コロナ禍 収まる。 いったいいつになったら旅行ができるのか?

コロナ禍で浮き彫りになったバイオ業界の課題:日経バイオテクONLINE

コロナ禍 収まる

三菱重工業は新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、子会社で「スペースジェット」(旧MRJ)を開発する三菱航空機の人員を大幅に削減する。 海外拠点2カ所も閉鎖し、開発体制を縮小する。 スペースジェットは「2021年度以降」のANAグループへの1号機納入に向けて、今年は型式証明の取得など「最後の仕上げの年」となるはずだったが、新型コロナが行く手を阻んでいる。 スペースジェットの今年度の開発予算は600億円程度で、昨年度から半分以下になった。 「開発予算が大幅減になった以上、それに見合う形で人員も考えていかざるをえない」。 三菱航空機関係者はそう語る。 現在、1700人いる社員をどのような態勢にするのか、計画を策定中だ。 また、今年中にも型式証明が取れることを見越して量産体制の構築も進めてきたが、これも一時停止する。 閉鎖する海外の2拠点は、米国ワシントン州のシアトル近郊レントンにある三菱航空機米国本社と、カナダ・モントリオールの事務所だ。 本社機能は試験飛行を行っている米ワシントン州モーゼスレークの空港の事務所に移す。 つまるところ、スペースジェットの事業は一時「冬眠」に入ることになる。 最低限の陣容だけを残して、「コロナ禍」が収まるのを待つしかなくなった。 ただ、航空業界が置かれた環境は極めて厳しい。 国際航空運送協会(IATA)は、国際線の旅客需要がコロナ前の19年の水準まで戻るのは24年との見通しを示した。 日本航空(JAL)、ANAともに、国際線約9割、国内線約7割の運休・減便が続いており、事業に相当なダメージを受けている。 タイ国際航空やオーストラリアのヴァージン・オーストラリア航空がすで….

次の

人型ロボット導入で再出発 新型コロナウイルス禍の飲食店の在り方は?【新潟】(BSN新潟放送)

コロナ禍 収まる

コロナ禍が収まる気配がありませんが、一体我々はいつになったら再び旅行を楽しめるようになるのでしょうか? コロナ禍の現状 2020年3月17日に以下のような記事をアップしたわけですが、あれから2か月が経ちました。 ちょうど節目ですから、今回は現状を改めて見つめ直してみたいと思います。 まず、世界的に見れば昨日も今日もコロナでたくさんの人が亡くなっています。 いわゆる「終息」とは程遠い状態だと言えます。 お馴染みのジョンズ・ホプキンズ大学の統計によれば、世界全体での死者数は31万人を超えました。 これは広島に投下された原爆で亡くなった犠牲者の総数(後遺症で後日亡くなった人等を全て含む)とほぼ同じです。 ただ、超過死亡のデータはコロナによる実際の死者数は、国にも依りますが、公表値よりもはるかに多いことを示唆していますから、仮に1. 5倍くらいだとして、既に45万人程度は亡くなっている可能性が高いと言えます。 しかしながら、日本における死者数は未だに千人未満に留まっていますから、万単位で亡くなっている欧米諸国の現状と比べると大きく異なります。 「2週間後に日本はイタリアのように、、、」、「2週間後に東京はニューヨークのように、、、」と日本のメディアは国民を一時期煽るに煽っていたわけですが、私の予想通りそれらはただのフェイクニュースというか、bullshit(でたらめ)でしかありませんでした。 そんな現状ではあるのですが、日本に限っても経済活動に関して言えば、「回復」の段階にはまだ入れていません。 ここは言うまでもなく旅好きが集うブログなわけですが、本当に「旅行」というものが我々からどんどん遠ざかっていってしまっているのがよくわかります。 ソーシャルというか旅の機会がディスタンシングしてしまっているのです。 国内旅行 当初私は、海外旅行はさすがに無理でも、国内旅行に関しては比較的早い段階で可能になるだろうと思っていました。 読みが甘かったです。 そもそもまだ緊急事態宣言が完全には解除されていませんし、自粛要請も全国的に暗黙の了解のような感じで続いています。 各都道府県知事は都道府県を跨いだ移動をしないように訴えていますから、旅行どころではありません。 緊急事態宣言は早ければ5月21日、遅くとも月末までには完全に解除されるでしょうが、それでは6月からは国内旅行解禁かと言うと、、、まあ難しいでしょうね。 私は現状にイライラしているのですが、何が一番の理由かと言うと、「ソーシャルな拘束が強過ぎる」ということです。 どういう意味かと言うと、物理的には国内旅行は可能です。 新幹線も飛行機も普通に運行していますし、営業再開している温泉旅館なんかも増えています。 ただ、もし我々が旅行をして、万が一コロナに感染してそのことが表に出た場合、現状では我々の行動履歴に関して詳細なチェックが入ることになります。 「こんな時期に旅行なんて、非常識!」となることは火を見るよりも明らかであり、社会人として実に様々な角度から私刑というか、攻撃されることになるわけです。 このソーシャルリスクは本当に厄介です。 人々の意識の問題ですから、変えるのにはかなりの時間がかかります。 6月は様子見だとして、7月8月には「そろそろ旅行も再開して内需で関連業界を支えよう!」という機運が高まることを願うばかりです。 秋以降にまた感染者が増えることはほぼ確実でしょうから。 海外旅行 冒頭にリンクを貼った2か月前の記事にも書きましたが、もう海外旅行など夢のまた夢です。 私は2月に中国に戻ってきて以降、未だに一切身動きが取れない状況にあります。 北京なんてもうず〜っと感染者ゼロです。 こちらは東京よりもはるかに安全です。 それでも、私は北京市の外に出ることを会社から止められています。 これは最新の情報ですが、国を跨いだ人の移動が止まると経済は大きなダメージを受けるわけで、現在中国政府は日本政府に対し、「PCR検査陰性もしくは抗体検査陽性を示す証明書の提示を条件にビジネス目的の日中間における人の往来を再開しませんか?」と打診しています。 しかしながら、日本ではまだ緊急事態宣言が出ていますし、国民に各種自粛を要請しているような状態で入国制限の緩和などできるはずがないのです。 私は個人的には入国制限の緩和を切望しています。 しかしそれは現実的ではありません。 そんなわけで、正規のビザを持っている私のような者でさえ、未だにすぐお隣の国と行き来ができないのです。 観光目的での渡航など、一体いつになったら可能になるのか私には想像すらつきません。 当ブログの読者さんの中には、アジアというよりは欧米諸国への観光目的での訪問に特に興味がある方も多いかと思います。 しかしながら、現状では日本と経済的な結びつきが強い中国や韓国にすら自由に渡航ができないわけで、コロナによるダメージが日中韓よりもはるかに深刻な欧米諸国になど今後も当分の間は行けるはずがありません。 数ヶ月後、入国制限の緩和により物理的には行けるようになったとしても、帰国後に感染が判明すれば我々は即ニュース番組のネタになるわけですから。 旅行解禁のための条件 国内か海外かを問わず、我々が再び堂々と旅行ができるようになるためには、達成しなければならない一つの条件があると私は考えています。 もちろんコロナの終息などではありません。 そもそも自然界に元から存在したウイルスですし、熱耐性もあるわけで、何年待とうと絶対に終息はしません。 ということで、その条件は 「各種メディアによる日毎の感染者統計の(詳細の)公表をやめること」だと私は考えています。 日本にいる私の身内も言っていることではありますが、コロナそのものよりも、いわゆる自粛警察もしくはそれに類する思想を持った人が現在の日本には非常に多く、それが本当に怖いのです。 これはある意味、他者への関心が強い国民性に由来する日本に特徴的な問題だと言えるのかもしれません。 で、いつなら可能? 秋以降、日本ではまず間違いなくコロナの感染者は増加傾向を示すことになるかと思います。 幾つかの統計により、なんだかんだ言って日本ではまだほとんどの人が免疫力を獲得できていないことが明らかになっていますから。 ですから、もう待ち続けてどうにかなるような話だとは思っていません。 ワクチンに関しても、完成はだいぶ先になりますし、要はインフルエンザのワクチンと同じようなものですから、接種したら罹らないというものではありませんし、新型コロナウイルスにも「型」があるので当たり外れというのも存在します。 過度な期待をするべきではありません。 とにかくもう我々国民が意識を変えていくしかないのではないでしょうか。 現状では「旅行先での感染=悪」といった感じですが、旅行から帰ってきてインフルエンザに罹ったとして責める人などいないわけで、この辺がまさに意識の問題なのです。 ということで結論ですが、6月は緊急事態宣言解除直後ということでさすがにちょっと何とも言えませんが、7月8月にはさすがに各都道府県知事も移動自粛の要請はしないでしょうから、できれば皆さんには国内旅行をしていただきたいです。 私も今夏は日本にいますから、涼しそうな場所の中からなるべく人口密度の低そうなところを選んで行ってこようかなと思っています。 秋以降のコロナ再燃リスクを考えたら、今夏我々がお金を落とさないと関連業界は死んでしまいます。 1年間ほぼ客が来ない状態が続いて潰れない宿など私には想像すらできません。 海外旅行に関しては、全てをリセットすることが可能な東京オリンピックに私は心の底から期待しています。 「コロナは今後ずっと人類が付き合っていくもの」という理解さえ世界的に広がれば、来夏東京オリンピックは開催可能だと私は信じています。 海外旅行の障壁としては、欧米諸国に広がるアジア人差別も極めて重い問題なわけですが、それを一掃するポテンシャルがあるのはもうオリンピックくらいしかありません。 雑な言い方をすれば、お祭りやって嫌なことは忘れる必要があるのです。 ヨーロッパで駐在員をしている親戚の女の子は先日、スーパーに買い出しに行く途中で白人男性に「コロナ!」と怒鳴られたそうで、もう外に出るのが怖くて仕方ないそうです。 入国制限云々以前にこういう問題が我々アジア人の目の前には現在存在するわけで、これはもう1年や2年待ったところで解決する問題ではないと思うのです。 ですから、ゲームチェンジャーというかルールブレイカーというか、そういう「何か」が必要だと私は考えているのです。 私のような一般人が何か言ったところで日本社会は動かないのかもしれませんが、言わんとすることのニュアンスがもし誰かに伝わったら、今はそれだけでも嬉しいです。 superflyer2015.

次の

「コロナ禍」でもゴルフ場に行く人の意外な動向 コンペのキャンセル相次ぐが、個人客は?

コロナ禍 収まる

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、多くの大学が大学キャンパスでの対面授業を取りやめ、遠隔会議システムを使った授業を行っている。 このような状況に不安を募らせているのは、子どもが自宅外で暮らしながら大学に通わせている保護者で、大学への問い合わせも多いという。 来年入試では地元志向が高まりそうだ。 保護者の目が届く大学に、子どもを通わせたいとの考えが強くなるからだ。 では、大学入試改革とコロナ禍で一般選抜のほうはどうなるのだろうか。 今の受験生は将来の就職を考えながら、大学・学部を選ぶのが当たり前になっている。 そのため、コロナ禍で企業の業績が悪化し、新卒採用がどれぐらいになるのかが、志望校選びに影響する。 企業の採用が減るということは、まず事務職の採用が減る。 そうなると、過去のバブル経済の崩壊、リーマン・ショック後と同じように理系学部の人気が高まる。 理系学部の卒業生の就職率は、文系学部の卒業生より高い。 なかでも医療系の人気が高まる。 国家資格を持って、就活に臨んだほうが有利という考えになるからだ。 その上、受験生の困っている人を助けたい気持ちも強くなる。 しかし、ここでもコロナ禍の影響が出るのではないかと見られる。 医療従事者の院内感染も多く、不安な気持ちから医療系の志望に二の足を踏む受験生も出てくることが予想される。 さらに、今さら文系の受験生が、理系に変わることも難しい。 ただ、ひとつ言えることは、このコロナ禍がいつ収まるか分からない以上、一般選抜を中心に考えておくことだろう。 その対策をしっかり取り、その上で学校推薦型選抜、総合型選抜に対応していくことが大切になってくると思われる。 【大学通信常務取締役】.

次の