍し、韓国、日本、台湾、香港、フィリピン、オーストラリアなどを社会の花として訪れました。 ブレマートンは1960年7月29日に借りられて再び封印され、1973年10月1日に海軍艦隊の名簿から削除され、1974年7月11日に解体されて起工されました。 艦船の歴史 1956年11月6日、ブレマートンは本拠地のロングビーチを再び東洋に向けて出発しましたが、今回はメルボルン、オーストラリア、XVIオリンピアードを経由しました。 オーストラリアの他に、ブレマートンはレドンドビーチ、モントレー、ビクトリア、ブリティッシュコロンビア、シアトル、パールハーバー、グアム、クェゼリン環礁、日本の横須賀港、神戸、別府、沖縄、基隆、フォルモサを訪れました。 、台湾、フィリピンのマニラとオロンガポ、香港、ディンガロン湾にも訪れました。 ブレマートンは1957年5月にロングビーチに戻りました。 この頃、と姉妹船のロチェスターがアルバニー型誘導ミサイル巡洋艦への切り替えに選ばれましたが、資金は海軍の予算から削除されました。 改宗が中止された後、さらに数年間勤務し続けました。

次の