言わ ず も が な 意味。 「それ一番言われてるから」の意味や使い方は?元ネタや使用の注意点

【宇多田ヒカル/誰にも言わない】歌詞(和訳)の意味を徹底解釈!永久に傷つきたい主人公の心とは?

言わ ず も が な 意味

他言無用の意味とは? 他言無用とは秘密の話なので他の人に話す必要はないという意味 他言無用とは、秘密の話なので他の人に話す必要はないという意味です。 読み方は、「たごんむよう」「たげんむよう」と二つあります。 その人だけに話す特別な話や、知られてはいけないことをうっかり聞かれてしまった時などに使います。 情報が広まらないよう、知られた相手に根回しをしておく必要があるからです。 直接口で伝えたり、メールなどの文章でも使われる場合があります。 他言とは、他人に話すという意味があります。 無用は、不必要であること・いらないことという意味があります。 少し難しく感じますが、かしこまった場でもプライベートでも、どんなシーンでも使われる言葉です。 他言無用はビジネスシーンにおいても重要 他言無用はビジネスシーンにおいても重要な言葉です。 ビジネスシーンにおいて、情報はお金と同等、それ以上に価値のあるものです。 なので慎重に扱わなければいけません。 うっかり情報が洩れたら大変です。 相手には他言無用と言っておかなければ、どこまで情報が広がるか分かりません。 また、ある特定の相手だけに特別に教えたことを伝える時にも有効な言葉です。 あなただけに教えるから、他言無用でと伝えられたら、自分は信用されているのだと思われます。 他には、内緒で、秘密にしてと言ってもいいですが、少し幼稚な表現になってしまいます。 ビジネスの場では秘密の話には他言無用を使いましょう。 シンプルに他の人に言ってほしくないということを伝える文章になります。 使い方は、「今の話は他言無用です」などがあります。 こちらから言い切る形なので、相手は「分かりました」「了解です」以外の返事が出来ません。 少し強い言い方になります。 これは、誰にも話さないで欲しいということを、お願い・懇願するような言い方になります。 使い方は「先ほどの事は、他言無用にしておいてください」などがあります。 「お願いします」「どうか」という言葉と一緒に使うと自然です。 これは、誰にも言ってほしくはないけれど、相手にも考える余地があるような言い方になります。 使い方は「さっきの話は他言無用にしてほしいのですが、いいですか?」などがあります。 他言無用であっても、こちらから断言する形ではなく、相手に了解や了承を得る言い方になります。 場合によっては、他言無用にする代わりに何か見返りを要求される場合もあるかもしれません。 言ってほしくはないけれど、相手の立場を考えたら言わないわけにはいかない内容の時などにも使います。 こちらは、誰にも言わないことが決められている言い方になります。 使い方は、「これから話す内容は、他言無用となります」「先ほどの会議内容は他言無用となります」など、話の最初や最後に言います。 上京によっては、「すみませんが、他言無用となります」という使い方もあります。 ビジネスシーンにおいて「すみません」も頻繁に使う言葉のひとつです。 間違って「すいません」と使ってしまっていませんか?下記の記事では「すいません」について紹介しています。 ぜひ参考にしてみてください。 読み方は「こうがいむよう」です。 口外とは、他の人に何かを話すことや、秘密を漏らしてしまうことを意味します。 口外無用も他言無用と同じく、他人に秘密を言わないでほしいという意味になります。 他に口外禁止という言葉もありますが、禁止の方が強い言い方になります。 内密の読み方は「ないみつ」です。 内密とは、内緒や秘密、表ざたにしないことという意味があります。 プライベートであまり内密という言葉を使う機会はありません。 ビジネスやかしこまった場で使う言葉です。 「内密にしてください」は、秘密にしてほしい、表ざたにしないでほしいということを敬語で相手に伝えている言葉になります。 さらに丁寧にお願いする場合は「内密にお願いします」と頼む形になります。 これは、難しい言葉を使わずに、ストレートに誰にも言わないでほしいということを相手に伝えている文章です。 プライベートでもビジネスシーンでも、どんな場面でも使えます。 難しい言い回しがないので相手に意味が伝わりやすいです。 ただし、意味が伝わりやすい分、深刻さが欠けた表現になっています。 他言無用や口外無用、内密のように真剣な雰囲気が伝わりにくいため、「誰にも言わないでって言われてるんだけど、実は」と言ったように誰かに言われてしまう確率が低くありません。 相手に言われたくない場合、言葉を選ぶことも重要です。 読み方は「シークレット」で、意味は秘密の・内緒のなどがあります。 「keep a secret」にすると秘密を守るという意味になります。 他言無用を意味する「secret」の使い方は「You must keep the secret. 」です。 読み方は「マァム」で、意味は、黙っている・黙る・無言のなどがあります。 他言無用を意味する「mum」の使い方は「Mum's the word. 」になります。 「word」は言葉や話という意味になります。 言葉や話を黙るで他言無用という意味になります。 読み方は「ビトウィーン」で、意味は、何々の間で、などの意味があります。 他言無用を意味する「between」の使い方は「This is between us. 」になります。 これは、私たちの間だけ、という意味になります。 他の人には話さない、二人だけの秘密、といったような意味の文章になります。 「他の人に話さないで」というよりかは、「私とあなた、二人だけしか知らないこと」という特別感や信頼感の出る英語表現になります。 他言無用の敬語での使い方や類語を知って使い分けよう 他言無用とは、誰にも言わないでいてほしいことがある時に使う言葉です。 秘密にしておきたい話や情報をうっかり誰かに知られてしまった時や、最初からある特定の人やメンバーにしか話す気が無い時に使いましょう。 敬語では「他言無用でお願いします」と頼む形の他に、「他言無用です」など言い切る形もありました。 立場や状況によって、同じ他言無用の敬語表現でも、頼み方や言い方が変わってきます。 相手に黙っていてもらうことが大切なので、言い方には気をつけましょう。 類語には口外無用や内密という言葉がありました。 ストレートにそのまま、誰にも言わないで下さいと言ってもいいですが、かしこまった場では似つかわしくないです。 ビジネスシーンやかしこまった場では、他言無用や口外無用など、きちんとした意味のある言葉を使って伝えましょう。 他言無用を受け入れてもらえたらありがたいですよね。 下記の記事では、「ありがたい」の敬語のビジネスメールと類語を紹介しています。 色々な場でお礼を言う時の参考にしてみてください。

次の

「言わしめる」とは?意味と使い方!例文!類語や英語を紹介!「言わせる」の違い

言わ ず も が な 意味

むしろ言わない方がよいこと。 もちろん。 言葉は時代とともに変化し、より多くの人が違和感なく使える意味や活用が一般化し、辞書の掲載にもいつの間にか意味が加えられたり、削られたりします。 そのいい例のひとつが、「言わずもがな」です。 使い方 では、他の「言わずもがな」の英語表現を紹介します。 〇そんなことは言わずもがなだ。 ・That goes without saying. 〇言わずもがなのことを言ってしまった。 ・I should not have said that. 英語ではよく使われるフレーズなので、覚えておくと便利です。 ・I'd have been better leaving that unsaid. 〇言わずもがなだ。 ・You know what it is. ・It should rather be left unsaid. 彼は、フランス語は言わずもがな、英語もわからない。 He knows no English, let alone French. 彼は、英語はわからないし、フランス語なんてとんでもない。 と訳すほうが自然かも知れません。 「言わずもがな」には、本来の意味で「言わないでほしい…」や「いわなければいいが…」のニュアンスで、「言う必要のないこと。 むしろ言わない方がよいこと。 」と、人が使う流れから成り立った、話し言葉の「もちろん」のニュアンスで、現代の意味「明白で言うまでもないこと。 」の2つがあります。 文脈からどちらの意味なのか、推し量るしかありません。 2つの意味には決定的な違いがあるので、勘違いして理解すると恥ずかしい思いをすることもあるかも知れません。 日常生活はもちろん、ビジネスシーンでも目上の方には、この言葉を好んで使う人もいます。 しっかりと違いを把握して、言葉の勘違いから誤解が生まれたり、恥をかいたりしないように注意しましょう。

次の

「言われた」の正しい敬語表現|4つの例文で使い方を知ろう

言わ ず も が な 意味

仕事の報告や会議、メールや電話など、「言われた」という言葉を使用したくなる場面はよくあります。 当然そうした場面では、程度の差はあれども敬語表現を使う必要があります。 しかし、ここに問題点があります。 この「言われた」という言葉は、「誰それが言われた」という尊敬の意を表す表現と、「誰それに言われた」という受け身を表す表現の二通りあり、非常に厄介なのです。 「れる」「られる」ってややこしい ここで、学校で習ったことのおさらいです。 問題は、この助動詞「れる」です。 「日本語が乱れている!」というな論調でよく挙げられるこの「れる」こそが、「尊敬」と「受け身」の両方の意味を持っています。 さらに厄介な問題があります。 単純に「A部長に言われました」と使用する場合を想定してみましょう。 この一文は他の補語などを省略していますから、能動文か受動文か判然としません。 これは当然、そのような文章になっているからです。 この文が受け身だとすると、「A部長に(無理矢理)命令されました」という、攻撃的かつ反発的な印象を与えかねません。 さらに、敬語表現を織り交ぜた能動文としても厄介です。 これは敬語のというのは非常にややこしいというのがよくわかる一例です。 つまり、「言われました」そのものは、あきらかな能動文以外ではあまり使わない方がいいということです。 ですから、シーンに合わせ、敬語表現を織り交ぜた能動的な「言われた」と、受動的な「言われた」を分けて、適切な敬語表現を使用する必要があります。 敬語のおさらい ではまず、具体的な敬語表現を見ていきましょう。 敬語表現を使用する場合、大まかに「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」の3種類あります。 まず、敬語の基本をおさらいしましょう。 聞き手への単純な敬意を表す丁寧語を使用する場合は、「です」や「ます」などを語尾につけるだけで事足ります。 能動文とすると、すでに敬語表現ともとれます。 ただ、「言う」には、特別な敬語表現があります。 尊敬語として「おっしゃる」、謙譲語として「申す」がそれにあたります。 さらに、「言う」ということは、相手は聞いているわけです。 回りくどく、受け身にしなくとも、「聞く」の敬語表現を使用することでも対応できます。 そこで、「聞く」の特別な敬語表現「承る」「伺う」も使用することができます。 「言われた」の具体的な敬語表現 では、「言われた」の具体的な敬語表現を見ていきましょう。 まずは、能動文として「言われた」と表現する場合です。 これはいたってシンプルです。 例)A部長が、E社への営業を積極的に行うよう、私におっしゃいました。 これが一番、妥当な表現ではないでしょうか。 他にも表現がありますが、それに関しては後段で触れます。 受動文の場合、「聞く」と変化させ、 例)A部長から、E社への営業経過、進捗を報告するように承りました。 と表現するのが一番シンプルです。 「伺う」は、「問う」「訪問する」にも使用する語ですので、「承る」が妥当でしょう。 「了解した」という意味合いも含むなら、「了承しました」というのも可能です。 メールで記す「言われた」の正しい敬語表現 「言われた」の敬語表現は非常にやっかいなものです。 次は、メールで使用する場合の「言われた」の正しい敬語表現を説明していきます。 メールは、口頭と違い、書き言葉です。 さらに、事実を詳細に記す場合などに向いています。 口頭では自然に聞こえるものの、書くと冗長な表現は避けた方がよいかもしれません。 今回では、能動文の「言われた」は、「おっしゃった」、「おっしゃいました」、受動文の「言われた」は、「承った」、「承りました」でよいでしょう。 という表現です。 取引先へ伝える場合の表現 これまでの例文は、社内での報告を想定して紹介してきました。 しかし、より重要なのは、取引先と会話、商談する場合です。 次は、取引先へ「言われた」と伝えたい場合の敬語表現を見ていきましょう。 基本的に、使用する動詞としては変わりありません。 能動文の「言われた」は、「おっしゃる」。 受動文としての「言われた」は、「承る」でかまいません。 ただ、ケースに応じて、違う表現を使用することも可能です。 たとえば、「指摘する」と言い換えて、能動文で「ご指摘された」「ご指摘になる」「ご指摘なさる」など、そして、受動文において、「ご指摘いただく」などです。 他にも、客観的に「第三者が言われた」「第三者に言われた」と伝聞で伝える場合に、「発言する」「主張する」「意見する」などの表現を活用し、能動文で「ご発言された」「ご主張なさった」「ご意見なさった」など、受動文で「ご発言された」「ご主張いただいた」「ご意見もうしあげた」と表現してもかまいません。 という表現方法です。 これとよく似た表現で、「言い付け」「申し付け」「仰せ付け」などの表現があります。 これもビジネスシーンでよく使う語だと思います。 それぞれ動詞化すると、「言う」と類似表現になります。 次はそれに関して見ていきましょう。 「申し付かっております」という表現を耳にしたことはあるでしょうか。 この表現に関するお話もみてみましょう。 しかし、実は「申し付かる」という複合動詞はありません。 似た用語として、「言い付ける」「仰せ付ける」「申し付ける」が存在し、また、「言い付かる」「仰せ付かる」という用語もあります。 ここまでくると、「申し付かる」と言いたいところですが、身近な紙の辞書で引いても、スマフォやPCに内蔵されている辞書で変換しても「申し付かる」という言葉では検索できないでしょう。 「申し付かる」はなぜないの? 「言い付ける」は、「(上から下へ)命令する」などの意味です。 「仰せ付ける」はその尊敬語で、「申し付ける」は謙譲語です。 そして、「言い付かる」はその受け身表現で、「命令を受ける」の意味になり、「仰せ付かる」はその敬語表現になります。 また、その敬意の対象は、命令をする命令者になります。 尊敬語は、動作の主体に限らず、主語などのその文の話題の中心を高めるときに使用し、謙譲語は、動作の対象に限らず、自分などのその文の話題の中心をへりくだらせるときに使用するのです。 実にぼんやりとしているのが日本語の難しい点です。 では具体的に見てみましょう。 「仰せ付ける」の主語は、命令者になり、敬意の対象でもあります。 「仰せ付かる」の主語は、命令を受けた者です。 命令者は、その補語、対象になり、それが敬意の対象になります。 そして、「申し付ける」は、主語である命令者をへりくだらせた表現です。 押さえておきたいのは、もともとがすべて「上から下への命令」に関する語ということです。 敬意の対象は、命令者か、聞き手です。 よって、「申し付かる」という言葉があったとしても、命令を受ける側をへりくだらせるのか、命令者をへりくだらせているのか、敬意の対象がわかりにくくなってしまうのです。 「仰せ付ける」、「仰せ付かる」の活用法 「言われました」の敬語表現として、これら「仰せ付ける」、「仰せ付かる」は大いに活用できます。 能動的に使用するなら、 例)D部長は、また新たにご用命を仰せ付けくださいました。 例)D部長より仰せ付かったご用命に関して、ご報告があります。 少し構えた態度のような印象を受けるかも知れませんが、このようになります。 先にも触れましたが、「申し付け」、「仰せ付け」と名詞化して利用してもよいでしょう。 「言われた」の敬語はよく使うので注意しましょう.

次の