メガニウム 育成論。 メガニウム:ポケモン ゴールド・シルバー攻略Wiki

【ポケモンGO】メガニウムのおすすめ技と強さ:スーパー・ハイパーリーグで活躍!|ポケらく

メガニウム 育成論

メガニウムの強さ・魅力 ハードプラントが強力 「メガニウム」が覚える 「ハードプラント」含め、御三家ポケモン最終進化が覚える特別限定技はどれも非常に高性能で強力です。 マリルリやラグラージなど「くさ」技が有効な 「みず」タイプに加え、等倍以上ダメージとなるポケモンであればかなりダメージを与えることができます。 ただし特別限定技なため、 覚えるには年末のコミュニティ・デイで進化させるか「 」を使う必要があります。 「じしん」で攻撃範囲広い 「メガニウム」が 他の「くさ」タイプポケモンより優れた魅力はスペシャルアタックに「じめん」技の 「じしん」を覚えることです。 「じしん」は レジスチルなどGOバトルリーグで良く選出される「はがね」タイプへの有効打となります! ひこう系に弱い 「メガニウム」が覚える技は 「ひこう」タイプのポケモンに全て効果いまひとつになります。 攻撃でも弱点を突かれるため、 エアームドやチルタリスなど「ひこう」タイプが多いスーパーリーグでは要注意です。 めがにうむ• 「じしん」が はがねポケモンに有効• 「ひこう」ポケモンに有効打なし• ステータス耐久はフシギバナより高い どちらも一長一短があり、 単純にこちらが強い・活躍すると言うのは難しい状況です。 一般的にエアームドやチルタリスなど「ひこう」ポケモンが多い スーパーリーグは「フシギバナ」が、「エスパー」ポケモンのクレセリアやアーマードミュウツーが多い ハイパーリーグは「メガニウム」が適性と呼ばれています。 ただし攻撃面で見ると「フェアリー」ポケモンが多いハイパーリーグに「フシギバナ」を出しても活躍できる場面はありますし、レジスチルやトリデプスが登場するスーパーリーグでも「メガニウム」は活躍します。 どちらも準備しておいて、 自分のパーティ構成や流行っているポケモンなどを見極めての選択がおすすめです! メガニウムは育成すべき? 「メガニウム」は ゲット・厳選・強化して損はないポケモンです。 スーパーリーグ・ハイパーリーグどちらも活躍します。 進化前ポケモン「チコリータ」の入手のしやすさが魅力的ですが、 活躍させるには特別限定技「ハードプラント」を覚えていることは必須です。 貴重な 」を使うより、 個体値厳選とアメを確保しながら年末のコミュニティ・デイを待つことをおすすめします。

次の

【復活のメガニウム】御三家最弱ポケモンを救済する!|ポケモニア

メガニウム 育成論

525 メガニウムの特徴 可もなく不可もないバランスのとれた種族値。 まさかそれが仇となるなどチコリータ時代は思ってもいなかったよね。 チコチコ。 特筆すべきはそのパワーのなさ。 アタッカーとして活躍することができない。 技も豊富じゃない。 となると残るは補助技でサポートに特化した役回り。 リフレクターやひかりのかべ、光合成にカウンター、やどりぎのタネにマジックコートまで。 補助技のセミバイキング。 そこに唯一の活路を見出したかと思えば、そもそもこいつ耐久力がない。 まず弱点が多い。 ひこう、どく、ほのお、こおり、むし。 5つもあるので有利な対面をとることができない。 そして種族値も特別高いわけではない。 HP80、防御100、特防100。 驚くほどに並である。 それ以上でもそれ以下でもない。 並といえば、誰もが松屋の牛丼(並)を思い浮かべるだろうが、つい最近20円ほどの値上がりがあった。 昼ごはんがハイチュウ一粒の僕にとって20円というのは相当な金額である。 苦しい。 100円ほどの値下げを願わんばかりである。 メガニウムの精神が破壊されかねないことを察し、見事に牛丼についてのインターバルを挟んだ僕の腕を少しは褒めてもらいたい気分である。 さすが塾講師。 生徒の気持ちをよくわかっている。 ん?メガニウムは生徒ではないって? もちろんその通り。 だがまだ諦めてはならない。 ポケモンは生徒同然、その可能性を潰してはならない。 今の状況では第一線では戦えない。 誰が決めた? 環境トップのポケモンについていけない。 誰が決めた? 努力次第でなんとかなるのが進路、努力値次第でなんとかなるのがポケモンだろう。 ポケモンの可能性を信じないポケモントレーナーがどこにいる。 いや、いない。 僕に可能性はあるんですか。。 メガニウムの育成論 結論から言うとE判定だ。 ごめんこれでも一生懸命考えた。 1分だけ。 やはり君は環境TOPでは戦えない。 だが環境TOPのポケモンたちのお膳立てをしてもらうことはできる。 ちなみにメガニウムは左がオス。 右がメスらしい。 違いは触覚が萎えているかピンと張っているかである。 今回は萎えている方を使っていく。 僕が貴重な時間を割いて1分で考えた型がこれだ。 要は偵察要因である。 出来るだけ多くの情報を持ち帰り、活躍の場は他2体に任せるのが使命。 そのためにレッドカードを持たせている。 相手の手持ち情報を出来るだけ引き出し、アドバンテージを取りにいく。 ドラゴンテールは相手を強制的に交代させることができるので起点回避になる。 瞑想コケコは知らん。 カウンターは物理ポケモンに一矢報いるために入れている。 ボーマンダはドラゴンテールでいいかと。 ひかりのかべはなんとなくで、めざ炎はナットレイ意識。 メガニウムごときにめざ炎を厳選する時間が勿体無いという方は適当にのしかかりで麻痺わんちゃん狙っていきましょう。 ちなみにゲッコウガ、リザードン、バシャーモなど他の御三家ポケモンには敵わない。 ちなみにメガラグラージの冷凍パンチは2発耐えるので、是非草技を搭載して採用してあげてほしい。 ごめんね。 メガニウム。 僕には扱えないや。

次の

メガニウム育成論

メガニウム 育成論

容姿 雷竜(竜脚類)の首に花を付けたような姿。 体の色は黄緑色、花の色はピンク。 概要 『ポケットモンスター金・銀』 第2世代 に初登場した。 32で進化する。 メガニウムの花びらから放つ匂いで闘争心を鎮めたり、メガニウムのそばにいると森林浴をしたような清々しい気分になれる。 また戦いになると香りを発散させて相手の戦う気持ちを鈍らせる。 その他では、メガニウムの吐く息で枯れた草木を蘇らせる不思議な力が宿っている。 ……と、設定ではとんでもない力を持っているのだが、アニメではのにさえ引き分けに持ち込まれるという情けない状態になってしまっている。 図鑑説明からも、あまり争いには向かない種族なのだろう。 ゲーム内での性能 初登場の第2世代では、特に強力なポケモンであるの攻撃を安定して受けられ、当時強いと言われたを始めとする耐久型に対して強い を覚える為 と言う事もあり 御三家最強の名を欲しいままにしていた。 現在から見れば嘘や疑問に思われるかもしれないが、当時はまだ インターネットが普及していなかった為今ほど研究が進んでおらず、対戦ノウハウも確立していなかったのである。 また御三家自体そこまで対戦環境に食い込んでいなかった(いたとしてや程度)こともある。 のだが…… 第3世代以降、ガラガラを受けられるポケモンの増加+ガラガラ自体の減少+対戦環境の「攻め」重視への変化+努力値仕様変更による耐久or火力の大幅な減少+等の強力なくさポケモンの追加と、ポケモンでは類を見ない程の 環境からの取り残しを喰らい、一気に 御三家最弱の座へ転落してしまうこととなった。 その後も強化されると思いきや、 まるで第2世代の栄光にしがみ付いているかの如く、強化された試しがない。 技は少しづつ増えているのだがみんな他のポケモンでも出来ることという…… 一応「」「」等、くさタイプにしては珍しい技はあるものの、別にメガニウムでなくても出来る奴はごまんといる。 そして弱点の多いくさタイプにも関わらず攻めの能力が足りない上に 「」も「」も覚えない=耐久型も辛いという…… 主役となる金銀リメイクの『』ですら与えられた遺伝技はまさかの「」。 元々自力習得可能である。 第5世代では「」の威力が120に上がり、第6世代ではに粉系の技が効かなくなった。 だがこれらも他のくさタイプが軒並み恩恵を受けている。 また第5世代から「」が メガニウムの最大の弱点である「」や「」を跳ね返せるようになったことや、 「」を覚えたことで積み耐久型相手でもある程度戦えるようにはなった。 根本的な解決には至っていないが…… 第7世代ではZワザによって低めの火力を補えるようになった……が、これもやはり別にメガニウムだけの強化というわけでもない。 しかもこの時代にもなると金銀VCの方も研究が進み、 ガラガラで詰まない事が当たり前のパーティを組むのが鉄則になってしまいガラガラの数が減少。 故にメガニウムの需要も下がってしまった。 御三家最強と言われた世代のソフトですら、20年も経て見向きもされなくなるとはいかがなものなのだろうか…… ………だが、このポケモンが個性無いままここで終わるかというと そうでもない。 自身も「」で回復出来る。 いっそのことサポートに徹した方が活躍するかもしれない。 隠れ特性は「リーフガード」。 ただ、前述の通りくさタイプが粉無効になってしまった事に加え、天候「晴れ」は弱点でもある技が強化されてしまう為扱いにはかなり苦労することになる。 基本的に火力インフレしているとは言っても耐久調整次第で耐える場面も多い為、「」でいい場面が圧倒的に多い。 とがあれば良いから、隠れ特性持ちの個体の入手自体は容易なのだが。 今の所、メガニウムナイトは発見されておらず、メガメガニウムに進化することは無さそうだ。 では 初期形態チコリータの入手難易度は比較的低く、緑の多い場所になら簡単に手に入る。 ただし最終進化までにアメが合計125個必要。 性能面で言えば原作同様耐久面が高いが、火力が以下だったりする。 性能上位にがいるが、あちらは複合なので対・の相性面で差別化が可能。 ただこれもモンジャラでいいという声がなくはない上に遂にが実装されてしまったので立つ瀬が危うい。 さりげなくゲージ技に「」が紛れているので、ジム防衛用にはなるだろうか。 ちなみに2018年9月22日ので「」を覚える事が出来た。 だが火力の低さ故あまり話題にならず、直後に突如現れたに全部持っていかれてしまった。 ……と、相変わらず微妙な立ち位置に収まっていたが、2018年12月に事態が急変する。 の実装、かつルールにより最大CP制限がかけられたことで、 CPが低い耐久型ポケモンが活躍できる場が整ったのだ。 そしてメガニウムが覚えられる 「ハードプラント」は技に必要なチャージ数が少なくかつ威力が高い優秀な技となり、「」「」の高性能ぶりから 技の回転率が非常に高い。 これによりメガニウムは 安定して強いくさタイプエースとしての道が開けたのだ。 特にスーパーリーグ(CP1500以下)ではかなりの実力者として知られている。 当然ライバルとしてフシギバナがいるが、じめんを軽減できること、あちらより耐久が高いことで差別化できている。 自身の耐久が別ゲームとはいえ再び日の目を見る時が来ようとは。 関連イラスト.

次の