ヴェ ゼル フル モデル チェンジ。 2020年 トヨタ 新型車発売 モデルチェンジ情報 まとめ

【最新】新型ヴェゼル モデルチェンジ情報2019(1.5Lターボモデル「TOURING」&フルモデルチェンジ情報)

ヴェ ゼル フル モデル チェンジ

次期ヴェゼルのフルモデルチェンジ最新情報 2代目へとフルモデルチェンジする次期ヴェゼルの注目ポイントは、• パワートレイン• 外観デザイン• 先進装備• 発売時期 の4点となる。 次期ヴェゼルのパワートレインはどうなる? 初代ヴェゼルとなる現行モデルに関しては、• L15B型エンジンとCVTを組み合わせたガソリンモデル• LEB型エンジンとハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-DCD」を組み合わせたハイブリッドモデル の2つのモデルが2013年12月20日に同時発売された。 <参考スペック> 〇ガソリンモデル <L15B型エンジン> ・総排気量:1. 次期ヴェゼルのハイブリッドシステムには、ホンダの上級車のハイブリッドモデルに搭載されている「i-MMD」が採用される可能性が有力となっているのだ。 ハイブリッドシステムi-DCDがi-MMDに変更の可能性 現行ヴェゼルのハイブリッドシステムのi-DCD(intelligent Dual-Clutch Drive)は、1モーター方式のパラレル型ハイブリッドシステムを採用している。 電気モーターだけで駆動して走る「EVドライブ」• エンジンだけで駆動して走る「エンジンドライブ」• エンジンとモーターを共に活用して走る「ハイブリッドドライブ」 の3つのモードが用意されており、モーターのみのEV走行ができるものの、あくまで主役となるのはエンジンであり、モーターはアシストする役割となる。 そして、次期ヴェゼルに搭載が有力な i-MMD。 このi-MMDは、2モーター方式のシリーズハイブリッドシステムを採用している。 i-DCDとの違いは、駆動の主役となるのがモーターだということだ。 i-MMDでは、基本、エンジンは発電する役割に徹して、タイヤを動かすのはモーターの役割となる。 つまり、基本エンジンがかからないため、電気自動車のようなスムーズな走り心地を楽しめる所がポイントなのである。 また、i-MMDが通常のシリーズハイブリッドと異なるのが、高速走行時には、エンジンとクラッチが直結される仕組みになっている所。 これによって、走行状況にあった適切な状態で走ることが可能となっている。 第4世代のi-MMDになる可能性 ホンダの2モーターハイブリッドシステムのi-MMDは、• 2013年発売の現行型アコードハイブリッドに搭載されたものが第1世代• に搭載されたものが第2世代• に搭載されるものが第3世代 となる。 ちなみに、にも第3世代のi-MMDが搭載される見通しだ。 そして、次期ヴェゼルには、その次の世代となる第4世代のi-MMDが採用となる可能性が高いのだ。 これまでi-MMDは大型モデルでかつコストがかかっていたが、第4世代ではヴェゼルサイズにも搭載でき、コストも抑えられるようになると思われる。 ヴェゼルPHEVがいよいよ登場か ホンダのPHEV(プラグインハイブリッド)モデルと言えば、現行アコードのマイナーチェンジ前のモデルに搭載されていたが、今後は、クラリティPHEVが主流となりそうな気配となっている。 また、カルフォルニア州のZEV規制など海外の環境情勢を考えると、今後は、HVではなくPHVの必要性が高まる状況だ。 そして何よりも、ホンダは、2030年に四輪車グローバル販売台数の3分の2を電動化することを目指しており、「ハイブリッドシステムをベースとする、Honda独自の高効率なプラグインハイブリッドシステムを採用したモデルを、今後の開発の中心とする」ことが掲げられている。 >> それゆえ、次期ヴェゼルにPHEVモデルが追加される可能性が取りざたされている。 次期ヴェゼルの外観デザインの予想 これまでフィットやN-BOXといったホンダの売れ筋車種がモデルチェンジをしてもキープコンセプトを続けている傾向を考えれば、次期ヴェゼルの外観デザインも現行型のクーペ型のスタイルのキープコンセプトとなることを予想したい。 中国で発売となるSUVの新型アヴァンシアのようにややラグジュアリーで新しいLEDヘッドランプを搭載したデザインがベースになることも考えられるが、これではあまりにも現在のイメージと変わらない。 <新型アヴァンシスの動画> ヴェゼルがN-BOXのように圧倒的な一強状態であればまだしも、、といった強豪なライバル車種がいる中で守りの体制に入ってしまえば、一気に存在が埋没してしまう恐れさえある。 それに、現在のホンダのデザインアイデンティティである「EXCITING H DESIGN!!! (エキサイティング H デザイン!!! )」が発表されたのが2013年であることを考えると、次期ヴェゼルがデビューすると見られる2021年では8年目経つこととなり、そろそろ新しいデザインが求められる時期でもある。 それらを踏まえると、EXCITING H DESIGNの次を担う新しいデザインを次期ヴェゼルから採用し、ライバル車に大胆に攻勢に出ると言うシナリオも予想できる。 自動運転とEVがより求められる時代ということもあり、次期ヴェゼルのデザインとしてはアーバンなクーペスタイルのもと、先進性を感じさせるエクステリアに仕上がるのではないかと筆者は予想したい。 先進安全装備にホンダセンシング2を予想 現行ヴェゼルの先進安全装備にはミリ波レーダーと単眼カメラを採用した「ホンダセンシング」が搭載されている。 ホンダセンシングには、• 衝突軽減ブレーキ 〈CMBS〉 先行車両と歩行者、対向車両に対して衝突の危険がある場合に、衝突回避・被害軽減をサポートする機能。 誤発進抑制機能 間違って前に急加速してしまうことを抑える機能• 後方誤発進抑制機能 間違って後ろへ急発進してしまわないように抑制する機能• 歩行者事故低減ステアリング 路側帯を歩く歩行者に近すぎてしまった場合に衝突回避のためのステアリング操作の支援を行う機能。 路外逸脱抑制機能 自車が車線からはみ出しそうになったときに、車線内へと戻るようにステアリング操作を支援する機能。 ACC 〈アダプティブ・クルーズ・コントロール〉 設定した車速で車が自動で加減速し、先行車と適切な車間距離を維持しながら追従走行する機能。 LKAS〈車線維持支援システム〉 高速走行中に、車線からはみ出ないように、車線の中央付近を維持するようにステアリング操作を支援する機能。 オートハイビーム(ハイビームサポートシステム) ハイビームとロービームを自動で切り替える機能。 が現在存在している。 ライバルメーカーの先進装備の内容等を踏まえると、今後、 ・LKASの全車速対応化 ・レーンチェンジ(車線変更)の自動化 といった機能が加わってくることが考えられ、2021年という時期を考えると、それらが実用化されている可能性が十分あると予想できる。 いわゆるホンダセンシング2的な先進安全装備が投入されると筆者は予想している。 今後も需要の右肩上がりとなる可能性の高いSUVで売れ筋モデルだからこそ、次期ヴェゼルには、そのような先進技術投入があるのではないだろうか。 次期ヴェゼルの発売時期はいつ? 気になる次期ヴェゼルの発売時期(フルモデルチェンジの実施時期)だが、現時点では2021年が有力視されている。 ちなみに先程お伝えしたPHEVモデルに関しては、そこから1年程度後の2022年に投入という噂も一部では出ている状況だ。 東京モーターショー2019辺りで何らかの次期ヴェゼルのコンセプトが公開されることを期待したい。 次期ヴェゼルの価格に関しては、先進装備の充実化もふまえて10万円前後の向上と予想する。 次期ヴェゼルのフルモデルチェンジ最新情報のまとめ SUV市場がブームとなり、今後さらなる需要が見込めるだけに、売れ筋モデルのヴェゼルのフルモデルチェンジが失敗することはホンダとしてあってはならないことだ。 2016年まではヴェゼル一強だった状況から、トヨタC-HRの登場によって一気に勢力図が大きく変わった。 今後、自動運転技術と電気自動車技術が盛り込まれると見られる次期ジュークの登場によってさらなる苦戦もないとは言えない状況だ。 2代目となる次期ヴェゼルでは、PHEVや先進技術等でライバルよりも優位な内容を実用化させ、コンパクトクロスオーバーSUVのリーダー的存在となることを期待する。 新しい情報が入れば、追ってお伝えする。

次の

タイプ一覧|タイプ・価格・装備|ヴェゼル|Honda公式サイト

ヴェ ゼル フル モデル チェンジ

新型ヴェゼルのフルモデルチェンジは2019年はない! ホンダのヴェゼルが登場したのは2013年のこと。 思った以上に登場から月日が経っているのだなあと思います。 そろそろフルモデルチェンジという噂もありますが、2019年内のフルモデルチェンジはないと思います。 2019年の頭に1. 5Lターボモデルの追加• 2019年現在スパイショットが全くない ヴェゼルは2019年の頭に1. 5Lのターボモデルの追加を行いました。 2019年内にフルモデルチェンジとなると、1年間も販売できないラインナップを増やしたことになります。 5Lターボエンジンのローンチも兼ねて…と言えども、もっとやるだろうと思います。 またヴェゼルは日本専売の車ではありません。 海外ではHR-Vという名前で販売されています。 基本的にフルモデルチェンジ前にはスパイショットが出回り始めるのですが、2019年3月1日現在ではヴェゼルのスパイショットは出回っていません。 そのため2019年のフルモデルチェンジはないでしょう! 早くても2020年のフルモデルチェンジとなります。 新型ヴェゼルは1. 0Lのターボエンジン?? 直列3気筒の1. 0Lターボという字面が与えるガッカリ感は大きいですが、 最高出力:129ps 最大トルク:18. 4kgf・m と欧州版シビックに搭載される直3ターボはそこそこパワフル。 現行のNAのヴェゼルよりもトルクはあります。 パワーダウンするどころか、シリンダーが1つ減ってもむしろパワーが上がっています。 それにヴェゼルはシリンダーの数を気にするような人が買う車ではないですから、これが正当な進化なのかもしれません。 新型ヴェゼルのハイブリッドはi-MMD採用か ホンダ車のハイブリッドでよく出てくる単語が『i-MMD』。 「SPORT HYBRID i-MMD」は、高い環境性能と走りの楽しさを実現したハイブリッドシステムです。 環境性能と走りを両立するため、駆動用と発電用の2つのモーターを搭載。 さらに高効率のエンジンを組み合わせることで、状況に応じてそれぞれを自由に動かせる構造にしました。 参考: これだけ読んでもユーザーにとってはどうでもいい情報です。 何か利点があるのかというと一応あります。 EVモードを選択するとモーターのみでの走行が可能なので、深夜の住宅地でも静かに走ることができます。 ご近所さんにうるさい人がいてもこれなら安心です。 Sponsored Link 新型ヴェゼルの安全機能(ホンダセンシング)が充実する? 新型ヴェゼルの安全機能や運転補助装置をホンダセンシングと言います。 現行のヴェゼルの3つに搭載されていないのは以下の3つの機能です。 渋滞追従機能• 後方誤発進抑制機能• では、1つずつ見ていきましょう。 それを勝手にやってくれるのが渋滞追従機能です。 クルーズコントロールシステムの進化系ですが、一番の違いは停止状態でも自動で前の車に付いていくこと。 使ってみるとものすごい楽らしいです。 普段から高速道路で渋滞に捕まりがちな人にとっては嬉しい機能。 引用: 後ろに障害物がある状態でアクセルを踏むとバンパーが凹みます。 僕は一度凹ませました(笑) 油断した時にやってしまうことがあるので、実装されると嬉しい機能ではあります。 しかしながら2018年の秋に発売されたCR-Vでは実装されていません。 暗い時は基本ハイビームだけど対向車が来ると勝手にロービームに切り替わるわけですね。 都会だとあまり意識しないと思いますが、田舎道はハイビームじゃないとまともに走れないレベルの道路が多いので、割と重宝します。 対向車が来てる時にハイビームにしっぱなしだと迷惑なので、自動切り替え機能は新型ヴェゼルにほしいところです! 新型ヴェゼルのフルモデルチェンジまとめ• 2019年のフルモデルチェンジはない• エンジンは1. 0L直3ターボが搭載• i-MMDを採用• ホンダセンシングが進化し運転が楽に 上記のようなスペックの向上が予想されます。 続報が入り次第随時更新をしていきたいと思います!.

次の

【最新】新型ヴェゼル モデルチェンジ情報2019(1.5Lターボモデル「TOURING」&フルモデルチェンジ情報)

ヴェ ゼル フル モデル チェンジ

2008年5月にヴェルファイアはアルファードの姉妹車として誕生した、広い室内空間でファーストクラスのような豪華さと快適さを追求するラグジュアリーミニバンです。 フルモデルチェンジされるのに伴って変化する内外装や、充実する安全装備等についても予想を交えて紹介します。 ヴェルファイアはアルファードに統合される?姉妹車1本化が順次進められるもよう 次期型ヴェルファイアのフルモデルチェンジの動向が注目されていますが、ヴェルファイアは2020年内に姉妹車のアルファードに統合される可能性が高いという情報を入手しました。 2020年5月より全国の販売店でトヨタの全車種を併売することで、アルヴェルのような姉妹モデルについても一本化が決定。 販売台数が伸びているアルファードの名前を残し、ヴェルファイアを吸収するとのことです。 ヴェルファイアはネッツ店の専売から2020年1月以降カローラ店と併売になる! ヴェルファイアはこれまでトヨタネッツ店の専売車種でしたが、2020年1月よりネッツ店と共に、カローラ店でも販売を行う併売車種となる予定です。 2022~2025年にかけてヴェルファイアにとどまらず、トヨタ全車種を全販売店で併売する予定で、将来的にはどの販売店でもトヨタ車全車種の購入が可能になっていきます。 姉妹車のアルファードも2020年1月からトヨタ全店で併売車種となりますが、2025年までにはヴェルファイアが販売終了となり、アルファードに一本化するという噂もあります。 ヴェルファイアの「おしゃれでヤングファミリー向け」、アルファードの「一般的なファミリーユース」のコンセプトがどう一本化されるのか、注目が集まっています。 ヴェルファイアの次期フルモデルチェンジは2022年になる可能性が高い 2017年12月にビッグマイナーチェンジが行われたヴェルファイア 次回のフルモデルチェンジは5年後の2022年になると考える 約3年周期でフルモデルチェンジやビッグマイナーチェンジが行われている、ヴェルファイアの次期フルモデルチェンジのタイミングは2022年になる見込みです。 2002年5月に誕生した初代アルファードが、2008年5月にフルモデルチェンジを行った際に、ヴェルファイアは姉妹車として誕生しました。 上品な感じがして高級感が備わるアルファードに対して、ヴェルファイアのエクステリアは力強くてワイルドさがあり、20代~30代の若者達からの支持を集めました。 初代ヴェルファイアは誕生から約3年4ヶ月後の2011年9月にハイブリッドモデルを追加設定し、スピードメーターやシート表皮のデザイン変更等のマイナーチェンジを行って後期型へと移行しました。 初代モデルが後期型に移行してから約3年4ヶ月後の2015年1月には、ヴェルファイアにとっては初めてのフルモデルチェンジが行われ、ミリ波レーダー式のプリクラッシュセーフティシステムやインテリジェントパーキングアシストなどの安全装備が充実されました。 2代目ヴェルファイアが誕生してから約2年11ヶ月後の2017年12月に、マイナーチェンジが行わって、全車速追従機能付きクルーズコントロールやレーントレーシングアシストなどの運転サポート技術を充実させました。 約3年周期でマイナーチェンジやフルモデルチェンジを行っている事を根拠として、ヴェルファイアの次期フルモデルチェンジのタイミングを予想すれば、少し遅れた2022年になる可能性が高いのではないかと判断しました。 ヴェルファイアのモデルチェンジ年表 2008年5月 初代ヴェルファイア誕生 2011年9月 初代ヴェルファイアがマイナーチェンジを行って後期型へ 2015年1月 フルモデルチェンジを行って2代目ヴェルファイアが誕生 2017年12月 2代目ヴェルファイアがマイナーチェンジを実施して後期型へ 2022年 フルモデルチェンジを行って3代目ヴェルファイアが誕生? 次期ヴェルファイアのプラットフォームはTNGAを採用する可能性が高い 2022年にフルモデルチェンジによって誕生する見込みの新型ヴェルファイアは、4代目プリウスより順次導入される「TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」と呼ばれるトヨタの次世代プラットフォームの採用が確実視されています。 TNGAは、運転のしやすさ・乗り心地・安全性など車に求められるあらゆる属性を徹底的に追求する次世代型のプラットフォームです。 同プラットフォームのメリットには、開発費の抑制・ボディ剛性の強化・動力性能の向上・低燃費の実現などが挙げられます。 TNGAはトヨタ車に限らず、高級ブランドのレクサスや、ダイハツの小型車にも導入されています。 トヨタのミニバンシリーズでは、ヴォクシーやノアでもTNGAテクノロジーの一部は採用されています。 次期フルモデルチェンジで誕生するヴェルファイアは、トヨタのフラッグシップミニバンとして、同社のミニバンでは初めてTNGAを全面的に採用する可能性は高いと判断します。 次期ヴェルファイアがTNGAを採用すれば車高は低くなり、車両重量が軽減されることが想定される 次期ヴェルファイアが低重心化を特長とするTNGAを採用すれば、車高が低くなることが想定されます。 TNGAを初めて導入して誕生した4代目プリウスは、前モデルである3代目と比較すると、車高が20mm低くなりました。 そのため、次期ヴェルファイアもTNGAを採用すれば、プリウスと同様に車高が低くなる可能性もありますが、ミニバンの魅力である室内空間の広さは室内高を若干下げるなどして確保するものと思われます。 TNGAはユニットをグループ化して共用化を推進させて、骨格構造を最適化して、パーツを見直します。 その影響により次期ヴェルファイアがTNGAを導入すれば車両重量が軽減される事も想定されます。 新型ヴェルファイアは世界最高レベルの熱効率を実現する「Dynamic Force Engine」を搭載させて、ハイブリッド車では同エンジンに「THS2」を組み合わせる可能性がある 次期ヴェルファイアは2017年7月に誕生した新型カムリが初採用した、高速燃焼・可変制御・高レスポンス化等の技術力によって世界最高レベルの熱効率を実現した「Dynamic Force Engine(ダイナミック フォース エンジン)」の改良モデルを搭載する可能性があります。 新型ヴェルファイアのハイブリッドモデルは、同エンジンに4代目プリウスより導入されているコンパクト・軽量・低損失を特長とするハイブリッドシステム「THS2」を組み合わせるとの噂もあります。 ヴェルファイアの現行モデルの燃費(ハイブリッド車)はJC08モード比で18. 4km~19. TNGAを採用しダイナミックフォースエンジン等を搭載すれば、20%もの低燃費が実現できると噂されています。 その値を用いて、単純計算すれば新型ヴェルファイアの燃費(ハイブリッド車)は22. ヴェルファイアの現行モデルと新型モデル(予測値)の燃費比較 現行モデル 新型モデル(予測値) ハイブリッド 18. 5Lガソリン車 11. 5Lガソリン車 10. 2022年にフルモデルチェンジが行われて誕生する予定のヴェルファイアのエクステリアは、2段ヘッドランプやフロントフォグランプ周りに大胆なメッキグリル加飾を引き続き施すと思われます。 2017年12月に行われたマイナーチェンジで採用された、 機能性とデザイン性に優れる3眼LEDヘッドランプや、フロント・リヤ部に設置するシーケンシャルターンランプは、次期モデルにおいては全グレードで標準装備されると予想します。 新型ヴェルファイアは、特徴であるロアグリルも一体化する大型フロントグリルや、リアコンビネーションランプとライセンスガーニッシュを組み合わせて実現させる立体造形を強化して、ワイルドな印象を強めるものと期待します。 新型ヴェルファイアはハリアーと同様にインテリアカラーに赤色系統も追加設定する見込み トヨタのフラッグシップミニバンとして、内装にも徹底的にこだわるヴェルファイアのインテリアカラーは、黒・ベージュ・ホワイトの3色がラインナップされていますが、現行モデルではトヨタのラグジュアリーSUVであるハリアーが採用するディープボルドーのような赤色系統は未設定です。 高級車のインテリアカラーに赤色系統も設定するケースが多くなっている事を考慮すれば、日本を代表するラグジュアリーミニバンであるヴェルファイアも 内装色に赤色系統を追加設定する可能性は高いと判断します。 次期ヴェルファイアのガソリンモデルが採用する可能性がある「Dynamic Torque Vectoring AWD」は、後輪の左右駆動力も最適制御可能とするトルクベクタリング機構を搭載させて、悪路走行時であっても優れた操縦安定性を実現可能とします。 3倍増加させて、走行状態に適した出力を後輪に配分できる新制御法を採り入れる事で優れた操縦安定性を達成させます。 次期ヴェルファイアは第2世代の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を進化させる見込み 2017年12月に行われたマイナーチェンジで、ヴェルファイアは、昼間の自転車や夜間の歩行者も検知可能とする「プリクラッシュセーフティ」、一時停止や進入禁止などの道路標識をメーター内のディスプレイに表示する「RSA(ロードサインアシスト)」等の新たな機能を追加して安全性を向上させました。 2022年にフルモデルチェンジが行われて誕生する予定の新型ヴェルファイアは、第2世代の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を引き続き採用して、既存装備の作動域を拡大するなどのバージョンアップを行う、レーンディパーチャーアラート等の機能を追加設定して進化させるはずです。 次期ヴェルファイアの販売価格は現行モデルに20万円を加算した金額であると予想される ヴェルファイアの現行モデルの標準ボディの価格帯は335万円~735万円です。 専用フロントバンパーやリヤパンパー、メッキモール付きのサイドマッドガードを装備するエアロボディの価格帯は369万円~750万円です。 単純計算すれば、新型モデルの標準ボディの価格帯は352万円~759万円、エアロボディの価格帯は386万円~775万円へと推移すると思われますが、同車が発売された際に値引き交渉を行えば同額を割引ける可能性もあります。 現行型ヴェルファイア(エアロボディ)のグレード別 価格表 グレード 価格 HYBRID Executive Lounge Z 7,752,000円~ HYBRID ZR Gエディション 5,654,000円~ HYBRID ZR 5,491,000円~ HYBRID Z 4,799,000円~ Executive Lounge Z 7,421,000円~ ZG 5,260,000円~ Z Gエディション 4,664,000円~ Z 7人乗り 3,908,000円~ Z 8人乗り 3,864,000円~ 新型ヴェルファイアではプリウス同様にPHVのラインナップも考えられる 2022年にフルモデルチェンジが行われて誕生予定の新型ヴェルファイアからは、プリウス同様にPHVのラインナップも考えられます。 次期ヴェルファイアにPHVモデルが登場するとば、プリウスPHVに搭載されているプラグインハイブリッドシステムを改良して搭載する可能性が高いと判断します。 災害等によって、停電が発生した際の電気の供給源となるPHVの注目度は高まっています。 EV時代が本格化する前の選択肢として、ヴェルファイアからもPHVをラインナップすれば一定以上の需要が見込まれます。 新型ヴェルファイアにPHVがラインナップすればオプティトロンメーターのデザインは差別化される可能性が高い ヴェルファイアの現行モデルは、ガソリン車用・ガソリン車(エアロ仕様)・ハイブリッド車用・エクスクルーシブラウンジ用で異なる4タイプのオプティトロンメーターを設定しています。 新型ヴェルファイアにPHVがラインナップすれば、メーターリングや盤面に専用加飾やオリジナルカラーを採用したオプティトロンメーターを搭載して、他モデルとの差別化を図る可能性が高いと判断できます。 室内空間の快適さと豪華さを特長とする同車は、次期モデルチェンジで赤色系統のインテリアカラーを追加設定して、「ダイナミックトルクベクタリングAWD」等を導入して操縦安定性を向上させて、第2世代の「トヨタセーフティセンス」を進化させて安全性を強化する予定です。 トヨタのフラッグシップミニバンであるヴェルファイアは、フルモデルチェンジを行う事で新時代に求められるユーザーの期待に応えていきます。

次の