目の下 の クマ マッサージ。 目の下のクマ・たるみが悪化する?タイプ別改善法を知って正しくケアしよう!

目の下のクマ・たるみが悪化する?タイプ別改善法を知って正しくケアしよう!

目の下 の クマ マッサージ

目の下のクマの種類って? まずはクマの種類について知っていきましょう。 目の下のクマは大きくわけて3種類。 青クマ、黒クマ 、茶クマ それぞれの原因についてを確認し、自分のクマがどういった原因で起こっているのかを理解する事から始めましょう! 青クマの原因 まずクマの中でも青みがかったクマについて。 この青クマは 20代~30代くらいまでの世代で一番多い原因です。 原因はズバリ 「血行不良」 この状態は、目の下の血液の流れが悪くなってしまって血液が留まっている、つまりうっ血状態となります。 停滞した血液は酸素が少なくなっていき、青みがかった暗い色になってしまい、それが目元の皮膚から透けて見えてしまうんです。 なんで若い世代に多いかと言うと、パソコンやスマホをよく使うデジタル世代という事。 その他にも生活環境から睡眠不足や疲労が溜まりやすいなどもあるかもしれませんね。 スマホの使用時間と青クマ症状に悩む人の割合は比例するらしいので、目の使い過ぎには注意が必要ですね。 青クマかどうかの確かめ方 ・引っ張ると薄くなる ・ファンデーションで目立たなくなる 黒クマの原因 黒クマの原因は 目の下のたるみ。 これは目の下がたるんでいるのが、黒い影になってしまいクマのように見えてしまう状態。 たるみが原因という事もあって、悩まれているのは 40代~60代以上の方が多いクマです。 たるみ自体が筋肉の衰えからくるので、年齢を重ねるほど筋肉が衰えてたるんできてしまうんですね。 黒クマかどうかの確かめ方 ・仰向きになると薄くなる ・ファンデーションしても目立つ 茶クマの原因 茶クマは 色素沈着が原因です。 これは主に化粧を落とす時にゴシゴシこすってしまってメラニン色素が沈着する事でクマになってしまう状態。 目の周りの皮膚は特に薄く、ゴシゴシしてしまうと皮膚への刺激も強いので特に注意が必要です。 また、そもそものメラニン色素は 紫外線によって生み出されるのでしっかり紫外線対策をする事も重要ですね。 茶クマかどうかの確かめ方 ・何をしても薄くならない ・ファンデーションで目立たなくなる タイプ別のクマケアとNGケアとは? クマはその種類によって行うケア方法が違ってきます。 きちんとした対処法を行っていかないと 悪化する結果になりかねないので、しっかり自分のクマの原因を知った後は、タイプ別の正しいケアを実施していきましょう! 青クマのケア方法 最近はこの青クマの悩みを抱えておられる方がお悩み相談される方にも多いです。 この青クマはうっ血して酸素が少なくなった血液が青みがかるから青クマになるので、血流を良くする為にアイケアコスメを塗って優しくマッサージをしてあげましょう。 ただ、外出先などではメイクも崩れてしまう為なかなか難しい状況もあります。 そんな時は 目のまわりのツボ押しがオススメです! 目の下を軽く指で押さえて、パッと離す。 それを繰り返すだけでOK! 指で押さえて一時的に血流をストップさせて、パッと離して勢いよく流す。 これを繰り返す事で滞った血流を復活させてあげましょう。 抗酸化成分などで顔全体の老化もケアして、たるみをケアしましょう。 具体的なマッサージ方法は次回コラムで書いていきたいと思います。 茶クマのケア方法 茶クマは色素沈着が原因なので、スキンケアで ターンオーバーを活性化したり 美白コスメを使ってメラニンを無色化させてあげましょう! こちらは必要以上に強いマッサージはNGです! 青クマ対策や黒クマ対策でマッサージやツボ押しをする場合は、あくまで優しくし、 美容ジェルやオイルなどを利用して摩擦を少なめに、肌を傷めないようにしましょう! こちらのコラムで詳しくご紹介しています。 目の下のクマ解消にオススメのコスメ はい!クマの種類別対策をご紹介いたしましたが、そんな目元のクマ解消にオススメのコスメを最後にご紹介したいと思います。 『アイジェル ジュレドールQ. A』 このアイジェルは3大抗酸化成分を配合していて、シミ、シワ、たるみを防いでくれる他、 黒色メラニンの発生も抑えてくれるんです!なので目元のエイジングケアにもってこいのスキンケアコスメなんです。 アイジェルなので目元に適量つけて、優しくマッサージ&ツボ押しをしてあげる事で、色素沈着の茶クマだけでなく、血流による青クマや、たるみが原因の黒クマにも改善効果が期待できます。 もちろん顔全体につけてマッサージしてもOK。 次回はクマ種類別にさらに詳しくツボ押しやマッサージ方法をご紹介していきますので、お楽しみに!.

次の

【医師監修】目の下のクマを簡単に取る解消法|たるみや血行不良を改善するマッサージ

目の下 の クマ マッサージ

広告 目の下のクマの原因 目の周りにはたくさんの毛細血管が通っています。 この毛細血管から栄養や酸素が血液と共に流れていきます。 そして、血流が悪くなることで目の下の皮膚の血管が透けて、青っぽく見えてしまいます。 また、目の周りは眼球を守るために眼窩脂肪(がんかしぼう)で覆われているのですが、まぶたの皮膚は薄い為、その脂肪が弛みとなって陰のように見えてしまうこともあります。 まぶたは皮脂腺も少なく、薄くて乾燥しやすいので、目を擦ることで簡単に色素沈着を起こしてしまうのです。 これらがクマとなって現れていきます。 目の下の皮膚は薄いからこそクマが目立ちやすい 人間の皮膚はその場所で厚さが違ってきます。 皮膚の薄い所もあれば、厚いところもあります。 皮膚の多くは大体2mm位で、背中などの少し厚い皮膚で2〜3mm位なのですが、目の下の皮膚はなんと0. 5〜0. イメージとしてはゆで卵の皮位の薄さなのです。 非常に薄いですよね。 目の下のクマが目立ちやすいのは、他の部分より皮膚が薄いことによって起こってきます。 人によって同じ場所でも皮膚の薄さが若干異なります。 薄い人ほど気を付けないとクマも目立ちやすくなってしまいます。 マッサージの効果があるクマの種類 マッサージによって効果が期待できるクマには大きく分けて3種類あります。 茶グマ 色素沈着によって茶色く出来るクマです。 茶グマには、表皮に出来たシミと同じ位のものと、真皮でメラニンが皮膚の奥の方に留まってしまっているものの2種類があります。 目の周りの皮膚は薄く、皮脂腺や汗腺も少なく、乾燥しやすいので、目を擦ったりなどの刺激で摩擦による色素沈着が起きやすいのです。 アトピー性皮膚炎、花粉症による目のかゆみ、乾燥による目のかゆみ、化粧品の刺激で目の周りは痒くなりがちです。 また、アイメイクが落ち切れずに、メイクが酸化してそこに紫外線が当たることで、色素沈着を起こすこともあります。 茶グマかどうかは、目の下の皮膚を引っ張ってみたり、上を向いてみても変わらない場合は茶グマである可能性が高いです。 マッサージで強く擦ることで、色素沈着を助長させてしまうこともあるので、あくまでほどほどの程度にしておきましょう。 この茶グマは、目の周りの血流が良くなることで、皮膚に栄養を行き渡らせることでシミやくすみの原因の色素沈着してしまった肌の新陳代謝が活発になることで、メラニン色素を追い出すことに期待出来そうです。 青グマ 血行不良によって出来るクマです。 目の周りにはたくさんの毛細血管が通っています。 冷え症、生活習慣が悪かったり、ホルモンバランスが悪かったり、睡眠不足、疲労、目の疲れ、ストレスなどで血流が悪くなって、それが透けて見えてしまうのです。 色白の人に多く見られます。 目の下を軽く押さえてみて、血流が変化するなら青グマの可能性が高いです。 目の周りの血流を良くしてあげることで改善することもあります。 黒グマ 目の下の皮膚の弛みやへこみが原因で、影になって黒っぽく見えてくるクマです。 元から目の下の脂肪が少ない方、加齢によって目の周りの脂肪が委縮して皮膚の弛みが出て影が出てしまうことで目立ちやすくなります。 人のまぶたは1日1万回以上行うので、シワや弛みが起きやすいのです。 上を向くと目立たなくなるなら黒グマの可能性が高いです。 むくみや弛み予防にマッサージをすることで、目の周りがスッキリすることで、この黒グマを予防することが出来ます。 広告 病気が隠れていることも 血行不良、目の擦り過ぎ、目の弛みなど比較的病気の心配のいらないクマもありますが、中には病気が隠れていることもあるので、あまりにも酷い場合は気にかけて医療機関を受診して下さい。 鉄欠乏性貧血 赤血球の中にはヘモグロビンがあります。 このヘモグロビンの量が減ると、貧血が起きやすくなります。 鉄分が不足することで、ヘモグロビンの量が減ってきます。 これが鉄欠乏性貧血です。 貧血によって血行が悪くなります。 それが目の下に青っぽく現れてきます。 バセドウ病(甲状腺機能亢進症) バセドウ病は、甲状腺ホルモンといって、喉にある甲状腺で作られるホルモンが過剰に分泌されてしまう病気で、主な症状として眼球が突出してくることです。 目の周りの眼窩脂肪や筋肉が炎症を起こして腫れることで、眼圧が強くなって眼球が前に突出してくるようになります。 この眼球が突出してくることで、眼窩脂肪も盛り上がってきて弛みが出て、黒グマが出やすくなります。 うつ病 うつ病を患うことで、両目と口の周りが青白くなることがあります。 自律神経が異常をきたし、目の周りや口の周りの筋肉の血流が滞る為に起こります。 アトピー性皮膚炎や花粉症皮膚炎 下まぶた、目の周り全体のくすみはアトピー性皮膚炎や花粉症皮膚炎であることが多いです。 ハウスダストや花粉がつくことで、炎症を起こしたり搔いてしまうことで、色素沈着を起こした茶グマが出来ることがあります。 肝臓疾患・腎臓疾患 肝臓や腎臓は、解毒作用や老廃物を取り除いて血液をきれいにする働きがあります。 肝臓や腎臓に疾患があると、血液がスムーズでなくなり、血流が悪くなってクマが出来やすくなります。 効果抜群のマッサージ方法 まず、つい目元の血流を良くさせようと目の周りを擦ったりするようなマッサージは、色素沈着を起こす可能性があるのでNGです! 目元のツボを押してみる 目元の血流を促す、クマに効果的なツボをご紹介します。 アイクリーム(保湿クリームでも可)などをつけて指圧すると良いでしょう。 四白(しはく) 瞳から真下の位置で、下まぶたの骨の淵から1cm下です。 疲れ目やクマの改善に効果的です。 中指の指先の腹で小さくクルクル円を描くように押します。 5回程行います。 睛明(せいめい) 鼻の根本と目頭の間のにあります。 眼精疲労にも効果的です。 両手の人差し指で左右のツボを押します。 5秒ずつ3セット押します。 太陽(たいよう) 左右の目尻から少し外側の骨くぼんだ所にあるツボです。 こめかみに近い位置です。 クマの改善、頭痛にも効果的です。 両手の中指の腹で左右のツボを押します。 5秒ずつ3セット押します。 リンパマッサージ リンパの流れが悪くなると、余分な水分や老廃物が溜まってきます。 そして、むくみや目の下のクマの原因にもなります。 耳の後ろの部分を擦ります。 両方の耳たぶを真横に引っ張り、5秒キープします。 続いて耳の真ん中、耳の上側も同様に行います。 耳たぶを揉むようにマッサージします。 耳の後ろに両3指をセットし、頭頂部に向かって押し進んでいきます。 側頭部の頭皮を持ち上げるような感じで行います。 額の生え際に両3指をセットし、同じく頭頂部に向かって押し進んでいきます。 前頭部の頭皮を持ち上げるような感じで行います。 右手の平で左の首筋から鎖骨に、左手の平で右の首筋から鎖骨に向かって撫でるようにリンパの滞りを流すような感じで行います。 最後に脇の下のリンパ節に老廃物を送り込むようにします。 アイキララ 目の下のクマ用美容液として、効果が「医学誌」にも掲載されたアイキララ。 加齢にともないコラーゲンが減少することで、皮膚が痩せていってしまいます。 その痩せた皮膚に、MGAという成分でコラーゲンの働きをサポートし、若々しい肌を蘇らせます。 ツボやマッサージは外側からクマを治す方法でしたが、アイキララは身体の内側からクマを治すという逆のアプローチ方法を摂ります。 アイキララの使い方は簡単で、朝晩の洗顔後に、目の下にクリームを塗るだけ。 東証一部上場企業の開発商品のため、商品に対しての自信が強く「全額返金保証」もついています。 皮膚につけるものなので、新しいものを使うのはちょっと心配・・・という方でも返金保証があるので気持ちが楽に購入できるかと思います。 >> ホットタオルを使って血流アップ! ホットタオルを作って(あまり熱すぎて火傷しないように注意して下さい)、目の周りにのせて目の周りを指圧するようにすると、血流が良くなります。 また、この後に冷たいタオルをのせ、また温かいタオルをのせ・・・を繰り返すことで更に血流アップします。 おわりに 目のクマには大きく3種類がありますね。 皆さんはどんなクマでしたでしょうか?それによって、原因も分かってきたかと思います。 くれぐれも目の周りの皮膚は薄いので、あまり強い力で擦ったりしてマッサージをしないようにしましょう。 また、目がかゆくて擦るのも色素沈着を起こす心配があるのでNGですよ!•

次の

目の下のクマを改善!? リンパマッサージのやり方についてご紹介!

目の下 の クマ マッサージ

人間、特定の部位を酷使し続けると血流が悪くなるのはおわかりでしょうか? 分りやすく言えば肩こりや首こりなどもそうですね。 目元も同じです。 寝不足や目を使いすぎたなどの理由で目元の血流が滞ってしまい、 青く透けてしまっているということになるんですね。 そこでマッサージと蒸しタオルの登場。 マッサージでグリグリと目元をマッサージして血液を流してあげれば、目元にたまっていた血液が流れ青クマが解消します。 蒸しタオルも同様に、温熱効果で血液の流れが良くなりますから青クマが解消するということになります。 お風呂に入るとなぜか目のクマが解消する これは典型的な青クマの症状です。 青クマは血液が目元にたまることで見えてしまうものだと言いましたね。 お風呂に入ることでなぜクマが解消するかというと体が温まりめぐりが良くなることで、クマが解消している状態になっているわけですね。 要するにお風呂に浸かっているのは、マッサージや蒸しタオルと同じ効果を得ているということです。 ですがこれは一時的なもの。 その理由は、そんなに簡単に目の疲れは取れないからです。 青クマの場合は、毎日湯船につかったり 毎日根気よくマッサージやホットマスクをする事で徐々に解消していくのです。 ここまで説明すれば、なぜ青クマがマッサージや蒸しタオルで解消するかおわかりいただけたかと思います。 裏を返せば 茶クマや黒クマに蒸しタオルは効果がないということになりますね。 では、なぜ茶クマと黒クマに蒸しタオルは効果がないのでしょうか。 マッサージや蒸しタオルで解消できない黒クマと茶クマ さきほどは、血流を良くする事で青クマが解消するとお話しました。 ここでは「なぜ黒クマと茶クマにはマッサージや蒸しタオルの効果がないのか」ということについて解説します。 要チェック! 茶クマの原因は色素沈着です。 つまり目元の皮膚そのものが茶色になってしまっているため、いくら巡りを良くしても解消しません。 黒クマの原因は• 目元のたるみによる影で黒く見えてしまっている。 または小じわが密集して黒く見えてしまう。 あるいは加齢により皮膚がくすんでしまうことによって、目元が黒く見えてしまう症状です。 これも皮膚そのものに原因があるため、もしタオルやマッサージでは解消しないんですね。 実は青クマもマッサージや蒸しタオルでは解消できない場合が• 目元を温めると解消できる青クマ• 目元を温めても解消できない茶クマと黒クマ このように説明してきましたが、実は 目元を温めても解消できない青クマがあるんです。 それは 目元の皮膚が痩せている場合の青クマです。 これは、目元に血液がたまっていない状態でも皮膚が薄くなってしまっており、通常の状態で血が透けて見えてしまう状態なんですね。 これはいくら目元を温めても意味がありませんので、最後で説明する皮膚をぷっくりとさせるために目元クリームで解消するしか方法はありません。 やみくもに解消しようとしてもムダ 上記で説明した通りクマができてしまったからと言って「一般的に知られているマッサージや蒸しタオル」で目のクマを解消しようとしてもそれははっきり言って時間のムダです。 まずはあなたのクマの色を見分けてください。 クマを解消するにはそこから始めましょう。 でもマッサージや蒸しタオルは青クマの予防になる クマを消そうと思ってやみくもに対策をしても時間のムダとなりますが、目が疲れたなと思った時にするマッサージと蒸しタオルは、実は 青クマの予防になるんです。 それはどういうことか説明しますね! 青クマの原因の1つとして目の疲れが挙げられます。 これはさきほども言いましたが、特定の部位を酷使し続けると血流が停滞してしまうと説明しましたよね。 目も例外ではありません。 なので目を使いすぎた時はマッサージや蒸しタオルで目の疲れを軽減させてあげることによって、青クマの予防につながります。 つまり「 クマを消そうと思って行うマッサージや蒸しタオルは効果がない」のですが、「 青クマの予防のつもりで行うマッサージや蒸しタオルは非常に効果が高いもの」と言えるでしょう。

次の