部屋 フック。 おしゃれな壁掛けフックのおすすめ13選。北欧デザインからかわいい木製のウォールフックまで

部屋の柱に無垢の止まり木フック。シンプルな木製のフックを部屋に取り付けました。【槿ノ里】|暮らしとインテリア SUMURO(スムロ)

部屋 フック

額縁の飾り方・掛け方 海外のインテリアと日本のインテリア、色彩感覚やテイストなど異なる点はたくさんありますが、ガイドが最も顕著に違いを感じるのは壁の使い方です。 ヨーロッパやアメリカの住居に比べ、日本の住居は壁が本当にシンプルです。 海外のインテリア誌などでよく見かける壁一面が絵や写真を収めた額縁で埋め尽くされているなんてことはなかなかないですよね。 今回は、皆さんが壁に額縁を掛ける時、おっくうにならずに思いのままに掛けられるようフックの選び方から使い方、さらにはフックを取り外した時の壁の補修方法まで、プロのテクニックをご紹介したいと思います。 一般的には一番よく目にするフックですね。 一時的に何かを掛けたい場合や掛ける場所を頻繁に変える場合にとても便利。 シンプルな1本刺しタイプのフックなので、取り付け、取り外しが簡単です。 取り外し時、釘自体は、素手でも抜けますが、斜めに刺さっているので、取り付け時には絶対に外れることはありません。 額縁の飾り方・掛け方2. 額縁1枚に対してフックは2本 さて次は、実際に選んだフックを壁に取り付ける時のポイントです。 額縁1枚を掛けるのにフック1本だと、どうしても左右のバランスが取りづらく、結果として額縁がどちらか一方に傾きやすくなります。

次の

ダイソーの「針穴をあけない壁紙に貼れるフック」を百均フック各種と比較

部屋 フック

ダイソー・壁紙に貼れる壁紙用フック こちらがダイソーの「針穴をあけない!壁紙に貼れる壁紙用フック」のパッケージ。 清和産業が作っているとはどこにも書いていませんが、おそらくと実質的に同じものということで間違いないと思います。 ラインナップは計3種類 ラインナップは計3種類で、今回ご紹介する耐荷重1kg(2個入り)のほか、同2kg(1個入り)、同500g(4個入り)があります。 フック裏面に接着剤を塗る それでは早速、壁紙にフックを貼ってまいりましょう。 フック裏面には渦巻き状の溝が彫られており、それに沿うように接着剤を塗っていきます。 接着剤1本でフック2個分使い切り この接着剤は3週間以内に使い切ってしまわなければなりません(開封後は冷蔵庫などで保管)。 容量2. 5gの接着剤はフック2個分には足りないように見えて、ちょうど使い切れる量です。 ちなみに市販品の「くりぴたフック壁紙用M」はフック1個につき1. 5gの接着剤が1本付属しており、1つずつ使うことができます。 30秒ほど壁紙に押さえつけて24時間放置 フックに接着剤を塗ったら壁紙に30秒ほど押さえつけて接着します。 その後、24時間以上放置して初めて使用可能な状態となります。 「24時間も!」と思われるかもしれませんが、粘着式のフックも12時間以上や24時間以上放置する必要があるものがほとんどです。 簡単にペロリと剥がせる! 壁紙からフックを外すのは簡単です。 まずポリエチレン製のフックの上部をめくり、それから固まったシリコンを剥がすだけ。 多少、壁紙に糊残りしますが、指の腹で擦ればポロポロと剥がれます。 壁紙が傷むことはありません。 もちろん、壁紙によっては損傷するリスクもあることでしょう。 長期間に渡って使用していればなおさらです。 しかしながら、我が家では1年後に剥がして問題なかった実績があります。 また、シリコンは変質しにくい素材なので、その点でも安心できると思います。 壁紙に貼れるフックのメリットとデメリット メリット 壁紙に穴が開かない 市販の「くりぴた」より安い デメリット 接着剤を開封後、3週間以内に使い切る必要がある 再使用できない 接着後24時間放置する必要がある ここで一旦まとめます。 ダイソーの「針穴をあけない!壁紙に貼れる壁紙用フック」はその名の通り、一般的な石膏ボード壁用フックなどと違って穴がまったく開きません。 一方で、デメリットもあります。 1個入りなら問題ないですが、2個入りと4個入りは3週間以内に使い切る必要があります。 もっとも、使いきれなくても市販の「くりぴたフック」より割安ですが。 あと、フック本体は再使用可能なものの、を買い足さないと使えません。 これもダイソーで買っちゃったほうが割安になります。 最後に、針などで穴を開けるタイプの石膏ボード用フックと違って、24時間以上放置する必要があります。 小さな針穴でも気になる人ならこちらがオススメですが、それよりも手っ取り早さを求める人は小さいながらも穴をあけるタイプのほうが良いでしょう。 100均などの石膏ボード壁用フック ダイソーの「針穴をあけない!壁紙に貼れる壁紙用フック」の使い方やメリット&デメリットについてはご理解いただけたかと思います。 では、従来品の石膏ボード壁用フックと具体的にどう違うのか、比較してみましょう。 今回はダイソーなど100円ショップで販売されている4タイプに加え、ウェルスジャパンの「キズが超小さいフック」、東洋工芸の「ハイパーフックかけまくり」とも併せて比較したいと思います。 なお、上写真の100均のフックは現在も販売されているものと同等品ですが、かなり以前に購入したものです。 ピン1本タイプ(カレンダーフック) まずピン1本タイプから。 割りと太めのピンを使用するので、抜くと穴は画鋲の痕くらいになります(写真右上)。 爪先で押し込んでも完全にはふさがりません(写真右下)。 なお、斜め下に向けてピンを押し込む必要があるので、ハンマーで叩かないと刺さらないことがほとんどだと思います。 ピン3本タイプ(ハンマーで叩くフック) 針が3本突き出ている「ハンマーで軽くたたくだけフック」は画鋲程度の穴が3つ開きます。 真正面から針を刺すためか、爪先で押してもほとんど誤魔化せません。 しかも、結構つよい力で叩く必要があります(苦笑) ピン3本タイプ(石膏ボード用ミニフック?) 次は同じ3本ピンタイプでもピンがそれぞれ独立しているタイプ。 もっともメジャーな石膏ボード壁用フックですね。 これはもっとも普及しているだけあって、穴3つでもそれほど目立ちません。 写真で見ると爪先で整えた後でも穴が確認できますが、実際はほとんど気にならないレベルです。 取り付ける際の力も比較的軽くて済みます。 ピン4本タイプ(ステンレスタフピンフック) こちらもピンが4本独立しているタイプで、ステンレスタフピンフック。 ピンが4本ともなるとさすがに面倒臭く感じます(苦笑) 下2本は斜めに打ち込むため、爪先で押せば比較的ごまかしやすいです。 しかし、上2本は水平に打ち込むためか、誤魔化しにくい感じです。 東洋工芸・ハイパーフックかけまくり 続きましては100均ではなく、東洋工芸の。 私が愛してやまないフックで、ワンプッシュで設置可能です。 もっとも、サクッと刺さることもあれば、なかなか刺さらないこともありますが(苦笑) それはさておき、かけまくりは引き抜くと壁紙が少し盛り上がる感じになります。 写真で見ると多少目立つ感じがしますが、実際にはそれほどではないと思います。 ウェルスジャパン・キズが超小さいフック 最後にウェルスジャパンの。 こちらはピンではなくホッチキスで留めるかたちとなります。 8本もホッチキス留めするのはちょっと面倒ですけど、文字通り針穴は超小さいです。 そのため、爪先で整えようとしてもほとんど変化はありません。 以上の通り、石膏ボード壁用フックは穴の数や大きさに若干の違いはあるものの、少なからず痕は残ります。 その点、ダイソーの「針穴をあけない!壁紙に貼れる壁紙用フック」はまったく穴が開かないという点で大きなメリットと言えるでしょう。 ただし、壁紙の材質や状態にもよるので、一概に保証することはできません。 また、接着剤を買い足さない限り繰り返し使えないというのもデメリットです。 フックって、あとで取り付け位置を微妙に調整しないといけないことも多いので、その点では従来の石膏ボード用フックのほうが優れているとも言えるかと思います。 というわけで、それぞれのメリットとデメリットをよく理解したうえで、最適なものを選んでご使用ください! 関連記事.

次の

部屋の柱に無垢の止まり木フック。シンプルな木製のフックを部屋に取り付けました。【槿ノ里】|暮らしとインテリア SUMURO(スムロ)

部屋 フック

その時は、壁にモノを飾りたいという気持ちが強いので、家にあったフックをつけて時計やカレンダーや絵、お花を飾ろうとするのですが、これ、もしも他の位置につけたいとなったときに、フックのピン穴が開いた状態のままになってしまったり接着タイプのものですと、剥がせなくて、無理やり剥がして壁を傷つけてしまう恐れもありますよね。 もしかすると、フックのピン穴は細いタイプのものを選べばパッと見は分からないかもしれませんが、なるべく壁は傷つけたくはなくて、きれいな状態にしておきたいですよね。 それでも、部屋の壁にいろいろと飾っておしゃれな部屋にコーディネートしていきたいですよね。 今回わたしは、壁に 貼ってはがせるフックを購入して失敗してしまったな。 という話と実際に貼って成功したなというフックの話をしていきます。 壁を傷つけない便利でおしゃれなフックを最終的には100均で見つけました。 貼ってはがせるフック、どのフックを選んで使っていったのかについてお話ししていきたいと思います。 フックを取り付けたいけれど、壁に跡が残るのが嫌だな。 貼ってはがせるフックの失敗談 そこでまずは、壁に刺すタイプのピンタイプのフックではなくて、 貼ってはがせるフックを探すことにしました。 ホームセンターの店員さんに 貼ってはがせるフックはどこにあるのかと聞いて紹介されたのが、この商品。 強く接着することができて、きれいに剥がせるそうなので、この商品を即購入が間違いでした。 店員さんに商品を教えてもらったので、ろくに説明も読まずに購入してしまいました。 今回、購入した 貼ってはがせるフックはフックの裏に粘着タブがついています。 フックよりも少し大きな粘着タブで、フックの下側に粘着タブが少しはみ出ていているような状態です。 そして、剥がしたいときに、粘着タブを引っ張るときれいに剥がれるということです。 壁紙に貼れない?? そうなのです。 壁紙には使えない商品でした。 私のお店の人へのたずね方が失敗だったのです。 壁紙に貼りたいということを伝えておらず、貼って剥がせるフックはどこにあるのかと聞いただけなので、この商品を教えてくれました。 この 貼ってはがせるフックには、取り付けられないところに取り付けた場合、十分な接着力を発揮できません。 相手を傷めることがあります。 と注意書きがしてありました。 きっと壁紙に貼ること自体はできるのでしょうが、フックをはがしたいと思った時に、はがすと壁紙まで一緒にはがれてしまうのだと思います ですので、結局このフックは使うことができませんでした。 今回購入した 貼ってはがせるフックの取り付けられる金属などに使用したいときまでとっておこうと思います。。 貼ってはがせるフック成功談 次に探した商品が、100均のダイソーに売っていた壁紙用フックです。 この商品は針穴をあけずに壁紙に貼れて、特殊接着剤で取り外し後、剥がし跡が残りにくいという商品なのです。 このフックは、フックとフック用の特殊接着剤が別々で自分でフックの裏面に特殊接着剤を塗ってから壁紙に貼るという方法です。 正直、少し面倒かも・・・と思ってしまいましたがとりあえず進めていくことにしました。 貼ってはがせるフックを取り付けられるところ ・ビニル製の壁紙 ・ステンレス ・タイル ・ガラス面 貼ってはがせるフックの取り付けられないところ ・ビニル製以外の壁紙 ・模様のあるステンレス、タイル ・レンジ、ストーブなどで高温になる場所 ・コンクリート壁 ・漆喰壁 ・布 ・繊維 ・ブロック ・レンガ ・その他凹凸の激しい面、ざらざらした面 ・屋外 などになりますので、私の部屋のビニルの壁紙に貼っても大丈夫でした。 貼ってはがせるフックの色は白色? 私は白色が好きなので、家の中はほとんど白系の色で統一をしています。 ですのでフックの色は、もちろん白で!と考えていたのですがはじめに購入したフックは透明の色しかありませんでした。 次に100均のダイソーで購入した貼ってはがせるフックは乳白色で半透明ですので、壁紙に貼ってもあまり目立ちませんので、飾りたいものをおしゃれに演出することができます。 部屋の壁紙も白なので、白いフックがいいなぁと思っていたのですが、この乳白色の半透明の色のフックは、白いフックよりも目立たないので気に入りました。 あくまでも飾り物が主役となりますので、フックは目立たないものが私は好みです。 特殊接着剤はもちろん透明の色ですので見た目には全く色は分かりません。 貼ってはがせるフックの貼り方 この100均のダイソーで購入した 貼ってはがせるフックを壁に貼り付けます。 このフックに限らず、フックには荷物の重さをどこまで耐えられるかという、耐荷量というのが書かれていますので、飾ったり、荷物をかけたりしたい重荷の重さを考えてから、耐荷量の大丈夫なフックを購入してくださいね。 今回、私は、壁にお花を飾るためのフックを取り付けたいと思っていましたので、売っている一番小さなサイズだった耐荷量500グラムのフックを使用しました。 設置位置は、壁紙に前もって印などを入れておいた方が慌てずにきれいに貼れるかと思います。 このフックの裏面には、接着剤を塗る面が溝になっているのでその溝に接着材を塗っていきます。 親切ですよね。 フック裏の少し内側に溝がありますので、壁に貼った時に、接着剤が押し広がってもはみ出ないように計算されているのだと思います。 ですが溝があるからと言って、あまりたくさん接着剤を塗ってしまうと壁に貼った時にはみ出てしまいますので注意してくださいね。 説明書には接着剤が乾くまで24時間以上経過してから使用をするようにと注意書きがあります。 特殊接着剤が乾くまでに結構時間がかかってしまうのですね。 貼ったあと、30分くらいしてから、確認してみると、5ミリほど下にずれていました。 フックの重さで、下にずれていたのです。 時間が経って、もっとずれてしまって、そのまま固まってしまったら大変です。 ですので、元の位置に戻してから、マスキングテープでフックを固定しました。 位置がずれていたことに早く気づいたのであまり接着剤も乾いておらず修復可能でしたので良かったです。 この特殊接着剤は乾くのに24時間かかってしまいますので、その間はフックの重みで位置がずれてしまう可能性がありますのでマスキングテープなどで固定をするようにしてくださいね。 貼ってはがせるフックのはがし方 貼ってはがせるフックを剥がす場合には、24時間経過してから剥がす必要があります。 24時間以内にはがすと壁紙をやぶる可能性があるそうです。 はがし方は片方の手で引掛け部分を支え、もう一方の手で丈夫の角の部分からゆっくりとめくるようにはがします。 接着剤が壁紙に残った場合には、指でこするか端からゆっくりとめくるように剥がすかをしてください。 とのことです。 はがした跡が残りにくいフックなので、後からはがすことができると思っているとなんだか安心して使うことができますよね。 スポンサードリンク 壁に貼ってはがせるフック!壁を傷つけない便利でおしゃれなフックを100均で!のまとめ ひとことで 貼ってはがせるフックと言っても、メーカーによって色々な商品がありますので、購入するときは、きちんと説明書を自分で確認してから購入すべきだなと改めて思いました。 世の中には、欲しいなと思う商品がたいがいどこかで販売されているので、いかに見つけるかが大切ですよね。 正直、ホームセンターになくて、100均のダイソーで商品が見つかるだなんて思いもよりませんでした。 はじめから100均のダイソーに行っておけば無駄なものを買わずに済んだのに・・と後悔です。 今回、100均のダイソーで購入した 貼ってはがせるフック、一度貼ってしまっても、再度はがせるので使う幅が広がりますよね。 私は賃貸マンションに住んでいるころ、生活の範囲でフックなどを使って壁に傷をつける場合の傷は大丈夫なのは知っていたのですが、どの範囲までの傷が大丈夫な傷なのかがよく分からずに、なるべく壁を傷つけないでおこうと考えていました。 ですので、実際に私の家では、壁になるべく傷を入れないようにフックを使うことはなるべく避けていました。 昔は今みたいにこんな 貼ってはがせるフックといった便利グッズは無かったのではないかと思います。 (昔からあったのかもしれませんが私は探しだせませんでした。。 ) ですので賃貸の場合も心おきなく使える 貼ってはがせるフックをぜひ使ってみて部屋をおしゃれにコーディネートしてくださいね。

次の