宅建 講座 人気。 タキザワ宅建予備校

宅建士が人気な理由

宅建 講座 人気

あなたの 希望にマッチした講座がきっと見つかる!• 働きながら宅建の資格を取りたい!• 高品質な講座を「安く」受講したい!• 資格学校に通う時間がなくて困っている!• 通勤・通学の時間を活用出来るe-ラーニングが欲しい!• シンプルに合格率の高い講座を求めている!• 宅建の勉強がはじめてなので不安がある・・・ 当サイトでは受講料・教材・講師・評判・口コミ・合格率などから総合的に判断して、 おすすめの講座を厳選しておりますので、きっとあなたの 「本気」に応える講座が見つかるはずです。 更に当サイトでは、 宅建士の働き方や就職事情、そして資格の持つ本質に迫る情報も掲載しておりますので、宅建士の知識を求めている方や、独学で煮詰まっている方にも是非読んで頂きたいコンテンツを揃えております。 当サイトでは宅建講座を以下の独自の 5つの視点から各20点満点で評価しております。 テキスト・講義動画・講師の品質• 講座のカリキュラムの充実度• 受講料 費用 の優位性• サポートの充実度・安心感• 運営実績・合格率等の信頼度 あなたが講座選びで重視している部分は「テキストの充実度?」「受講料の安さ?」それとも「合格率の高さ」でしょうか?迷っている方は評価を参考にして頂ければ、 希望に叶う講座がきっと見つかるはずですよ。 資格学校名 教材・講義 カリキュ ラム 費用 サポート 運営実績 総合 評価 フォーサイト 20点 15点 20点 10点 20点 85点 クレアール 15点 15点 20点 15点 15点 80点 スタディング 20点 10点 20点 10点 15点 75点 アガルート 20点 10点 20点 10点 15点 75点 ユーキャン 15点 10点 10点 15点 15点 65点 資格スクエア 15点 10点 15点 5点 20点 65点 L・A エルエー 15点 10点 15点 10点 15点 65点 フォーサイトの 優れた特徴• 優れた合格率と実績を誇る通信講座• 資格講座随一の品質を誇る優れた教材• 宅建を知り尽くした講師の解りやすい講義• e-ラーニングで本気のスキマ時間活用が可能• 講義動画・音声のダウンロードが可能• 透明性が高い通信講座で安全・安心• コスパに優れた安価な通信講座 講座のおすすめ度 公式サイト 対応学習レベル• 初学者• 学習経験者• 独学者 学習スタイル 通信講座 教材一覧 テキスト フォーサイトオリジナルフルカラーテキスト 講義動画・音声 通信講座専用環境で撮影のハイビジョン・高音質講義動画 e-ラーニングシステム オリジナル学習システム「道場破り」 サポート体制• サポートメールマガジン定期配信• twitter・facebook・Lineなど各種SNSによる情報共有• 担当講師ブログ 割引・キャンペーン等• 宅建試験合格者にAmazonギフトコード 最大2000円分 進呈• 全額返金保証制度対応コースあり 受講者の 評判・口コミをチェック 20代女性/バリューセット2 eラーニングが便利でよく使いました eラーニングのアプリで確認テストをしながら、分からない時は同じ画面でテキストに戻るという使い方をしていました。 eラーニングに全部の教材が入っているっていうのがありがたかったですね。 30代男性/バリューセット2 通信教育のなかでも評判がよく合格率が高かった フォーサイトにした理由は、インターネットで検索したときに評判がよかったことと、合格率が高かったので「ここでやってみよう」と決めました。 資料請求もしたのですが、「テキストが非常にいい」という口コミ通り、フルカラーで見やすいなと思いました。 40代男性/バリューセット2 高い合格率に惹かれ、1回で合格するために選びました ネットでもいろいろ調べて、フォーサイトの合格率が非常に高いなという印象を持ちました。 資料請求をして、やはり合格率が高いということと、シンプルに教材を作っていますよ、ということが書いてあったので「これなら自分もやれるかな」と感じました。 クレアールの 優れた特徴• 「合格」するための絞り込んだ学習戦略• 宅建指導の大ベテラン講師を起用• 自分のレベルにあった講座が選べる• 教材・カリキュラム・受講料の良好バランス• 運営実績・高い信頼性を持つ資格講座 講座のおすすめ度 公式サイト 対応学習レベル• 初学者• 学習経験者• 独学者 学習スタイル 通信講座 教材一覧 テキスト オリジナルテキスト 講義動画・音声 通信講座専用環境で撮影された講義動画 e-ラーニング 講義動画視聴 マルチデバイス対応 ・音声/資料ダウンロード可能 サポート体制• 事前受講相談• 担当講師ブログ• twitter・youtubeなど各種SNSによる情報共有 割引・キャンペーン等• 期間限定キャンペーン:割引率大• セーフティコース:合格お祝い金制度8,000円• セーフティコース:受験料負担• セーフティコース:1年目で合格で2年目の未受講分を全額返金 受講者の 評判・口コミをチェック 男性 クレアールは一式揃うスクール クレアールは通信講座の中でも受講料が安く、教材等も含んであり 余計な教材が付いているということも無く 、さらに模試まで付いているということで、私が試験勉強に必要と思う、シンプルなテキストと問題演習が一式揃うスクールだと思い選びました。 女性 飽きることなく取り組みやすかった 通信教育予備校の資料請求を数社行い、検討をした結果、氷見先生の雰囲気の良さとコストが安いことからクレアールを選びました。 先生の授業は1回 単元 が1時間以内にほぼおさまり、授業で習ったらすぐに問題演習を行うので飽きることなく取り組みやすかったです。 また、授業内容も基本的なことから丁寧に教えて下さるので理解しやすいものでした。 男性/受験回数:1回 フレキシブルな受講スタイルがメリット WEB受講ならではのフレキシブルな受講スタイルを活用することは最大のメリットで働きながらの学習では非常に有益です。 しかし、WEB受講のため登校しないことが要因となる「さぼり癖」は通信教育のデメリットとなりますが、このデメリット部分を乗り越えられればクレアールの講義だけで大きい確率で合格できると思います。 スタディングの 優れた特徴• e-ラーニングでスキマ時間の活用を実践• 全てがスマホで完結する高機能な学習システム• 業界随一の優秀講師の講義• スマホで徹底的にアウトプットを強化• コストパフォーマンスに優れた通信講座 講座のおすすめ度 公式サイト 対応学習レベル• 初学者• 学習経験者• 独学者 学習スタイル WEB通信 教材一覧 テキスト フルカラーWEBテキスト 講義動画・音声 オリジナル講義動画・音声 e-ラーニング マルチデバイス対応の高機能学習システム サポート体制• 学習システムによる各種サポート機能• メルマガ配信• twitter・facebook等SNSによる情報発信 割引・キャンペーン等• 無料講座登録で割引クーポン• 季節に応じた期間限定キャンペーンやクーポン配布• スキルアップ割引制度• 多人数申込みで割引き率が上昇する法人割引き制度• 合格お祝い制度 宅建士試験合格で3,000円進呈 受講者の 評判・口コミをチェック 男性 一回をそんなに長くやらなくてもできるのが良い スマホで簡単に勉強時間が確保できるので、本当に時間がない人にとっては素晴らしい仕組みになっている。 講義も細切れで作られているので、一回をそんなに長くやらなくてもできるのが良い。 動画とテキスト、さらには問題集までがアプリで全て完結している点が、細かい勉強時間の確保につながり最後合格できた1番の理由。 女性 講師の話し方や内容がとてもわかりやすく質のよいものでした Studyingを利用した理由は、やはり動画での講義を見ることができるからです。 動画があると耳で聞いて目でみて、理解することができるのでインプットしやすく、また間違いやすい内容もピンポイントで教えていただけるので私にあっているなと思いました。 周りは予備校などに通っていましたが、休みの日決まった時間を勉強に使うことはできず、動画であれば隙間時間で勉強できる点も魅力的でした。 男性 1日1講座のペースで、無理なく受講することができています 全体の構成としてメリハリが利いているのが良い。 点数の取りやすい科目に集中して、点数の取りにくいものや費用対効果の合わない項目は時間をかけないという風に指導してくれる。 私は動画視聴は飽きてしまうので、画面でテキストをざっとよんで、問題でフォローした。 問題集は1回解いてすぐに画面上で正誤判定・説明がつくので、ゲーム感覚で楽しく飽きない。 アガルートの 優れた特徴• 人気の実力派講師の講義• 高い合格率を誇る通信講座• 講義と相性バッチリのカラーテキスト• マルチデバイス対応のWEB講義• 業界最高クラスの安価な講座• 全額返金の強力な合格特典 講座のおすすめ度 公式サイト 対応学習レベル• 初学者• 学習経験者• 独学者 学習スタイル 通信講座 教材一覧 テキスト オリジナルカラーテキスト 講義動画・音声 通信講座専用環境で撮影の高画質・高音質講義動画 e-ラーニング マルチデバイス対応のオンライン受講環境 サポート体制• Facebookグループに参加で、無料・回数無制限で質問が可能• twitter・facebook・youtubeなど各種SNSによる情報共有 割引・キャンペーン等• 期間限定キャンペーンを不定期開催• 合格全額返金特典 受講者の 評判・口コミをチェック 男性/宅建試験カリキュラム 強力な合格特典が魅力 昨年宅建試験を受けようとして、民法の一部分だけ学習はしたことがあったのですが、大部分は初めての学習なので確実に合格したいと思い、専門学校を探していたところでアガルートを見つけました。 合格特典の「受講料全額返金」と「合格お祝い金支給」でアガルートに決めました。 男性/宅建試験カリキュラム 本試験で問われていることが網羅されている テキストは思ったよりも薄かったので最初は不安もありましたが、過去問を解いた後にテキストを見ると本試験で問われていることが網羅されてることが実感出来たので、テキストだけで勉強することに迷いもなくなりました。 アガルートアカデミーの講義とテキストを利用することで効率的に学習でき、幸運にも1回の受験で合格出来ました。 男性/演習総合カリキュラム オンラインならではのメリットを最大限に活用 仕事で学習時間の確保が十分に出来ないこともあり、通勤中等の移動時間でもオンライン講座を見て知識の定着を図りました。 オンライン講座は速度の調整が出来たので、学習量も増やすこともでき利便性が高かったです。 予備校と違い「いつでも、どこでも、好きなだけ」講座を受講できることはオンラインならではのメリットだと思います。

次の

宅建試験の難易度はどれくらい?他のビジネス系資格と3つのポイントで比較してみました!

宅建 講座 人気

群を抜く宅建士人気 宅建士が人気の国家資格であることは、受験者数をみれば分かります。 参考までに、宅建と同じく不動産関係、またはよく比較される国家資格の受験者数を比較してみましょう。 以下は、平成30年度におけるそれぞれの試験の受験者数です。 国家資格の種類 受験者数 宅建士 213,993人 行政書士 39,105人 管理業務主任者試験 16,249人 マンション管理士 12,389人 ご覧のとおり、宅建士だけ桁が違うのが分かります。 受験者の数が20万人を超える国家資格試験はそうありません。 いかに宅建士が人気であり、その価値を認める学生・社会人が多いかの表れでしょう。 宅建士資格を取得したあとは、宅地建物取引業者をはじめ、不動産売買の会社や賃貸業者、不動産管理会社など不動産を取り扱う業種への就職・転職が目立ちます。 宅建・不動産業界だけでなく、金融機関やデベロッパーなども宅建資格に興味を示すといわれます。 就職活動に大いに生かせることが、宅建受験を後押しする一面は否定できません。 また、ほかの国家資格と比べ、受験しやすいところも人気の理由といえます。 宅建は試験範囲こそ広いですが、試験方法は全問マークシート方式で、試験対策が立てやすく、はじめての方でも勉強に取り組みやすい印象です。 試験問題は生活になじみのある民法や宅建業法(住宅の賃貸借契約の際等に宅建士と接したご経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか)と接する機会も多いと)が中心で、生活シーンでみた・耳にした用語なども登場します。 専門性の高い国家試験でありながら比較的取り組みやすい印象を与えるところも、人気の理由かもしれません。 関連記事: 取得のメリット 宅建は、就職・転職に強い資格です。 先述のとおり、宅建業界を中心にさまざまな業種での活躍が見込まれます。 とくに「宅地建物取引業」を看板に掲げる事務所・会社は、最低でもひとり有資格者を設置することが義務付けられており、その数は事業規模によって規定があります。 不動産売買取引において、契約の際必要となる重要事項の説明および37条書面の交付は、宅建士保有者でなければ担当できません。 その点を考えても、宅建士資格の有用性が分かると思います。 また、宅建取得を推奨する不動産会社も少なくありません。 同資格を持つだけで、資格手当を支給するところもあります。 必ずしも宅建資格を必要としない不動産業者や金融系の企業・団体でも、資格を持つことで重要なポジションを任され、なおかつ待遇もよくなることが期待できます。 宅建はビジネスシーンだけでなく、遺産相続や持ち家の売却、マイホーム購入など生活シーンの中でも生かせる資格です。 宅建試験の勉強で習得した不動産関連の知識が役立つからです。 土地・マンションといった高額な資産の売却や相続は、複雑に法律が絡み合い、手違いがあると大きなトラブルにも発展します。 それを防ぐための防衛手段として、宅建資格を取る方もいます。 関連記事:• 関連記事:• 関連記事:• 関連記事:• 関連記事: 独立開業にも生かせる! 就職・転職活動をバックアップする宅建資格ですが、宅建取引事務所の独立開業にも効力を発揮します。 先述のとおり、宅建業を営むには宅建資格が必須で、契約業務も資格なしには進めることはできません。 将来的に自分の事務所を持ちたいとお考えの方にも、宅建はおすすめできる資格です。 国家資格は、「就職・転職向き」か「独立開業向き」のいずれかのタイプに分かれるものですが、宅建はこのふたつを兼ね備えています。 そんな利便性の高さも、宅建人気の理由のひとつかもしれません。 いずれの道を選択するにしても、宅建資格は宅建業・不動産業でのステップアップを後押ししてくれる存在といえるでしょう。 関連記事:• 関連記事:• 関連記事:.

次の

宅建の資格とは?人気や魅力|宅建|通信講座・資格取得なら四谷学院通信講座

宅建 講座 人気

受験者数・合格者数・合格率・合格点の推移 受験者数 合格者数 合格率 合格点 H19 209,684 36,203 17. 10月の第3日曜日に行われています。 宅建の平均的な学習時間 宅地建物取引士に合格するための学習時間は、試験合格者の体験談や予備校の学習時間などから考慮して 300時間〜400時間でしょう。 ちなみに 簿記2級で約250時間、行政書士で約600時間です。 宅建は300時間〜400時間ほどですのでこの中間あたりです。 難関資格では、司法書士で3000〜4000時間、公認会計士、税理士などは5000時間程とも言われており、司法試験では8000時間はかかると言われ、年単位の学習期間が必要になってきます。 宅建の勉強時間が300時間だとして、毎日3時間勉強に時間が取れるのなら100日。 3から4ヶ月は最低でも準備しておきたいところです。 合格ラインは35点前後であり、50問中の7割ほどを正解すれば合格できます。 この辺を考慮すれば、少ない勉強時間でも傾向と対策をしっかり行い、勉強するところと、捨てるところを考え、合格の35点がとれることは十分あるとも感じます。 しかし、やまをはる勉強にはリスクも伴い、そこにはやはり運の要素も絡んできます。 全くの素人が法律の勉強からいろいろやるとなかなか効率の良い学習が出来ないことも多く、勉強しているようであまり身になっていない時間も多く発生しがちです。 ここは、身近に試験合格者がいればアドバイスをいただいたり、予備校や通信講座を利用し、無駄な寄り道をしないよう効率の良い濃い学習、点に結びつく学習をこころがけましょう。 受験者数 毎年約20万人が受験。 これは数ある資格の中でもかなり多い部類に入ります。 宅建と相性の良い資格として有名な管理業務主任者やマンション管理士の受験者数は1万5千程度。 宅建は土地や建物を取引する企業では一年目から受験を促されるところもあります。 不動産仲介業だけではなく、ハウスメーカーや銀行においても資格を取得する方が多くいます。 合格者 毎年約3万人が合格。 これもかなり多いです。 人気資格であり、受験者数が多いのが間違いなく影響しています。 これだけ多くの方が取得しているにも関わらず、毎年平均して3万人ほどがどう合格していることを考えると、この資格はいろいろな職種の方に必要とされている人気資格であることが分かります。 合格率 15〜17%に落ち着いています。 宅地建物取引業に従事しているかたは、登録講習を受講すれば5問免除になります。 これにより、合格率は20〜25%ほどまで上がりますのでこのあたりも検討する価値ありです。 これだけの受験者数を誇る資格で合格率15〜17%を推移している状況から、決して敷居が非常に高いと躊躇するようなイメージではなく、やる気と良い教材があれば短期間でも十分に合格可能なレベルと言えます。 試験は毎年10月で年に1回であることから、勉強開始が遅いと独学でちょっとやったくらいでは厳しいです。 とにかく計画的に早めに学習をスタートさせましょう。 個人差はあるものの、宅建合格のためには約300時間の学習は標準的に考えて必要と言われます。 確実な合格を目指す方は通信講座などを活用し、効率よく短期合格を目指しましょう。 最低合格点(合格ライン) 2016年までの10年ほどのデータを見てみますと、 32点〜36点が合格点になっています。 宅建の試験は 50問・4肢択一式による筆記試験で、6割〜7割程度の点数をとれば合格出来ると言えます。 35点ほどとればかなりの確率で合格出来ると言えます。 宅建を受験する場合主要な3科目に分ける事が出来ます。 主要3科目は3つ 1.宅建業法 2.民法 3.法令上の制限 宅建の試験は、宅建業法 20問、民法 権利関係 14問、法令上の制限 8問、その他の法令 8問 5問免除制度適用者は3問 このような配分になっています。 宅建試験の流れ 試験案内の掲載・配布 ネット:ホームページに掲載。 (毎年7月1日から15日まで(原則) 郵送:各都道府県ごとに指定の場所で配布します。 へ確認してみましょう。 (毎年7月1日から7月31日まで(原則)) 受験申込の受付 【インターネット】毎年7月1日から15日まで(原則) 【郵送】毎年7月1日から7月31日まで(原則) 宅地建物取引士資格試験の料金 7,000円 消費税及び地方消費税は非課税 受付票(兼試験会場案内)の送付 毎年8月頃(予定) 受験票の送付 毎年9月末頃(予定) 試験の実施 原則として、毎年10月の第3日曜日 合格者の発表 原則として、毎年12月の第1水曜日又は11月の最終水曜日 合格証書の送付 詳しくは、のホームページをご覧下さい。 表を参考に詳しい内容や料金は資料請求(無料)を行うか、ホームページで確認しましょう。

次の