大分 トリニータ 島川 歌。 【動画】トリニータ・ムービー#010 島川俊郎インタビュー

弾き語りで話題のJリーガー・島川俊郎選手にクラブ公式サウンドロゴを依頼した話|ひぐらしひなつ|note

大分 トリニータ 島川 歌

A post shared by shimakawa. t on Feb 13, 2020 at 2:43pm PST ホントに美しい歌声です。 この歌声、まるで昔レコードで聴いた童謡を歌っているこどものような歌声です。 島川俊郎の中学校 島川俊郎選手の中学校に関する情報はみつかりませんでしたが、国分小学校の通学区域から推測しますと 市川市立第一中学校、市川市立第二中学校、市川市立東国分中学校、この3つの中学のどれかに該当すると思われます。 島川選手は、小学校1年から中学卒業まで自宅近くのピアノ教室に通われていました。 その後も趣味としてピアノは続けられてきたようです。 ちょっと待ってください。 島川選手はプロのサッカー選手です。 それもU15,16,20の日本代表候補に選出されるほどの選手です。 サッカーは、小学校2年生の夏休みから始めます。 理由は、友達がみんながサッカーをやっていたからだそうです。 島川選手の出身地の千葉県はサッカーが盛んな県です。 島川選手がサッカー選手になれたのは、もともとの素質と周囲の環境も影響していると思われます。 島川俊郎の高校 島崎俊郎選手の高校は、柏日体高等学校です。 2016年4月からは日本体育大学柏高等学校に校名が変更されました。 現・日本体育大学柏高等学校は柏レイソルユースの活動を総合的にサポートしています。 そのため柏レイソルユースに所属する生徒が多く在籍しています。 卒業生には多くのプロサッカー選手がいます。 島川選手も地元の国分SCから市川を経て、柏レイソルJrユースに所属しています。 柏レイソルU-18(2006-2008) 引用元:Google 島川俊郎のプロフィール 島川俊郎選手のプロフィールを見ていきましょう。 島川選手の4月に入ってから1日も欠かすことなくアップし続けるその姿や、歌、演奏から真面目な方という印象が伝わってきます。 まだまだ自粛の生活は続きますが、大分トリニータのファンの方、島川選手のファンの方は彼の歌声とピアノの演奏を楽しんでください。 真面目な島川選手は毎日、歌とピアノを皆さんのために届けてくれるはずです。 そして、Jリーグが開幕したら、今度は皆さんで島川選手を精一杯応援してあげましょう!.

次の

【大分】ファンから要望300曲、美声Jリーガー島川俊郎が弾き語りで心を掴む「少しでも笑ってもらいたい」 | ガジェット通信 GetNews

大分 トリニータ 島川 歌

水卜アナが「ピアノも小学生から習っていたということです」と、続けて「上を向いて歩こう」の動画を紹介。 この曲では画面を6分割して、6つの声でコーラスする姿を披露。 司会の加藤浩次も「これは"歌ってみた"というレベルじゃないですね」と絶賛。 元プロテニスプレーヤーの杉山愛も「うまい。 涙がこぼれないように... のところでは、本当に涙がこぼれそうになりました」。 島川選手はJリーグが中断になってから、ファンを楽しませるべく、毎日1曲歌を投稿し続け、「栄光の架橋」(ゆず)、「lemon」(米津玄師)、「TSUNAMI」(サザンオールスターズ)など、現在まで約60曲がアップされている。 島川選手はリモートでインタビューに答え「チームメイトにはいい感じでいじられています。 本職はどっちなんだ?って(笑)。 サッカーにまったく興味がなかったという方が、僕のインスタグラムを見て、Jリーグを見に行ってみるとか、大分トリニータを初めて知りましたと言ってくれています。 とても嬉しいですね」 加藤は「大分トリニータが勝ったときに歌ってください、みたいなことがあるかもしれないね。 ドイツではブンデスリーガが再開するという話もありますから、Jリーグも早く再開したいですね」とコメントした。

次の

【動画】トリニータ・ムービー#010 島川俊郎インタビュー

大分 トリニータ 島川 歌

Jリーグの公式戦再開のめどが立たず、クラブが活動休止となる中、選手が次々と心境を発信している。 大分トリニータのは、コロナウイルス感染拡大の早期の終息を願い、自慢の美声を披露する。 「こんな時だからこそ笑ってほしい。 僕はサッカーと音楽にすごく幸せをもらった。 僕の歌を聞いて感動してもらいたいのではなく、サッカー選手が何で歌ってんのと思って、笑ってくれたらうれしい」と3月上旬からで毎日、精力的に歌声を発信している。 選手によっては目標や目的がないとそれ自体がストレスになるが、島川は「僕のように下手くそで、走ってなんぼの選手がストレスを溜めるなんておこがましい。 この状況で僕なんかより苦労している人、困っている人がたくさんいるんだから。 ボールを蹴りたい、試合がしたい、サッカーがしたい。 その思いがある限り大丈夫」とモチベーションが下がる感覚はまったくない。 ビデオ会議システムで取材に応じた島川俊郎.

次の