サイバー エージェント 新卒。 サイバーエージェント採用大学別就職者数2018

サイバーエージェントの評判はキラキラ!CAに第二新卒で入社できるか本当のところをリサーチ

サイバー エージェント 新卒

サイバーエージェントの新卒採用 文理比はおよそ1:1、男女比は2:1、大卒:修士も2:1程度です。 2015卒の総合職は東京配属が82名、大阪配属が5名で、営業42名・企画45名。 技術職は全員東京配属でエンジニア73名、デザイナー18名でした。 総合職と技術職の割合は半々、営業と企画も半々程度です。 また、地方学生採用強化プロジェクト「FLAT」を2016年11月に立ち上げ、2018卒の新入社員では3割だった地方学生の比率を5割にするという目標も掲げています。 大学出張セミナー、現地選考会、Skype面接などのオンライン選考などを予定しています。 ビジネスコースでは、長時間に渡る「トライアウト」と呼ばれる個人ワークを経て「DRAFT」を選抜し採用につなげる取り組みを開始。 テクノロジーコースではwebでの技術テストと来社1回の面接で内定が獲得できるなど、新しい取り組みが毎年発表されています。 近年の採用人数は以下の通りです。 ビジネスコースの重視するポイントは人間性・主体的行動力・チームワーク・成長性・論理的思考、テクノロジー・デザインコースの重視するポイントは人間性・主体的好応力・チームワーク・成長性・論理的思考・技術やサービス開発に対する好奇心・探究心です。

次の

「40歳で最年長」新卒でサイバーエージェントに入った広告マンのいま 同期の7割は辞め、執行役員は年下

サイバー エージェント 新卒

アメーバブログやamebaTVでお馴染みの株式会社サイバーエージェント。 刻々と変化する時代の潮流に合わせ、世の中のニーズを察知し革新的なサービスを提供し続ける実力派企業です。 そんなサイバーエージェントは新卒採用に積極的であり、新たなアイディアやひらめき、発想、独創性を追い求め、計略を練ることのできる人材を求めています。 毎年多くの学生が興味を持ち入社を希望するとあって、内定の倍率も高いために対策を練ることは必須です。 では、具体的にサイバーエージェントではどのような職種を募集し、どういった職場環境が用意されているのでしょうか。 求める人物像や働く環境、社風や企業文化など、会社概要とともに実際に働く人の様子を垣間見つつ、企業の全体像を探っていきましょう。 選考準備に役立つ 記事となっていますので、入社志望を考える方にオススメです。 もくじ• サイバーエージェントの新卒採用職種は3種類 サイバーエージェントが募集する新卒採用職種は3種類あります。 それぞれ専門分野が異なりますが、全ての部門で共通しているのは「管理職のほとんどが20代30代」だという事です。 非常に若い世代が活躍する企業であり、新しい風を常に取り入れる体制が整っていると言えます。 「ビジネスコース」「エンジニアコース」「クリエイターコース」ひとつひとつのコースがどのような仕事内容であり、何に特筆したコースなのかを読み解いていきましょう。 企業全体を統括するビジネスコース 広報戦略や企画立案、法務、人事、経理など企業を下支えする部門であり、その領域は多岐に渡ります。 会社が機能するよう立ち回るブレーンのようなイメージになります。 営業も兼ね備え、他社とのやり取りや大手取引先との契約など、非常にやりがいと責任が感じられる職種と言えそうです。 たくさんの成功と、それ以上に多くの失敗を重ねてきた。 どんなに努力をしても、事業が成功しなければ解散する。 どんなに強く壮大な想いがあっても、結果が出なければチームを幸せにできない。 世の中は結果が全て。 みんながこれから挑戦するビジネスの世界は、勝たなければ意味がない。 だからこそ。 たくさん挑戦しよう。 そして、たくさん失敗しよう。 自分のビジョン、ありたい姿に対して全力を捧げよう。 何度悔し泣きをしようが、自分に絶望しようが、「勝ち」にこだわり、何度でも立ち上がろう。 全力を捧げ、熱狂する覚悟はあるか。 「勝ち」にこだわれ。 開発・リサーチ・研究技術を磨くエンジニアコース エンジニアやサイエンティストなどの技術職の方々が活躍するエンジニアコース。 システムインフラ、ネット上のプラットフォーム構築といった企業の基盤を創り上げる業種です。 エンジニアコースの中でも業務は細分化しており、自分の専門分野でパフォーマンスを発揮できる部門と言えます。 若手社員が裁量権を持ち、確かな技術力と未来を見据えた構想と実践する力が求められるコースです。 【エンジニアコース仕事内容】 ・メディア事業 -定額制音楽サービスストリーミング「AWA」 -インターネットテレビ局「AmebaTV」など ・スマートフォン向けゲーム事業 ・アドテクノロジー事業 -ソフトウェア設計 -開発業務など ・既存サービスの新機能開発や運用 ・新規事業立ち上げ時の技術選定から初期開発 ・分散処理 ・機械学習 ・データマイニング ・AI(人工知能)応用研究 など多岐に渡る開発業務 エンジニアコースの採用ページには、実際に活躍されている社員の方々の業務内容を見ることが出来ます。 「職種紹介」「活躍パターン」「若手座談会」など写真付きの社員紹介ページが用意されており、企業研究の際に役立つ内容です。 どうしてサイバーエージェント社の技術職に入社を希望したのか、社内で任される仕事内容など、スキルの活かし方や社員の雰囲気をより深く感じ取ることが出来ます。 引用: ゲーム事業部に所属するゲームクライアントエンジニアの大洞祥太さん Q: サイバーエージェントに入社した理由は何ですか? A:人事の方と知人紹介で会ったのがきっかけでした。 Q: 所属しているチームはどのような雰囲気ですか? A:常に話し声がする和気藹々とした雰囲気です。 時には実装する機能の議論で熱くなったりもしますが、チーム全員が常に高いユーザー目線を持ち、事業でありつつもゲームコンテンツというものにこだわり続けているからだと思います。 ゲームというエンタメコンテンツを、技術をベースに職域を超えて面白くしていきたいという方にはすごくマッチする環境だと思います。 cyberagent. html 左から2019年新卒入社早川さん、2020年新卒入社予定中尾さん、2020年新卒入社予定菊池さん 「エンジニア」という職種に興味を持ったキッカケは何ですか? 菊池: 私は、小さい頃から工作や美術の授業が好きで、モノづくりが好きな子供でした。 大学進学時、ハードウェア・ソフトウェアについて勉強したくて、神戸大学を選びました。 大学の授業で初めてC言語を触ったのがプログラミングとの出会いです。 モノづくりの楽しさを、幼少期とは違った形で知ることでき、さらに興味がわきました。 その後すぐUnityを使ってレーシングゲームを作り始めてましたね。 なぜサイバーエージェントに入社を決めたのですか? 中尾: 学部3年生の時に、他のベンチャー企業で約半年間インターンしていて、実はその会社とサイバーエージェントで迷っていました。 笑 その会社は凄く拡大していて勢いがあったのですが、入社のオファーを頂いた時はまだ決めかねていたんです。 そんな時に、サイバーエージェントから「インターンシップの募集をしているから挑戦してみない?」と声をかけてもらい、良い機会だと思い、参加することにしました。 インターンで現場を知ることができ、すぐに感じたことは、社員のサービスに対する思いの強さ。 そして、学生かどうかは関係なく意見が求められ、その意見がプロダクトにすぐに反映される環境がありました。 インターンであろうと、学生であろうと、発想次第で活躍できる場所があることを身をもって体感し、ここで働きたいと思い、入社を決意しました。 将来のビジョンについて教えてください 早川: 特にデータを活用した分野で、アカデミアの最先端を、きちんとビジネスの最前線へ落とし込めるようになりたいと思ってます。 基本的には事業会社にいる以上ビジネス課題が最優先だと思ってます。 そのビジネス課題の解決に対する速度や精度などのモチベーションは様々ありますが、全の課題に対して、適切な解決へのアプローチができるような人材になりたいと思ってます。 引用: エンジニアコース採用ページでは、 CyPitch~就活生みんなとつくる会社説明資料~と題して、サイバーエージェントの会社紹介をTwitterにて随時公開しています。 就活生からの質問を受け付け、社員の方が回答してくれるという就活生には嬉しいツールであり、企業のあり方を投影するようなサービスです。 CyPitch~就活生みんなとつくる会社説明資料~についてはから!! 創造力を活かすクリエイターコース クリエイターコースでは、AmebaTVアートディレクターインターンシップが開催され、番組の制作、宣伝、発信といったメディア配信の工程を、肌で感じ学べる機会が設けられています。 創造性やデザイン力、ユーザーの心理を分析する力などが要求される部門です。 実際に番組を創るプロ集団の仕事内容を間近で見られるだけでなく、番組のブランディングやプロダクトをどのように世間に認知させていくのか、メディアのリアルな部分を学ぶことのできる大きな機会が用意されています。 例えばネット上で大きく注目を浴びた「72時間ホンネテレビ」。 元SMAPメンバー3名の出演とあり、人々の興味を大きく掻き立てました。 このような有名番組を制作しているのがサイバーエージェント社のクリエイティブ集団です。 挑戦と実践を繰り返し、これまでにない価値や新しい作品を創り上げユーザーを楽しませるクリエイターが在籍しています。 クリエイターコースの採用ページでは、新卒入社から技術研修を経てAmebaTVに配属された方のインタビューが掲載されています。 就活時代の主軸と入社を決めた理由、仕事に対する信念や、「どのような人と働きたいか」といった回答から見える職場の雰囲気。 企業文化が垣間見える内容が多く盛り込まれているため、就職後の様子が想像できる1ページです。 「AbemaTV」は今までにない「インターネットテレビ局」というサービスなので「AbemaTV」にしかできない番組を生み出していこう、挑戦していこうという組織です。 そういう文化に共感して、一緒に新しいものを生み出したいと思う人。 先輩の真似をするだけだと新しいものは作れないので、先輩が作ったものを超えていける人、、自分にしかできないものを追求していける人がいいと思います。 AD室の仕事は、番組のイメージを左右するブランドを作ること。 例えばメディアサービスだとトンマナとかベースのルールがあり、それをもとにUIやキャンペーンバナーなど展開していきますが、番組のブランディングはそういうものがないので、0から考えないといけない。 何かと似ているものを作っても意味がなく、番組をヒットさせるためにこういうものを作ろうというのが思いつける人。 難易度はすごく高いですが面白い仕事です。 あとは周りを巻き込める人ですね。 デザイナーとして考えるだけでなく、視聴者の立場になったり、そもそもの企画を考えてみたりなど、壊すことを恐れない姿勢が大切です。 デザイナーだからと権限を制限されることはないので、むしろ私は新卒特権を使いつつ、わからないことはどんどん聞いちゃおうというのはありました。 まだ4年目で組織の中では若手ですが、自分が主体となって番組に貢献している自信もありますし、毎日がとても楽しいです。 この環境に共感してくれて、一緒に「AbemaTV」の番組作りに挑戦してくれる人と一緒に働きたいです。 引用: サイバーエージェントが求める人物像 サイバーエージェントで活躍する社員には、若手という共通項があります。 新卒採用の際には、今後の伸びしろに期待したいという企業の想いがあり、 専門分野を活かそうとする意欲的な姿勢が採用の際に見極められるポイントだと言えます。 またそれと同時に重要視される点が、人柄の良さや素直さ誠実さといった人間性です。 採用には全力を尽くすという企業理念があるサイバーエージェントですから、会社が求める人物像と照らし合わせて本番の面接に備えていきましょう。 マナーやモラルを遵守できる人物 サイバーエージェントは若手のアイディアを積極的に取り入れ、チャレンジ意欲を尊重する企業文化です。 そういった企業文化の背景にあるのは 「 社員にはモラル意識の高さやビジネスマナー」になります。 公式サイト には 「法令遵守をモラルの高い会社に。 チャレンジ精神旺盛な人物 サイバーエージェント社では、 「21世紀を代表する会社を創る」 いう指針を社内で掲げています。 インターネット事業に腰を据えて 時代をけん引し、事業を拡大してきた成長企業。 さらなる飛躍を目指す同社が求める人材は、 チャレンジ精神が備わった人柄です。 サイバーエージェントには、クリエイティブで勝負してきた社歴と、関連分野に参入し成果を得てきた実績があります。 チーム一丸となって社員が作り上げてきた功績は大きく、新たな領域に挑戦しようという熱い想いを持った人材が多く在籍しています。 また、ポジションが人を育てるという社員の成長を応援する考え方があり、上昇志向の高いメンバーが揃っているところも社員に共通する特徴です。 採用ページでも、若手社員の仕事に対する姿勢や、専門分野を活かし自分のパフォーマンスを最大限に活用しようと意気込む様子映し出されています。 このような社風に共感ができ、 「新たな価値を創造したい」と、仕事に意欲的な人材を会社は求めています。 創造性に富みグローバル視点を持ち合わせる人物 サイバーエージェントが提供するサービスは、インターネット事業を基軸としたメディアやゲーム、広告、スタートアップといった技術力やデザイン性が問われる分野です。 ライバル会社としては、電通やアイレップ、DeNAが名を連ねます。 こうした強豪が揃うなかで必要とされるのは、実務的なスキルとともに創造性に富み、グローバルな視点を持ち合わせた人材です。 世界的に見るインターネットの普及率は57%であり、ネット産業は日々進化しています。 時代の先駆けとなるサービスを、国内に留まらずユーザーに提供し続けるために、新たな価値を創造できる力が必要とされます。 企業ビジョンのなかに、会社が目指す方向性を感じ取ることのできる言葉があります。 「クリエイティブで勝負する」「世界に通用するインターネットサービスを開発し、グローバル企業となる」ベンチャー企業として今後の成長や新たな展開が期待される企業だからこそ、 創出力と世界を見据えた対応力が求められます。 年に2回開催されるこちらの会議では、参加社員は年齢も部署も異なると言います。 あした会議から新規事業が提案され、立ち上げが決定するほど重要な会議とされています。 現在執行役員であり株式会社A. A代表取締役社長の山田陸さんが、入社2年目に参加したあした会議について、当時の様子をインタビューで語っています。 そこには、肩書という垣根を超えて会社の未来を考えることの難しさや、深い学びについて書き記されています。 引用: YMCO 20代の若手版あした会議や社員総会の実施が行われている、若手社員活性化組織です。 部署を超えた社員同士のコミュニケーションの場であり、経営への提言も行います。 株式会社ドットマネー代表取締役社長は、「社員同士の距離感を縮めることで他部署の事を知る機会になると同時に、20代のトップラインを引き上げて抜てきのチャンスを与えることを目的にしている」と述べています。 次世代のサイバーエージェントを創るのは20代の若手であり、20代が持つ熱量を次世代へと継承する目的があると言います。 誰もが積極的に発信をする機会を増やし、活躍人材の発掘や士気を上げるため、若年層に焦点を当てた会議となっています。 引用: Battle Conference U30 20代エンジニアが参加する技術カンファレンスです。 サイバーエージェントに所属する社員だけでなく、他企業の若手エンジニアと合同で行われており、若手エンジニアのトークバトルやプログラミングコンテストが開催されています。 Battle Conference U30の開催目的は、会社という隔たりを超えることで、他社で活躍する技術者同士の知見の共有や意見交換、お互いに刺激を受けることでエンジニアとしてより成長することが期待されています。 それと同時に、学んだ知識や新たな考えを社内で活かし、情報発信や、業務の遂行に役立たせてほしいという運営側の想いもあります。 年に1度の技術者同士の交流の場として、若手の見識が広がる機会となるでしょう。 引用: サイバーエージェント社充実の福利厚生 サイバーエージェントでは、多種多様な働き方が認められているが故に、福利厚生も企業文化に合わせた充実したものとなっています。 女性や技術者に向けたサポート体制の拡充や、家賃補助、健康診断、リフレッシュ休暇など、社員が安心して仕事を務めあげられるよう幅を持たせた内容となっています。 ENERGY(技術者向け支援制度)7つのサポート 1. FA権 様々な事業部で活躍する技術者が、自己成長するためのチャレンジ異動を支援する制度 2. ENERGYコンシェルジュ 技術者が開発に集中できるよう、開発以外の全ての業務(会議手配、事務作業、経費精算など)を代行する担当者を設置 3. プライベートリモート 育児や介護など私的な理由を基にした在宅勤務 4. サポリスト 能力向上につながる経費を補助する制度。 リストの中から選ぶことが可能 5. 開発合宿サポートデスク 新規サービス立ち上げ時に集中して開発を行うため、オフィスを離れ、宿泊施設で行う開発合宿の手配をサポート 6. TechCyBAR 各部署で開催された社内勉強会や資料の共有、技術者インタビューの掲載、コード共有など行う技術者向けのイントラ限定社内報 その他職場の働きやすさを目指したオフィスや会議室、各スタジオ設備、食堂カフェの併設など、社員間でのコミュニケーションの取りやすさを重視した空間が整えられています。 目指しているのは、 「楽しく、ワクワクする世界観を表現し、渋谷の新たなランドマークになる」ことだと言います。 創造性やイマジネーションを膨らませ、効率的な作業ができるような社内制度と体制が用意されています。 社員が生み出す技術やサービスが、会社を育て躍進させるという成功体験を積み上げてきた会社だからこそ、福利厚生を厚くし、職場環境や企業文化を質の高いものにしています。 そんな同社では、 「能力の高さよりも、一緒に働きたいと人を集める」としています。 求める人物像は、技術ではなく人間性の良さがまず大切のようです。 採用ページには人事担当の方が、実際に学生から受けた質問に答えるインタビューが掲載されています。 なかには「顔採用ですか?」などの質問があったり、採用担当者が「素直ないい人」を求めると回答したり、求める人物像についてストレートに話している部分もあります。 サイバーエージェントは人気の高い企業であるものの、人間性や個性を大切にする企業であり、また若手の躍進を願う会社でもあります。 入社を考える際には、公式サイトで社員の素顔や熱意を感じ取り、共感するポイントや会社で自分は何を成し遂げたいかなど、ぶれない軸を持って就職活動に臨みましょう。 穴埋めで自己PRがすぐ完成!?面接で無敵になれる100の質問集もプレゼント! 何をアピールすればいいかわからない…あなたの強みに気づけます! 自己PRがうまく作れない!という学生は数多くいます。 でも、実はコツさえ掴めば誰でも簡単に作成可能! 採用バンクは簡単な質問に答えたら穴埋め形式で作成できる 独自マニュアルを提供しています。 実際に選考で使われた例文でよりわかりやすく! 100の質問であなた自身を120%理解できる 自己分析と面接で活用できる100の質問も付属しています! すべての質問に答えた時、自分のことが今以上に理解できているはず。 自己PRがよりブラッシュアップできること間違いなし! LINEに登録するだけでスグに受け取れます! 採用バンクのコンテンツはLINEの友達登録をするだけですぐに受け取れます。 面倒なメルマガサービスと違って就活が終わったら解除も楽々できます。 さらに、コンテンツは随時追加されるのでお楽しみに!.

次の

サイバーエージェントの選考対策・グループディスカッション

サイバー エージェント 新卒

Contents• サイバーエージェントへの第二新卒での転職はできる? 第二新卒でサイバーエージェントへの転職を目指すのはおすすめだ。 サイバーエージェントは今でこそ多くの子会社を持つ大企業だが、元々はわずか4名によって立ち上げられたベンチャー企業だった。 今でも主体性とチャレンジ精神を重視するベンチャーマインドを持ち続けており、第二新卒など若手でも、 向上心を持って仕事できる人は活躍できる環境がある。 主力事業であるネット広告やゲーム事業は、今後も普及が進むとされており、会社としての将来性にも期待できるだろう。 また現在の最注力事業であるABEMA(旧AbemaTV)はついに5,200万ダウンロードを突破した。 日本人の2. 5人に1人がアプリをダウンロードしていると思うと事業の大きさがわかるだろう。 また、「元サイバー」には優秀な人が多いことからもわかるが、一度入社して数年間働き結果を出せば、 その後の転職も有利になるだろう。 新卒カルチャーが強く、若手が活躍しやすい会社なので、30代など中堅・ベテランになるとかえって転職が難しく、 新卒または第二新卒こそ入社しやすい会社と言えるだろう。 サイバーエージェントへの応募方法 サイバーエージェントに応募するには以下の3つの方法がある。 企業HPから自己応募する まず一つ目はサイバーエージェントの「」から申し込む方法だ。 希望する職種を選び、採用要件をよく確認したらエントリーしよう。 経験・スキルに自信のある方は採用HPから自己応募しても良いが、サイバーエージェントは第二新卒採用の中でも人気があり倍率も高いので、 書類選考であっさり落とされてしまう可能性が高い。 なので筆者としては自己応募はあまりおすすめできない。 転職サイトの求人から応募する 2つめは転職サイトから応募する方法だ。 時期によっては転職サイトで積極的に求人を出している場合もあるので、こちらから応募するのも一つの手だろう。 しかし、転職サイトは転職エージェントと違って 応募の手続きを全て自分で行わなければならないため面倒なのが難点だ。 またこちらも自己応募と同様に 書類選考であっさり落とされてしまう可能性が高い。 転職エージェントの紹介で応募する 3つめは転職エージェントを利用して応募する方法だ。 実は3つの応募方法の中で、 エージェントからの応募が一番内定率が高いのでおすすめだ。 自己応募や転職サイトからの応募と違い、転職エージェントではキャリアアドバイザーがあなたのことを企業に推薦してくれるので、他の候補者よりも書類通過率や面接通過率が高くなる。 また、選考日程の調整や書類添削、面接指導、内定後の給与交渉まで一気通貫でサポートをしてくれるのも大変有難い。 さらに、転職エージェントにはWeb上には公開されていない「非公開求人」を保持している。 エージェントによってはネット広告、メディア業界の非公開求人も多く持っているため、サイバーエージェントの競合企業も合わせて受けられるかもしれない。 少々テクニカルだが、競合他社の選考も受けていることを面接で伝えつつ「それでもサイバーエージェントに入社したい!」と意欲をアピールできれば一層熱意が伝わるだろう。 サイバーエージェントへの転職でおすすめの転職エージェントは「「 」「 」の3つだ。 するので、ぜひ確認してほしい。 サイバーエージェントへ第二新卒で転職するメリット サイバーエージェントに第二新卒で転職するメリットは以下の通りだ。 経営が安定しつつもベンチャー感を楽しめる• スキルアップできる環境が整っている• 若手が非常に活躍しやすい 経営が安定しつつもベンチャー感を楽しめる サイバーエージェントはいわゆる「メガベンチャー」と呼ばれるが、 事業の安定感がありつつ ベンチャーのスピード感も合わせ持っており、極めてそのバランスが絶妙な企業だと思う。 主力事業である広告事業は安定的にキャッシュを生み出す事業であり、この広告事業での利益を新規事業であるメディア事業(主にABEMA)に投資し続けている。 広告事業の安定的な稼ぎがあるからこそ、メディア事業に思い切り投資できるのだ。 若手が非常に活躍しやすい サイバーエージェントG全体で5,000人以上の社員がいるが、 積極的に手を挙げる若手には挑戦機会と権限を与え、活躍の場を作ってくれる。 その一例として、2003年より「 新卒社長」というユニークな仕組みが導入された。 入社数年目までの社員を子会社の社長にする「抜擢人事制度」であるが、事業創造に意欲ある若手にチャレンジする機会を与え、これが社員の成長や自信に繋がるのだ。 サイバーエージェントの子会社から生まれた人気サービスも数多くある。 例えば、• 国内最大級のクラウドファンディングプラットフォーム「Makuake」• 趣味で繋がる恋活マッチングサービス「タップル誕生」 これらはサイバーエージェントの子会社から誕生しているサービスだ。 「新卒社長」以外にも、新卒社員の成長機会への投資は積極的で、入社3年目以内に管理職に就く割合が22. スキルアップできる環境が整っている サイバーエージェントは、 アウトプット機会とインプット機会のバランスが非常に取れており、個人がスキルアップしやすい環境が整っている。 アウトプット機会とはまさに挑戦機会だが、一方、最新事例のインプットをできる機会にも恵まれている。 例えば社内セミナーや勉強会が頻繁に開かれており、 スキルや知識を深めることも可能だ。 中には未経験の分野の学習を研修で行った後、実際にその職種へキャリアチェンジする人もいるようだ。 また、注力している領域は全て成長産業であり、これから伸びていくであろう業界に定めて事業をしているため、 市場価値の高いスキルが身につき、サイバー卒業後のキャリアも多岐に渡る。 実際に、サイバーエージェントで実力をつけて独立する人は非常に多い。 サイバーエージェントの事業内容 サイバーエージェントの事業は大きく3つに別れている。 インターネット広告:高い広告運用力と独自AI技術をもっており、業界No. 1の売上を誇る• メディア:ブログを中心とする「Ameba」やインターネットテレビ局「ABEMA(旧AbemaTV)」、婚活アプリ「タップル誕生」の運営を行っている• ゲーム開発:Cygamesなどの子会社を筆頭にグランブルファンタジー、シャドウバースなどの開発運営を進めている 2019年には、ネット広告業界全体の売上がTV広告の売上を上回り、今後もネット広告の更なる浸透が期待できるとして、 業界を主導していくと思われる。 インターネット広告事業での売上・利益を、 ABEMAを中心としたメディア事業に投資しており、この流れは今後も続くだろう。 サイバーエージェントの決算説明会資料を見ると、「中長期的な柱として『ABEMA』を育てる」と記してある。 サイバーエージェントの求人内容(職種・年収など) 第二新卒が受けることができる求人は以下の3つだ。 営業(メディア・その他)• システムエンジニア(WEBサービス・ゲーム開発)• デザイナー(映像クリエイター、イラストレーター) 営業 メディア・その他 サイバーエージェントでは主にメディア分野の営業担当を募集している。 法人での営業経験が1年以上あれば応募できるため、第二新卒におすすめだ。 Webプロモーション・Webマーケティングの基礎知識も身に着けておくと良いだろう。 【雇用形態】 正社員・契約社員 【想定年収】 640~740万円 システムエンジニア WEBサービス・ゲーム開発 システムはもちろんのこと、ABEMAやAmebaなどのWEBサービスや、スマートフォンゲームの企画・開発を行う。 他の職種(ビジネス職、デザイナー、サーバエンジニアなど)との円滑なコミュニケーション能力も求められうようだ。 映像クリエイターの場合、Adobe After EffectsやAdobe Premiereなどのソフトを使った、 1年以上の動画編集の実務経験が求められる。 イラストレーターの場合、Photoshop、Illustratorなどの グラフィックアプリケーションの基本的操作ができる必要がある。 【雇用形態】 正社員・契約社員 【想定年収】 630〜730万円 サイバーエージェントへの転職で受かりやすい人は? サイバーエージェントへの転職で有利な業界・職種は? 応募する部門や職種にもよるが、 情報システム関連企業や広告代理店出身だと有利だろう。 営業職志望の場合は、営業経験があれば職種は問われない。 エンジニアなど専門職を希望している場合はエンジニア経験なども有利に働く。 未経験からでも転職できる? サイバーエージェントには未経験からでも転職も可能だ。 サイバーエージェントへの未経験からの転職は不可能ではないが、楽ではないことは理解しておこう。 未経験である分、相当な頭の良さや圧倒的コミット力など、 何かしらポテンシャルがないと内定に至るのは難しい。 サイバーエージェントは派遣社員にも多くの経験を積ませるため、 派遣社員として入社し、経験を積むのも良いだろう。 どうしても今すぐサイバーエージェントに転職したい場合は転職エージェントを活用すべきだ。 自己応募や転職サイト経由の応募だと書類選考で落とされる場合がほとんどなので、エージェントの推薦で通過率を高めよう。 サイバーエージェントが求める人物像は?• 柔軟な発想力と提案力をもった人• 失敗を恐れず、新しいことに挑戦できる人• 顧客のためにやり遂げられる人 サイバーエージェントは、日々環境が激変するIT業界で生き残るために、新たな意見や提案を非常に重要視している。 そのため、 柔軟な発想力、物怖じせず積極的に提案する力が求められるだろう。 またサイバーエージェントでは、若いうちから新事業の前線に立つチャンスが多い。 その分少々の失敗にも寛容であるため、 慣れないことにも折れずに挑戦、改善していく気持ちが大切だ。 そして広告代理業界全般に言えることだが「顧客ファースト」の心構えが大切だ。 広告ビジネスはクライアントからお金をいただき価値を生み出すビジネスモデルであるため、 顧客の売上にコミットするスタンスは必須だろう。 持っていると有利なスキル・資格は? Webマーケティングの知識はどこの部署に行っても役立つので一通り理解しておきたい。 特に広告事業への配属を希望する場合、運用型広告(リスティング広告など)の基礎知識は学んでおこう。 デザイナー志望の場合は、PhotoshopやAdobe After Effectsの操作スキル、システムエンジニアの場合は特にUnityの知識を深めておくべきだ。 また、短期間で状況が変化する業界であるため、最新のビジネストレンドを追いつつ、 これから何が流行るのか、何が廃れるのかを常に考えておくと良い。 サイバーエージェントの選考内容 サイバーエージェントの選考は3回の面接によって決まる。 1次面接:マネージャー面接• 2次面接:人事面接• 3次面接:最終面接 第二新卒の場合(年齢的に若い場合)は、面接内容は新卒と大きく違わず、 これまでの実績よりもポテンシャルが重視される。 そのため、入社したい意欲と自分のスキル・強みをどのように活かせるのか(入社したらどのように活躍できるのか)を重点的に伝えよう。 また、サイバーエージェントはベンチャースピリットを持ち、目線高くチャレンジする姿勢が求められるので、 前向きで好奇心旺盛な性格なことをアピールすることも効果的だ。 実際の面接では、以下のようなことが聞かれる。 前職で好きだった仕事は?(サイバーエージェントの仕事に適性があるか)• サイバーエージェントに貢献できそうなあなたの強みは?(自己分析、自己理解ができているか)• 気になっているサービスはあるか?(最新の動向への興味はあるか)• スマートフォンについてどう思うか?(答えのない問いに思考する力はあるか)• 将来実現したいと思っていることは何か?(キャリアプランを描けているか)• 前職で成功したこと、失敗したこと、そこから学んだことは?(PDCAを回せるか)• 結果とプロセスどちらが大切か?(仕事のスタンスをチェック)• 家族や友人の中で自分はどんな役割か?(人となりを知るため)• 最近のマイブームは?(人となりを知るため) 非常に人気で倍率の高いので、 最低でも上記の質問にはスムーズに答えられるようにしておこう。 サイバーエージェントへの転職するには転職エージェントがおすすめ サイバーエージェントに転職したいなら 転職エージェントに登録し、活用しよう。 企業HPや転職サイトには載っていない非公開求人を見れるうえ、面接対策など幅広いサポートをしてくれる。 また転職エージェントから企業に 推薦文を書いて送ってくれるので、 自己応募よりも選考通過率が上がりやすい。 当サイトでは、「 」「 」「 」の3サイトをおすすめしている。 ビズリーチ サイバーエージェントの転職を考えるなら、 ハイキャリア転職に強いビズリーチは登録しておきたい。 求人の数も多く、 サイバーエージェントの求人の取り扱いもある(時期にもよる)。 ヘッドハンターの多くは転職エージェントのキャリアアドバイザーで、中には サイバーエージェントと強いパイプを持つ人もおり、 サイバーエージェントの特別選考ルート(非公開)を紹介してもらえるかもしれない。 またこちらからヘッドハンターに連絡を送ることも可能なので、積極的に連絡を取ってみるのも良いだろう。 JACリクルートメント JACリクルートメントは ハイキャリア向けの転職エージェントだ。 大手企業の求人数が多いのが特徴だ。 担当コンサルタントは少数精鋭で、 質の高いサポートが期待できるだろう。 また他のエージェントと違って、 企業ごとに担当のキャリアアドバイザーがつくのが特徴だ。 もしサイバーエージェントの担当者と繋がることができれば、 内情についても詳しく伺ったり、内定を得やすい人の特徴を教えてもらえるかもしれない。 リクルートエージェント リクルートエージェントは国内最大手クラスの総合転職エージェントだ。 多くの会社の求人を持つため、 サイバーエージェントの求人も持っている可能性が高い。 また、サイバーエージェント以外も並行して受ける場合におすすめだ。 企業とのコネクションが強いため、 非公開求人や年収交渉にも期待できる。 サイバーエージェントの企業情報 業績(売上・営業利益) 2019年度のサイバーエージェントの売上高は約4,561億。 そして2020年2Qの売上は1,291億円と過去最高売上を更新した。 また2019年度の営業利益は約308億円。 2020年2Qの営業利益は124億と高い利益を誇る。 従業員数 連結:5,282人 単独:1,589人(2019年9月期) 平均年齢 平均年齢は32. 6歳とかなり低い(広告代理店の平均は38歳前後)。 これは、新卒や第二新卒など若手の採用・育成に力を入れていることが関係している。 平均年収 サイバーエージェント社員の 平均年収は約682万円(参照:)。 20代後半でおおよそ年収は600万を超え、30代後半で800万を超える。 残業時間 サイバーエージェントの残業時間は 月50時間程度と言われている。 基本的に忙しめだが、残業時間が長くなった場合に次の日の出社時間を調整できるなど、 フ レキシブルに働ける仕組みが整っている。 勤務時間は10~19時が定時だが、部署によっては1時間ほど前後するとのこと。 ただ状況が刻一刻と変わるインターネット業界であるため、 ある程度の忙しさは理解しておく方がミスマッチが少なく済むだろう。 サイバーエージェントの福利厚生• 交通費:全額支給• 家賃補助:「2駅ルール」で、会社から2駅以内に住むなら月3万円(勤続年数が丸5年経過すると、どこに住んでいても月5万円)• 独自有給制度:「休んでファイブ」(毎年5日間の有給休暇)• 健康促進施策:インフルエンザの予防接種が全額会社負担、マッサージルームを完備• 他:子育て期間中の時短勤務 など まとめ 今回は、サイバーエージェントへ第二新卒で転職を成功させるための方法やコツを紹介した。 記事の内容・ポイントを抑えるだけで、あなたの転職成功確率はグッと上がるだろう。 一方「自分の実績で、サイバーエージェントに内定をもらえるのだろうか…」と不安に思う人もいるだろう。 そんな人こそ、転職のプロであるエージェントを活用しよう。 一人で悩まずエージェントと二人三脚で転職活動をすることで、成功確率をあげることができるだろう。 1位 キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。 大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。 また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。 自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。 2位 コンサルティングファームに転職したい方には、一番お勧めしている転職エージェントだ。 コンサルティングファームへの転職では日本有数の実績を有しており、主要なファームのほとんどと取引している。 特に、事業会社に在籍するコンサル未経験者の支援には定評がある。 どのファームでどのような選考が行われ、どうすれば合格できるかを熟知しているので、コンサルティングファームへの転職を視野に入れている方は面談に参加すると良いだろう。 3位 日本一の実績を有する転職エージェントである。 案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。 また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。 特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。 4位 ハイキャリアに特化した転職エージェントであり、年収アップに繋がる転職支援に定評がある。 年収が500万円以上の方や、その給与帯を目指したい方は登録すべきだろう。 特に、年収1000万円前後の転職では日本有数の実績を有している。 まずは、レジュメを登録し、キャリアコンサルタントとの面談に参加してほしい。 また、JACリクルートメントに相談した人へのインタビューは 5位 日本有数のHR企業であるパソナの転職支援サービスだ。 丁寧な候補者支援に強みを有しており、候補者の性格や気持ちを理解しながら、ホスピタリティの高い転職支援を行ってくれることだろう。 案件数はリクルートエージェントよりやや少ないが、仕事が丁寧で、自分に合った求人を丁寧に紹介してもらうことができる。 他のエージェントの面談に参加し、違和感を感じた方には特にお勧めできるエージェントだ。

次の