きゃ へ つの レシピ。 キャベツのレシピ

料理家さんに教わったキャベツ大量消費レシピ特集15選

きゃ へ つの レシピ

にんじんのカットにはチーズグレーター(=チーズおろし器)を使うとふわっとした仕上がりに。 味もしっかりなじみます。 必ず泡立て器を使用し、少量ずつしっかり合わせるのが絶対のコツ。 使うのはコショウではなくクミン。 プロはさらにクルミ、ドライフルーツを加えて食感も豊かに仕上げます。 フレンチのシェフが教える本格「キャロットラペ」の作り方 材料(4人分)• にんじん…小2本(約400g)• くるみ、ドライクランベリー(あれば)…各適量• 粒マスタードの場合は水分量が少ないため、はちみつや白ワインビネガーを加えるとにんじん全体がマリネされて味がしみこみやすくなる。 チーズグレーターがなければ、スライサーや包丁で細切りにしてもOK。 「『ラペ』はフランス語で本来『おろす』という意味。 おろすことで、繊維を損なわず、ふわっとした仕上がりに。 味もなじみやすくなります。 包丁で細切りにする場合は、細すぎるとすぐにヘタッてしまうので、ある程度厚みのある細切りがおすすめです」 2 りんごは芯を除いて、皮付きのまま細切りにする 「りんごはにんじんとの相性もよく、シャキッとした食感とほどよい酸味、甘みをもたらします」 3 ボウルにマスタード、はちみつ、塩を入れ、白ワインビネガーを少しずつ混ぜながら加える 「次にドレッシングを作ります。 最初にマスタードとはちみつ、塩を白ワインビネガーでよく溶かしておくと、この後に加えるオリーブオイルが混ざりやすくなります」 4 泡立て器で混ぜながら、オリーブオイルを少しずつ加える。 仕上げにクミンを加え混ぜる 「オリーブオイルを一気に入れるとドレッシングが分離してしまいます。 オイルを少し加えたら、しっかり泡立て器でかき混ぜ、つながったらまたオイルを少し加える、という工程を繰り返しながら作ると、分離せずきちんと味にまとまりのあるドレッシングができあがります」 5 ボウルに軽く絞ったにんじん、りんご、砕いたくるみ、クランベリー、4のドレッシングを入れ、ざっくりと和えて完成 「サラダが水っぽくならないように、にんじんは手で軽く水けを絞ってから加えます。 にんじんは薄くおろしているため、時間を置かなくても味がなじむので、すぐに食べられます。 包丁で細切りにした場合は、30分程度置いて味をなじませましょう」 ほどよい酸味にさわやかな後味。 本格キャロットラペ! 出来上がったキャロットラペは、ふわふわのにんじんに、りんごのシャリシャリ感、くるみのカリッとした食感がアクセントに。 一体感のあるドレッシングがしっかりなじみ、ほのかに感じるクミンが味わいを引き締めます。 クランベリーとりんごの酸味と甘みが加わって、後味さわやか。 調和のとれた全体バランスは、まさにデリのあの味わいです。 おろす、混ぜるなど一つひとつの工程を丁寧に行い、理想の味わいにするには、何が必要かを逆算していくのがプロの技。 お店の味を、ぜひいつもの食卓に取り入れてみてください。

次の

マスタードが必要なのはなぜ? これが正解、本格キャロットラペのレシピ

きゃ へ つの レシピ

にんじんのカットにはチーズグレーター(=チーズおろし器)を使うとふわっとした仕上がりに。 味もしっかりなじみます。 必ず泡立て器を使用し、少量ずつしっかり合わせるのが絶対のコツ。 使うのはコショウではなくクミン。 プロはさらにクルミ、ドライフルーツを加えて食感も豊かに仕上げます。 フレンチのシェフが教える本格「キャロットラペ」の作り方 材料(4人分)• にんじん…小2本(約400g)• くるみ、ドライクランベリー(あれば)…各適量• 粒マスタードの場合は水分量が少ないため、はちみつや白ワインビネガーを加えるとにんじん全体がマリネされて味がしみこみやすくなる。 チーズグレーターがなければ、スライサーや包丁で細切りにしてもOK。 「『ラペ』はフランス語で本来『おろす』という意味。 おろすことで、繊維を損なわず、ふわっとした仕上がりに。 味もなじみやすくなります。 包丁で細切りにする場合は、細すぎるとすぐにヘタッてしまうので、ある程度厚みのある細切りがおすすめです」 2 りんごは芯を除いて、皮付きのまま細切りにする 「りんごはにんじんとの相性もよく、シャキッとした食感とほどよい酸味、甘みをもたらします」 3 ボウルにマスタード、はちみつ、塩を入れ、白ワインビネガーを少しずつ混ぜながら加える 「次にドレッシングを作ります。 最初にマスタードとはちみつ、塩を白ワインビネガーでよく溶かしておくと、この後に加えるオリーブオイルが混ざりやすくなります」 4 泡立て器で混ぜながら、オリーブオイルを少しずつ加える。 仕上げにクミンを加え混ぜる 「オリーブオイルを一気に入れるとドレッシングが分離してしまいます。 オイルを少し加えたら、しっかり泡立て器でかき混ぜ、つながったらまたオイルを少し加える、という工程を繰り返しながら作ると、分離せずきちんと味にまとまりのあるドレッシングができあがります」 5 ボウルに軽く絞ったにんじん、りんご、砕いたくるみ、クランベリー、4のドレッシングを入れ、ざっくりと和えて完成 「サラダが水っぽくならないように、にんじんは手で軽く水けを絞ってから加えます。 にんじんは薄くおろしているため、時間を置かなくても味がなじむので、すぐに食べられます。 包丁で細切りにした場合は、30分程度置いて味をなじませましょう」 ほどよい酸味にさわやかな後味。 本格キャロットラペ! 出来上がったキャロットラペは、ふわふわのにんじんに、りんごのシャリシャリ感、くるみのカリッとした食感がアクセントに。 一体感のあるドレッシングがしっかりなじみ、ほのかに感じるクミンが味わいを引き締めます。 クランベリーとりんごの酸味と甘みが加わって、後味さわやか。 調和のとれた全体バランスは、まさにデリのあの味わいです。 おろす、混ぜるなど一つひとつの工程を丁寧に行い、理想の味わいにするには、何が必要かを逆算していくのがプロの技。 お店の味を、ぜひいつもの食卓に取り入れてみてください。

次の

【あつまれどうぶつの森】キャビアのDIYレシピ家具と出て来ない時の出現条件【あつ森】

きゃ へ つの レシピ

調理当日に購入を あさりは必ず鮮度のいいものを選びます。 できれば調理当日に購入してすぐに砂抜きし、その日のうちに使いましょう。 ボンゴレには、大きいあさりの方が食べやすいのでおすすめです。 あさりを2つ手に取って軽く叩き合わせ、高く澄んだ音がしたら生きている証拠。 死んだあさりは鈍い音がするので、それらは取り除きましょう。 1個でも死んだあさりが混ざると全体の味に影響するので、すべての貝を確認します。 そうすることで身をふっくらキープするのと同時に、殻などが割れて食べるときに口の中に入るのを防ぎます。 それでは、実際にレシピを見ていきましょう。 【決定版】シェフ直伝。 ボンゴレ・ビアンコの作り方 <材料>(1人分)• あさり(殻つき・)…200g• パスタ(スパゲッティーニ、1. 6mm)…80g• イタリアンパセリの葉(粗みじん切り)…5本• 白ワイン…30ml• オリーブオイル…30ml <作り方> 1. オイルがふつふつとしてきたらすぐに弱火に落とし、ときどきフライパンを揺すりながらオリーブオイルにじっくりにんにくの香りを移していきます。 「にんにくはみじん切りにせずそのままつぶしたものでも大丈夫ですが、みじん切りの方が風味が強くなります。 赤唐辛子は、辛いのが好きな方は最初から、苦手な方は後から加えるといいでしょう」 5分ほど熱したあとのにんにくオイル。 うっすらきつね色になるぐらいが目安です。 パスタを茹でる 鍋にたっぷりの湯を沸かしておき、にんにくを熱し終わったタイミングでパスタを茹で始めます。 「湯に対して1%の量の塩(材料外)を加え、しっかりとパスタに下味をつけます。 パスタを茹でる際の塩は、ミネラルの多い岩塩がおすすめです」 3. 「仕上げに加えることの多いイタリアンパセリですが、ハーブの香りをオイルに移すために、このタイミングで加えます。 ただし、焦げやすいのでさっと加熱するだけにとどめてください」 4. あさり、白ワインを加えて蒸し煮にする あさりと白ワインを加えて中火にし、ふたをして蒸し煮にします。 「あさりは短時間で一気に口を開かせた方がふっくら仕上がるので、火加減は中火程度にしましょう」 5. あさりの口が開き始めたら火を止める あさりの口が1、2個開いたら火を止め、ふたをしたまま余熱で全部の口が開くまで待ちます。 「加熱しすぎないことで、あさりの身が縮むのを防ぎます」 6. あさりを一度取り出す あさりの口が開いたらいったん取り出し、冷めないようにラップをかけておきます。 「殻つきのあさりをフライパンにいれたままの状態でパスタと和えると、殻が割れたり、あさりの身が飛び出したりすることがあります。 また、パスタソースが乳化しづらくもなるので、一度取り出しておきましょう」 7. パスタを加える パスタは表示時間の2分前にあげ、湯をきって 6のフライパンに加えます。 中火でときどき混ぜながらソースをからめます。 「あさりの汁を吸わせたいので、パスタはアルデンテの1歩手前で湯からあげるようにしましょう。 やや固めのパスタをあさりの汁で煮るイメージなので、絶えず混ぜる必要はありません。 6で取り出したあさりから汁が出てきたら、フライパンに戻し入れてください」 8. 水分量、塩味を調整する 水分が少なくなってきたら味見をして、塩気が十分なら水を、味が足りなければパスタの茹で汁を加えて調整します。 「あさりの状態によって塩気が異なるので、必ず味見をしてから加えましょう」 フライパンの水分量の目安。 「フライパンを傾けたときにソースが滴るぐらいの水分量を目安にします」 9. 残りのイタリアンパセリ、オリーブオイルを加える パスタの固さがアルデンテになったら、残りのイタリアンパセリ、オリーブオイルを加え、フライパンを揺すりながらトングなどで全体を混ぜ、ソースを乳化させます。 「アルデンテの目安はパスタのしなり具合と見た目の透明感で判断できます。 難しい場合は1本味見してみるといいでしょう。 最後に加熱していないEX. オリーブオイルを加えることで、オイルの香りをプラスします」 10. あさりを戻す 6のあさりを戻し入れ、軽く温めたらボンゴレ・ビアンコの完成です。 あさりの旨み引き立つ! ボンゴレパスタのできあがり にんにくの香りが食欲をそそるボンゴレ・ビアンコ。 あさりの旨み、辛さ、にんにくの風味がしっかり主張し、意外とパンチがあることにびっくり! あさりの身はふっくらやわらかく、旨みがしっかり残っています。 具のあさりも、あさりのエキスを吸ったパスタもおいしい、まさにプロの仕上がりです。 トマト缶を加えればボンゴレ・ロッソに! トマト風味の「ボンゴレ・ロッソ」も簡単に作れます。 上記レシピの工程 6のあさりを取り出したタイミングで、トマト缶(カットタイプ)100gを入れ、5分ほど煮詰めたら、あとの手順はビアンコと同じ。 あさりの味わいにトマトの酸味、旨みが加わって、止まらないおいしさです! 食材も作り方もシンプルだからこそ、ちょっとしたひと手間で差がつくボンゴレ。 プロのコツを取り入れて、ご家庭でもレストランのような仕上がりを目指してみてください。

次の