明治 大学 サッカー 部 メンバー。 明治学院大学体育会サッカー部

國學院大學体育連合会蹴球部 公式WEBサイト

明治 大学 サッカー 部 メンバー

2019年度 第68回全日本大学サッカー選手権大会(インカレ)決勝が22日に行われ、浦和駒場スタジアムで明治大学(関東第1代表)と桐蔭横浜大学(関東第2代表)が対戦した。 今季の関東大学リーグ1部と総理大臣杯を制している明治大は、インカレ制覇で3冠達成を狙う。 準決勝では関西学院大学(関西第2代表)に7-3と大勝し、ファイナルへ駒を進めた。 決勝の先発メンバーには、準決勝で負傷からの復帰を果たしたFW佐藤亮(4年)をはじめ、MF安部柊斗(4年/FC東京加入内定)らJクラブ加入内定6選手が名を連ねた。 対する桐蔭横浜大は、関東大学リーグ1部で2位に躍進。 初出場のインカレで決勝進出を果たし、初優勝を狙う。 先発メンバーには、DF眞鍋旭輝(4年/レノファ山口FC加入内定)やMFイサカ・ゼイン(4年/川崎フロンターレ加入内定)らが名を連ねている。 前半は拮抗した展開のまま均衡は破られず、スコアレスで終了。 後半は明治大がボールポゼッション率を高め、敵陣でのプレータイムで相手を圧倒する。 63分にはMF瀬古樹(4年/横浜FC加入内定)がペナルティーエリア右手前から強烈な左足シュートを放ったが、左ポストを直撃。 安部やMF中村健人(4年/鹿児島ユナイテッドFC加入内定)らのミドルシュートも、桐蔭横浜大GK早坂勇希(2年)のビッグセーブに阻まれ、なかなかゴールネットを揺らすことができない。 明治大は72分にユニバーシアード日本代表FW小柏剛(3年)を投入して攻勢を強めるが、最後の一線を割ることができない。 アディショナルタイム3分を経過しても得点は生まれず、0-0で15分ハーフの延長戦へ突入した。 小雨が降り始めた中、延長前半がキックオフ。 すると、開始早々の92分に均衡が破られた。 先手を取ったのは、劣勢を強いられていた桐蔭横浜大。 ペナルティーエリア右手前からのFKは相手DFにクリアされたが、エリア左側からFW滝沢昂司の折り返しを眞鍋が合わせ、ゴールネットを揺らした。 先制を許した明治大だが、反撃のゴールはわずか4分後だった。 95分、小柏がペナルティーエリア内でこぼれ球に反応すると、ファウルを受けてPKを獲得。 佐藤亮がゴール右隅に決めて1-1の同点に。 さらに2分後、ペナルティーエリア左奥でスルーパスを受けたDF蓮川壮大(3年)が左足で流し込んで2-1と逆転に成功した。 2-1で迎えた延長後半、桐蔭横浜大は選手交代を交えて反撃を狙ったものの、明治大が112分に追加点。 瀬古のクロスからMF森下龍矢(4年/サガン鳥栖加入内定)が左足ボレーを決め、勝利を決定づけた。 試合は3-1で終了。 明治大が10年ぶり3回目のインカレ制覇を果たし、3冠を達成した。 【スコア】 明治大学 2-1 桐蔭横浜大学 【得点者】 0-1 92分 眞鍋旭輝(桐蔭横浜大学) 1-1 96分 佐藤亮(PK)(明治大学) 2-1 98分 蓮川壮大(明治大学) 3-1 112分 森下龍矢(明治大学) 取材・文=内藤悠史.

次の

明治学院大学体育会サッカー部

明治 大学 サッカー 部 メンバー

概要 [ ] 出身。 高校時代は、1年時にチームがに出場するがメンバーには入っていない。 3年時のでは県大会の決勝で、などがメンバーのに延長の末、1-2で敗れ全国大会出場は果たせなかった。 清水東高校の1学年下には、2学年下にはなどがいた。 その年の全国高校サッカー選手権大会では清水商業が全国優勝を果たした。 1989年に政治経済学部に入学して、サッカー部に入部。 卒業後の1993年より会社員となり社会人サッカーを続けた。 2005年横浜市で小学生・中学生を対象としたサッカークラブ・FCパルピターレを設立。 FCパルピターレでは2015年に関東大会に出場した。 2013年から明治大学サッカー部のコーチに就任。 2014年に助監督となる。 同年、監督のが監督に就任したことに伴い、助監督のままチームの指揮をとる。 で、を破り優勝し、に出場した(2回戦でに敗退)。 2015年よりサッカー部の監督に就任した。 同年、、(1部)で準優勝。 2016年には総理大臣杯全日本大学サッカートーナメントで創部95年で初の夏の全国制覇を達成。 また、同年の関東大学サッカーリーグ戦(1部)では現行の12チームになって最速での優勝(6年ぶり4回目)を果たし2冠を達成した。 チームメンバーから、2015年は、、、、、、、2016年は、、、、、などがJリーガーとなった。 には、在学のまま退部してに加入した室屋成が出場した。 2019年時点では、大手ゼネコンのサラリーマンをしながら大学サッカーの監督を行っている。 指導者歴 [ ]• 2005年 - : FCパルピターレ 代表• 2013年 :明治大学 コーチ• 2014年 : 明治大学 助監督• 2015年 : 明治大学 監督 脚注 [ ] [].

次の

【新歓記事 2018vol.6】明治大学のチーム紹介

明治 大学 サッカー 部 メンバー

第43回 総理大臣杯全日本大学トーナメント・明治大学サッカー部優勝 最初に 明治大学サッカー部の 経歴を簡単に紹介します。 明治大学体育会サッカー部は、 1921年(大正10年) 創部。 1928年に 関東大学サッカーリーグに参加。 1953年(昭和28年)に創設された 全国大学サッカー選手権大会〔インカレ〕に第1回大会から 参加。 1958年(昭和33年) 第6回全国大学サッカー選手権大会 インカレ で初優勝。 1964年(昭和39年) 関東大学サッカーリーグで初優勝。 2009年(平成21年) 天皇杯全日本サッカー選手権大会では2回戦で J2湘南ベルマーレ、3回戦で J1モンテディオ山形に勝利。 (大学サッカー部の中で初めてJ1リーグ所属チームに勝利し快挙を成し遂げた。 ) 2009年(平成21年) 全日本大学サッカー選手権大会 インカレ 決勝で福岡大学を下し、実に 51年 1958年)ぶり2回目の優勝。 2010年(平成22年)は 創部初のスペイン遠征や数名のスペイン留学を実施。 2010年(平成22年) 関東大学サッカーリーグ戦で3年ぶり 3回目の優勝。 2016年〔平成28年) 総理大臣杯において 初優勝。 他にも 2004年(平成16年) 関東大学サッカー選手権大会優勝、 関東大学サッカー新人戦大会優勝(3回)、 インディペンデンスリーグ Iリーグ 優勝(2回)などの戦績を残しています。 大学サッカー3冠タイトルの 1. 総理大臣杯全日本大学トーナメント 総理大臣杯 2. 全日本大学サッカー選手権大会(インカレ) 3. リーグ戦 全て制覇しています。 そんな 素晴らしい実績を持った 明治大学サッカー部です。 そして今年、 第43回 総理大臣杯全日本大学トーナメントでは、関東リーグから出場のタレント軍団「 明治大学」と、関西リーグから出場の実力校「 大阪体育大学」とが 決勝で 総理大臣杯をかけて争いました。 拮抗した試合が動いたのは、 前半41分で明治大学の FW狩土名禅選手(2年)のポストプレーからのこぼれ球に反応した MF安部柊斗選手(3年)が右足でシュート、 大阪体育大学の DF田中駿汰選手(3年)がカバー、跳ね返りを再度、 安部選手が左足で押し込み 先制点を奪いました。 阿部選手は、準決勝の「 大阪学院大学」で小学生以来の ヘッディングシュートで得点を決めていて、準決勝、決勝と 2試合連続得点は「人生初」の出来事だそうです。 前半を明治大学がリードして折り返しました。 そして、 後半32分には、後半26分に交代出場した、 FW佐藤凌我選手(2年)がペナルティーエリアに入ってすぐのところから右足で 豪快なゴールを決めて大阪体育大学を突き放しました。 佐藤選手は、交代出場する時に栗田大輔監督から「 追加点を取って試合を決めてこい」と言われて、グランドに入ったそうで、その通り追加点を取って試合を決めました。 終了のホイッスルが鳴って試合終了。 4年連続して決勝戦に進んだ 明治大学が 2年ぶり2度目の総理大臣杯優勝を達成しました。 こんな強い 明治大学サッカー部の メンバーの出身と、 プロも注目する選手を紹介します。 また、日本代表歴も多く、U-15,U-16,U-17,2017年の全日本大学選抜として第29回ユニバーシアード競技大会優勝に貢献しています。 岩武選手の特徴は、優れた身体能力を持ち相手との1対1の守備に優れ、スピードを生かしてサイドを突破して攻撃に参加するのが魅力です。 卒業後はJ1チームの「 浦和レッズ」に入団が内定しています。 プロ入団1年目からの活躍が期待されます。 明治の10番。 背番号に託された使命を全うする男。 現在のポジションは、ボランチ。 将来的には、もっと前目のポジションを狙っていて、トップ下、サイド、FWといろんな攻撃的ポジションやっていきたいと望んでいます。 大学サッカー界屈指のゲームメーカー、タレント軍団の心臓といわれた男。 MF安部柊斗 3年 (FC東京U-18出身) ポテンシャルの高さは抜群で、チームメイトも認めるところです。 Jリーガー候補が スタメンに多数並ぶ 明治大にあって、栗田大輔監督も「 明治サッカーの心臓」と一目置くプレーヤーに成長してきた阿部選手です。 これからの成長が楽しみな選手の一人です。 来年は、プロのスカウトが目の離せない選手になっていると思います。 明治のスパーサブ。 2020年に22歳になる東京五輪世代で、桐生一高時代にU-18日本代表に選出された実績を持っています。 大学在籍中にもう一度、日本代表に選ばれることを期待して、日々練習に励んでいます。 狩土名禅「かるどな・ぜん」と読み、アルゼンチン人の父と日本人の母の間に生まれ、父親とは英語、母親とは日本語で会話をするバイリンガルです。 明治大学ではFWのポジション争いが激しく、今でこそ「スーパーサブ」に甘んじていますが、早く抜け出してスタメンを確保することが当面の目標です。 ここで紹介した選手はほんの一握りにすぎない。 皆さんもぜひご自分の目で大学サッカーの試合を観戦されてみてはいかがだろうか。 将来有望な選手を自分の目で発掘出来るかもしれない。 最後に ここでは「 明治大学サッカー部メンバー2018のプロ注目選手や進路と出身も」で、 明治大学サッカー部を紹介しましたが、才能豊かな選手が多く、卒業後プロが内定している選手や、将来有望な選手が毎年のように入っては出ていく様な、サッカー部です。 OBで現役の選手も多く活躍しているのは、在校生として誇りに思っていると思います。 明治大学の卒業生で、北川景子さんもいましたね! これからのますますのご活躍を期待しています。 最後まで有り難うございます。 Sponsored Links カテゴリー• 人気記事• 110件のビュー• 36件のビュー• 30件のビュー• 26件のビュー• 21件のビュー• 17件のビュー• 11件のビュー• 8件のビュー• 7件のビュー• 7件のビュー Archives•

次の