クロノ スタシス と は。 クロノスタシス現象の意味とは?時計の秒針が止まって見えるって本当?

【僕のヒーローアカデミア】玄野針の強さ&個性「クロノスタシス」考察、スピードを操る強個性![ヒロアカ]

クロノ スタシス と は

ふと時間が気になって時計を見た際、 まるで秒針が1秒以上止まっているかのように感じた経験がある方は結構多いと思います。 この現象は クロノスタシス Chronostasis と呼ばれるもので、人間の目と脳のメカニズムによって引き起こされる錯覚現象です。 人間の目の動き「サッカード」 このクロノスタシスを説明するには、まず 人の眼球の動きを理解する必要があります。 人の目というのは、たとえ視線を固定してじっと動かない状態であっても、実は絶えず微細な動きを繰り返しています。 この動きのことを サッカードといいます。 サッケード、サッカード眼球運動などとも呼ばれます 人間の目は「映像を高解像度で捉えられる」「色や形などを分析する能力が高い」といった特徴がありますが、これは中心部分のごく狭い範囲のみに限った能力です。 眼球には、サッカードのように素早く視線を動かす能力があるため、次々と物を中心に捉えるように眼球を動かして、「範囲が狭い」という弱点を補っています。 こういった眼球の動きは、文章を読む時などに特に顕著に表れます。 文章を追って左から右へ動いたり、次の行の頭に高速で視線が移動したりと、人の目は我々の想像以上にとても高速で動くことが可能なのです。 サッカードは、最高で1秒間に5回ほど行われることもあり、我々が流れるように物を見ることができるのは、こうしたサッカードの動きがあるおかげなのです。 脳の映像処理は最適化されている 人間は、目で捉えた映像を脳に送り、脳で映像を処理して物を見ています。 サッカードの最中、つまり目が動き続けている最中であっても、脳にはリアルタイムで映像が送られ続けています。 しかしこの時、実は脳は送られた映像をすべて処理しているわけではありません。 脳は、目が動いている最中の映像、すなわち サッカード中の不鮮明な映像は意図的に無視して、 目が止まった時の鮮明な映像のみを繋ぎ合わせて認識しています。 なぜこんな処理をするのかというと、すべての映像を使うと視界が安定していない映像が混ざりこんでしまうため、物を正確に見ることができなくなってしまうからです。 いわば、動画編集ソフトのように、早くてブレている映像はカットして、ブレていない映像のみを繋ぎ合わせて動画を作成している感じです。 しかし、この処理を行えば、当然目が動いている間の映像がごっそり抜けてしまうため、本来であれば映像は途切れ途切れの不自然なものになってしまうはずです。 しかしそうならないのは、 目が停止した後の鮮明な映像を過去に遡って適用し、カットした時間分をその映像で埋め合わせるという処理をしているからです。 我々の脳は、物事を正確に捉えることに特化し、あえて「無駄な映像を切り捨てる」という最適化を常に行っているのです。 最適化によって生じるラグが錯覚を生む クロノスタシスは、この目の動きと脳の映像処理方法によって生じる錯覚のことです。 時計に視線をうつした際、脳は目が動いている間の映像を無視するため、その間に秒針が動いた部分についてはカットされてしまい、我々は認識することができなくなります。 そして、目の動きが停止してはっきりと秒針を捉えたら、その映像を使って 抜けていた時間の映像の穴埋め処理を行います。 この「映像の穴埋め」によって、 秒針が1秒以上止まっているように感じられてしまうのです。 たとえ目が秒針の動きを捉えていても、脳の映像最適化の段階で切り捨てられてしまうというわけですね。 これが、クロノスタシスという錯覚が起こる理由です。 普段は知覚できないだけの現象 メカニズムを知ればわかりますが、「映像の穴埋め」という行為自体は、誰の脳内でも行われている至って普通の現象に過ぎません。 しかし、「時計の秒針を見る」というタイミングぐらいしかこの現象は知覚できないため、普段は気付かずに生活しているだけなのです。 我々は普段リアルタイムに世界を見ているように感じていますが、実際には多くの映像が脳によってカットされており、そのおかげで世界を鮮明に見ることができています。 私達が知覚している世界の姿というのは、脳がうまく映像を補完して作った、さながら映画のようなものだといえますね。 【関連記事】 風邪の予防に加湿器を使用する場合、やはり長時間過ごすことになる寝室に置いておく方が多いのではないでし 冬になって寒くなってくると、空気の乾燥を防ぐために加湿器を使用することが多くなります。 洋室やフローリ さあ寝ようと思ったタイミングや、気持ちよく眠っている時に耳元のプーンという音で起こされるとイラッとし 夏の暑い時期になると避けては通れないのが、「蚊」による虫指されの被害ですよね。 寝ている時にプ~ンと 最近では、日本のマラソン大会でもケニア人の選手をよく見かけるようになり、「ケニア人=マラソンが強い」 街のいたるところに存在し、いまや私達の生活になくてはならないのが「コンビニ」です。 普段何気なく足を運 風邪やインフルエンザの予防に効果的な加湿器ですが、使用すると窓や壁などに結露が発生して困ってしまうこ 「扇風機を窓の外に向けておくと部屋が涼しくなる」という話を聞いたことはないでしょうか?これは、扇風機 寒い冬の季節、暖かいこたつにもぐりこむ瞬間というのは何とも気持ちが良いものです。 しかし、もしこたつの 風邪をひいたり、花粉症の症状が出たときなど、生活の中で何かと鼻水に悩まされる機会は多いと思います。

次の

クロノスタシス現象の意味とは?時計の秒針が止まって見えるって本当?

クロノ スタシス と は

これは錯覚の一種で、「クロノスタシス」と呼ばれています。 この錯覚が起こる理由について述べる前に、まずサッカードと呼ばれる現象を説明します。 物を見ている時、目は一時も止まることなく短時間に視点を動かしています。 この動きをサッカードというのです。 視力や色を見分ける能力は、目の中心部分が最も良いのですが、このサッカードにより中心部で視野に存在する多くの物を見ることができます。 しかしこのサッカードには一定の時間(0.1秒前後)がかかってしまいます。 そして、視野が目まぐるしく移り変わっていくのですが、私たちは普段それを感じることがありません。 サッカードの間も視覚情報が送られてくるのですが、脳はその情報を無視します。 (もし無視しないと、視野が安定せず正確に物を見れません) すると、視覚が連続的ではなく隙間だらけになってしまいます。 脳はこの隙間の後に着た情報を利用して時間を遡ってその隙間を埋めるので、視覚の滑らかな時間を感じることができるのです。 それではクロノスタシスの説明です。 秒針が動いた直後に、そこに目が止まると上で説明たように視野が動いた瞬間の情報(秒針が動いている瞬間と重なる時)を無視し、その後の秒針が止まっている情報で時間を遡ってその隙間(秒針が動いていた間)を埋めるので、いつもより長い間秒針が止まっているように感じるのです。 これがクロノスタシスと呼ばれる現象のメカニズムなのですが、視覚だけでなく聴覚や触覚でも起こる場合もあるそうです。

次の

クロノスタシス…やはりそれも脳が作り出す仮想現実でないのか

クロノ スタシス と は

ふと時間が気になって時計を見た際、 まるで秒針が1秒以上止まっているかのように感じた経験がある方は結構多いと思います。 この現象は クロノスタシス Chronostasis と呼ばれるもので、人間の目と脳のメカニズムによって引き起こされる錯覚現象です。 人間の目の動き「サッカード」 このクロノスタシスを説明するには、まず 人の眼球の動きを理解する必要があります。 人の目というのは、たとえ視線を固定してじっと動かない状態であっても、実は絶えず微細な動きを繰り返しています。 この動きのことを サッカードといいます。 サッケード、サッカード眼球運動などとも呼ばれます 人間の目は「映像を高解像度で捉えられる」「色や形などを分析する能力が高い」といった特徴がありますが、これは中心部分のごく狭い範囲のみに限った能力です。 眼球には、サッカードのように素早く視線を動かす能力があるため、次々と物を中心に捉えるように眼球を動かして、「範囲が狭い」という弱点を補っています。 こういった眼球の動きは、文章を読む時などに特に顕著に表れます。 文章を追って左から右へ動いたり、次の行の頭に高速で視線が移動したりと、人の目は我々の想像以上にとても高速で動くことが可能なのです。 サッカードは、最高で1秒間に5回ほど行われることもあり、我々が流れるように物を見ることができるのは、こうしたサッカードの動きがあるおかげなのです。 脳の映像処理は最適化されている 人間は、目で捉えた映像を脳に送り、脳で映像を処理して物を見ています。 サッカードの最中、つまり目が動き続けている最中であっても、脳にはリアルタイムで映像が送られ続けています。 しかしこの時、実は脳は送られた映像をすべて処理しているわけではありません。 脳は、目が動いている最中の映像、すなわち サッカード中の不鮮明な映像は意図的に無視して、 目が止まった時の鮮明な映像のみを繋ぎ合わせて認識しています。 なぜこんな処理をするのかというと、すべての映像を使うと視界が安定していない映像が混ざりこんでしまうため、物を正確に見ることができなくなってしまうからです。 いわば、動画編集ソフトのように、早くてブレている映像はカットして、ブレていない映像のみを繋ぎ合わせて動画を作成している感じです。 しかし、この処理を行えば、当然目が動いている間の映像がごっそり抜けてしまうため、本来であれば映像は途切れ途切れの不自然なものになってしまうはずです。 しかしそうならないのは、 目が停止した後の鮮明な映像を過去に遡って適用し、カットした時間分をその映像で埋め合わせるという処理をしているからです。 我々の脳は、物事を正確に捉えることに特化し、あえて「無駄な映像を切り捨てる」という最適化を常に行っているのです。 最適化によって生じるラグが錯覚を生む クロノスタシスは、この目の動きと脳の映像処理方法によって生じる錯覚のことです。 時計に視線をうつした際、脳は目が動いている間の映像を無視するため、その間に秒針が動いた部分についてはカットされてしまい、我々は認識することができなくなります。 そして、目の動きが停止してはっきりと秒針を捉えたら、その映像を使って 抜けていた時間の映像の穴埋め処理を行います。 この「映像の穴埋め」によって、 秒針が1秒以上止まっているように感じられてしまうのです。 たとえ目が秒針の動きを捉えていても、脳の映像最適化の段階で切り捨てられてしまうというわけですね。 これが、クロノスタシスという錯覚が起こる理由です。 普段は知覚できないだけの現象 メカニズムを知ればわかりますが、「映像の穴埋め」という行為自体は、誰の脳内でも行われている至って普通の現象に過ぎません。 しかし、「時計の秒針を見る」というタイミングぐらいしかこの現象は知覚できないため、普段は気付かずに生活しているだけなのです。 我々は普段リアルタイムに世界を見ているように感じていますが、実際には多くの映像が脳によってカットされており、そのおかげで世界を鮮明に見ることができています。 私達が知覚している世界の姿というのは、脳がうまく映像を補完して作った、さながら映画のようなものだといえますね。 【関連記事】 風邪の予防に加湿器を使用する場合、やはり長時間過ごすことになる寝室に置いておく方が多いのではないでし 冬になって寒くなってくると、空気の乾燥を防ぐために加湿器を使用することが多くなります。 洋室やフローリ さあ寝ようと思ったタイミングや、気持ちよく眠っている時に耳元のプーンという音で起こされるとイラッとし 夏の暑い時期になると避けては通れないのが、「蚊」による虫指されの被害ですよね。 寝ている時にプ~ンと 最近では、日本のマラソン大会でもケニア人の選手をよく見かけるようになり、「ケニア人=マラソンが強い」 街のいたるところに存在し、いまや私達の生活になくてはならないのが「コンビニ」です。 普段何気なく足を運 風邪やインフルエンザの予防に効果的な加湿器ですが、使用すると窓や壁などに結露が発生して困ってしまうこ 「扇風機を窓の外に向けておくと部屋が涼しくなる」という話を聞いたことはないでしょうか?これは、扇風機 寒い冬の季節、暖かいこたつにもぐりこむ瞬間というのは何とも気持ちが良いものです。 しかし、もしこたつの 風邪をひいたり、花粉症の症状が出たときなど、生活の中で何かと鼻水に悩まされる機会は多いと思います。

次の