俺 の スカート どこ 行っ た 最終 話。 『俺のスカート、どこ行った?』最終回(10話)ネタバレあらすじ・感想!涙の卒業式!のぶおは1回死んで寿命リセット!

『俺スカ』10話(最終回)のネタバレ感想!俺スカロスも出演者を称える「おつかレインボー」の声殺到!

俺 の スカート どこ 行っ た 最終 話

俺のスカート、どこ行った?の見逃し動画配信を安全に見る方法 「俺のスカート、どこ行った?」を見逃し配信している、各動画配信サービスの配信状況をまとめました。 配信休止、開始について最新のものでなかった場合ご容赦ください。 pandoraやデイリーモーションなどの無料動画サイトなんてもってのほか!! 海外の 違法アップロードサイトなので、見る時にさらにリスクが伴います。 14日間 無料で見放題!• 日テレ系の最新ドラマも1話から見逃し配信• 登録後すぐに見られる• 無料期間後の 月額料金は933円 税抜• 50,000本の人気映画・ドラマすべての動画が見放題• テレビやスマホ、タブレットからも見られる• スマホにダウンロードすれば、外でも見られる• CMなしでサクサク見られる• 独占配信やオリジナルコンテンツが充実しているのも、Huluの特徴です。 韓国ドラマはあまり見ないという方は問題ありません! また複数端末で同時に見ることができないので、家族の誰かが見ている時は見ることができません。 2年3組の生徒たちはのぶおのために、2年3組だけののぶおがやりたかった卒業式をやろうと提案。 一方で、東条はもしかするとのぶおは体調が悪くなったのでは?と心配をしていました。 その予感は的中。 のぶおは入院していたのです。 ですが、東条から卒業式の話を聞いて、卒業式に参加するのぶお。 そこで行われる最後の授業とは!? 見逃した人はぜひHuluでチェックです! 俺のスカート、どこ行った?放送後の感想.

次の

『俺のスカート、どこ行った?』最終回(10話)ネタバレあらすじ・感想!涙の卒業式!のぶおは1回死んで寿命リセット!

俺 の スカート どこ 行っ た 最終 話

「俺のスカート、どこ行った?」見逃し配信はHuluがオススメです 上記の配信情報は2019年6月22日時点のものです。 最新の配信情報は「Hulu」サイトにてご確認ください。 『俺のスカート、どこ行った?』最終回10話のあらすじ 原田(古田新太)が「他にやりたいことがあるから」と言って、豪林館学園高校を辞めた。 その後、古賀(荒川良々)や田中(桐山漣)をはじめ男性教師たちが女装して授業をするように。 それは、原田と交わした約束だった。 原田の不在に寂しさを感じる2年3組の生徒たち。 彼らは、原田がやりたいことは何だったのか、今頃何をしているのかと話し合う。 明智(永瀬廉)は、原田がやりたいと言っていた卒業式をやろうと提案。 若林(長尾謙杜)らみんなが盛り上がる中、東条(道枝駿佑)は複雑な思いを抱えていた。 東条が屋上で昼食を食べていると、明智と若林がやってくる。 明智は、東条の様子が気になっていた。 東条は、原田に対する複雑な感情を打ち明ける。 東条は、原田が学校を辞めた本当の理由は体の具合が悪いからではないかと思っていた。 原田に卒業式のことを伝えるため、東条は長井(松下奈緒)に原田の家を教えてほしいと頼む。 長井は、東条を連れて病院へ向かう。 東条が心配した通り、原田は入院していた。 東条から「卒業式に来てほしい」と言われ、「行ってあげる」と原田は「卒業式」に行くことに。 『俺のスカート、どこ行った?』最終回10話の視聴詳細ネタバレあらすじ 久しぶりに原田がやってくるその日。 生徒だけでなく教師たちも久しぶりに原田と会うのを楽しみにしていた。 学校にやってきた原田は保健室に。 保健室では萌(白石麻衣)が原田を待っていた。 萌は原田が辞めた学校が少し退屈だと告白した。 そして、教室では「卒業式」の準備が進む。 教室に現れた原田は1人ひとりに手作りの卒業証書を手渡した。 そして、最後まであっさりと原田は言葉をかけた。 帰り際に生徒達は原田に思いを告げる卒業証書を手渡した。 思いがけない卒業証書に原田は泣き出した。 そんな原田に今度は自分たちに「やりたいこと」をやりたいと言う。 それは屋上から原田に飛んで欲しいと言うことだ。 とりあえず拒否する原田だったが、明智に押し切られる。 それでも原田は「生徒達のために」跳んだ。 そして、原田は生徒達と別れた。 家に帰ると娘の糸(片山友希)がのぶおを見ていたら自分もやりたいことをやろうという気持ちになったと日本から出て旅に出ると言い出した。 そして、夜 やりたいことノートの「生徒たちに卒業証書を渡す」に印をつけるのを止めた。 そして、1年半。 生徒達は本当の卒業式を迎える。 いよいよ原田は本当の「卒業証書」を渡すために学校に向かう..... 『俺のスカート、どこ行った?』最終回10話ネタバレ感想 原田が学校を去ってから1年半たち生徒達の卒業式 本来ならもう宣告された余命は過ぎているハズ それでも元気な姿で卒業式に向かう、元気をもらったのですね。 とても素敵な物語でした。 『俺のスカート、どこ行った?』見逃し配信・無料視聴情報 『俺のスカート、どこ行った?』は日テレ系列での放送となります。 放送終了後はHuluでの配信となります。 見逃し動画は「Hulu」もしくは放送が1週間はTVerでの配信となります。 TVerは放送後1週間に限り、最新話のみですが「無料」で視聴することが可能です。 この場合はHuluの配信作品のすべてが見放題になります。 もし、サービスが気に入らない場合は2週間以内に解約を申し出れば一切の費用がかかりません。 ノーリスクで見放題が楽しめることになります。

次の

俺のスカートどこ行った?最終回はいつ?全何話まで?放送はいつから始まる?

俺 の スカート どこ 行っ た 最終 話

日本テレビ系『俺のスカート、どこ行った?』 6月22日に放送された『俺のスカート、どこ行った?』(日本テレビ系)の最終回。 「ここから飛び降りて余命をリセットしよう」 原田のぶお(古田新太)が、「ほかにやりたいことがあるから」という理由で豪林館学園高校を辞めた。 原田の不在に寂しさを感じる2年3組の生徒たち。 彼らは、原田がやりたいことはなんだったのか話し合い、明智秀一(永瀬廉)は「卒業式をやろう」と提案する。 そんな中、東条正義(道枝駿佑)だけは複雑な思いを抱えていた。 原田が学校を辞めた本当の理由は体の具合が悪いからではないか? と思っていたのだ。 式当日、原田は短いメッセージを添えた手作りの卒業証書を生徒1人ひとりに渡した。 そして帰ろうとする原田を明智は呼び止め、自分たちで作った原田の卒業証書を渡した。 「あなたは豪林館学園高等学校2年3組の発展において大きく貢献されました。 よってここにその功績をたたえ深く感謝の意を表します。 2年3組一同より」 受け取った原田は声を上げて泣いた。 そして、明智たちは原田を屋上へ連れて行き「ここから飛び降りたら1回死んだも同然。 それで余命をリセットしよう」と提案する。 布を広げた生徒たちが校庭で待っている。 原田は屋上から飛び降り、みんなに受け止められた。 泣きながら感謝する生徒たちに見送られ、原田は笑顔で学校を去った。 1年後、本当の卒業式を迎える2年3組の生徒たち。 原田は卒業式に出席するため、学校に向かって全速力で走っていた。 最終話で伏線を全回収 いろいろな伏線が回収された最終回だった。 第1話で特に原田に反抗的な態度をとっていた東条は、最終話でも原田に突っかかった。 「勝手にギャーギャー体育館入って来て、メンチ切って来たくせに。 勝手に若林のこと変えて、勝手に川崎のこと応援して、勝手に俺と若林を仲直りさせて、勝手に明智のこと救って、勝手に辞めて。 やりたいことやるってわがまますぎんだろ! 俺らだって、のぶおとやりたいことできたんだよ。 修学旅行行ったり、体育祭だってやってねえじゃん、まだ。 お前ばっかやりたいことやって俺らにやらせないの、ふざけんじゃねえよ! 俺はお前のやりたいことってのが理由で学校辞めんの、全然納得いってないから」 原田の気持ちを察し、大人の態度が取れる明智。 一方、気持ちをまっすぐにぶつける東条。 どちらも原田を好きなことは変わらない。 原田の影響は、生徒だけでなく教師にも届いた。 自分が校長になるための策略を図り、寺尾綴校長(いとうせいこう)と原田を窮地に追い込んだ矢野伸也(小市慢太郎)は頭を下げ、復職した。 「原田先生ならこうしたと思うんです。 キツく叱った後で、しっかり許してたんじゃないかなと」(寺尾) 若林優馬(長尾謙杜)も、自分をいじめた明智と東条を許した。 許し、受け入れてもらえれば、他者を尊重する人間になれるということ。 原田が学校に持ち込んだ世界観である。 ずっと黒い服を着続けていた里見萌(白石麻衣)。 「原田先生が辞めてからの学校は退屈」と言った彼女に原田は語りかけた。 「嫌なことも必要なのよ。 ほら、差し色って大事じゃない? 白ばっかり、黒ばっかりじゃつまんないでしょ? 一色統一の中にどんな色を差し込むか。 楽しいばかりじゃ、つまんないじゃない?」 卒業式で里見はカラフルなスカーフを差し色に巻いていた。 「私の差し色になってください」という原田への告白は玉砕したが、原田のイズムは引き継いだ。 ずっと黒一色だったのは、ここに至るまでの伏線だ。 第1話では若林が屋上から飛び降りたが、最終話では原田が屋上から飛び降りた。 飛ぶ直前に生徒全員の名前を1人ずつ呼んだのは、「向き合える相手のことは名前で呼ぶ」という初回の原田の言葉につながっている。 若林が飛び降りた後「つまんね~」と吐き捨てた明智が、率先して原田を受け止めようとしている。 「子どもらしく頼ってこい」と原田に言われた明智が、今では頼られることを望んでいた。

次の